DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

大柄のチェックジャケット

2018.06.23

blog

皆さん、こんにちは。

今回はFairとかではないので、お暇なときにでもどうぞ。

さて、昨今大柄のチェックジャケットが台頭して数年経ちますが、

各社こぞって大きなチェックや、複雑怪奇な色柄のチェックのジャケットを

打ち出しています。お洒落に熱い皆さんでも着てらっしゃる方も多いのでは

ないかと思います。

いかんせん、コーディネートしようとすると、なんともちんぷんかんぷんになる

ケースが多いのも大柄チェックジャケットの特徴ですよね。

今回は大柄チェックジャケットをコーディネートする際のポイントを

5つ挙げてみたいと思います。

意識してコーディネートするだけでも、かなり違うと思いますよ。

一つ目は、

「ほかのアイテムは極力無地にすること」です。

大柄のチャックはそれ自体に主張があり、圧倒的個性の強いアイテムです。

なので、調和させるというよりも、いかに周りのアイテムが

そのジャケットの引き立て役に徹することが出来るか。

が勝負の分かれ目です。チームスポーツみたいなものです。

超圧倒的に技術・実績・人気があり

確実に目を引く人気者がチームにいたら、その人が活躍できるように

周りがサポートし、お膳立てするっていうのが一番効果的だったりします。

また、テレビドラマや映画のように、圧倒的人気スターが主役の時には

周りの脇役は目立たないけどしっかりとしたキャリアと実力があり、

主役を引き立てることの役者さんがいることで、そのドラマは面白くなる。

主役級の人ばかり集めたら、それはもうPOPスターグループになります。

各ポジションのスキルがしっかりしてるから、特定の選手、特定の役者が

目立てる、活躍できるというのもあります。いまやってるサッカーで言うと

どうしてもFWが一番目立つ存在になるでしょう。

それが大柄チェックジャケットです。

だから、周りは「目立たないけど、しっかりとした実力があり、

結果として主役を引き立てる役目」を果たすことが重要です。

実は大柄チェックジャケットのコーディネートは、名わき役に支えられて

初めて成立するのです。だから上質な無地を合わせることで、ジャケットが

引き立つんです。

もう一つ

『 全体のシルエットを共通にすること 』です。

コレは、”サイジングの共有”とも言えるでしょう。

ジャケットがタイトなら、パンツもシャツもタイト、

ジャケットが普通なら、パンツもシャツも普通

と言ったように、合わせていくアイテムのサイズ感ともいうべき

バランスを、全てのアイテムで統一することで全体に「バランスの調和」が

生まれ、コーディネートがまとまって見えることになります。

もう一つは

『 トータルを”イタリア感”で合わせること 』です。

コレは、大柄のチェックジャケットとは、柄や色によっては、

「アメリカ感」がプンプン漂うことになります。

それはそれでいいのですが、今現在のファッションとしての

大柄チャックジャケットは、あくまでイタリアからのトレンドの波として

キテルものなので、他のアイテムも少しイタリアを意識したチョイスをするだけで

ファッションとしての大柄チェックジャケットが着られます。

例えば、シャツの台襟を少しだけ高いものを着るとか、

パンツ丈を少し短めで履くとか、ジャケットの着丈少し短めで着る、

ジャケットの袖筒を少し細く着るとか、そういうちょっとした

”イタリア感”のバランスで着て、初めてファッションとして

かっこい感じになります。

そしてもう一つは、

『 気持ちで負けないこと 』です。

笑えるような話ですが、コレは結構マジなんです。

ちょっとにぎやかなジャケットを着るときって、少しだけ心の中で

恥ずかしさやドキドキがあるものです。それが楽しいのですが、

恥ずかしい感じが、「空気」で伝わるんです。

なんかこの人イイ感じ、なんかこの人いやな感じ、とかって

会ってすぐに感じるでしょ。それが出ちゃうんです。「感じ」が。

「 服にビビってる感じ 」が感じられると、何着ても似合いません。

「 ハ!?ナニ!?」

「誰がなんと言おうとオレがカッコいいっつったらカッコいいんだよ」

って感じで、そこまで強く思わなくていいですが、そのくらいの気持ちで

ファッションに臨むと、礼儀のための着る服装と違い、ファッションが

存分に楽しめます。なので大柄チェックジャケットもその勢いが

コーディネートをかっこよくさせ、楽しめます。

最後に

『 コーディネートするアイテムを、すでに持っていること 』です。

最後のこれはDRESSERS的考え方ですが、「これいい感じ」って

大柄チャックジャケットを買っても、出来上がって持って帰って、

「ん~~合わせるモノがコレとこれしかないな~~。。。」

なんてことは良くあること。せっかく大枚はたいて買ったのに、

ほとんど活用しなかった。。。トホホ。。。ってことにならないように、

優秀な名わき役たちをすでに持ってる人が、行くべきと思います。

優秀な名わき役のことを、ドレッサーズでは「基本」とか、「定番」

という呼び方でずっと紹介していますが、「基本」のアイテムを

正しく持つことで、その後のファッションの楽しみが数百倍に

膨らむことが出来るので、やはり「基本」は大事です。

ぱっと見面白くないかもしれません。でもそれらがいるから

負けないし、それらがいるから、安心して戦えるので、

名脇役である「基本」をこれからも大事にDRESSERSはお伝えしていきたいと

思います。

「基本」をもっった方は、”そこが初めてファッションのスタート地点”です。

いまからもっともっとアグレッシブにファッションを楽しんでいきましょう。

DRESSERS

 

 

ページ先頭へ