DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2018年1月

月曜日・火曜日のみ!!『男はこれでしょ!! ARISTON シャークスキン 』

2018.01.29

blog

皆さん、こんにちは。

先にお伝えしておきます。

今日、月曜日と火曜日のみです(29日・30日)

「現金支払いのみ」です。

WOW!!!

出ました「ARISTON」のシャークスキン!!!!!!!!!!!!!!

 

シャークスキンのこの色目は、歴代007ジェームスボンドが必ずどこかで着用する

生地ですね!!

やっぱ男はシャークスキン。やっぱ紳士はシャークスキン。

この色ですこの色!!

しかも、天下のアリストンでこの色のシャークが超特価なんて!!!!

信じられない!!!

でも今日と明日だけ、現金支払いだけ。

因みに限定3着分だけ。

とにかくイットクしかないやつですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON 男のシャークスキン 』

■通常オーダー価格 :¥216,000-

■限定オーダー価格 : ¥100,000-

(現金支払いのみ)

■期間 : 今日と明日のみ(29日&30日)

■出来上がり :4月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ見た人めちゃラッキーですね。

縁です。こういうの。

DRESSERS

 

「不変」のカッコよさ! 『ネイビー&グレー サージ無地スーツ』

2018.01.28

blog

皆様、こんばんは。

 

最近「トラディショナル」ということを強く意識する機会が多いです。

私はよく「キホン」という言い回しで物事を偉そうに語ったりしますが、

同義語だと思っています。

やはりファッションなので、グルグル回っていくものですが、常に真ん中に

いるものが絶対に必要で、その「軸」みたいなものが無いと、右や左やに

ファッションの大きな風に吹かれて、楽しみたくても楽しめない状態になると

思います。だからこそ「軸」である「キホン」や「トラディショナル」な

スタイルやアイテム、素材、合わせ方が「ファッションを楽しむために」必要

なのだと改めて強く感じます。

今回ご紹介するのは『 サージ 無地 』

やはりこれぞ「キホン中のキホン」ですね。

スーツ生地の織り方の中心と言っていいでしょう。

左下から右上に、斜め45度で上がっていく綾目が特徴です。

適度にハリコシがあり、適度に耐久性があり、適度に光沢感があり、

適度に柔らかく、適度に伸縮性があるのが特徴です。

どんなシチュエーションで着ても、必ず90点以上の仕事をしてくれる

スーツを着る時の心強い織り方の生地です。

中でもキホンなのが、「ネイビー」と「グレー」です。

今回はそんなど真ん中の「サージ無地」の中でも、特にDRESSERSが強くおススメしたい

生地をご紹介します。

こちらです。

こちらはイタリアの「 Carlo Barbera (カルロ・バルベラ) 」の生地です。

ここのこの生地は、イタリアらしい「柔らかさ」と「軽さ」を兼ね備えています。

そしてDRESSERSがおススメするのは、その2つの利点に加え

「耐久性」も持ち合わせているからです。

ビジネスシーンで着用するスーツは決して派手な柄はおススメしません。

シンプルで上質なネイビーかグレーの無地をおススメします。

そして大事なことは、着る人の体形にきれいに合っていることが重要になります。

サイズが合っていないスーツは、生地の良し悪しや柄のカッコよさなど、全く関係ない

ことになってしまうので、まずはサイズがちゃんと合ってることが何より重要です。

今回ご紹介する「ネイビー」は、濃いネイビー(ダークネイビー)ではなく、

「ネイビー」です。

幅広く、どんなシチュエーションも自信を持って着ていただけます。

場に応じてシャツやネクタイでコーディネートを変化させて楽しんでいただけます。

グレーは、ミディアムグレー。

濃くも薄くもない、上品なグレーです。日本人の肌にとっても良く合う色目です。

「シンプル」で「上質」というのが、DRESSERSのテーマであります。

無地はただの無地なので、柄や珍しい色でもないので、面白みに欠けるかもしれませんが、

見る人が見たらすぐに分かる「上品さ」と「お洒落感」をもった上等なスーツになります。

ぜひ、DRESSERSが自信を持ってオススメする

「Carlo Barberaのサージ無地」を、DRESSERSのモデルと作りでご堪能ください。

皆様のスーツライフがより豊かに面白いものになりますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Carlo Barber サージ無地 オーダースーツ フェア 』

