DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

Letters from Matsuyama

「DRESSERS」でオーダーいただいたこと無い方のみの企画

2019.02.23

blog

皆さん、こんにちは。

DRESSERSでは既製品とともに、「オーダー」の取り扱いもあるのですが、

この度、新しいサービスをスタートさせました。

『 オーダーPACK20 』

「初めてオーダーの方に限り」

DRESSERSのスーツやシャツ、またコートやシャツのオーダーを

お客様のお好みに合わせて、セットを選んでいただき、

通常で個別でオーダーいただいたときの合計金額を合わせると

「¥344,000-」になる商品が、トータルで『 20万円 」で

オーダーいただけるサービスです。

DRESSERSのオーダーを存分に味わっていただけれサービスとなっています。

オーダー自体が初めての方も、各所でオーダー経験があり

DRESSERSではまだオーダーいただけたことない方も、

ぜひプランをご利用いただき、新しいスーツの世界をお楽しみいただければ

幸いです。

ぜひお問い合わせお待ちしております

DRESSERS

089-933-5910

久々に出会った!!!「これがネイビージャケットです!」

2019.02.21

blog

皆さん、こんばんは。

いや~~久しぶりに出会っちゃいました!

何年ぶりでしょうか?

こいつ凄いんです!!

僕は今まで着たネイビージャケットの中で、これが一番好きです!!

『 E.THOMAS (イートーマス)』のネイビー無地ジャケットです!!

数々のネイビージャケットを着てきましたが、この生地がNo.1ですね。

DRESSERSではこの生地がいままで無かったので、ご紹介することなかったんですが、

なななななんと、今日届いたブックの中に!!!!

「マジか~~~~お前~~~~~~!!!!!!!!!」って感じで

いたんです!いちゃったんです!!!

この質感と柔らかさ、そして色目と風合い、全てが完璧です!!

「これがネイビージャケットです!」という感じで、

これ着たら、絶対好きになってくれるはず!!

価格はしますが、めちゃくちゃ価値あるともいます!!

コスパ良すぎ!!!

これぞ究極、久々にこいつと出会えて興奮しております!!

本当に素晴らしいんですよ!!

シーズンとしては12、1,2月以外ってところですかね。

3月~11月と言ったところでしょうか。

ま~~素晴らしいですよ。

今まで着たネイビージャケットでNo.1.

是非是非是非是非着てほしい!!

ネイビージャケットが好きになりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 E.THOMAS ネイビージャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥180,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥120,000- 』!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

(「〇〇円券」使用の場合、¥156,000-分でご使用いただけます)

(*ちなみに現金支払いの場合:『¥100,000-』でお受けします)

■期間 : 2月21日(木)~2月28日(木)まで!!

■出来上がり : 5月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非是非是非コレは是非!!

DRESSERS

 

 

DRESSERS(ドレッサーズ)の「シックでシャイ」というスタイル

2019.02.10

「文化を創る」

皆さん、こんばんは。

今日は愛媛マラソンだったんですね。

全国的にみてもすごい人気のマラソンらしいですね。

スゴイですね。愛媛。

今日は商品紹介ではありません。

DRESSERS(ドレッサーズ)のスタイルについてです。

お時間る時にでもよければどうぞ。

DRESSERSは、創業以来『 シックでシャイ 』という言葉でスタイルを

表現してきました。もちろん今後もそれは変わりません。

少しかみ砕いていうと『洗練されていて、決してこれみよがしではないスタイル』

となります。

どこのブランドを着てるとか、どこの生地を着てるとか、買うときの楽しみの

一つではありますが、それを周りに表現しない、「ただ素敵である」が

最上の紳士の服装だと考えています。

どこのモノを着てるとか、どこがどうなってるから良いモノだとか、

そういう販売用に用意された文言を鵜呑みにした格好ではなく、

実際に着た方が周りから見て、「ただ素敵である」ことに趣を置いています。

紳士の服装には基本があります。

基本のアイテム、基本のサイズ感、基本の季節感、基本のコーディネート、

それらの「基本」を正しくまっとうに装えば、必ず素敵になるという

「ルール」というか、「方程式」のようなものが紳士の服装には存在します。

例えば、スーツで言うと(あくまで一例ですが)

ネイビー地にうっすら入ったチョークストライプのスーツに、

上質な白無地シャツを着て、

ネイビー地に白小紋のネクタイをして、

黒のキャップトウのシューズを履く。

この組み合わせなどは、基本の中の基本です。

そこに、サイズ感や、素材感、正しい基本的ケアや、正しい姿勢など

そういうことを正しくルール通りちゃんと行うと、必ず素敵に見えます。

しょうがないことですが、何が基本か分からないままに、

(特に地方では)「人と違ったこと」=「お洒落」と考える傾向にあるので、

ぱっと見の面白さや、人がやっていないことを進んでやったりしがちですが、

それは合う相手のいないカジュアル、普段着でやるべきです。

(例えば、シャツの襟裏が柄だったり、シャツのボタンがカラーボタンだったり、

スーツの裏地をロックスターみたいにしたり、ネクタイの結び目を大きく結んだり、

ネクタイの結びを無駄に小剣ずらしてみたり、明るい色の、ベージュ系などの

ドレスシューズを履いてみたり、変なポケットチーフの入れ方をしたり。。。

そういうのは紳士のスタイルにおいては不必要、むしろ邪魔なことだと考えます。)

もちろん一般の方はプロではないので、「基本」となる各知識を知らなくて

当然です。まず基本を知り、「正しく着る」こと、まっとうに着ることこそ

紳士の服装のあるべき姿だし、もっとも近道だと思います。

DRESSERSは今後も「基本」を大事に「シックでシャイ」なスタイルを

ご案内していきたいと思います。店頭やホームページで、出来る限り

それぞれの「基本」を楽しくお伝えしていきたいと思っています。

どうぞ今後ともDRESSERS(ドレッサーズ)をよろしくお願いいたします。

DRESSERS

 

「こげ茶シングルモンクシューズ」受注発注受け付けます

2019.02.08

blog

皆さん、こんにちは。

FERRANTEの新しいシューズの「受注発注」受け付けます!

