DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

TIE YOUR TIE

イタリア・フィレンツェで創業した名店「TIE YOUR TIE」。ここが生み出す七つ折り(セッテピエゲ)のネクタイは職人の技術から生まれる芸術品。首元で豊かな表情を見せ、動くたびに心地よく揺れるその様は、それを締める人の心を高揚させ、自信を与える。フィレンツェが生んだシルクの芸術“Sette Pieghe(七つ折り)のネクタイを愛媛からお届けします。

イタリア・フィレンツェ 店主の出張

2016.06.25

blog

LIVERANO & LIVERANO

TIE YOUR TIE

皆さん、こんにちは。

先週イタリアFirenzeに出張に行ってきました。

幸い何事もなく無事に帰国しました。

荷物が無くなるとか、飛行機がつかないとか

何かしらないかな~と少し期待していましたが、

何事もなく順調に行って帰ってこられました。

帰りの飛行機で席が隣になった日本人ご夫婦は、

何らかのトラブルで、フィレンツェじゃないところに

着いて、しかもホテルに着く予定に1日遅れて、

さらに荷物もそこから3日間も届かないということが

で、そういう話を聞くと、何もなく無事に帰ってこられて

良かったと思う。一方何かあったら面白かったかな

なんて思う自分もいたり。。。

滞在中はこれまた恵まれて、天候がよく、それまでの2週間は

ずっと雨だったとのことで、よかったです。

これまで何度かイタリア行ってて、まさかの一回も雨に

当たったことないという奇跡的な感じもありがたいですね。

 

DSC_2712

相変わらず、何度見ても感動するFIRENZEの景色は、

絵画の中に自分が入っているかのような、錯覚を覚えるほどです。

手を伸ばせば触れて、実は大きな絵なんじゃないか?と

本気で疑ってしまうほどの美しい景色です。

DSC_2920

穏やかでゆっくりと時間が流れるフィレンツェはやっぱりとても好きでした。

ここがファッションの最大展示会、Pitti Uomoの開催地であることが

なにか意味があるように思います。

DSC_3132

僕はいつもPITTIの後に行くので、比較的落ち着いたフィレンツェを

堪能しています。

今回はたまたまピッティ最終日に入ったので、街を歩いていると

東京でもそんなに会わないのに、本当にたくさんに業界関係者の

知り合いや先輩に会いました。一本大通りを歩くと知り合い

10人くらいと”お~~~!!”って挨拶することも。。

やはりこの瞬間だけここに業界全部が集中しているのがよくわかります。

 

DSC_2879

やはりドゥオモやウフィッツィは圧巻です。

特に朝6時くらいの観光客の誰もいないときは本当に

圧巻です。

DSC_3325

やはりそこには200年以上変わらぬものの価値や、

”いつ”、”誰が”見てもずっと美しいという存在と言いうものの

価値や、スタイルというものを深く深くいつも考えさせられます。

IMG_20160622_004523

夜の街並みもまた美しいのもフィレンツェですね。

治安がとてもいいので、夜中でも誰もが安心して出られます。

夜中でもライトアップがこんなに明るいんです。

そしてもちろん目的である「LIVERANO&LIVERANO」へ。

今回も皆さまとっても暖かく迎えていただき、感謝感謝です。

 

DSC_3289

Antonio Liverano氏も精力的にすごい仕事量をされてらっしゃいました。

いつもその真剣さにはオーラが漂います。

IMG_20160617_230009

手から創られる作品が最高であることは言わずもがなですが、

やはりAntonioさんのお人柄に、世界中の服好きたちは

魅了されるのでしょう。

もちろん私もその一人です。

 

IMG_20160620_163324

やはりこの人なくして、いまの私のLIVERANOとの関係は

ありません。Takaこと大崎貴弘氏。

DSC_3284

彼もまたAntonio氏からの全信頼を受けた紳士です。

彼の人柄がLIVERANO&LIVERANOをさらに躍進させてる

ことは間違いないでしょう。

そして職人のQemal氏も各種オーダー会に同行する

LIVERANO&LIVERANOの若き実力者です。

DSC_3296

みんな一様にとっても人柄がいいので、

LIVERANO&LIVERANIOは世界中から愛されるのでしょう。

相変わらず工房も大忙し。

工房のみなさんもいつも笑顔で暖かく迎えてくださり

本当に感謝です。

一針一針縫っていく、気の遠くなるような作業風景は

いつも「物の価値」というものを改めて考えさせられます。

DSC_3271

生地ストックルームでスタッフみんなが談笑する光景も

AntonioLiverano氏が作りあがてきたチームの力でしょう。

DSC_2733

 

そして今回はまさかのうれしいハプニング。

ピッティ期間中の最終日にフィレンツェに入ったことで、

インスタでそれを見てくれたTIE YOUR TIEの社長が連絡をくれて

展示会ルームに急きょお誘いいただきました。

そして、なんと展示会場のわきの個室で、、、

なんとFrancoMinucci氏とずっと一緒に。。。

お目にかかったことはあるけども、まさか個室で約2時間

ご一緒させていただけるとは!

願ってもないありがたい環境でした。

 

DSC_2949

しかもその日はサッカーのユーロが開催中で、

前日にイタリアが勝ったということでフランコ氏も

上機嫌。なかなか上機嫌なフランコさんに会うのは

レア?なのでうれしかったです。

まさかの愛媛のことなどたくさんフランコさんの方から

ご質問いただいたり、私も愛媛の写真をたくさん見て

いただき、「Bello!!!」ととても共感してほめていただきました。

ご自身の着こなしへのこだわりや、ディテールへの配慮

など質問にお答えいただいたり、フランコ氏自らいろいろと

教えていただいたりと、とても貴重でありがたい時間でした。

 

DSC_2951

笑顔で2ショットも快く。

とってもチャーミングで笑顔の絶えないフランコ氏でした。

(実はなかなか笑顔の写真って無いのがフランコ氏)

下は集合写真。

これがいつものフランコ氏。

基本的には写真の際は、決まったスタイルのポーズと

表情があるのもまたイタリア人らしい。

 

DSC_2958

休日には大崎氏にフィレンツェの郊外へ連れて行って

もらったりして、街ではない、トスカーナ州の良さも

体感させていただきました。

 

DSC_3044

 

DSC_3085

とても充実した出張をできました。

もちろん商品的にも様々に仕込んできました。

LIVERANO&LIVERANO×DRESSERS別注もちらほら。

また、LIVERANOのフルオーダーシャツを

DRESSERSで期間限定でお受けさせていただけることに

なったので、そちらは近日中にご案内します。

現物で店頭にLIVERANOアイテムもいろいろ

ご用意したりしてます。

早めにブログ内でご案内したいと思います。

どれもかなり極少なので、あしからず。。

毎回行くたびに、価値観、美意識等、ファッションに

携わる者としてたくさんのことを吸収できてる

実感があるので、今後も頑張って行動に移し、

よりDRESSERSにいらしていただける皆様に

ファッションを面白がっていただけるよう

進んでいきますので、今後ともDRESSERSを

よろしくお願いいたします。

DRESSERS

ページ先頭へ