■通常オーダー価格 : ¥180,000-

■Fairオーダー価格 :  ¥99,000--

■期間 :1月29日(月)~2月5日(月)

*1月31日(水)・2月1日(木)は店休です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お待ちしております。

DRESSERS

 

オーダーシャツ

2018.01.25

blog

皆さん、こんばんは。

松山で毎日雪が降るなんて珍しい。

今日はシャツのおススメです。

こちらです。

 

早速。

まず絶対におススメしたいのがコチラ

『 白無地シャドーストライプ』

何でもないようなんですけどね~。着たらめちゃ良いんです。

上質なので着心地が良いのはもちろんですが、「コーディネートしやすい」

っていうのが一番の特徴ですね。

全くの白じゃないこの感じが、ちょっとおしゃれ心もありつつ、万能に着られる。

何枚あっても良いシャツです。良いです。

次にコチラ

『 白地×うっすらグレーピンストライプ 』

イイでしょ~~。これ「なんか無地じゃあないんだよな~~・・」って

お洒落な皆さんにはコーディネートの時の常の問題だったりしますよね。

そんな時にはこういう、グレーのストライプを入れるときれいに落ち着きますよ。

グレーのストライプのシャツを着てるのではなく、

「白無地(水色無地)のシャツじゃない。」という感じで着ます。便利ですよ。

続いては

『 白地×細かいピンストライプ 』

先ほどのグレーのストライプと違い、ちゃんとストライプのシャツです。

でもストライプが細いのと、細かい幅なので、すごく上品に着ることが出来ますね。

無地のスーツと小紋ネクタイと相性抜群ですよ。

ここからはカジュアル。すべてチェックです。チェックシャツをカジュアルに

ちゃんと着るって、結構大人の方ならではの楽しみ方です。

まずは、いきなりクラッシック

『 タッタ―ソールチェック 』

2色のカラーのチェックを均等に配したチェックはトラディショナルな柄です。

今、この感じをスマートに着るのがとっても新鮮です。

懐かしいな~と思われる方もいらっしゃると思います。

王道のボタンダウンで着るも良し、ホリゾンタルにしてきれいなジャケットスタイルに

着るも良し。とにかくとても新鮮です。

次に、これもクラシックですね。

『 ブルーチェック 』

トラディショナルな柄を、洗練させた着こなしコーディネートで着るというのは

フレンチトラッド(良い方は古いですが)ですね。あくまで「上品に」が基本。

定番的アイテムや色柄を、合わせ方やサイジングなどで洗練させる。

お洒落の醍醐味みたいなところがありますね。

色落ちデニムやチノを合わせるのではなく、

白デニムやライトグレーサマーウールスラックスを合わせたり。

あくまで「上品に」着ることが大人のカジュアルの基本だと思います。

同じような考え方で、色柄違いますがこんなのも素敵です。

『 青小さいチェック 』

ボタンダウンで素直に仕上げて、白デニムとネイビージャケットでシンプルに着ると

超カッコいいですね。白デニムに細ゴムベルトとか。

素足系でブラックのローファ―とか、オールデンバーガンディも

最高ですね。スタイリッシュなG9型ブルゾンとか最高ですね。

(DRESSERSでやってるMIDAのネイビーG9型とか)

ん~~やっぱ良いですねこういうのは。

時代がいくら変わっても、全く色あせずにかっこいいです。

最後に

『 ブラック ブロックチェック 』

これなんかはまさに!!ですね。ボタンダウンにして、白デニム履いて、ブラックローファー。

またグレーサマーウールスラックスにブラックローファ―でグレーマウンテンパーカとか。

めっちゃかっこいいですね。(グレーマウンテンパーカはFUJITO×DRESSERSで展開します)

春夏なのに色を使わず白黒グレーで清涼感だすって、結構上級です。だからカッコいいです。

もちろん、秋冬はブラックスエードシューズとともに、グレーニットと合わせて着てほしいです。

以上おススメのシャツをご案内しました。

シャツはやっぱり良いですね。面白い。何枚あっても良いですね。

是非この機会にシャツを揃えて、ファッション楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 シャツ オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥23,000-

■Fairオーダー価格 : ¥16,000-!!

