DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2020年2月

最高のストール入荷!!!春秋大活躍!!!

2020.02.21

blog

皆さん、こんばんは。

これ最高です!!!

「Jonstons」の極上ウールストール、

ブラックウオッチです!!!!!!!!

薄く、柔らかく、大判で、肌触りがめっちゃ良い!!!!

上品で上質。

一枚まくだけで、いつものコーディネートがフレンチシックに

洗練された雰囲気になります!!!

春、秋に最高に活躍する、薄手ウールの大判ストール!!

これは時代を超越した柄域なので、年齢も時代も関係なく

長く付き合える本物です!

めちゃくちゃ良いですよ!!!マジで。

極少です。

お早めに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Jonstons 薄手大判ウール ブラックウオッチストール 』

価格 : ¥20,000-(税込み)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最高です!!

DRESSERS

 

『 CANONICO 』ジャケット オーダー生地紹介

2020.02.20

blog

Personal Order Fabric

皆さん、こんばんは。

春夏秋に着てほしい、素晴らしいジャケットをご紹介します。

こちらの2種です。

本当に美しいですね。

ブルーのチェックと、ブラウンのチェックです。

まずは『 ブラウンのチェック 』

この色味、チェックの入り方、素敵です!

春夏秋といろんなコーディネートが楽しめますね。

ただジーパンと合わせて着るだけでも素敵です。

そして白パンはもちろん。またベージュコットンパンツも素敵ですね。

ウールバスケットでブラウンチェックというのがいいんですよね。

季節も長く着られるし、軽いし、耐久性あるし。

このブラウンのチェックは、

合わせるアイテムによって、シーズン感を出せるのがいいですね。

夏にリネンシャツを中に着ると、すごく素敵な大人のコーディネートが

完成しますよ!

続いて『 ブルーチェック 』

なんとも上品な美しいブルージャケット。

一見「ん?なんですか??」って感じのジャケット生地。

でも、こういうのこそ実力者なんです。

5年先も現役で楽しめるジャケット。

120度の大好きではなく、90度のいつも好き、ずっと好き、そんな感覚ですね。

一瞬120度と比較したときに、面白くなく感じるのですが、

実は90度くらいの心地よさは絶えず変わらず好き続けるんですね。

こういうのこそ「実力者」。結果としてコスパが高いジャケットになるんです。

すごく素敵なブルーチェックジャケットです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 CANONICO チェック3シーズ対応ジャケット オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥80,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱き熱きファッション魂お待ちしております!!!

DRESSERS

 

「 春夏グレースラックス 」Order 生地紹介「定番」

2020.02.20

blog

Personal Order Fabric

皆さん、こんばんは。

さて春夏に履くスラックスと言えば「トロピカルウール」です。

ビジネスでは最強ですね。

平織の、軽くて、通気が良くて、ほとんど型崩れしない、トロピカルウールは

やはり必需品です。

ジャケパンスタイルをされるお洒落な方も、これは欠かせないスラックスですね。

今回は、絶対的な安定感を誇る、「CANONICO」のトロピカルウールを

単品スラックスで紹介します。

こちらの2色です!!

いや~~良いですね。

美しいですね。

ナイスです!

ライトグレーとミディアムグレー。

完璧な2本です。

『 ミディアムグレー 』

これさえあれば、何でも来い!という感じのカラーのトロピカルウールです。

やはり、何本あってもいいのがミディアムグレーのスラックス。

持ってなきゃ始まらない。

ポロシャツと合わせてもいいし、シャツ一でも良いし。

もちろんジャケットやブルゾン、何が来ても完璧。

まずは一本持ってないと。っていうやつです。

すでに持ってる方、実はもうすでにぼろくなってませんか??

新しいの追加しましょう!

『 ライトグレー 』

 

やはり、季節には季節のカラーを。春夏は「ライトグレー」。”基本”です。

圧倒的な清涼感と、「清潔感」。

これはライトグレーのなせる業。

一度ライトグレーを履くと、春夏はやっぱりライトグレーよね!

ってなりますよ。

以上、絶対の必需品「トロピカルウールスラックス」です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 トロピカルウール スラックス オーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥40,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

GRANSASSO 「ネイビーカーディガン」

2020.02.19

blog

皆さん、こんばんは。

待望の、待望の、新作が入荷しました!!!

