DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

『 「普通」 は極上 』

2014.11.20

「文化を創る」

”基本”は言い換えれば「普通」と言うことも出来る。

では服装における「普通」とは一体どういうことか。

例えば挨拶。朝会ったら「おはようございます」

昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」 。

何かしてもらったら「ありがとうございます」、

相手に迷惑かけたら「ごめんなさい」。

というように、「普通」とは、人が人と関わり生きていく中で

当たり前に行う行為のことを言う。人間関係を

円滑にする最低限の行為が「普通」の行いである。

特に大人になってからは当たり前の行為こそ大事になってくる。

しかしそれが難しい。

挨拶が気持ちよくできなかったり、素直にごめんなさいと

言えなかったり。 普通のことを普通に出来たら、とても

気持ちよく日々を過ごせることにつながる。

服についても全く同じことが言える。

お仕事、ビジネスをする服について言うと、

ここでは「身だしなみ」といった方が正しい。

「身だしなみ」においての「普通」。

自我が芽生える中学生の頃、標準の制服を

着るのが嫌で、自己主張をしてツッパッて、

規格外の違反の制服を着た経験もある人も

いるだろう。私なんかはまさしくそのタイプ。

体が大きかったこともあるが、 違反の制服に

身を包み、坊主が普通だったのに、サイドを

短く刈り込んだりしてたものだ。 毎回先生に

違反服を没収されるので体操着で一日を

過ごすことも多かった。ボタンにも今考えると

恥ずかしい竜の裏ボタンに鎖が付いたものを

付けたりしていたものだ。 そして高校になったら

パーマをかける。そして学校で洗い流される。

今思えばどれも恥ずかしくもあり懐かしい思い出だ。

しかし社会の一員を担っている われら大人は、

大人の世界の「普通」がある 。

中学校時代は先生が注意してくれた。でも、

大人の世界において「身だしなみ」に注意してくれる

人はいない。「身だしなみ」が整っておらず、ただ

目立ちたいだけの格好をした人を見たら、 その瞬間

「ちょっと普通とは違うな。」もしくは 「協調性に少し

欠ける人だな」と”思われるだけ”でおしまい。。

中学生の頃を思い出してみてほしい。友達と連れ添って

街に出たとき、前からツッパッた人たちが歩いてきたら

どういう風に思うだろう。

恐らく今想像した時に、心に浮かんだ感覚がすべてだと思う。

だけどもそれは子供時代の話。親に育てられてるときの話。

ビジネスにおいて、中学生の時のような目立ちたがり、

俺を見てくれといった主張、またそれをすることでの

相手に与える感情を考えると、あまり得策とは言えない。

やはり、友達付き合いではない、ビジネスシーンにおいては

あくまで「普通の身だしなみ」を心がけるべき。

ここで一つ重要なことがある。

「普通、普通」と言うと、何か面白くない、もっと言えば

ダサい格好を想像してしまいがちだが、それは違う。

ビジネスシーンにおいての「身だしなみ」の「普通」は、

『 相手に好感をもたれる着こなし 』 であることが

前提となっているという事。

『 相手に好感をもたれる着こなし 』 をすることが、

「普通」なのである。

だから必死に「普通」に辿り着かなければならない。

どういう着こなしをすれば、”相手に好感をもたれる”か。

しかしそれが難しい。

「着こなし」とは、当たり前だが何かを着ることで成立する。

だからまずは「普通」を持たなければ始まらない。

幸いなことに、日本のビジネスシーンで和服は着ないという事。

皆、洋服を着ている。ビジネスシーンの着こなしにおいて

洋服が今の形になってから役170年の歴史の中で

いろんな時代の人たちがいろんなものを着てきた実験結果が

ありがたいことに統計的に出ている。

「何を着れば好感をもたれる着こなしが可能になるか」が。

まずはそれを知ること。そして持つこと。

持ったら次は、年齢とともに、質を上げていくこと。

ビジネスにおける「普通」の着こなしの重要性。

「普通」があるからこそ、それぞれの「差」が生まれる。

それが「個性」となり、 「好感」という枠の中で

右や左や上や下の個性が生まれる。

改めて、ビジネスシーンにおける着こなしの

「普通」を意識してみてはいかがでしょうか。

機会があれば、「普通」の「何」を持つべきかを

お伝えできたらと思っています。

好感をもたれる着こなし(=「普通」)を

意識して着こなしてみてはいかがでしょうか。

dsc_0254.JPG

ページ先頭へ