DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

DRESSERSの「オーダースーツ」

2018.06.16

blog

皆さん、こんにちは。

さて、DRESSERSでは「オーダー」でスーツをお仕立ていただく

サービスがございます。

一言にオーダーと言っても、様々な手法が有りますが、

DRESSERSのオーダーは、いわゆる

イージーオーダーとフルオーダーの中間といった感じです。

フルオーダーに「近い」イージーオーダーです。

まず、DRESSERS独自のオリジナルモデルがあります。

それを細かくお客様個々に細かく合わせて作っていく

パーソナルオーダーになります。

個々の体型や筋肉の付き方、骨の大きさ、向きなど、じっくりと観察して、

お客様の年齢やご職業、日常の態勢、着方、お持ちのスーツなどなど、

じっくり時間を掛けて、カウンセリングしながら、シルエットや生地のラインを

調整していくオーダーです。

DRESSERSの「オーダー」がフルオーダーに「近い」というのは、

お客様ごとに型紙を引くオーダーだからです。

「近い」と表現してるのは、正しいフルオーダーに必ずある、

”仮縫い”はなく、一回で仕上げる方法をとっているからです 。

また本来は、採寸した人が型紙を引き、生地をカットし、縫うのが

正式なフルオーダーですが、当店店主の役割は「採寸」を行うことで、

型紙を引いたり、カットしたりは、専属のプロにお任せしています。

ですので「近い」と表現しています。

(巷では、パターンオーダーもイージーオーダーもひっくるめて

フルオーダーとうたってるお店が多々あるので、スーツをお作りになる方々は

混乱してしまうと思います。ただ、正確に区分けしてこられた歴史的事実も

ないので、お店側がどう表現するかはあくまで自由裁量の範疇なので、

世の中の呼び方がごちゃごちゃになってしまってるというのが日本の現状です。

ただし、業界としてはそういう呼び方自体に、あまり価値を置いていない

ので起こる現象でもあります。

オーダーの楽しみ方は

”私が思うに”「着てなんぼ」だと思います。

着てみて良かったら良いし、悪かったら自分には合わないという

素直な肌感覚を一番大事にすることがオーダーを楽しむコツだと思います。

価格と、自分の理想と、お店と、スタッフと、スタッフとの相性と。

全部をひっくるめて総合して、自分にとって良いか悪いかを

肌感覚で自分で判断すると、良いスーツに巡り合えると思います。

お店ごとで、カッコいいというベクトルが様々なので、自分がカッコいいと

思うスタイルと、お店側がカッコいいと思うスタイルが合ったところを

見つけることが出来た人は、人生かなり得してると思います。

服が好きな人ならなおさらです。

DRESSERSのオーダースーツを少し紹介しようと思っただけだったのに、

話しが長くなってしまいました。。。

さて、そんなDRESSERSのオーダーですが、

3つのシステムでご用意しております。

価格は3段階

「¥120,000-」(モデル:AIR)・

「¥160,000-」(モデル:CLASSIC)・

「¥210,000-」(モデル:HIGHEND)・

生地によって価格が3段階あります。

それぞれにモデルも違います。

価格、納期、スタイルをお選びいただけます。

時代に取り残されることなく、普遍的に美しいモデルでやっています。

シックでシャイ。

”洗練されていて、決してこれみよがしでないスタイル”

を基軸にDRESSERSは提案しています。

ぜひDRESSERSをよろしくお願いいたします。

DRESSERS

ページ先頭へ