(2枚で¥29,000-!!!!、3枚で¥39,000-!!!!!!!!!!)

(現金支払いのみ)

■期間 : 2月5日(月)まで

*1月31日(水)・2月1日(木)は店休です。

■出来上がり : 3月中旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダーお待ちしております!!

DRESSERS

 

そろそろこのベルトが恋しくなる季節!

2018.01.22

blog

皆さん、こんばんは。

明日、1月23日(火)は定休です。

1月24日(水)は本来なら定休ですが、14:00~19:30で

OPENしてます!!( 1月24日~31日(水)は休まず営業してます!!)

なぜならちょっとやばい企画Fairがあるからです!!!

こうご期待!!!!

東京は大雪みたいですが、ファッションは春を見ています。

そうなると欲しくなるのが、こんな洒落たベルトです

『 LIVERANO&LIVERANO 』です!!

グリーンの高級ゴムベルトに、ベージュスエードのバックルなんて!!!

洒落てますね~~~。

腰もとのポイントにバッチリ!!

デニムでもチノでも!!!夏にはショーツにも!!

あと少しだけあります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ゴムメッシュベルト 』

価格 : ¥16,000-

SIZE : S・M・L

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

「 ライトグレー 」のスーツという選択

2018.01.18

blog

皆さん、こんばんは。

本日、「1月18日(木)は、PM6:30まで」の営業となります。

また、

明日、1月19日(金)は、PM3:00~のOPENになります。

さて、テーマは『ライトグレーのスーツ』です。

DRESSERS的には、ライトグレースーツというのは、紳士的スーツにおける

「極み」だと考えています。

なぜかというと、ライトグレーのスーツにはどうやっても嘘が付けないからです。

★『生地の質が本当に良いととっても美しく見えます。』

(逆に言うと、生地がそこそこだったら、みすぼらしく見えてしまいます。)

★『シルエットが本人に本当に合っているととっても美しく見えます』

(逆に言うと、シルエットが合っていなかったら、みすぼらしく見えてしまいます)

★『ディテール等のサイズバランスが中庸なほど美しく見えます』

(逆に言うと、トレンドを加えたサイズバランスは、みすぼらしく見えてしまいます)

以上の理由から、「ライトグレーのスーツ」は紳士的スーツの”極み”だと思います。

今回はもちろんそれに見合ったスーツをご提案したく、3種の美しい生地を特価で

ご用意しました。

こちらです。

 