以前やってたくさんの方々にご好評だったモデルを

リニューアルグレードアップして展開したいと思います。

ご希望の方は、期間内に発注、お支払いいただけますと、

通常価格よりも格安でご案内出来ます。期間は1週間設けますので

ご希望の方はお早めにお申し込みください。

モデルは「シンブルモンクストラップ」シューズの「ダークブラウン」です!

このモデルは、以前は柔らかなビブラムソールを付けていたのですが、

新しく開発された「ダイナイトソール型」をこのシューズに付けようと思います。

ちょっと前に展開したダブルモンクシューズのソールに採用して、

皆様からの評判がすこぶる良いです。

このソールです。

このソールを先ほどの、「シングルモンクストラップ」シューズに付けようと

思います。

内容は以下です。

お早めにご注文お待ちしております

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『FERRANTE シングルモンク ダイナイトソール型 ダークブラウン 』

■通常価格 : ¥58,320-

■受注価格 : 『 ¥50,000- 』

(*お支払い期限は2月19日(火)まで)

(「〇〇円券」使用不可)

■受注期間 : 2月9日(土)~2月15日(金)

(*2月9日~11日はお店OPENしておりますが、

2月12日~15日は出張のため店休となります。

ご希望の方はメールにてご注文お願いいたします。)

15日までにお申し込み、またメールをいただいた方の分まで

「¥50,000-」でお受けさせていただきます。

また、サイズ等ご不明点ございましたら、同じくメールにて

お問い合わせくださいませ。

matsuyama@dressers-jyd.com

■お渡し:5月~6月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひとも!!!

DRESSERS

 

キホンが大事「ネイビー無地ネクタイ」

2019.02.06

blog

皆さん、こんにちは。

先にお知らせ

本日2月6日(水)PMは、6:00までの営業となります。

紳士のコーディネートにはルールがあり、「キホンのアイテム」というのが

存在します。

中でも象徴的なのは『 ネイビー無地のネクタイ 』です。

あまりに王道で見逃してる方、またあまりに王道でひとまずこれで良いか、

とお持ちの方、様々にいらっしゃると思います。

ネイビー無地のネクタイは、ネクタイの色柄たくさんある中で、最も

汎用性が高く、最も「モノの良し悪し」を判断しなければならない

アイテムでもあります。

モノの良し悪しを判断するにおいて、最も重要としなくてはならないこと、

それは「ノットが美しく結べるネクタイかどうか」です。

ノットとは、ネクタイの結び目全体のことを言います。

良いネクタイは、「緩まず」、「丸みを帯びて」、「立体感がある」

ネクタイのことを言います。

キレイなノットは、それだけでVゾーンを素敵に見せてくれる力があります。

ネクタイのエクボのようなくぼんだ部分を「ディンプル」と言いますが、

お洒落にこだわる方でも、この「ディンプル」が上手に結べない方が

かなりいらっしゃると思います。

でも実は、ディンプルはテクニックではなく、「ネクタイの良し悪し」で

キレイなディンプルが出来るかどうかが違うのです。

だから良くないネクタイでいくらやっても美しいディンプルは出来ません。

今回ご紹介するのは、DRESSERSのオリジナルのネクタイです。

『 いかにノットが美しく出来上がるか 』にこだわって作った渾身のネクタイです。

そしてもう一つこだわったのが、何度結んでも型崩れしないということ。

それも「キホン」のアイテムだからこそとても重要なことと考え、

作っています。

喪服以外の全てのコーディネートに使用できる、絶対の基本アイテム

『 ネイビー無地のネクタイ 』

ぜひDRESSERSのオリジナルネクタイで、ノットを美しくキレイにして

長く、楽しくコーディネートをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERSオリジナル ネイビー無地ネクタイ 』

■PRICE : ¥14,040-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

 

お知らせ

2019.02.05

blog

DRESSERSオーダーに関してのお知らせ

 

皆様、こんにちは。

いつもDRESSERSをご愛顧いただきありがとうございます。

DRESSERSではオーダースーツをはじめとする様々なアイテムの

オーダーをお受けしております。

お客様にDRESSERSのオーダーに関してあるシステムの中で

改めてお伝えさせていただきます。

DRESSERSでオーダーをお受けさせていただく際、

各種Fairやその他の企画等で、

「通常価格より割引価格でオーダーいただいたもの」

関しましては「納期のお約束は致しかねます」。

おおよその期間はお伝えさせていただきますが、

お伝えさせていただいた期間より大幅に遅れることもございます。

それも含みの条件で割引価格での受付をさせていただいております。

こちらの説明不足で、混乱させてしまうことがあるようです。

今後はオーダーいただく皆様に、正確に条件をお伝えできるよう、

またオーダー納期をある程度確約出来るよう、システムの見直しなど含め

取り組んでまいります。

こちらの説明不足でご迷惑をおかけしてしまってることも

あるかと思います。どうぞご理解いただき、ご了承お願いいたします。

今後もオーダーでファッションを楽しんでいただくために、

あらゆる方面から改善に尽力してまいります。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

DRESSERS

山田

 

