DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

『 Sartoria Italiana 』

2018.04.09

blog

みなさん、こんばんは。

今回は商品紹介はありません。

最近出た『 Sartoria Italiana 』

長谷川喜美さんの徹底した愛ある取材で構成された、イタリアのテーラーの

スペシャルブック。

なかなかの読み応えのある。

イタリアのテーラーが取材してあって、各々の人間性にまで迫る、

とても重要で、将来に向けた遺産的側面も持ち合わせた素晴らしい本だと思う。

イタリアのテーラーは、仕立てること自体に恋をしている生粋の職人が多い。

職業としてと言うよりも、それ自体が好きなのだ。

もちろん僕が多大な影響を受けている「LIVERANO&LIVERANO」の

Antonio Liverano氏も世界を代表するテーラーだ。

LIVERANO&LIVERANOというテーラーは、創り上げられる逸品そのものが

素晴しいことは言うまでもない。

着た者にしかわからない、まさに「極上」という着心地は、裸でいるより

ラクである。構築的に見えるスタイルにしてあるがパットは一切入ってなく、

なにか魔法に、マジックに掛けられたかのような

「!!!!???!!!??」

信じられない着心地に一瞬心が戸惑う。感動という言葉では足りないかも。

そして、そのモノ自体のすばらしさだけで、ここまでの巨匠になっている

わけではないことがことが、中に入って付き合わさせていただくとよくわかる。

それはAntonio Liveranoという人の「人間味」だ。

彼の優しいまなざし、優しい気遣い、優しい言葉がけ、

そして着こなしに真摯で、真剣。そして何より本人が着こなしを楽しみ、

そして私たち若者に伝えよう、顧客に伝えて行こうという真剣な姿勢が

彼の「人間味」となり、世界中の多くの人が彼のファンになる。

アントニオ氏の分身として、世界を飛び回るTakaこと大崎貴弘氏も同じことが

言える。さすがアントニオ氏の元でずっと学んでいるだけのことはある。

いま彼のファンは世界中にいる。

若手筆頭株のQemal氏(チェマル)もアントニオ氏の教えを忠実に、

スタイルを継承し、自らも世界を飛び回り、LIVERANO&LIVERANOの

美しい世界観を伝えて行っている。

そんな彼らとお付き合いをさせていただくようになって、早5年。

不思議なご縁でフィレンツェのLIVERANO&LIVERANOを訪れるようになった。

1週間くらい一緒の時間を共有させていただくことで、毎回すごく勉強になる。

衣食住という人間の根源的な要素を、ひとつづつ大切に楽しんで生きていく

素晴らしさをいつも学ばさせていただいている。

自分の「洋の服」の価値観を築き上げていただいたたくさんの先輩後輩がいて、

そして本場でたくさん勉強させていただく。

今の山田の、服を着ることの意味や面白さの価値観を総合的に確立させて

くれたのがLIVERANO&LIVERANO。

今回この本を読んで、改めて感動し、また大きな感謝を感じた。

もちろんまだまだ勉強しなくてはいけない。いまの精一杯を

いま確立してる価値観や面白さを、お店に足を運んでいただくファッション魂

ある大人の男性のみなさんにお伝えし、共有し、少しでも人生がファッション

で楽しくなるように日進月歩進んでいきたいと思います。

いつも皆さん、ご来店ありがとうございます。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

DRESSERS 山田

 

 

ページ先頭へ