DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2016年11月

英生地最高峰『 Willam Halstead 』

2016.11.18

blog

皆さん、こんばんは。

暑かったり寒かったり、なかなかむつかしい

お天気ですね。

最近、DRESSERS山田は英国生地大好きで

イタリア生地はあんまり、、、みたいな

印象をお持ちの方がやけに多いような気がしてます。

私はイタリア生地もイギリス生地も大大大好きです!!

イタリア生地とイギリス生地は、まったく方向性が

違うと思っていて、何を求めるかで何を選択すれば

いいかが違うと思っています。

例えば、柔らかくて、軽くて、値段も手ごろでという

希望の場合は、間違いなくイタリア生地でしょう。

そういったご要望の方には、間違いなくイタリア生地を

お勧めします。

一方、耐久性があって、長年着られるものという

希望の場合は間違いなくイギリス生地でしょう。

さらに言うと通年使用可能な生地ということになると

私は即座にイギリス生地をお勧めします。

私がイギリス生地をお勧めする機会が多いのは、

やはり大人のビジネススーツに対して適してると

思っているからです。

耐久性って大事です。

”大人には”と付け加えておきましょう。

20代にはもっと適切なスーツの着方があるように

考えています。5万円以下(前後)のスーツを

バリエーションもってたくさんいろんな柄や

色、シルエットを着てみる。

着てみるというより「試してみる」といったほうが

適しているかもしれません。

確かに安価なものは劣化も早いです。

でも使い捨てと考えれば1年~2年着られれば十分です。

そうやって経験値を高めた大人は、

実際に着用する機会の多い、色や柄を踏まえて

しっかりと投資すべきだと思っています。

自分に合った生活スタイル、仕事スタイル、

家でのケアスタイルなど、自分に合ったスーツに

対してしっかりと投資をする。

そういう意味で、耐久性や長年安心して着られる

スーツというのはある種大人のスーツにとって

「必然性」といってもいいでしょう。

耐久性と一言で言っても、2つの意味があります。

それは摩耗などに対して強いという意味が一つ。

そしてもう一つは、「立体感を保つ」ということ。

「良いスーツの条件」である「丸み」。

言い換えれば「立体感」は、「良いスーツの特性」です。

見栄えが全く違うものです。

平面のノペッとしたスーツと、立体的で曲線の

美しいスーツは、まったくそういうものを着ない

おば様やお姉さま」にも「あの人なんかいい感じ」

ってなるものなんです。

DRESSERSは、大人のスーツは、

シンプルで上質なものを

持っておくべきだと考えています。

シャツやネクタイ、ポケットチーフなどで

本日の雰囲気や、キャラクター、時代の空気感

なんかを表現していくのがスマートなスタイルだと

考えています。

早速話が長くなりました。

ブログなのか何なのか、このホームページは

とにかく文章が長い。。。

店頭で話してるのをそのまま書いてると

つい長くなってしまう。僕の悪いクセ。

で、本題です。

『 William Halstead 』というイギリス生地を

聞かれたことあるでしょうか。知ってる方は当然知ってるよ!

クラスの、英国生地の中でも特にメジャーな生地

メーカーですね。

 

dsc_1414

その中で、私が大好きな「BRITISH CLASSIC」。

ここのこのスーツを着たら、今までの価値観が

いい意味で変わってくれるでしょう。

「あ、スーツってこういうことね!」って感じで

スーツ、とりわけ「ビジネススーツ」という

カテゴリーの中では、ほぼ最強なのでは?と

思っています。

dsc_1413

しっかりと打ち込みをされた、低速織機でじっくり

織られた生地は、独特の弾力と、ウール本来の柔らかみ、

そして自然な微光沢。

これがDRESSERSの構築的かつ丸みを帯びたスーツ

のスタイルにはまると、、、、

ん~~想像しただけで美しい。

色柄として面白いか面白くないかは、ビジネススーツに

おいてはまったく関係ない論議。それはファッションスーツ

に用いるべき感覚論。

相手からの「信頼」「安心」。

自分自身の「自信」「安心」。

それこそ大人のビジネススーツに必要なものだと

思っています。

今回、そんなスーツに最適な5生地をご用意しました。

普通だとなかなかの金額する生地たちですが、

なかなかの特価でご案内しますので、

しっかりと安心した大人のスーツをお求めの方は

絶対にこのシリーズはお勧めします。

コチラの5種です。

dsc_1401

どれも「基本」という生地です。

無地に、ストライプに、無地ライク。

やはり「基本」を大事に丁寧に「良いモノ」を着る

というのは、ライフスタイルとしてもかっこいいものです。

まずはこちらです。

『 チャコールグレー 無地 』

dsc_1402

チャコールグレーのサージ。生地の織り方の中でも

最も基本の織り方です。

しっかりと目の詰まった、素晴らしい生地です。

コーディネートももちろん汎用性が高く、

ビジネス~結婚式まで幅広く活用できるのも

特徴です。

dsc_1403

シワになりにくいのも特徴の一つですが、

シワになってもすぐに復元して、元の立体に

戻ってくれる復元力も魅力です。

ですので、いつもきれいな状態で着ることが

出来るのも、長持ちの秘訣でもあるでしょう。

リアルにかなりの着用回数になること

間違いなしの良いスーツです。

次に

『 ネイビー×ピンストライプ 』

dsc_1404

久々にこういったピンストライプの生地ってグッときますね。

基本の生地なんですが、何気に着たことない方も

多いのではないでしょうか。

dsc_1405

英国的な、少し紳士的な装いがかっこいいですね。

とってもハリ感のある生地なので、着映えする

スーツになりますよ。

ネイビー×ピンストライプのスーツをもしお持ちでない

方は、絶対これがお勧めですよ。かっこいいです。

そしてこちら

『 ライトネイビー シャークスキン 』

 

dsc_1406

”結局着るやつ”っていうのって、大人のワードロープには

ありますよね?