DRESSERSオリジナルシャツ

2019.02.04

blog

DRESSERS(ドレッサーズ)には、「オリジナル商品」というのが

様々ありますが、スーツ、シャツ、ジャケット、スラックス、ネクタイ、コート

シューズなど、ありがたいことにいつもすぐになくなってしまうので、

あまりホームページに登場しませんが、出来る限り今後はUPしていきたいと

思います。

今日ご紹介させていただくのは

『 白の「ダブルカフ」シャツ 』です。

「ダブルカフ」とは、袖口が2枚生地になっていて、「カフリンクス」で

袖口を留めて、「カフリンクス」を変えて楽しむシャツです。

なのでカフリンクスがないと着ることが出来ません。

カフリンクスはネットでもありとあらゆるデザインが販売しています。

安価なものから、かなり高価なものまで幅広く、宝石を使ったものから、

2000円くらいである様々なキャラクターのものまでたくさん種類が存在します。

袖口を、自分の好きなアイテムやキャラクターで遊ぶのは、『ダブルカフス』

だからこそのお洒落の楽しみ方です。

例えばGoogleで「 カフリンクス 蛙 」と画像を検索してみてください。

蛙の形をしたカフリンクスがたくさん出てきます。

自転車が好きな人は「 カフリンクス 自転車 」とか、

ヒマワリが好きな人は「カフリンクス ひまわり」とか、

映画007が好きな人は「カフリンクス 007」とか、

自分の好きなものを「カフリンクス ○○」と探してみると面白いですよ。

そんな「ダブルカフ」のシャツのDRESSERS(ドレッサーズ)オリジナルシャツです。

生地やカッコよさ、またもちろん耐久性にこだわったシャツになっています。

ぜひ袖口の遊びを楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERS オリジナル ダブルカフシャツ 』

■PRICE : ¥17,280-(税込)

■SIZE : 37,38,39,40,41、42

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

白いシャツは「品質勝負」

2019.01.30

blog

『 白いシャツは「品質勝負」 』

 

紳士のファッションアイテムの中で「白無地シャツ」は欠かせない存在だ。

「白無地シャツ」こそ、正装で、最高なものはない。

「白」というのは、「清潔」の象徴であり、昔は清潔であることこそ

身分の象徴であり、位の証だった。真っ白のシャツを着られる人というのは

圧倒的に数が少なかったからだ。それはメンズ紳士服の起源となる

200年~300年前の話しだが、なぜ「白無地シャツ」なのかということは

そこに起源がある。本来アイロンのかかったシワの無い白シャツを着る行為

こそ、周りへの配慮であり、周りに対しての「礼儀」だった。

高価なシャツから安価なシャツまで、現在においては、世界中で当然のように

着られてる「白無地シャツ」だが、着れない人がいる時代ではない現在、

みんな着るからこそ大事になってくるものがある。

それは「品質」。

もっと具体的に言うと「生地の品質」である。

白無地はごまかしがきかない。だからこそ、安価なものは誰が見ても安価に見え、

高価なものは誰が見ても高価に見える。

「白無地」シャツは、とにかく「品質」に重点を置くことをお勧めする。

もう一つ、品質にこだわる理由が、肌触りが格別に良いということ。

よく聞く話だと思うが、シャツは下着なのでその中にはなにも着ないことが当たり前。

(日本の夏に関しては別口で考えたほうが良いが。、、)

春、秋、冬に関していうと、シャツの下に下着を着る行為はお洒落好きなら

避けるべき。

なぜなら「品質が良いシャツが着れないから」だ。

正確に言うと、「品質のいいシャツを着ても全く意味がない」という言葉のほうが

正しいかもしれない。

下着の上に着るシャツは、全く持ってそのシャツの持ってる「着心地」を

無視した着方だ。

神戸牛のステーキに、お好み焼きソースをかけて食べる人はいないだろう。

そのまま食べたのがやはり一番おいしい。

品質の良いシャツの下に下着を着る行為は、それと全く同じこと。

「良いシャツを着る意味が全くない」のだ。

ということは意味のないモノに高額な価格を出してることになる。

良いものにはイイ楽しみ方がある。

ただし、下着線が見えないものを着る場合においては、

「見た目だけ」の好印象は与えられる。

白無地シャツは清潔感と、周りへの配慮の象徴的アイテム。

ぜひ「品質」の良いシャツをきて、自分にも周りにも配慮ある

着こなしを楽しんでください。

DRESSERS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<シャツ>(写真)

DRESSERSオリジナル:¥34,560-(オーダー価格)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

清涼感のあるネクタイ

2019.01.29

blog

皆さん、こんばんは。

美しい清涼感のあるネクタイの紹介です。

コチラ。

 

美しい、サックスブルー×オレンジ小紋のネクタイです。

とても清潔感があって、春夏シーズンにはもってこいの美しいカラーです。

はっきりとした配色ではなく、優しく馴染むような淡いカラーリングが素敵です

 

スーツにもジャケットにもきれいに映えます。

シンプルですが、淡いオレンジの小紋が、Vゾーンのなかで効果的に

現れ、シンプルでいて、上品なVゾーンが出来ます。

また、芯地に世界一といわれるクォリティのモノを使用してるので、

ディンプルがプクッと膨らみ、美しいノットが出来上がります。

芯地が良いので、ネクタイ取った後もほとんど劣化がありません。

もう一つ言うと、優しいオレンジはこの春夏を象徴するカラーでもあります。

春夏をオレンジで彩るコーディネートはとても新鮮です。

ネクタイをされる方は、是非お楽しみくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 清涼感ある美しいネクタイ 』

■PRICE : ¥15,120-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

美しいネクタイ

2019.01.29

blog

皆さん、こんにちは。

ちゃんとダークブラウンのシューズを履いてらっしゃる方にお勧めの

ネクタイをご用意しました。

コチラ!

