DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

DRESSERSのオーダースーツのご案内

2019.01.28

皆さん、こんばんは。

2019年も一か月が経とうとしております。

早いものです。

愛媛県松山市で大人の男性に向けた紳士服店をスタートさせていただいて

10年になります。愛媛の街ではまだまだひよっこなお店です。

大変ありがたいことに、ここ最近はご新規様がお見えになって

”いつかはここに入ってみたかったんですよねぇ”とおっしゃっていただき、

ご入店いただくことが多くなりました。

”あそこにスーツ系のお店がある”と認知していただいてるのは

本当に嬉しいことです。

早くからこのお店を見つけていただき、ずっと通っていただいてる皆様の

お陰です。

さて、DRESSERSでは数年前よりオーダースーツを始めておりますが、

改めて、DRESSERSのオーダースーツのシステムをご紹介させていただきます。

DRESSERSでは、スーツスタイルに対して大事にしてる考えがあります。

それは「洗練されていて、決してこれみよがしではないスタイル」を

大事にしてきています。「シックでシャイ」という言い方をする場合もあります。

DRESSERSのスーツスタイルにはこだわりがあります。

スーツは英国に起源をもつものです。すべてのルールは英国が作ったもので

それに従うことで、英国にリスペクトを持っています。ただし、硬く、重い

スーツはDRESSERS的には好きではありません。

着心地という側面においては、やはりイタリアが最上のもの。着心地は

最上級のイタリアにリスペクトを持って、モデルを作っています。ただし、

雨振袖やディンプルの異常な作り込み、色とりどりのアイテム同士の組み合わせ

など、行き過ぎた誇張ディテールはDRESSERS的には好きではありません。

見た目というのは、私たちは日本人で、合う相手はほぼほぼ日本人なので、

合う相手=日本人が見た時に好印象になるような、見た目とシルエット

言葉で言うと「きちっとした」風に見えるスタイルを作ります。

長々書きましたが、要約すると、

DRESSERS スーツのSTYLEは、

『 英国にリスペクトを持ち、着心地はイタリアで、見た目は日本 』

ということが出来ます。

そこにこだわり、DRESSERSのスタイルとしてご提案させていただいております。

オーダーのシステムやオーダーまでの流れやご注意事項などは、

ホームページ左上の「Personal Order」のところに記載してございます。

ご興味ある方はご覧になっていただければ幸いです。

DRESSERS

⁂一つだけここでお伝えしておきます。

Personal Orderのところにも書いていますが、

Fair等の割引価格でのオーダー品に関しましては、一応の目安納期は

ありますが、基本的には「納期はお約束できません」。

納期のお約束が出来ない変わりに、大幅値下げでお安くなっております。

ご了承の上ご注文お願い申し上げます。

ページ先頭へ