DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

『 ピンストライプ 』のスーツ REDAサージスーツオーダーFair

2019.01.08

blog

皆さん、こんにちは。

年も明けて、静かにゆっくりとDRESSERSはスタートしておりますが、

今年も、「提案型SHOP」でありたいと思います。

今回は『 ピンストライプ 』のスーツです。

松山に来て10年、案外ストライプのスーツを着られてる方が

かなり少ないことに驚かされます。

無地か、オルタネートストライプかばかりで、

正統なストライプスーツをきちんと着られてる方を

見たことが無いかもしれません。

東京で10年やってきた服屋としては、なんでストライプの

スーツを着る方がいないのか不思議な感じです。

ぜひ正統派のストライプスーツを着てほしくて、

まずは着やすいところで「ピンストライプ」の良いのがありましたので

おススメさせていただきます。

こちらです!

非常に良いバランスの使いやすい『ピンストライプ』です。

こちらはREDAというメーカーの生地なんですが、

ここの特徴は「誰も嫌じゃない」ということです。

つまり「クセがない」んです。

誰が着ても、必ず一定以上の満足をする生地なんです。

中でも、今回紹介する260gmsの通年シリーズは、

若い方もキャリアのある方も、みんなきれいに、無理なく、

自然と着ることの出来る優れた生地です。

DRESSERSモデルに乗った時は、すごく上等でエレガントに

見えてくれるのが特徴です。

まずご紹介するのが

『 ネイビー×ピンストライプ 』

ここまで細かく細いピンストライプなので、「上品」で「品格」が

あります。

ストライプスーツを簡単にコーディネートする方法は

2:1=無地:柄

にすることです。最初からスーツがストライプで柄なので、

シャツとネクタイを無地するということです。

最も簡単で、最もエレガントで最も正統なコーディネートです。

また少しランクを上げると、

1:2=無地:柄

にすることです。

つまり、シャツかネクタイのどちらかを柄にすることです。

その時の方程式としては、

シャツだったら水色でストライプのモノを選ぶということ。

ネクタイだったらネイビー地で白小紋を選ぶということ(ドットも可)。

です。

ルールを正しく守れば、必ずかっこよく出来るのがスーツのいいところ。

ルールに従い、正しくスーツを着ましょう。

このネイビー×ピンストライプは、すごく使いやすくて

年齢関係なく美しく着られるので、すごくおススメです。

次に

『 ライトネイビー×ピンストライプ 』

上のネイビーよりも、若々しいイメージになりますね。

夏にはサックスブルー、冬にはダークブラウンのネクタイを合わせて

季節感出せると上級者ですね。

そして

『 チャコールグレー×ピンストライプ 』

このスーツを、無地シャツと無地タイでシンプルに着こなしてる人が

一番カッコいい。

誰でもできそうでしょ?でも誰~~~~~~~~~~~~~~~~も出来てない。

何故なら、こういったスーツを持ってないから。

そして案外無地シャツと無地タイのちゃんとしたやつを持ってないから。

面白くないアイテムかもしれないけど、ちゃんとサイズの合った良いもので

シンプルなものを持っておくと、(そして*ちゃんと着ると)、

絶対にかっこよくなるという、『スーツにはルールがある』んです。

だから、かっこよくないってことは、ルールを守っていないという裏返し。

なんか変?と思うときはルールから外れてるということ。

ちゃんとルールに従ったうえで、スーツのコーディネートという

スポーツを競技を楽しみましょう。

このチャコールグレーはサイコウです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ピンストライプスーツ by REDA 』

■通常オーダー価格 : ¥168,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥129,000- 』!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 : 1月13日(日)まで

■出来上がり : 4月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非、この機会に持ってないと、着てないとおかしい、

『 ピンストライプスーツ 』を着て、正しくスーツスタイルを

楽しみましょう。

DRESSERS

*ちゃんと着る・・・

サイズが合ったものを着る。

シワがない状態で着る。

アイロンが完璧にかかった状態で着る。

ネクタイはちゃんと締める。

ネクタイはちゃんと美しい丸みのあるノットとディンプルを作って着る。

靴はちゃんと磨いて着る。

スーツは一日着たら、必ず2日以上は丁寧に肩のあるハンガーに吊って休ませる。

着る前はちゃんとアイロンを掛けて着る。

など。

 

ページ先頭へ