DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

「思い出話、続き、、」   

2013.04.21

店主の思い付きコラム

お客様から、前回のコラムの思い出話が非常に興味深かったので、続きが

読みたいと強く要望があったので、続きになるかどうか分からないが、思い出話。

テイメン銀座店で勤務することになって2日目。 先輩のMさんに食事に誘って

いただき食事を御一緒させていただきました。

その時です。

いきなりMさんからの第一問、

「山田君は何年代が好きなの?」

当時の僕は23歳。

「ん~~~??全く質問の意味が分からない。。。

「なんなんだこの質問は???。

二人で話してるのだからファッションの話だろう、多分。。。。」

色々考えてみましたが、全く答えが見つからないし、

僕自身にその質問に対しての引き出しが全く無い。。。。

そこで逆に「Mさんは何年代がお好きとかあるんですか?」って質問すると、、

「俺はねぇ、基本的には30年代なんだけど、〇△◇〇△◇〇なんだよね~~~」

ムムム!!!???答えていただいたのに、

その答えの冒頭部分しか頭に残っていない、、、、、、、。

僕の頭に衝撃が走る。

「コレが東京か~~!!!!!!!!!!!!!

コレが東京なのか~~!!!!!!!!!!!!!!

すごい!すごすぎる!

まったくついていけない!大丈夫か?オレ!」(頭の中の言葉)

ただ同時に

「すげ~~~!この人。カッコいいな~~。すごいな~~。

俺もこうならないとな~~~。いや、なってやる!!!」(頭の中の言葉)

とがっつり思いました。

(*前回のコラムでも触れましたが、10年以上東京の一線でやってきて

この”Mさん”がずば抜けてすごかっただけで、皆がそうというわけでは

全然ありませんでした。)

ただそういうことが分かってくると、僕は運があるな~~とつくづく

思います。だって東京の中でもそんなずば抜けてレベルの高いMさんと

最初にお会いしたんですから。そしてMさんのレベルが

僕の中で一種の標準レベルとして考えられて、それをもとに行動できたし、

努力出来たわけですからね~。

すごいことです。Mさんに本当、感謝感謝です。

そこからというもの、当時ネットも今みたいな状態ではないので、

僕はもっぱら文献・雑誌が僕の情報源でした。

毎日12時過ぎに帰宅して、そこから個人学習時間です。

帰ってから風呂に入り、文献を参考にずっと勉強してました。

恐らくそこから3年くらいの平均睡眠時間は4時間くらいだったと思います。

好きなファッションやって、情報、知識が日に日に増えていくし、

分からないことは次の日お店に行って先輩に質問出来るし、

質問したら文献以上の内容を教えていただけるし、

生活自体は体力も金銭面もとても大変な時期でしたが、

毎日好きなことやってとても楽しい日々でした。

日によっては、最寄駅から自宅までの徒歩15分の距離が

疲れ過ぎて歩けずに、40分くらいかかって帰ったりすることもありました。

でも明日また行くのが楽しみ。その時期は、知識・経験が

カラカラのスポンジに吸収されていくように、毎日成長している感覚が

すごかったです。もちろん現在もいっぱい吸収しながら歩んでいますが、

あの時のベースが今でもドレスの基礎になっていることは間違いありません。

全て先輩方に恵まれ、叱られながら、笑いあいながら、知識や知恵を

惜しみなく相伝していただき、今日の僕がいることは間違いありません。

僕のドレスの基礎を徹底的に築いた時期でした。

また銀座という街が、高いレベルを求められる特殊な街であり、

その街で東京販売員をスタートし、長年いさせていただけたこともまた

僕は運に恵まれてるな~~~と感じます。

本当に僕に絡んでいただいた皆さんに感謝です。

ありがとうございます。

思い出話は1年間で365話あり、尽きないので気が向いたら

また書くことにします。

ページ先頭へ