DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2011年11月

bit出ました!

2011.11.10

blog

皆さん、こんばんは。

携帯では画像が見られないかもしれません。

予めご了承くださいませ。

さて、本日松山のフリー情報マガジン「bit(ビット)」が出ました。

dscf8902.JPG

今回のテーマは「慕う」。

「人は慕う人を持ち成長し、慕われる人となりさらに成長できる」

すばらしい言葉!って自画自賛、、、。

私が常々思っていることです。

先日出張で東京へ行ってきました。

その間にたくさんの諸先輩方と会い、またたくさんの後輩たちと会いました。

そこには私がお慕い申している諸先輩方、

私のことを慕ってくれている後輩たち、

退社してしばらく経ちますが、皆様にお会いするたびに

たくさんの方に支えていただいてるんだな~と

感謝の気持ちと同時に、気分が上がります。

個人的な話になってしまいました。

今回の「男の着こなし」は”ドレスシューズを磨く”です。

dscf8904.JPG

中には、誰がやってもあまり失敗しない靴磨きの方法が

書いてあります。

もう今回で20回目になるんですね~。

読んでいただいている方が多くてありがたいかぎりです。

「お洒落は足元から」!

皆さん、ドレスシューズを磨きましょう。

きれいな靴は、着こなし全体を5割増しにしてくれますから。

DRESSERSでは1足1,500円でドレスシューズの靴磨きを

お受けしております。既にたくさんの方々から依頼を受け

大変ご好評いただいております。

「実際どうやっていいのか分からない。。。」

「何が正解なのか分からない。。。」

など色々皆様お悩みのようです。

「本来ドレスシューズは自分で磨くものであり、

その楽しさを知ってほしい」

というふうに私は思っています。

1足1足履かれていた状態によって、

どうやって今から磨いていったら良いのかの方法が違います。

だから一度私が見本で靴磨きを行い、

どうやってやったか、今後どうしたらいいか等を

受け渡しの時にお伝えしているのです。

気になる方はお店に靴を持ってきて下さい。

アドバイスだけなら無料でいくらでもお話させていただきます。

この機会に自分を毎日支えてくれているシューズたちを

じっくり観察してみるのも良いのではないでしょうか。

DRESSERS

 

ページ先頭へ