DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2017年4月

DRESSERSの基本的スーチングスタイル

2017.04.14

blog

皆様、こんばんは。

いつもDRESSERSのホームページをご覧になっていただき

誠にありがとうございます。

DRESSERSのオーダースーツにおいて、色々と根底をなす、

基本的概念とでもいましょうか、基本的な考え方があります。

それは「シック」で、「シャイ」であるということ。

どういうことかと申しますと、

「全体的に洗練されていて、決してこれ見よがしではないスタイル」

を良しとし、スーツに始まり、ジャケット、スラックス、

シャツ、ネクタイ、コートをオーダーでお受けさせていただいております。

奇抜で人の目を引くファッションではなく、どこがどう良いとか

具体的なことはわからないけど「印象が良い」という空気感だけ

残せるようなスタイルをご提案させていただいております。

もちろんそこには、各所に対しての徹底したこだわりを詰め込んで

作らさせていただいてるのですが、別にそれが視覚上わかるレベルで

表現を極力していないのが特徴です。

着ることで、その方の体のラインが美しく見え、着用してる本人は

とても軽く、着心地が良い。第3者からの評価が自然とついてくる

スタイルを理想としています。

ですので、ご案内させていただくものもシンプルなものが多くなります。

社会人になってから足し算ばかりで来た時代を過ぎ、

大人の男性ならではの、そこから引き算をしていった、

「シンプル」で「上質」な大人のスタイルをご案内しております。

今回DRESSERSを存分に体感していただける生地をご紹介します。

コチラです。

 

シンプルなネイビーの無地の生地になります。

こちらはイタリアの、ナポリの生地メーカーで、世界TOPクラスの

クオリティーを誇る、極上の生地になります。

こういったシンプルな生地ほど、質が問われます。

またこういったシンプルな生地だからこそ、目に見えない、

中の作り方や、ちょっとしたラインの作り方が重要になってきます。

こちらは冬以外の、春、夏、秋にご使用いただける生地です。

出来上がり、袖を通していただくと、肩回りや背中周りの

ストレスが全くなく、とても軽く着心地が良い、心が満足する

スーツになります。

そして鏡に映った姿は、実際の裸のラインより、

体型が美しく見えるはずです。

それがDRESSERSのオーダーです。

色違いの、グレー無地もご用意しております。

とても美しい生地で、思わず触りたくなる質感です。

シンプルゆえに、質やラインがモノを言うスーツスタイルは、

こういった素晴らしい生地でお作りいただくのが、最も

効果的に自己を表現でき、お仕事に集中できるものです。

是非「シンプル」で「上質」なDRESSERSのスーツスタイルを

お楽しみください。

*DRESSERSでの初めてのオーダーの方は、ホームページ左の

「Personal Order」のページをぜひご覧くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 3シーズン対応生地 ネイビー ・グレー 無地 』

PRICE: ¥200,000- (¥216,000- in tax )

出来上がり : 40日~60日前後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非お待ちしております。

何かご質問等ございましたら、下記メールアドレスまで

お願いします。

matsuyama@dressers-jyd.com

DRESSERS

 