渋いでしょ~~。

これぞ大人のネクタイって感じですね。

コレの最大の魅力は「プリント」だということ。

ネクタイの柄って、ジャガードと言って「織り」で表現したものと、

プリントといって、シルクの表面に柄を転写して表現するものとありますが、

コレは「プリント」なんです。

エルメスのスカーフに代表されるように、精巧なプリント技術というのは

やはり美しく、沢山の細かな柄になればなるほど、シルクの質と

生産管理の質が求められるので、それだけ高級になります。

今回のネクタイは、まさにその素晴らしい高品質のプリントネクタイです

ジャガードと違って、プリントの良さは、「軽さの表情」だと私は考えます。

軽快感があり、重たくならないそんなコーディネートにしたいときに使います。

今回のこのおススメのネクタイは、世界一と称される「芯地」を使用した

もので、ネクタイのノット、ディンプルの「プクッ」とした膨らみが

容易に作ることが出来ます。

さらに芯地が良いということは、ネクタイ外した後も、中で勝手に芯地がもとの

形に戻ってくtれる効果があるので、圧倒的に長持ちするのが特徴です。

そしてもう一つ、このネクタイをお勧めなのが、

プリント柄に入ってる「色の数(種類)」です。

茶、ベージュ、モカ、白、水色、ブルー、グレー、ライトグレー、

これらの色がそれぞれ主張することなく、共存してるということです。

コレはどういうことを意味するかというと、

コーディネートの幅が非常に広いことです。

ただし、今回のネクタイは、「ダークブラウンのシューズを履いたときに

軽快にコーディネートできるネクタイ」を作りたくてご用意したので

ダークブラウンシューズをちゃんと履かれる方のためのネクタイです。

ベージュのコットンスーツなんかにはかなり合いますね。

またベージュやブラウンのジャケットを着られる方にも

このネクタイはすごくおススメです。

もちろん、正装として、グレースーツなんかにもぴったりです。

なかなかありそうでない、素晴らしいネクタイです。

ドレスシューズでも、ローファ―でもダークブラウンのシューズを

お持ちいただいてる方には、楽しんでいただける良いネクタイです。

ぜひ楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 プリントブラウンベース ネクタイ 』

■PRICE : ¥15,120-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

DRESSERSのオーダースーツのご案内

2019.01.28

皆さん、こんばんは。

2019年も一か月が経とうとしております。

早いものです。

愛媛県松山市で大人の男性に向けた紳士服店をスタートさせていただいて

10年になります。愛媛の街ではまだまだひよっこなお店です。

大変ありがたいことに、ここ最近はご新規様がお見えになって

”いつかはここに入ってみたかったんですよねぇ”とおっしゃっていただき、

ご入店いただくことが多くなりました。

”あそこにスーツ系のお店がある”と認知していただいてるのは

本当に嬉しいことです。

早くからこのお店を見つけていただき、ずっと通っていただいてる皆様の

お陰です。

さて、DRESSERSでは数年前よりオーダースーツを始めておりますが、

改めて、DRESSERSのオーダースーツのシステムをご紹介させていただきます。

DRESSERSでは、スーツスタイルに対して大事にしてる考えがあります。

それは「洗練されていて、決してこれみよがしではないスタイル」を

大事にしてきています。「シックでシャイ」という言い方をする場合もあります。

DRESSERSのスーツスタイルにはこだわりがあります。

スーツは英国に起源をもつものです。すべてのルールは英国が作ったもので

それに従うことで、英国にリスペクトを持っています。ただし、硬く、重い

スーツはDRESSERS的には好きではありません。

着心地という側面においては、やはりイタリアが最上のもの。着心地は

最上級のイタリアにリスペクトを持って、モデルを作っています。ただし、

雨振袖やディンプルの異常な作り込み、色とりどりのアイテム同士の組み合わせ

など、行き過ぎた誇張ディテールはDRESSERS的には好きではありません。

見た目というのは、私たちは日本人で、合う相手はほぼほぼ日本人なので、

合う相手=日本人が見た時に好印象になるような、見た目とシルエット

言葉で言うと「きちっとした」風に見えるスタイルを作ります。

長々書きましたが、要約すると、

DRESSERS スーツのSTYLEは、

『 英国にリスペクトを持ち、着心地はイタリアで、見た目は日本 』

ということが出来ます。

そこにこだわり、DRESSERSのスタイルとしてご提案させていただいております。

オーダーのシステムやオーダーまでの流れやご注意事項などは、

ホームページ左上の「Personal Order」のところに記載してございます。

ご興味ある方はご覧になっていただければ幸いです。

DRESSERS

⁂一つだけここでお伝えしておきます。

Personal Orderのところにも書いていますが、

Fair等の割引価格でのオーダー品に関しましては、一応の目安納期は

ありますが、基本的には「納期はお約束できません」。

納期のお約束が出来ない変わりに、大幅値下げでお安くなっております。

ご了承の上ご注文お願い申し上げます。

こういうシンプルで普通のコートが一番欲しい!『M.I.D.A.』

2019.01.24

blog

皆さん、こんにちは。

シンプルで美しい使いやすいコートが入荷しました!!

『 ベージュ コットンステンカラー コート 』です!!

こういうのが一番いい!

