DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

靴磨き

2018.05.24

blog

皆さん、こんばんは。

今日、5月24日(木)は、PM6:30までの営業となります。

先日お客様より靴磨きのご依頼をいただきました。

ま~~良く履きこんでいらっしゃる。

お店的には嬉しいです。

ありがとうございます!

DRESSERSの昔作っていたオリジナルのシューズなんです。

しかしさすがにちょっとコレはもうカラカラでシューズが飢餓状態。。。。。。

なので栄養与えて、磨いて復活させました。

良い革の靴ってすごいです!

ちゃんと復活しますからね。

 

ん~これでまた長く履いていただけるでしょう。

ご自身で少しだけ日常のケアを心がけるともっといいです。

面倒くさければ、うちのDRESSERSシューズだったら、ポイっとお店に

置いていってください。2~3日で磨いておきますので。

DRESSERSでご購入いただいたシューズは、基本無料ですが、

DRESSERSのではない革靴は、『1足:¥1,080-』でお受けしております。

良ければどうぞ。(2~3日お時間いただきます)

*モノによってはお断りする場合があります。ご了承ください)

個人的な好みですが、僕はグラサージュ(グラッストゥ―ラ・鏡面加工)の靴磨きが

あまり好みではありません。。。

もともと良い革だったら、ちゃんと栄養与えて、きれいにして

磨いてあげるだけで、充分な光沢がでるので、それ以上にはあまり必要ないと思っています。

グラサージュって結構な根気のいる、そして経験と訓練が要る特殊な磨き方なので

練習して出来るようになると、ついついどれもこれもやりたくなっちゃうんですよね。

昔僕もそうでした。。どれもこれも磨き上げていました。。。

でも、靴が必要以上にガラスみたいに、鏡みたいに光ってるって、

(あくまで個人的意見です)コーディネートに支障が出る。。

フォーマル、パーテイー感が出ちゃうと。(個人的には思っています)

適宜礼節を持った「手入れされた状態」が好ましいと思っています。(個人的にですよ)

足元に目を向けさせず(輝きすぎていても、汚くても、足元に目がいく)、

スマイルから始まる全体の印象に目の良くコーディネートが理想ですね。(個人的にはですよ)

イタリア行っても、ロンドン行っても、おしゃれな人はみな靴を磨いてはいますが、

グラサージュして履いてる人は、なかなかのエグイ変わり者くらいでしょうか。

もしくは使用人が何人もいるような貴族的な人。(僕の見る限りですよ)

なので僕は個人的には、良い靴を日常的にケアして(注意を持って)普通に栄養与えて

磨いてあげる感覚ぐらいが正しく紳士だと思います。

と言いながら、グラサージュご希望の方は「¥4,000-」でやりますよ。ご希望であればぜひ。

DRESSERS

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