『 GRANSASSO 』の「ネイビーカーディガン」です!!!!!!!!!

やっぱり、「基本」が最高です。

「基本」は必ず役に立つから「基本」なんです。

「定番」は必ず使うから「定番」なんです!

春にはインナーとして、そして少し暖かくなってきたらアウターとして、

そしてだんだんと袖まくりスタイルになり、夏には腰巻きスタイルに!

めちゃくちゃ長い間、使いまわしがきくのが「定番」たるゆえん。

まさかまだお持ちでない方、絶対にGETしてください!!

今回のは素材が新しく、進化しておりまして、

「FRESH COTTON」なんです!!!

シャリシャリしてて、型崩れが少なく、長い間着こなせる表面の質感。

これはかなりパワーアップしています!!!

やはり、必要なんですよ。

大人の上品な着こなしには。「ネイビーカーディガン」が。

価格もかなり抑えめに設定してあるので、

このタイミングを逃さないでください。

 

王道のシャツとのコラボは、基本的に絶対にカッコいいです。

丸首Tシャツとのセットもめちゃくちゃ素敵ですよ。

カーディガンの袖をちょっとたくし上げて。

いや~~~良いですね~~~。

しかもネイビー!!!!

これは間違いないやつですね。

めちゃ×100おススメします!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 GRANSASSO FRESH COTTON ネイビーカーディガン 』

■価格 : ¥31,900- (安っ!!)

■SIZE : 44・48・52

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん極少です!

是非!!

DRESSERS

ThomasMason 140双 「 白ヘリンボーン 」生地紹介

2020.02.09

blog

Personal Order Fabric

皆さん、こんばんは。

最高の白シャツ。ビジネスシャツとして最高の

「上品ヘリンボーン」。

『 Thomas Mason 』の極上品。

白のヘリンボーンの140双です。

コチラ

めちゃくちゃステキ!!!!

シンプルに、

ホリゾンタルから―で仕立てられると素敵ですね。

春夏の美しい襟の、ノータイスタイル。

秋冬のネクタイした時に凛とした美しいVゾーン。

白シャツでテンション上がる、とても良いシャツです。

140双の極上の肌触りと、選択に耐える、最上級の番手だからこそ

おススメする価値のあるシャツです。

まったくの無地じゃないのが、Vゾーンコーディネートの時に

フォーマルになりすぎず使いやすいのが特徴です。

ぜひこの機会に、「極上の白ヘリンボーン」をご用意ください。

白シャツを着るのが楽しくなりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ThomasMason 140双 白ヘリンボーン 』

■通常オーダー価格 : ¥29,700-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

もっとも重要な「基本」。ネイビージャケット。オーダー生地紹介

2020.02.06

blog

皆さん、こんばんは。

今日は、圧倒的NO.1使用量、万能でテッパンの

「通年用」のネイビーバスケットジャケットを

ご紹介します。

いきなりですが、

私は店頭でよくネイビージャケットを着用しています。

そして、たくさんのお客様に、

「山田さん、そのジャケット良いですね!」

とか、

「山田さん、この前着られてたネイビーのジャケットはどこのモノですか?」

とか、聞かれることがしょっちゅうあります。

そして、その時にたいがい着てるのが今回紹介するネイビージャケットです。

今回ご紹介するのは『 VITALE BARBERIS CANONICO 』

ネイビーバスケット無地ジャケットです!!!

そうなんです!やはり世界中で着られているネイビージャケットは

やはり素晴らしいんです!!

カラーは3色ご案内します。

こちらの3色です!

 

上から

■ブルー

■ネイビー

■ダークネイビー

です。

『 ブルー 』

これはネイビージャケットの部類にもしかしたら入らないかも

しれませんが、春夏用に軽い感じで着ることを想定したら

なかなか素敵なカラーです。

(*通年生地と言っても基本的には280gmsなので、軽めですね。)