結局ず~~っと毎年着るんですよね。

「何気ないけど、結構使う」

これが本当に価値あるアイテムだと思います。

コレは『M.I.D.A』のコットンコートなんですが、

まあやっぱりバランスが良いです。

コットンとナイロンの混紡にちゃんとしてあるので、型崩れもしないので

長く長く着られます。

しかも若干”ストレッチ”っていうのも最高ですね。

中にも内ポケットがちゃんとあったり、

襟裏も、相変わらずどこまでも丁寧にしっかりと作ってある。

さすが。

これ、完全撥水ではないですが、水を中に入れないので、

雨の日や梅雨にも重宝します。

こういうね、「普通の良いもの」って結構世の中無いんですよ。

シンプルで飽きがこなくて、ずっと着られる。

しかも春も秋も、梅雨時期も着られるっていうのが最高ですね。

しかもすごく軽くて、一度生地に水通してあるので、

シワにもなりにくいっていうのも、こういうコートにはすごく大事です。

コレは着丈がSIZE:Sで90,0cmにしてあるので、

”カジュアル”でも重宝します。

白デニムで合わせてほしいな~~。

シンプルで「良い」コートです。

*もちろん極少です。お早めに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A コットンステンカラーコート 』

価格 : ¥46,440-

SIZE : S ・M ・L

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレで5万円切るのは驚異的です。

さすが。

早い者勝ち。

DRESSERS

『 M.I.D.A. 』M65型ブルゾン!!

2019.01.18

blog

皆様、こんばんは。

素敵な素敵なブルゾンが入荷しましたよ!!

こちらです!!!

『 M.I.D.A. 』のM65型ブルゾン!!です。

しかも今回は『 オレンジ 』です!!

この上品なやりすぎてないオレンジが、着る時の想像を掻き立て、

春夏+秋のシーズンが想像するだけでワクワクしたものになります。

もちろん、今回も手を抜かず、丁寧に丁寧に作られています。

お客の目をだます商品が多い現在、ここまで丁寧にまじめに

目に見えないところまでちゃんとこだわって作っているブルゾンは

滅多にないです。

すごく価値のあるブルゾンです。

ここまで丁寧にこだわって作り込んでいるので、通常なら10万円していいかもしれない

品質なのに、5万円を切る価格で販売されてることも、ここの魅力です。

着るとお分かりいただけますが、大人が着てカッコいいシルエットに

してあるんです。しかもダボつかず、スマートな印象で着られます。

それでいて、とても動きやすく、着心地が良いんです。

これもぱっと見で分からない、細部への細かいこだわりと、

妥協しない作りがそれらを実現しています。

それにしても、価格メリット、いわゆるコスパがとんでもないことに

なってるブルゾンです。

春先には、こんな感じで、爽やかにスマートにコーディネート

しても美しいですよ。

白デニムとオレンジというのはすごく清潔感のある着こなしになります。

また、

ネイビーデニムとは一緒に生まれたんじゃないか?と思うほどの

好相性です。

また、オレンジなので、秋口にも薄手のニットと合わせてコーディネート

したりすると、美しい大人の普段着スタイルが出来上がります。

ストールとセットで着ると、また雰囲気がグッと締まって素敵です。

DRESSERSではいつも展開は極少数でのみやるので、買えなかった方が

出てしまいますが、コレはDRESSERSの流儀ですのでご了承ください。

皆様の、普段着のワクワクと、大人の着こなしにもってこいです。

是非お早めに美しい「オレンジ」のM65をGETして春夏秋を楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A. M65型 オレンジ 』

価格 : ¥46,440-

SIZE : 44.48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひお楽しみください。

DRESSERS

 

 

「LESLESTON」の既成シャツ

2019.01.11

blog

皆さん、こんばんは。

さて、みなさんのファッション魂はやはりさすがとしか言いようがありません。

皆さんは本当にすごいです!

全国の中でも、こんなに魂熱い街はなかなか無いんじゃないでしょうか。

さて、ただいま開催中の各種FAIRですが、13日(日)までとなりますので、

是非この機会に、素晴らしい一級品をワードローブに取り入れて

ファッション楽しんでください。

LESLESTONのオーダーFairをやっていますが、皆さんの

魂は本当にすごいです。

オーダーモノの生地の中に無いやつで、

既成ですっげ~~カッコいいやつ入荷してきましたので

ご案内します。

コチラ!!!

WOW!!!!!!!!!!!!!!!

コットンリネンのサックスボタンダウンシャツです!!

ま~~~上等ですね。

世界最高の着心地とともに、かなり上質なコットンリネン素材。

で、この美しい色!!!!!

たまりませんね~~~。

ジャケットの中でもよし、一枚で袖まくって着るのも最高!

春夏はこればかり着るかもしれませんね!

上等なシャツは風格が違います。

見た瞬間「あ!これ良いね!!」ってなりますから。

で、着た瞬間「あ!やばいねコレ!」ってなりますから~~!!

極少ですのでお早めに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LESLESTON コットンリネンボタンダウンシャツ 』

■価格 : ¥27,000-

■SIZE : S(37)、M(39)、L(42)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

極少です!!

DRESSERS

 

 

 

これぞ「職人芸」。イタリアナポリの手縫いシャツ

2019.01.02

blog

皆さん、こんにちは。

イタリア・ナポリの職人芸である、手縫いのシャツを紹介します。

素晴らしく美しい、「スーパーライトピンク」のコットンリネンシャツです!