どれもとっても美しいです。

生地は『 Carlo Barbera 』の、Super150’sシリーズです。

発色がとても美しく、そして着た時に気持ちよく、そして軽い。

Super150’sなのに、”復元力”が強く、きれいで美しい状態で長持ちしてくれます。

私個人的に特に好きなシリーズです。

見た目の抑揚の効いた美しさと、実用性を兼ね備えてる、素晴らしいスーツです。

もちろんDRESSERSのモデルや中身の作り方との相性はいいです。

3種の「ライトグレー」をご案内します。

基本的に通年用生地ですが、ここ日本で着用するには、色目からして

春夏と初秋が美しく着られるスーツです。

40超えた方々には是非揃えておいていただきたいカラーリングです。

まずはこちら。

『 シャークスキン 』

やはり織り方の基本は外せません。基本の織り方の生地は「安心」して着ることが出来る

という特典が付いてきますね。

まずは清潔感持って白シャツでコーディネートされるのがベターです。

ネイビーの小紋タイか、ネイビーの無地タイを奇をてらわずに合わせると、

好感度高く、きれいに着こなせます。

もちろん慣れて着たら、ネイビーのキャンディストライプにネイビーネクタイや、

白地にブラウンストライプシャツにブラウンタイ(ベージュタイ)なんかも

取り入れて行ってコーディネートの幅を広げて行ったらどんどん着こなしが楽しく

なっていきます。シャークスキンという基本の織り方なので是非安心して着用してください。

次は「優しいうっすらチェック」です。

昔世界の巨匠AntonioLiverano氏に教えていただいたことがあります。

”日本のアスファルトは「グレー」だよ。決してブラックじゃないよ。

夏には夏の、冬には冬の、晴れの日には晴れの日の、雨の日には雨の日の

アスファルトの「グレー」があるんだよ。そういうものを注意深く見なさい。

そして時期や季節、天気を意識した色選びをすることがコーディネートを

考える上でとても重要だよ。”

と。

街や風景の「カラー」を意識して着こなしに生かすということは、以前から

考えてはいましたが、もっと細かく、もっと正確に「カラー」を見なければならないと

その時強く思ったものです。

今回アスファルトを背景に写真を撮っているのもそういった考えが根底にあります。

今回ご紹介させていただいてる「ライトグレー」もそういう観点からおすすめしています。

優しいチェックが入ることで、表情が単色よりも優しくなり、落ち着いた柔らかい印象に

なります。とても洗練された美しい生地です。とてもおススメです。

最後に

『 バーズアイ 』

最もクラッシックで、ビジネスを意識したスーツスタイルには欠かせないものになるでしょう。

織り方も基本のクラッシックですが、今回のライトグレーはとても上品で洗練されています。

それはCarlo Barberaの成せる業ですね。こういった良い生地を接着テープで張り付けて

(接着芯)でスーツにしてしまうのは、柔らかさや表情、軽さといった、この生地の

魅力をほとんど消してしまうことになるので、生地がもったいない。

もちろんDRESSERSはそういうことしませんのでご安心を。

ライトグレーのスーツの魅力は大きく2つ。「清潔感」と、「紳士感」。

ぜひワードローブに取り入れて、コーディネートも含めた

新しい楽しさを存分に味わってください。

とてもおススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Carlo Barbera Super150’s ライトグレーのスーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥170,000-

■Fairオーダー価格 : ¥119,000-!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 1月19日(金)~1月27日(土)まで

(1月19日(金)は、PM3:00~OPENです。)

■出来上がり : 3月~4月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダー心よりお待ちしております。

DRESSERS

 

 

お知らせ

2018.01.14

blog

皆さん、こんばんは。

明日、1月15日(月)は、PM3:00~のOPENとなります。

また、前にお伝えした通り、今月より営業時間帯が変わっております。

下記が現在の営業時間です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<営業時間>

月・木・金・土   14:00~19:30

日      14:00~18:00

火・水     定休日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イレギュラーの際は、その都度ブログ内でご案内させていただkます。

よろしくお願いいたします。

DRESSERS

基本と、着てほしいシャツ

2018.01.12

blog

皆さん、こんばんは。

ちょっとシャツのオーダーのお勧めです。

「基本」なので、こういう時に作っておいたほうが

良いかもってやつですね。

こんな感じです。

 

いや~~どれも良いな~~。

「基本」の生地と、「着てほしいシャツ」です。

まずはこちら。

ネイビーロンドンストライプです。

やっぱり基本です。

クラッシックです。

タイドアップも素敵だし

今からだったらクールビズシャツにも最高ですね。

この種をDRESSERSはいつも「基本」として提案します。

それは、ドレスシャツとしても最高なうえに、

デニムや白パンとも最高に相性が良いからです。

そして、どう着ても「品がある」からです。

やっぱりネイビー論ストは最強ですね。

次にこちら

サックスブルーのピンオックスですね。

なかなか素敵なサックスブルーって無いんですよね。

オクスフォードをすっごく細かくして織った織り方なんですが、

利点は、タイドアップも可能だということです。

そしてカジュアルにももちろんですが、

ノータイのジャケパンスタイルにも最適だ!ということです。

ただの無地のシャツなんですがね。。

「この色」と「この織り」と「このカラー」がセットで

初めてかっこよくなり、他とはなぜか違う、素敵な

サックスブルーのシャツ

になるんです!素敵です!!