春夏の白パンやリネンシャツ、ポロシャツと見事にはまりますよ。

次は

『 ネイビー 』

直球の万能ですね。

ひとまず、自分に体系バランスに合ったネイビージャケットを

お求めの方は、間違いない一着になるでしょう。

一般的なネイビーよりも少し薄めのカラーですね。

ノータイもタイドアップもどんな着こなしにも対応します。

『 ダークネイビー 』

私が着てるのはコレです。

私はほとんどタイドアップなので、このカラーが実に重宝します。

ネクタイしなくても、ビジネス系中心でお考えの方は、

こちらのダークネイビーをおススメします。

もちろんキャラクターや好みもありますが。

以上の3種、それぞれに特徴があり、持ってると便利です。

特に「ネイビー」と「ダークネイビー」は、成人した大人には

必ず必要なジャケットです。

是非この機会に、自分に合った「ネイビージャケット」を

お持ちになられてください。

まずはすべては基本からです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 VBC ネイビージャケット オーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥87,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非テッパンネイビージャケット楽しんでください。

DRESSERS

ネイビージャケットが必要な理由

2020.02.03

blog

店主の思い付きコラム

皆さん、こんばんは。

最近ラジオ的動画を全然アップしない山田です。

ご期待いただいてるコアな皆様すみません。。。

今日はコラム的な内容ですので、商品情報はありません。

お時間ある時にでもよければどうぞ。

今回のテーマは、「なぜ、ネイビージャケットが必要か?」です。

先に答えを言ってしまうと。

『”ひとまずジャケットが必要”という場面が必ずあるから』です。

先に答えをお伝えしてしまうと、もうこの先読むに値しないかも

しれませんが、、

大人になると、なぜか”ひとまずジャケットが必要”という場面が

必ずあるんです。

そんな時に、「ネイビージャケット」は万国共通で

「それならOK!」をもらえる唯一のジャケットだからです。

そして重要なことは、「オシャレで着るものではない」ということです。

オシャレかオシャレじゃないか?という観点で見ると、

決してオシャレじゃないです。

かといってオシャレじゃないこともないです。

どちらでもないんです。

要は「必需品」ということです。

我々が和食を食べる時に「箸」が要ります。

箸を使うことがオシャレとかオシャレじゃないとかじゃないんです。

「必需品」なんです。

それらと同じで、大人(成人)の人には「ネイビージャケット」は

必需品なんです。

これからの時代、レンタルや、そういったサービスが普及していくでしょう。

自分で自分のジャケットを持ってるかどうかも今後のファッションの

価値観の分岐になるでしょう。

もちろん、自分に合った上質なネイビージャケットを誂えて、

自分のモノを所有し、着る喜び、楽しさはひとしおです。

しかし別にレンタルでも良いし、サイズが合ってなくてもいいし、

安いものでも良いし、何でもいいんです。

ただ、必要だということ。

そして”ひとまずジャケットが必要”という場面がなくなることはないでしょう。

少なくとも、あと100年、読んでいただいてる皆さんが生きてる間は。

昔と違い、簡単に海外にも行けるし、簡単に海外とも仕事をするし、

友達も日本人だけではない、私生活も仕事も、まさにグローバルが

当たり前の時代。

そしてジャケットやスーツに代表される着こなしは「洋」のもの。

「洋」の文化なんです。

その「洋」の文化が面白くて、日本ではたった60~70年前から取り入れて

るだけで、向こうからすると、はるか昔からある自国の文化なのです。

なので、ちょっと面白かったから乗ってみた日本人は、すぐに飽きるかも

しれませんが、「洋」の国ではなくなることのない文化なんです。

日本人がお辞儀をしなくなることは、向こう100年無いと思います。

お辞儀が自国の文化だからです。

たかがネイビージャケットについて、なんだかむつかしいことを言って

いることを分かってながら、解説していますが、

簡単に言うと、

『 ”ひとまずジャケットが必要”という場面が必ずあるから 』です。

「そんな場面ないよ」と思ってる方、本当はそんな場面なのに、

知らずに着ないままで、実は裏では

「。。。」

そういう目で、そういう扱いを受けてしまってるだけの

可能性が大いにあります。

「そういう場面はちゃんとジャケットを着た方がいいよ」

と言ってくれる大人は、基本的にはいません。

だらか、ただ知らずに一方的に「。。。」と思われてるだけかもしれません。

という恐怖に導いても意味がないので、

まあ、要は必要なので、頭の片隅に置いておくのもいいと思います。

以上、なぜネイビージャケットが必要なのか?でした。

山田

ページ先頭へ