まず、ただただ美しい。

ここまで上質なものだと、毎回着るたびに、心がワクワクする。

自分の所有物になり、着るたびに生地が柔らかくなって、自分のモノに

なっていく過程は、持った人だけが体験できる人生の喜び。

それを通したとき、理屈じゃない、「本物とは!?」をはだで

感じることの出来る、世界でも数少ないシャツメーカー。

体を包み、布を身に纏うという感覚が体全体を包み、着ていること自体が

心の喜びになるような、そんなシャツです。

ひと針ひと針手で縫われたシャツは、本来曲げられないコットン生地を

ゆっくりゆっくり立体にして、人間本来の立体の美しさに近づけていく。

余談だが、昔イタリア・ナポリに行って、シャツの工房で10人くらいの

おばちゃんたちが、ひと針ひと針シャツに糸を通しているのを、

作業してる横でじ~~~っとみてた時、なんとも言えぬ感動を覚えた。

足を組み、組んだ膝の上で、生地をひと針ひと針黙々と淡々とハリを

入れていく。すると段々と立体が出来てくる。

その地道な作業をじっと見てると、この人たちは一日ずっとこれを

やっていて、しかもひと針ひと針微妙に力加減を変えながら、

生地に合わせ、縫っている。一枚縫うのに、どれだけの技術と手間と

時間がかかるんだろう?そしてそれが輸出され、輸入され

様々な金額が付加されたのち日本の販売価格になった時、

4万円とかでしか価格が付いていない。。

正直このおばちゃんたちの技術は安すぎだ!と本当に思った。

工房には音がほとんどない。

なぜならミシンをほとんど使っていないから。

普通洋服の工房に行くと、すごく大きい声で話さないと聞こえないことが多い。

でも、無言で黙々とひと針ひと針生地に針を通してるので

音がない。

高いとみるか安いとみるかは、見る観点が違えば違うと思うが、

私は、安すぎだと思っている。

年々そういった「本物の技術」を持った、いわゆる職人の方々の

作品を自ら着用して楽しむという時代は終わるかもしれない。

職人がいないのだ。

これまた余談だが、「本物の」という言葉をよく使うが、それは

世の中、特に日本の世の中では偽物とは言わないが、売るためだけの

文言に消化され、実際の技術が伴っていないものがあまりにも多いからだ。

例えば「手縫い」や「ハンド」という言葉。

極端な話、例えば僕がシャツを手で縫っても、それは「手縫い」なのである。

さらに「ハンド○○箇所」で◇◇円!!なんてうたい文句もあるが、

それも同様、大した技術でもないのに、何か所手で縫ってますとかいうと

あたかもすごいことのように聞こえるが、もう一度言うが、僕が縫っても

「ハンド」なのである。

大事なことは、

「人間の体は”曲線”でしか構成されてないこと」。

「コットンは伸ばしたり縮めたりが出来ない素材だということ」。

「ミシンは直線しか縫えないということ」。

「体の曲線や動きに合わせたラインや空間は、手で糸を引っ張りながら

調整しながら曲線を作っていくしかできないということ」。

以上のようなことから、結果的に手で縫うことにより、

何を目的としているかというと、

『「着心地」と「スタイル」の高次元での両立』だ。

だから、それが伴っていないのに、ハンドが何か所とか、全く意味のない

情報であ~だのこ~だの言ってもしょうがない。

「着てみて良いかどうか」。それが全て。

下手な手縫いなら、しっかりミシンで縫っていて、いい生地を使った

方がよっぽどましだ。

今回ご紹介してるシャツは、まぎれもなく「本物」

「着心地とスタイルを高次元で両立してるシャツ」だ。

しかも、使用してる生地まで極上品。

春夏に是非楽しんでいただきたい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 MONTESARO コットンリネン スーパーライトピンクシャツ 』

■価格 : ¥38,800-

■SIZE : 38

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

本年もありがとうございました。

2018.12.30

blog

 

先にお知らせ

2019年年明けは、

1月2日(水)13:00~19:30

1月3日(木)13:00~19:30

もOPENとなります。

本日30日をもって、本年度の終了とさせていただきます。

今年もたくさんのファッション魂持った皆様の熱き魂に

震わされました。皆様のファッション魂は本当にすごいと思います。

DRESSERSはまだまだ未熟で、力不足ですが、こんなお店に

足を運んでいただき、信頼していただき、本当に本当に

嬉しく思います。

皆様の熱きファッション魂にお応えできるよう、

もっともっとファッションの楽しみ方や面白がり方を

どんどんお伝えしていきます。

と同時に、まだまだ未熟なお店としては

もっともっとお店自身が勉強し、さらに進化していかなくては

ならないと思っています。

来年はさらなる精進を重ね、皆様にもっともっと楽しんでいただけるよう

地道に頑張ってまいります。

どうぞ来年もDRESSERSをよろしくお願いいたします。

個人的には今年は色々ありすぎて、ひっちゃかめっちゃかの年でした。

お店の休みもすごく多くなってしまい、皆様にご迷惑おかけする

こともあったかもしれません。お許しください。

来年からは、できうる限り改善して、皆様のファッション魂を

受け止められるようにお店としても個人としても精進していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

本年も本当にありがとうございました。

たくさんの服好きの方々とお店で出会える喜びは何物にも

代えがたい私の喜びです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

DRESSERS

山田

 

『 LESLESTON 』最高のシャツが届きました!!

2018.12.17

blog

皆さん、こんばんは。

まず、<お知らせ>

明日、明後日(火曜・水曜)は、お店OPENしています!!!

PM2:00~PM7:30

お待ちしております!!

 

絶対、絶対、絶対、絶対、絶対着てほしい「最高のシャツ」が入荷しました!

『 LESLESTON 』(レスレストン)の、美しいサックスブルーのボタンダウンです!!

