DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

なんて美しいんだ!! ジャケット生地紹介

2019.08.11

blog

皆さん、こんにちは。

美しいものには、勝手に惹かれる。

この感覚はやはり理屈じゃない。

美しいものは美しい。

今回はそういうジャケット生地をご紹介します。

イタリアの生地です。

見てください!!!

キレイでしょ~~。

こういうのをきれいに着れる男性って結構少ないんですよ。

着るだけなのに、周りが着ていないから。。。とかなんとか

必ずそういう理由なんです。

まあ気持ちは分からなくもないですが、そういう感覚は

ビジネスウエアの場だけで良いかな??と。。

やっぱり、これ着よっかな~~??

どうやったら着こなせるかな~~??

が、楽しいですよね。

むしろ、周りと同じじゃつまらないっていうね。

ただなんかビックリするようなド派手なものは、僕的には

おススメしたくないので、あくまで「上品」にと言うのが

条件ですけどね。

今回の2色はま~~~~美しですよ。

しっかり上品ですしね。

優しいブルーと、優しいグリーン。

身に纏うこの感覚がドキドキしますよね。

その感じが良いんですよね~~。

E.THOMASっていうすっごく僕は好きな生地メーカーなんですけど、

柔らかくて、上品で、それでいてすごく使いやすいっていうのが

ここを好きなポイントですね。

今回の生地は、すごいんですよ~~

「キャメル50%+シルク50%」っていうスッゴイいいやつなんです!!

だから見た瞬間から「良いな~~」ってなるんですよね。

手を加えない。それだけで良い。

これが本来の上質と言うやつです。

もう見てくださいこのブルー感

なんとも言えぬ美しさですよね~~。

生地的には秋冬のジャケット生地なんで、いっぱいコーディネートが

楽しめますよ。

例えば定番の白デニム合わせたときなんかは、中にシンプルに白シャツ

入れて、で、濃いネイビーカーディガン入れてもらって、クっと絞める。

またサックスのロンストのシャツとか着て、グレーのスラックスを

シンプルに合わせるだけ、絶対にビジネスじゃない、めちゃお洒落な

ダンディが出来上がります。

また淡いこのブルーだからこそ出来る、薄いピンクのシャツなんかを

中に入れて、オフホワイトや白パンで爽やかに決めるっていうもの

最高ですね。

また、白BDシャツで、正統派の丸首ネイビーニットを着て、

ネイビーデニムを履いて、胸元にネイビー系チーフをして

お上品育ちよさそう系な大人の着こなしも完璧にはまります。

って言いだしたらきりがないですけど、

良いものはそれだけパワーがありますよ。

こういうのって一着あると、出張の時とか、なにかの会の時とか

役立つんですよね~。ひとまず安心っていう。

ま~~良いジャケットになりますよ。

 

そしてこの緑!!

なんて美しいんでしょ~~

この優し、なんとも言えない美しいグリーン。

着るだけで絶対イイ人に見えるやつですよ。

サックスブルーのきれいなシャツ着て、白パンとかもうカンペキですね。

またライトベージュのコットンスラックス履いて、モカ茶のカーディガン着て

白BDシャツっていう、このジャケットだからこそ出来るやつとか。

サックスのロンストシャツ着て、ブラウンのカーディガン着て、

ライトベージュのコットンスラックスとかも完璧ですね。

このジャケットは、大体どんな柄でもあっちゃうっていうのがあるんですよ。

それは”ストール”!ストールこのジャケットに巻いたら、

めちゃくちゃかっこいいですから。大体無地でも柄でもなんでも

このジャケットのカラーだったら合いますよ。

本当、こういうのなんですよね。

シンプルでいて、決してこれみよがしではないやつ。

普通なようで普通じゃないやつ。

誰か着てるようで誰も着てないやつ。

こういうことです。

ありがとうございます。

価格もグッと抑えますから、是非着てみてやってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 E.THOMAS ジャケット オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥180,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥109,000- 』!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

(「○○円券」使用の場合¥147,000-分として利用可)

(「現金支払いだったら「¥100,000-」)

■期間 : 8月11日(日)~8月18日(日)

■出来上がり : 12月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ着た方が良いですよ!!

DRESSERS

 

アーカイブ

ページ先頭へ