次にこちら

これは「着てほしい」シャツです。

白地に、なななんとブラウンのピンストライプです!!

これは茶のストライプなんで、なかなかいい感じのストイック

でしょ!!ブラウン系オンリーのコーディネート。

ブラウンのネクタイとか、ベージュやブラウンのジャケットとか、

ベージュのスラックスとか、ブラウンやベージュのニットとか。

汎用性ではなく、合わせるアイテムや色を絞るからこそできる

ホームラン的120点のコーディネート。

ALL80点も良いですが、お持ちの方は120点を狙えるアイテムを

お持ちになるともっともっとコーディネートが楽しくなりますよ!

次は、もっとストイック

『 ブラウン地に白ストライプ 』

ん~~ストイックでかなりかっこいいですね。

シャツにブラウンシャツ着るってかなりかっこいいです。

ただネイビージャケットの中に入れるだけで、もう完成。

すでにかっこいいです。だれもこんなの着てない。

し売ってない。想像の範疇を超えたものだから。

でも相当かっこいいです。

ベージュジャケット、このシャツ、白パン、茶スリッポン。

めちゃ素敵!!

そして次は

『 サックスキャンディストライプ 』

 

もはや、このサックスのキャンストは持ってないと「どうしたの?」

って思っちゃうくらい基本中の基本です。

無地のサックスブルーより使いやすい。

これは素晴らしい。もう説明不要の接待王者ですね。

最後にこちら。

やはりド直球

「 サックスブルーロンドンストライプ 」

もうなんでしょ~。基本すぎて逆に語ることのない不滅の色柄です。

もうどうとで着てくださいっていうくらいに合わせやすい

シャツですね。持ってない方は、上のサックスの

キャンディストライプとともにセットでどうぞ!!

ということで「基本」と「着てほしいシャツ」をご紹介しました。

いや~~最高のセレクトですね。お持ちでないものがあれば

基本のアイテムの穴埋めをして、ワードローブの拡充を

してみてください。もっともっと着こなしのコーディネートが

楽しくなりますよ!!

期間短いですがこの機会に是非!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 オーダーシャツFair 』

■通常オーダー価格 : ¥23,000-

■Fairオーダー価格  : ¥16,000-!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 :1月13日(土)~1月16日(火)

■出来上がり : 2月末~3月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

待ってます!!!

DRESSERS

 

新たにお知らせ

2018.01.09

blog

皆様、こんばんは。

1月11日(木)もお休みになりました。

ですので、1月10日(水)・11日(木)がお休みです。

休み明けに、シャツのオーダーFairとジャケットのオーダーFair、

イイの控えてます。

DRESSERS

お知らせ

2018.01.08

blog

皆さん、こんばんは。

明日、1月9日(火)と、10日(水)は定休日となります。

DRESSERS

Made in England 『DORMEUIL』最強の大人カッコいいスーツ

2018.01.07

blog

皆さん、こんにちは。

いい天気ですね~~。

良い年明けです。

さて、DRESSERSはお店やり始めて約10年を迎えます。

皆様のファッション魂のすさまじさに動かされ、皆さんとともに服を楽しみ

基礎期が出来上がったと思います。

皆様のファッションに対しての意識の高さは都会よりもはるかに高く、

私も日々刺激されてます。

私もなかなか熱いですが、皆さんも熱いです。

お店としてはここからやっとスタート位置に立たせていただいたと思っています。

いまからさらにファッションで人生が少しだけ楽しいものになるように

ご提案ご紹介をしていきたいと思います。

まだまだ精進して、今後も真摯にファッション道を進んでいきたいと思います。

さて、皆さん、私は数年前から熱く語ってきましたが、フランスブランドの

『 DORMEUIL(ドーメル) 』が実は大大大好きです。

 

 