 

「 LESLESTON」のシャツは、ある雑誌では「世界一と言っても過言ではない」と

称されました。私もまったく同意見です。

正直ものに対しての価格が破格に安すぎると感じています。

なんと言っても「最高の着心地」と「最高のスタイル」を世界最高レベルで

実現してしまってることが何より凄い!!

お店でも、ちゃんとご試着をいただくのですが、フィッティングルームのなかで

お客様が着替えてらっしゃる途中、ほとんどの方は「 あ! 」って実際に

声を出されます。

それは、いままで着用したことない「着心地」を初めて感じるからです。

「世の中で言う「着心地」って、こういうことを言ってたのか~~!!」

と体と脳と言葉が初めて一致する感覚を味わうシャツになります。

今回は、最も活用度の高い、

『サックスブルーのピンオックスのボタンダウン』

をご用意しました!!!

写真でもお分かりいただけるかと思いますが、めちゃくちゃかっこいいです。

襟の立ち方、ロールの仕方、襟全体の曲線バランス。全てパーフェクト!!

それでいて、着た時の着心地はもう最高としか言えませんが、

肩回りのストレスが全くないんです。

と言ってもなかなか伝わらないと思います。

何故なら、普段着てるものに、ストレスを感じたことないから。。

でも、このシャツを着ると、、、

今まで着てたのが、実はすごくストレスがかかっていたんだ!と感じていただけるはず。

上にも述べましたが、「これが”着心地”か!」と体感して、

なんかワクワクしていただけるでしょう。

で、「サックスブルーのピンオックスのボタンダウン」は、

普段着でどんな格好にも必ずコーディネートできる絶対のモノだということ。

そして、LESLESTONのボタンダウンは、ちゃんと@ネクタイ出来る襟の形

になっているということ。

だから普段着もお仕事も両方着られるってことなんです。

見てください、この襟のロール!!!

めちゃくちゃかっこいいでしょ!!

世界一と言われるのも納得です。

で、すごく細かくオックスフォード織りにしたのを「ピンオックス」というのですが、

エレガントさをキープしながら、スーツにもジーパンにも合う、質感が売りの

織り方の生地なんです。

さらに、「耐久性が高い」のも「ピンオックス」生地の魅力です。

なんて美しいんでしょ~~。

下の写真のように、キホン中のキホンのネクタイのコーディネートをして

このカッコよさです

コレは絶対ゼッタイ絶対着てほしい。

そして「シャツを存分に楽しんでほしい」

皆さん、ファッションがシャツ一枚でこんなに劇的に楽しくなる感覚を

是非味わってください。

絶対におススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LESLESTON サックスブルーのピンオックスボタンダウン 』

価格 : ¥21,000-

■SIZE : 37,38,39,40,41

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非着てください!!!

DRESSERS

*もっと本格的なシャツをお求めの方は、「パターンオーダー」も

¥39000~お受けしますよ!

 

 

『 LESLESTON (レスレストン) 』

2018.11.28

blog

 

皆さん、こんにちは。

ようこそDRESSERSのホームぺージへいらしていただきました。

やっと寒くなってきて、さていまから本格的に何を着ようかなと

楽しくなってきますよね。

ニット一つとっても、ウールが良いかカシミアが良いか、丸首かカーディガンか。

巻物も薄くて大きいのが良いか、厚くて短いのが良いか。

寒いからローファ―じゃなくてチャッカにしようか。なんて

あれやこれや選択肢をもって考えられるのも、寒くなったからこその楽しみですね。

この時期にはいろいろとお客さまからご相談を受けることが多いんです。

それは、そろそろこれ着ていいかな?ってやつ。日々気温が寒くなるので

なかなかチョイスに迷うのも無理はないですよね。

ただ一つ言えるのは、もし着てるものだけでは寒かったらどうしよう?という

考えで外へ出ることをおススメしますね。

暑けりゃ脱いで持ってればいいので。

それより、寒いのに、

「まだ11月だから。。」

と暦に左右されたり、

「周りで着てる人がいないから。。」

という考えで、結果的に体が冷えて風邪を引いてしまったなんて話は

毎年ある話です。

つい先日も、イタリア行ったとき、暑いと聞いて行ったら、初日は夏のように

暑かったんですが、2日目にめちゃくちゃ寒くて、厚手のコートを持って

行っていなかった私は、現地で大風邪をひいてしまうという惨事に見舞われました。。

まあ夏は夏で逆のことが起こるんですけどね。。

 

先日遠方からご来店いただいたご夫婦が店内で洋服屋さんの中ならではの会話を

されてらっしゃいました。

 

「山田さん、聞いてくださいよ。

僕がいつもシャツを着ようとすると、

”あなた、シャツを地肌に直接着るの?

ちゃんと下着を着た方が良いんじゃないの??”