皆様のお陰で

2017.04.12

blog

店主の思い付きコラム

皆様、こんばんは。

本日は商品企画ではありませんので、

是非すっ飛ばしてください。

私はDRESSERSを初めて、もうすぐ9年目になりますが、

まだまだひよっこですが、ここまで一歩づつ歩んでこられたのも

お客様のファッション魂のすごさのお陰と毎日感じます。

私はもともと松山でお店をやりたいという想いから、東京へ行き、

その後実際に松山でお店を開くことになるのですが、

当初想っていたお店像より、はるかにすごいことになってる今に

自分でやりながら、自分のお店なのに、すごく客観的に見ている

自分がいます。

おそらくそれは、松山という街が、私が想像していた以上に

ファッションが好きだという気持ちを持った大人の方が

多かったことと、私が想像してたよりもファッション魂が熱かった

ということでしょう。

毎日、皆様の熱きファッション魂には本当に恐れ入ります。

常に私自身も皆さんの何倍速でファッションを楽しまなければ

追いつかれるかも??(笑)と思ってしまうほどです。

去年の話しになりますが、まさかのテレビデビュー。

最初は、お店に足を運んでいただいてるお客様との小噺に面白いと

思い、お店の住所も電話番号も、HPアドレスも掲載しないという

条件で出たテレビが、あれよあれよと全国放送。

NEWS ZEROに出てしまうというまさかの展開に驚いたものです。

日本全国からお問い合わせをいただき、中にはわざわざDRESSERSの

ためだけに飛行機乗ってはるばる松山まで足を運んでいただく方も

いらっしゃって、本当に嬉しく思います。

お店的には、私、山田潤一郎の「わがまま」がかなり強いお店ですが、

DRESSERSの想いやスタイルに共感していただいた皆様に

支えていただいてることに日々感謝です。

4年前には想像もつかなかった”LIVERANO&LIVERANO”とのお付き合い。

14年前に初めてイタリア・フィレンツェに行ったとき、何度も緊張し

ながらお店の扉を開け、一度もお会いすることが出来なかった

Antonio Liverano氏。まさか自分でお店やるようになって、関係性を

持たせていただき、フィレンツェに行くと、まるで家族のように

お付き合いをしていただけるようになるとは、

夢にも思っていませんでした。

 

やはり、それもこれも、DRESSERSに足を運んでいただいてる

皆様の熱きファッション魂が、そこへ導いてくれたのだと思います。

最初お店で「LIVERANO&LIVERANO」の商品を置いたとき、

ほぼすべての方が、「ん??」と全く聞いたことのいない

ブランド名に”なんですか、それは??”というところから始まり、

今ではほぼすべての方が、何かしらのLIVERANO&LIVERANO

アイテムを身に付けてるという状態。

「おっしゃ!着てみよう!」「おっしゃ!試したろう!」

という、気概ともいうべきファッション魂を皆様が持ってらっしゃった

ことで、今やDRESSERSの中には”リヴェラーノデビュー”という

言葉までお客様の中で浸透しているという現状。

この小さな四国の地方都市ですので、おそらくリヴェラーノ密度、

リヴェラーノ着用率は、間違いなく世界一の街でしょう。

上のこの写真は、数年前ホームページでLIVERANO&LIVERANOの

ことを紹介するときに、文章の確認をお願いしたときに、

わざわざに、DRESSERSのホームページ、ブログのために

3人が工房の裏の庭に出て、3ショットで写真を撮ってくれたようで

送っていただいたものです。

14年前の僕からしたら、腰砕けるような出来事です。

 

LIVERANO&LIVERANOをもともとお好きな全国の方に、

DRESSERSを発見していただき、わざわざにお店に

足を運んでいただいたり、

福岡でのLIVEEANOのトランクショーの際に、「山田さんですよね」

とお客様からお声がけいただいたりと、嬉しい限りです。

松山という、東京の人からしたら「どこだっけ?」と聞かれかねない

地方都市ですが、ファッション魂は、とてつもなく熱いと実感しています。

これからも、皆様の熱きファッション魂に応えられるお店であるよう

精進していきたいと思います。

小さなお店で、店主一人だけでやってる、休みの多い(笑)

お店ですが、これからも「わがまま」な個店として精進してまいります。

どうぞ今後ともDRESSERSをよろしくお願いいたします。

DRESSERS

 

 

 