ドーメル自体はフランスの生地ブランドですが、生地のほとんどは英国製です。

一般的海外ブランドを思い描いていただくと分かりやすいと思いますが、

イタリアのブランドで、ニットはイタリア製、シューズは英国製、スラックスはポルトガル製と

様々にあるのが普通です。そのブランドが「良い」と信頼してる工場に、自分の作品の制作を

依頼して作ってもらうというやり方ですね。

生地界において「DORMEUIL」はまさにそれです。

フランスブランドでありながら、織らしてるのは英国の超一級の工場というのがほとんどです。

それはやはり、最高峰の英国製ならではの「立体感」「仕立て映え」「着映え」「復元力」

が素晴らしく魅力的で、ドーメル自身がそこに生地の価値観を置いてるからにほかなりません。

そこに、”フランスらしいテイスト”を存分に反映した生地コレクションとなってるわけです。

”フランスらしいテイスト”というのは、

一言でいうと「カラーミックスから生まれる「”美”」です。

何色?という一言で表すことの出来ないカラーミックスから生まれる「美」は

ドーメルを世界一と言わしめる最大の特徴でもあります。

「絵」で言うと、ポップカルチャーの絵のように、色が単色で分かりやすいものが

英国純粋な生地に対して、『油絵』のように、様々な色を幾重にも折り重ねて出来上がる

色彩こそ、ドーメルが得意とする”フランスらしいテイスト”です。

(そういう意味ではイタリアは水彩画の風景画的側面があるかもしれませんね)

「深み」から埋めれる唯一無二のカラーリングと、その生地を纏うことで生まれる

心の高揚感と安心感が、ドーメルにはあるんです。

話しは長くなりましたが、そういった理由から私はDORMEUILが大大大好きなんです。

 

