DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

「 ライトグレー 」のスーツという選択

2018.01.18

blog

皆さん、こんばんは。

本日、「1月18日(木)は、PM6:30まで」の営業となります。

また、

明日、1月19日(金)は、PM3:00~のOPENになります。

さて、テーマは『ライトグレーのスーツ』です。

DRESSERS的には、ライトグレースーツというのは、紳士的スーツにおける

「極み」だと考えています。

なぜかというと、ライトグレーのスーツにはどうやっても嘘が付けないからです。

★『生地の質が本当に良いととっても美しく見えます。』

(逆に言うと、生地がそこそこだったら、みすぼらしく見えてしまいます。)

★『シルエットが本人に本当に合っているととっても美しく見えます』

(逆に言うと、シルエットが合っていなかったら、みすぼらしく見えてしまいます)

★『ディテール等のサイズバランスが中庸なほど美しく見えます』

(逆に言うと、トレンドを加えたサイズバランスは、みすぼらしく見えてしまいます)

以上の理由から、「ライトグレーのスーツ」は紳士的スーツの”極み”だと思います。

今回はもちろんそれに見合ったスーツをご提案したく、3種の美しい生地を特価で

ご用意しました。

こちらです。

 

どれもとっても美しいです。

生地は『 Carlo Barbera 』の、Super150’sシリーズです。

発色がとても美しく、そして着た時に気持ちよく、そして軽い。

Super150’sなのに、”復元力”が強く、きれいで美しい状態で長持ちしてくれます。

私個人的に特に好きなシリーズです。

見た目の抑揚の効いた美しさと、実用性を兼ね備えてる、素晴らしいスーツです。

もちろんDRESSERSのモデルや中身の作り方との相性はいいです。

3種の「ライトグレー」をご案内します。

基本的に通年用生地ですが、ここ日本で着用するには、色目からして

春夏と初秋が美しく着られるスーツです。

40超えた方々には是非揃えておいていただきたいカラーリングです。

まずはこちら。

『 シャークスキン 』

やはり織り方の基本は外せません。基本の織り方の生地は「安心」して着ることが出来る

という特典が付いてきますね。

まずは清潔感持って白シャツでコーディネートされるのがベターです。

ネイビーの小紋タイか、ネイビーの無地タイを奇をてらわずに合わせると、

好感度高く、きれいに着こなせます。

もちろん慣れて着たら、ネイビーのキャンディストライプにネイビーネクタイや、

白地にブラウンストライプシャツにブラウンタイ(ベージュタイ)なんかも

取り入れて行ってコーディネートの幅を広げて行ったらどんどん着こなしが楽しく

なっていきます。シャークスキンという基本の織り方なので是非安心して着用してください。

次は「優しいうっすらチェック」です。

昔世界の巨匠AntonioLiverano氏に教えていただいたことがあります。

”日本のアスファルトは「グレー」だよ。決してブラックじゃないよ。

夏には夏の、冬には冬の、晴れの日には晴れの日の、雨の日には雨の日の

アスファルトの「グレー」があるんだよ。そういうものを注意深く見なさい。

そして時期や季節、天気を意識した色選びをすることがコーディネートを

考える上でとても重要だよ。”

と。

街や風景の「カラー」を意識して着こなしに生かすということは、以前から

考えてはいましたが、もっと細かく、もっと正確に「カラー」を見なければならないと

その時強く思ったものです。

今回アスファルトを背景に写真を撮っているのもそういった考えが根底にあります。

今回ご紹介させていただいてる「ライトグレー」もそういう観点からおすすめしています。

優しいチェックが入ることで、表情が単色よりも優しくなり、落ち着いた柔らかい印象に

なります。とても洗練された美しい生地です。とてもおススメです。

最後に

『 バーズアイ 』

最もクラッシックで、ビジネスを意識したスーツスタイルには欠かせないものになるでしょう。

織り方も基本のクラッシックですが、今回のライトグレーはとても上品で洗練されています。

それはCarlo Barberaの成せる業ですね。こういった良い生地を接着テープで張り付けて

(接着芯)でスーツにしてしまうのは、柔らかさや表情、軽さといった、この生地の

魅力をほとんど消してしまうことになるので、生地がもったいない。

もちろんDRESSERSはそういうことしませんのでご安心を。

ライトグレーのスーツの魅力は大きく2つ。「清潔感」と、「紳士感」。

ぜひワードローブに取り入れて、コーディネートも含めた

新しい楽しさを存分に味わってください。

とてもおススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Carlo Barbera Super150’s ライトグレーのスーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥170,000-

■Fairオーダー価格 : ¥119,000-!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 1月19日(金)~1月27日(土)まで

(1月19日(金)は、PM3:00~OPENです。)

■出来上がり : 3月~4月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダー心よりお待ちしております。

DRESSERS

 

 

ページ先頭へ