DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

スーツの「色」って結構単純?だから面白い。

2017.06.20

blog

皆様、こんにちは。

今回はコラム的内容ですので、ぜひ無視してください。

今回はスーツの「色」。

スーツってあ~だのこ~だの色々ありますが、

カタカナ表記で言うと、

「ネイビー」と「グレー」しかありません。

先にお伝えしますが、こういうコラム的内容は、あくまで

あくまでDRESSERSの超個店的な、私的な考え方、捉え方で書いてあります。

決して世の中全般のことを総じて言ってるわけではありません。

ファッションは正解はありません。だからみんなが楽しめるんだと

思っています。

超個人的意見ですので、ご批判、ご意見は一切受け付けません。

ご了承ください。

あくまでDRESSERS的スタイル、DRESSERS的考え方にのっとって

書いてあります。

さて、スーツの「色」ですが、結局のところ「ネイビー」と「グレー」しか

無いと考えています。

DRESSERSではフォーマル用のウエアというものは元来品ぞろえの中に

念頭に置いていません。あくまで、ビジネスウエアとしての

スーツ、ジャケパン。そして大人の休日のための上品なカジュアルを

軸に置いています。

勿論ご要望いただいて超略礼装的なスーツをお作りさせていただくことも

多々ありますが、常時展開するものでもなく、あくまでご要望いただいたときのみ

させていただいております。

ですので基本的にスーツというウエアにおいては「ビジネススーツ」しか

念頭に置いていません。

そういった意味で、結局スーツは「ネイビー」か、「グレー」しかないと

考えています。

「ネイビー」か、「グレー」のみ。と言っても、そこがビジネススーツの

面白いところ。

まず、その2色は「色のトーン」がかなり幅広くあること。

これが面白いところなんです。

同じネイビーでも、濃いものと薄いものでは全くコーディネートが

違ってくるし、やはり一番大きい部分は「印象」がかなり違ってくることでしょう。

勿論「印象」とは、”会う相手から見た印象”です。

大きく分けても

・黒に近いダークネイビー

・ダークネイビー

・ネイビー

・ライトネイビー

・かなり明るいネイビー

みたいに大きく分けても5種類の色のトーンに分けられるほどです。

グレーも同様に、

・黒に近いチャコールグレー

・チャコールグレー

・ミディアムグレー

・ライトグレー

・かなり明るいライトグレー

大きく分けても5種類に分けられるくらいです。

もっともっと色のトーンを見ていくと50種も100種もそれ以上に

色のトーンは違うものです。

さらに、「季節によって生地表面が違う」こともバリエーションが

多く楽しめる要素の一つでしょう。

・トロピカル(夏)

・サージ(春秋)

・シャークスキン(春秋)

・バーズアイ(春秋)

・サキソニー(冬)

・フランネル(冬)

大きく分けてもこれだけ表面感が違います。

例えばネイビーの5段階の色と、

生地の表面の5種で組み合わせたとしても、

それだけで「25通り」の組み合わせが生まれ、

それぞれに表情が違い、ネクタイやシャツのコーディネートも

それぞれに合った組み合わせを楽しめます。

結局、ネイビーかグレーしかないんです。

ビジネススーツにおけるバリエーションは、

「色のトーン」×「季節に応じた生地表面」で考えて

自分のワードロープを増やしていくことが

ビジネススーツの楽しみ方です。

色のトーンが少し変わるだけで、めっちゃいい感じに自分に似合う

スーツになるものです。(もちろん逆もあり。。)

グレーとネイビー2色で5種の生地表面としたらトータル

「50通り」の組み合わせが可能になるので、

自分がどの「色」と、「生地表面」を組み合わせるか、

そしてそれをどう着こなすか、どうコーディネートするか

がビジネススーツの楽しみ方です。

ぜひ今一度ビジネススーツのバリエーションと、

必要なスーツと欲しいスーツを考えて想像してワクワクしてみてください。

DRESSERS

<店休のお知らせ>

*明日6月21日(水)は休みです

*6月26日(月)~7月6日(木)は出張のため休みです。

 

 

ページ先頭へ