今回、皆様に満を持してご紹介させていただきたい生地があります。

それはドーメルの数あるコレクションでも、とっても着やすく、使いやすいシリーズで

シーズンも夏以外着られて、しかもすごくきれいな状態で長持ちしてくれる素晴らしい

シリーズです。

『 KRONO 』と名付けられたコレクションは、どれもとても素晴らしくどうしても

皆様に新たに紹介したい生地コレクションなんです。

その中から今回は5生地紹介させていただきたいと思います。

先にお伝えしておきます。

2ピーススーツで価格は「¥130,000-」でご案内させていただきます。

SHOP的にはすごくすごく頑張った価格にしております。

価格だけ見ると、なかなかの価格かもしれません。でも着用後には

「とてもいい買い物をした」と思っていただけると信じてます。

ぜひこの「DORMEUIL」を着て、スーツスタイルファッションを楽しんでいただきたい

と思っています。

おススメしたい厳選した生地はこちらです。

どれも見とれるほど美しく、かつ実用的な素晴らしい生地です。

まずは少しだけくせのあるコチラ。

『 グレーバーズアイ × グリーンペーン 』

ありそうでない配色です。でも着るととっても紳士的でいてファッションしている

引いたおしゃれを表現できる生地です。

シンプルに着こなすと何とも素敵な紳士的スタイルが出来上がります。

少し話してみると、ほとんどグリーンペーンが前面に出ることが無く、

でもこのペーンがあるからなんとも言えぬ美しい生地になっていることが

お分かりいただけると思います。

普通なようで普通じゃない、誰か着てるようで誰も着てない。

紳士的なスーツスタイルが出来上がります。

素晴しいです。

つづいて

『 ネイビー オルタネートストライプ 』

単線のチョークストライプやペンストライプの線ではないので、

すごく優しい印象のストライプスーツです。濃紺ではなく、優しいネイビーというのも

とっても印象良く、そして気持ちよく着ることの出来るネイビースーツになります。

何でもないようですけど、なんだあ他とは全く違うエレガントさを醸し出してくれます。

もちろん、先ほど上で述べさせていただいたように、基本的に最高峰の英国製生地なので、

保形性、立体感は世界最高峰の実力を持っています。

次は、その色違いです

『 グレー× オルタネートストライプ 』

とても中庸な、主張のない、「良い印象」が残る素晴らしいカラーリングのストライプです。

これは何気ないですが、きっと心も喜ぶスーツになります。

小紋タイか、ソリッドタイをシンプルに合わせていただき、シャツは無地を基本的には

合わせていただくだけで、誰も着ていないシンプルで上品なスーツスタイルを

着ることが出来ます。

次に

『 ネイビー シャドーストライプ 』

シンプルです。

すこし青みがかったシャドーストライプスーツは、大人の方に若々しさと、落ち着き、

両方の印象をもたらすことの出来るスーツです。

周りの第3者から「そのスーツ素敵ですね」と思われる素敵なスーツです。

最後に

『 ネイビー シャドーストライプ 2 』

ネイビーにブルーストライプが入った、これまた美しい生地です。

これはドーメルを象徴するような美しいカラーリングが表現された生地ですね。

「シンプルで上質」

「洗練されていて決してこれ見よがしではないスタイル」

がDRESSERSの根幹です。

シンプルだけどただのネイビースーツではない、だけどいつも心ワクワク着られる

とても素敵なネイビースーツになります。

こういう時、生地選びはとても難しく面白いものですよね。

迷ったときは、まずご自身のワードローブで、ネイビーとグレーの割合が何:何かを

把握されることをお勧めします。

そして、感覚的に4:6くらいでしたら、4のほうのカラーを追加して半々にすることを

おススメします。その方がバリエーションが多くなって着こなしが今まで以上に

楽しくなりますね。

また感覚的に2:8くらいになってる方は、8の方を増やすことをお勧めします。

それは、そこまで差がついてるということは、8側にカラーを”好んで着てる”証です。

どうせ着るなら、良く着るカラーのバリエーションを増やした方が費用対効果が

高い買い物が出来上がると思います。

さて、ネイビー:グレーのワオ―ドローブの割合はいかがですか?

この5種は本当に素晴らしく、素晴らしい生地です。

ぜひこの機会に「DORMEUIL」のスーツをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DORMEUIL KRONO オーダースーツ 』

■通常価格 : ¥200,000-

■Fair価格  : ¥130,000- !!!!

(カード支払いの場合¥136,500-(JCB/AMEX以外)

■期間 : 1月7日(日)~1月14日(日)

■出来上がり : 3月末~4月予定

(*Fair対象価格のものは上記納期はあくまで目安とお考えください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆様のファッション魂お待ちしております!!

DRESSERS

 

 

2018年一発目『 リネンジャケット・リネンスーツ 』

2018.01.04

blog

皆さん、こんばんは。

DRESSERSは今日からお店オープンしております。

年明け初日から皆様に足を運んでいただきありがたく思います。

今年もファッションが少しでも楽しいものになるよう、あれやこれや

ご紹介ご提案させていただこうと思っております。

さて、本日は、2018年夏?に向けて、『 リネン 』です。

この4種を特にオススメします!!!

 

こちらは『 W.Bill 』という英国最高峰の生地メーカーで、なかでも

ここの『 LINEN 』は世界最高峰です!!

リネンと言っても色々ありますが、ここのは「Irish Linen 100%」で織られた

極上の生地なんです。

肉感も380gmsあるので、しっかりしています。

リネンのジャケットやスーツは着られたことありますか?

リネンって、”良い”と”良くない”がはっきりと分かれる生地なんです。

ある一定以上のリネンは、出来上がった時が一番ダサい。1回着て、10回着て、50回着て

ってなっていくうちに、うそでしょ!!!っていうくらい生地が柔らかくなって、

ヌメリ感が出てきて、シワってこんなに美しいものなのか!ってなるくらいに、

「生地が育っていく」んですね~。

一方、”良くない”リネンは、出来上がった誰も着てない上代がBest of Bestで、

着る回数が増えるほど、”みすぼらしく”なっていくんです。。。

だから少々お金出してでも、絶対に「良いリネン」で作らないと、全くとは言いませんが

リネンの醍醐味を味わうことはできません。(と思っています)