何気に結局ずっと着てるな~ってアイテム、一つや二つ

大人の皆さんにはあるはず。

この生地のスーツは、そうなるやつです。

dsc_1407

シンプルで上質なものが好きなDRESSERSとしては

こういうのこそ究極かもしれないですね。

普通なようで普通じゃないというのもDRESSERS。

それもこれがそうですね。

ちょっとだけ明るいとか、サージじゃなくシャークスキン

とか、すべてが良い感じです。

迷ったらこれですかね。

そして

普通なようで普通じゃないのTOPかも

『 シャドーグレンチェック グレー 』

dsc_1408

もう、ほぼ無地。

2メートル近くまで近寄ったら初めて「ン?無地じゃない?!」

って感じでチェックがわかる感じ。

コーディネートがたんぱくにならず、全体に

協調性が生まれるので、何気にネクタイやシャツなどに

色柄もってきてもきれいに合っちゃうという特典が

あります。

dsc_1409

無地はたんぱくすぎて、、、って方はぜひこれを着てください。

ちょっとしたことなんですが、とっても新鮮な気持ちで

新しいスーツが着れますよ。

そして色違い

『 シャドーグレンチェック ネイビー 』

 

dsc_1410

少し明るめのネイビーなので、顔映えがはっきりして

好印象、明るいイメージになりますよ。

社交的なイメージを与えることが出来ますね。

話しかけやすいし、話しかけれれやすい雰囲気が

出来上がります。もっと言うと優しい人感が出ます。

dsc_1411

素晴らしい発色で、しかも耐久性も高いので、

大人が着るスーツとしては本当に素晴らしいと思いますよ。

以上お勧めの5生地をご紹介しました。

この機会に本物の「英国生地」に出会って、

ビジネススーツのかっこよさを味わってください。

「こればっかり着るわ~~」ってなりますから!

 

dsc_1400

 

dsc_1412

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 William Halstead スーツオーダーFair 』

■通常価格 : ¥180,000-

■Fair価格 : ¥90,000-(半額~~~!!)

(カード支払い可(JCB・AMEX以外))

■期間 : 11月18日(金)~ 11月26日(土)

(11月22日(火)・23日(水)は店休です)

■出来上がり ; 2017年1月下旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*初めてオーダーをご希望いただく方へ

ホームページ左上の方に「PersonalOrder」という

ページを設けています。そこに入っていただくと

オーダーシステムに関しての詳細が書いてあります。

ぜひ覗いてみてください。

ご不明な点ございましたら、なんでもご質問ください。

TEL:089-933-5910(14:00~19:30)

メール:matsuyama@dressers-jyd.com

皆さまの熱きファッション魂ぜひともお待ちしております!!

DRESSERS

 

デニムにしてください!『 ベルト 』

2016.11.12

blog

皆さん、こんばんは。

さて、今日は皆さんにしてもらいたい

「ベルト」を御紹介させていただきます。

ネイビーデニム、白デニムは、DRESSERSにおいては

もはや「テッパン」。

そんなデニムに合うベルトをご用意しました。

シンプルでいて上質。

存在感はあるが決して主張しない

素晴らしいベルトです。

デニムにぜひしてください!!

カラーはネイビーとブラウンの2色です。

かっこいいですよ。

コチラです!!!

 

dsc_1334

ん~~~素晴らしい!!!

バックルも実は手作業でたたいて表情出してある。

dsc_1335

ちゃんと再度処理を丁寧に施した編みベルトは

大人のデニムの必需品ですね。

dsc_1332

しかも、剣先に金具をつけて作る作り方ではなく、

丁寧な手間のかかるレザー一枚使いという

高級感。ん~~~素晴らしい!!!

ネイビーはぜひネイビーデニムに。

dsc_1336

ブラウンはぜひ白デニムに!!

dsc_1340

もちろんスーパー極少です。

大人のデニムベルト、ぜひGETしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 大人のデニムベルト 』

価格 : ¥18,000-

SIZE : M・L

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良いですよ~~~。

DRESSERS

 

 

 

FERRANTE 受注受付 

2016.11.04

blog

皆さん、こんばんは。

皆様に大大ご好評の

「 Ferranre スエードローファー 」

「 ヴィブラムソール かかと無し 」

ですが、スニーカーみたいな履き心地で

最高ですね。

 

dsc_1177

 

dsc_1170

今回は、コレの

『 BLACK 』を受注受付したいと思います。

dsc_1176

2017年の1月後半~2月前半のお届けになる

予定です。

ブラックスエードのローファー。

カッコいいですね。

フラノサキソニー系のアイテムには

ちょうどいい感じ。

Uチップの抜け感と、でもブラックで締めてる

感じのMIXがカッコいいですね。

dsc_1172

デニムでグレージャケットなんかにも最高です。

そこで白デニムっていうのも最高です。

足数限定ですので、数埋まり次第期間中であっても

締め切らさせていただきますのでご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Ferrante BLACK スェ―ド ローファー 』

価格 : ¥36,000-

受注期間 : 11月5日(土)~11月8日(火)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非!!

*<重要>

営業時間を変更しております。

14:00 オープン

19:30 クローズ

となっております。

 

DRESSERS

 

ページ先頭へ