DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

最上級のスーツ生地の紹介:HARRISONS「PREMIER CRU」

2019.08.06

blog

皆さん、こんばんは。

一時の雨で、少しは落ち着いてますね。

でもまた気温は上がるんでしょうね。

11月以降、気は早いですが、皆さんはビシッとスーツを身に纏う季節に

なります。お洒落好きの方には、早くその時期になってほしいことでしょう。

やっぱりスーツにシャツにネクタイっていうのが、何よりもかっこいい

ことですよ。ノータイ前提のシャツいち姿なんて、醜い以外のなにものでも

ない。(って今更言っても仕方ないですが、、、数年ぶりにクールビズに

ついて言ってみました。。)

その話はさておき、

先日発売された「THE RAKE」にハリソンズの「PREMIER CRU」が

特集されてましたね。

 

この中に書いてある内容は、「まさにその通り!!」と私も感じます。

この「PREMIER CRU」で仕立てられたスーツは、

一番最初私は裏切られました(良い意味で)。

”あまりに極上すぎて、普段に使う分には強度的に弱いんだろう”と

考えていました。

でも、実際に仕立てて、日々着用してると、

マジか!!??なんじゃコレ。

と言う感じで、美しいままに復元するではないですか!??

なるほど!御見それしました。

”だから最高だって、だからPREMIERだって言ってるじゃん!!”!”

とハリソンズに言われたような、そんな衝撃を受けました。

ちゃんとしなくちゃならない時に本当にビシッとちゃんとしたい、

しなければならないという大人の皆様には、

この「PREMIER CRU」はスーパーおススメします。

見た目の上品さ、控えめなエレガントな雰囲気、軽さ、丈夫さ、

全て”PREMIER””です。

DRESSERSの接着無しの芯、形ととってもマッチする生地シリーズです。

ほんの少しだけ生地をご紹介します。

「ネイビーシャドーチェック」

先日のブログでもご案内しましたが、「シャドーチェック」はもはや

「基本」、「定番」と言っていいほどに一般的になりました。

時代は進化しています。

この淡い優しいネイビーブルーの色合いが、出来上がった時の

柔らかな立体感とやさしさを表現してくれます。

「 グレーシャークスキン× ブルーペーン 」

本当に分かるかわからないくらいの色バランスで入っているブルーペーン。

このさりげなさ(上品さ)が、このクラスの生地の特徴です。

安い生地には絶対に出来ない雰囲気の出し方です。

実はチェックでしたくらいのこの感覚は、やはり美しいです。

『 グレーシャークスキン 』

紳士服の定番生地です。歴代007ジェームスボンドも、必ず一回は

劇中で着てるのが「グレーシャークスキン」。

紳士的装いには絶対に欠かせないスーツです。

『 グレー杢×ペーン 』

こういった新しい提案も見られます。

完璧な正統スーツではなく、どこか肩の力を抜いたような、

リラックス間のあるような雰囲気になるスーツ生地です。

スーツを楽しむにはすごく素敵な生地種になりますね。

『 ライトネイビー ヘリンボーン 』

何でもないようですが、この生地でおじさん(すみません。。)がスーツを

着てたら、めちゃくちゃダンディで素敵ですよ。

やりすぎない感覚でのライトネイビー。しかもヘリンボーン。

オジサンだからかっこよく着られる。しかもこの「PREMIER CRU」の

最高の質感だからかっこよくなり、若者とは一線を画す素晴らしい

大人の余裕を感じさせるスーツになります。

安い生地でこの手の色目のスーツはチャラ男にお任せ。

大人はこういうのをちゃんと着た方が良いですよ。

以上少しだけですが紹介しました。

まだまだ魅力的な生地がたくさんあります。

是非店頭でお確かめください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 HARRISONS PREMIER CRU オーダースーツ 』

■オーダー価格 : ¥210,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

アーカイブ

ページ先頭へ