もちろん今回ご紹介させていただく生地は、

それらの中でもトップクラスに「良い」リネンです。

是非、この機会に「リネンジャケット」)(「リネンスーツ」)を手に入れてください。

イイ感じに育ったリネンジャケット着てる方は、圧倒的にかっこいいです。

まずコチラの基本から

『 ベージュ 』

やはり、リネンはベージュが基本ですね。どれにしようか迷ったら「ベージュ」です。

5年後に「あ~~これにしといてよかった~」って思ってもらえます。

ライトグレーのサマーウールスラックスにスリッポンで合わせたコーディネートは

なんとも清涼感があり、同時に「品」があるので、絶対に大人の方は印象良く

着ることが出来ます。

もちろん白コットンスラックスに、ポロシャツやリネンシャツもとても合いますね。

 

優しい印象の上品な使いやすいジャケットになります。

もし着ることの出来る方は「スーツ」で仕立てて着られると段違いにかっこいいですね。

続いては、とっても爽やかで上品な「水色」

これはジャケットで着ていただくと、夏に清涼感が出てとっても素敵ですね。

もちろんブラウンシューズも合いますが、ネイビーシューズをお持ちの方は

是非白パンツとともに清潔感と清涼感で着こなしていただくといいですよ。

ライトベージュの細身のコットンスラックスも合うんですよ。

その時はブラウンのスリッポンが素敵ですね。

ブルーやネイビーのストライプシャツや、ネイビーやピンクのポロシャツも

このジャケットの中にはとっても素敵です。

周りはあまり着てないけど、大人には結構馴染む。

街に馴染んで爽やかな水色のリネンジャケットはおススメです。

続いては

『 くすんだサックスブルー 』

デニムと合わせるならこっちが良いですね。

少し濃い目のサックスブルー。

ネイビーデニムや白デニムで合わせるとすっごくきれいに合いますよ。

リネンならではのシワ感が、清涼感が醸し出されて素敵なんですよ。

なんでもないようですけどね。オーダーで体のラインに合わせて作るからこそ

馴染んできたときのカッコよさが違うんです。

ホント今回のW.Billのリネンはイイですよ。

最後にやはりこれは絶対ですね

『 ネイビー 』

やはり基本中のキホン。

これはスーツでクラッシックに決めて着る方が松山にもしいたら、この街は

相当レベルの高い街になること間違いなしでしょう。

もちろん単品ジャケットでガンガン着まわすこともできますね。

なんでも合うからこそ、(もちろん合いますが、、)

あえてネイビーデニムは合わせないほうが良いですね。

色が濃い中、せっかく上がリネンの清涼感なのに、下がごついネイビーデニムだと、

全体の色が濃くなって、清涼感がなくなってしまう。。

だから、白とか、ライトグレーとかを下に持ってきて、ペールトーンの

シャツやポロシャツを中に入れて着ると、ネイビーリネンの魅力が活きますね。

ということで4種おススメを紹介しました。

まだリネンジャケット、リネンスーツ着たことない方は、この「良いリネン」で

是非体に合ったオーダーをしてください。

リネンって良いね~~~ってなりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 W,Bill リネン100% オーダージャケット(オーダースーツ)』

■通常オーダー価格 : ¥120,000- (Suits ¥170,000-)

■Fairオーダー価格 :  ¥84,000- (Suits ¥119,000-)!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)(現金の場合¥79,000- (Suits¥109,000-)

■期間 :1月5日(金)~1月8日(月)  4日間のみ!!

■出来上がり : 3月~4月

*Fair価格のものは出来上がり時期よりずれる可能性があります。

あらかじめご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様、新しいアイテムにチャレンジする面白い楽しい年にしましょう。

皆様のオーダーお待ちしております!

DRESSERS

 

 

明けましておめでとうございます。

2018.01.04

blog

皆様、

明けましておめでとうございます。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、早速ですが、1月~営業時間変更しております。

以下が新しい営業時間です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月・木・金・土  14:00~19:30

日     14:00~18:00

火・水     定休

*イレギュラーでお店お休みするときは、ブログ内で

ご案内いたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

DRESSERS

ページ先頭へ