『 Color 』by LIVERANO&LIVERANO

2017.04.01

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆さん、こんばんは。

<お知らせ>

明日、4月2日(日)は、PM3:00~PM6:00の営業です。

短くてすみません。。

さて、本日のテーマは『 Color 』。

コラム的な内容なので、すっ飛ばしてください。

DRESSERS では、数年前からLIVERANO&LIVERANOを取り扱っております。

Antonio Liverano氏や、Takahiro Osaki氏には、いつも勉強させられます。

彼らのお陰で、DRESSERSも、スタートしたときの感覚やレベルよりも

はるか前に突き進んでいる感覚をやっていながら覚えます。

身のこなし、着ることの意味、紳士的対応、人生の楽しみ方など

沢山のカテゴリー分け出来ないことをいつも学ばせてもらっています。

そのなかでも色使いという面においてはいつも刺激を受けます。

例えばこのネクタイ。

単品で見ると”なんじゃこりゃ~!”って感じで、派手さだけが目に入ってくるものです。

こういうネクタイなどが普通においてあるのもLIVERANO&LIVERANOらしいですが、

要は使い方次第で、素晴らしく魅力的にコーディネートできるということ。

街の色を注意深く見ること。名画をたくさん見ること。

これはいつも言われることです。

そういった一つ一つの集中が、脳は覚えていて、

「美しい」というものや配色がどんなものかが「感覚的」に養われると

いつもおっしゃいます。

決して、マーケテイング理論で生み出されたものではなく、

「感覚」を磨いていくことが大事になるのだろうと解釈しています。

理屈はもちろん根底にありますが、その先の「感覚」というものは

養うことが出来て、感覚のレベルが上の人のまねをすることも

上達の早道だったりします。

 

もちろん、基本と言うものは世界共通であるので、

例えば、ネイビースーツに白シャツ着てネイビータイを合わせたら、

(サイズさえ合っていれば)それなりに誰でもちゃんと見えます。

ある種世界共通の制服的なルーテインコーディネートはいくつも

存在します。

まずはそこから試していくことが、何よりおしゃれを楽しむ早道だと

私は思っています。

ある程度キホンを試して、着られるようになったら、次は

『 Color 』ということを「意識」してみてはいかがでしょう。

『 Color 』を身に付けることは、元来楽しいものです。

コーディネートするときに、各段に面白いものです。

もちろん今回写真に乗せてるものは、なかなかパンチのあるモノなので

『 Color 』身に付けたことない方が、いきなりこれは

さすがに対処が難しいと思いますが(笑)

サックスブルーやターコイズ、ミントグリーンやグリーン、

ラベンダーやパープルなどと言った、ちょっとの勇気で付けられる

ネクタイなんかで少しずつレベルを上げて行ったら、3年くらいしたら

スゴイ着こなしレベルが上がっていて、好き嫌いで物事を判断できる

レベルになったら、いつしかそれが「個性」となり、スタイルに

なっていくと思います。

今後のために少しだけテクニック的なことを言うと、

『 Color 』を取り入れる時、他のアイテムも少しだけ「アク」を

持たせてあげるとうまくいきます。

感覚的に言うと、「アク」の強さの度合いを合わせてあげるという感じ。

例えばグレーの無地やピンストは当たり前すぎて全く「アク」がありません。

それが、例えば、チョークストライプのグレースーツなら、

少し「アク」があるでしょ。そこの中に例えば、

白無地ではなく、濃い目のサックスブルーのオルタネートストライプのシャツに

してみたりするんです。

ね。ちょっと「アク」があるでしょ。

そこに、パープル無地のネクタイしてみたり、春夏だったらターコイズ小紋

合わせてみたり。

そんな感じで、「アク」の強さを合わせてあげると、なんか全体がまとまり、

あまり派手派手しくならないんです。

で、周りを見回すと、なんとなく普通なんだけど、圧倒的におしゃれって

ことになったりするわけです。

あくまで一例ですが、そう考えるとテクニック的には簡単なので、

無理!と思わず、今すぐやるかどうかは置いといて、

「いつかはしてやろう」という気概を持って、

日々着こなしを楽しんでほしいですね。

色数絞ったベーシックの着こなしも、

『 Color 』を使った着こなしも両方できるようになると、

”今日は天気が良いからちょっと『 Color 』行ってみちゃおうかな。

とか、”今日は曇ってるから(雨降ってるから)ベーシックな装いで

行っちゃおうかな。”なんて日もあったり。

楽しいですよね。

着こなしの幅は、まだまだどんどん広がっていきます。

ず~~と楽しいですね。

今回は紳士服における『 Color 』についてでした。

ページ先頭へ