DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

ウールパンツで椅子に座る

2018.05.26

blog

皆さん、スーツやスラックスで椅子に座るとき、そのパンツの素材はほとんどウール。

ウールは引っ張れば伸びます。もちろん伸びても、また縮むんですが、

一日中きれいに、美しく履くために、大事にしたいこと。

それは、生地を伸ばしすぎないこと。

どうするかと言うと、足を真下に置くのは、膝が90度に曲がっている状態。

それは椅子に座るのだからしょうがない。

でもそこが限度。

膝の角度を、60度30度にするのはやめましょう。

60度とか30度とかどういうことかと言うと、椅子の下に足が潜り込む態勢です。

コレは見た目にも問題あり。とっても子供っぽく見えるのでやめた方が良いでしょう。

そして何より膝の生地が伸びすぎるのを防ぐために。

膝の角度が鋭角になるのを日々過ごしてると、90度以上で保つ人との差は明確。

夕方にはダルダルのパンツになっています。

そして1年後2年後は大きな違いが。。。

最終的にはパンツの寿命が全く違う。

さて、どうするか。

90度以上を心がけていると、プラスの良いオプションがある。

それは、座り姿がかっこよく見えるという、見た目の効果がある。

良いものを着ると同時に、良いものを着る着方も同時に楽しんで着ると、

良い服はもっともっと面白い。

DRESSERS

ページ先頭へ