と言われるんです。

ね~~おかしいでしょ~。」

「だからいつも言ってやるんです。

お前はパンツの下にパンツ履くか??って」

コレは洋服屋さんのなかで巻き起こる会話としては正しい会話です。

ちゃんと身だしなみをきれいにされてる男性には、

すでに常識中の常識でしょうが、

それらを着ない女性にとっては不思議な光景に映るようですね。

シャツと言うものは、直接肌に着る「下着」の役割として着るものです。

ただその下着は、合う相手の目に触れるものなので、ちょっと工夫して

着ることになってるだけなんです。

例えばちゃんとした席、特にビジネスシーンでは

人に会うのに敬意や礼意を着る物で表現しなくてはならないから、

敬意を表現するディテールである首元に「襟」を付けているんですね。

また、余談ですが、ズボンのチャックが見えてることなんてないでしょ。

ちゃんと生地で覆ってあるでしょ。ましてやチャックが開いてるなんて

恥ずかしさの極みでしょ。

そのチャックと同じ位置づけに存在するのが、

「シャツの前ボタン」なんです。

ズボンのチャックを人に見られないために、ちゃんと生地で覆ってあるように、

シャツの前ボタンを見せないために、それを覆う役割をしてるのが

「ネクタイ」なんです。

あの細長い生地を首元から下に垂らすことで、シャツの前ボタンを隠している

んです。ネクタイの役割ってそういうことなんです。

ということで、まさしくパンツの下にパンツを履かないように、

シャツの下には下着は着ないんですね。

どうしても「襟」が付いてるから女性には「下着」という感覚で見ることが

出来ないのも分かりますけどね。

洋服屋の中だからこそ巻き起こる、男性と女性の下着の概念の違いによる

会話でとても面白いですね。

シャツの中でも世の中いろんなブランドがあります。

私も服好きキャリア22年やってきて、イタリア、イギリス、アメリカ、

そして日本のたくさんの職人さんのシャツを着てきました。

10万円以上するモノから、980円でビニール入って売ってるやつまで

色々と洋服屋として着て感じるために様々な品質のものを着てきました。

そしてDRESSERSをやりだしてからは、「これが本物ですよ」と

お伝えしたく、売るための変なテクニック的な別注はせずに、

職人が良いと思って作った物をそのまま純粋にお客様にお届けして

きたつもりです。

幸いにもお客様皆様のの感覚レベルが非常に高く、

お客様の肌感覚的レベルが日に日に上がっていき、

今や皆さん世界レベルのシャツをきれいに、正しく、

着ていただいてる方がとても多いです。

やはり本当に「良いもの」というのは、理屈や蘊蓄ではなく、

「肌や、脳が”良い!!”と反応するもの」です。

そして脳はそれを記憶するものです。

理屈じゃないんです。

世の中勤勉な日本人向けにいわゆる「売り文句」という名の蘊蓄や、

語るだけのために作られて、実際には全然良くない商品があふれています。

四の五の蘊蓄は服を着る、また買うことに一定の情報としては必要かもしれません

が、一番大事なことは「着てどう思うか」です。

「心が動くかどうか」、

「気分が上がるかどうか」

これがファッションを楽しむうえで一番大事なことです。

私はそう思っています。

実際に着て、生活して「あ~これは良いな~~」と本当に心から感動する

アイテムというのがあります。

それらを「これ、良いですよ!」と誰かと共感したい、お伝えしたい、

そんな想いでDRESSERSでご紹介するものは商品として展開してあります。

最近は、洋服屋でも自分で着たこともないのに、

これまた着たことない一般のお客さんと

「これ良いですよね~~。私もいつかは着てみたいんです~。」って

販売員さんがすごく多いです。特にメンズドレスの世界では。

これって「○○屋」さんとして変ですよね。

例えば「お鮨屋」さんが、自分ところで握ってるお鮨を食べたことないで

お客様にお出ししてるってことと一緒ですからね。おかしいですよね~。

これ食ったけど旨かったよ。これ食ったけどまずかったから止めた方が良いよ。

まずこれが前提です。

そのうえで、言ってる本人と自分の感性・感覚が似てる人の意見だけ聞くこと。

端っから美味かった不味かったを言ってる本人がどんな人なのかということも

知らずに、その意見・感覚を参考にしてもまず意味がないですよね。

単品激辛料理が普段から大好きな人が、和食の懐石の料理を食べて、

”味が薄くてまずかった”なんて意見・感想を述べたところで、

元々和食の懐石料理が普段から大好きな人が、

「へ~そうなんだ。あそこは味が薄くてまずいのか。」なんて

もし思ったりしても意味ないですよね。

誰が言ってるかわからない意見・感想は「話半分」に聞いておいた方が

イイでしょう。

服でも全く同じ。

同じような感性・感覚をもった人から直接意見・感想を聞くと、

それは信頼に値するものだと思います。

シャツの役割は「下着」ですから、当然「肌触りが良い」「着心地が良い」という

条件が必須になってくるわけですが、DRESSERS山田がどうしても皆さんに

お伝えしたい「コレは良いですよ!!!」ってシャツがあります。

それは、

 

『 LESLESTON(レスレストン) 』の『パターンオーダーシャツ』です。

価格は1枚40000円~50000円くらいします。

メンズドレススタイルで、世界標準での正統なかっこよい着こなしを好きな方、

(私もそういうスタイルが大好きです。でDRESSERSはそういうお店です)

四の五の言いません。

『LESLESTONのパターンオーダーシャツ』は、

『すこぶる良い』です。

何が良いかって、

「着心地」と「スタイルのカッコよさ」です。

この2点が、圧倒的に良いんです!

価格だけ見るともしかしたら少々お高いと感じられる方もいるかもしれません。

でも、変な中途半端なもの数枚買うなら、1枚これをお試しいただきたい。

私の肌感覚ですが、世の中で8万円前後で販売されてる”既製品”と

同様、もしくはそれ以上の「着心地」と「スタイルの良さ」があります。

それをパーソナルなパターンオーダーで、4万円~実現できるので

私的にはミラクルです。

正直最初は迷ったんです。

何故なら、お店ではナポリの最高峰の手縫いのシャツで8万円前後の

シャツを「コレは山田さん良いですね~」とたくさんのお客様にすでに

何年もリピートしてご購入いただいて、着用していただいてる方が

たくさんいらっしゃり、しかもそれは既製品で、オーダーではないので、

今回『 LESLESTON のパターンオーダー 』を体感した時に受けた

「ハ??エ???これが4万円くらいで???マジか??マジか??!!」

という感動とスーパーテンション上がる感覚に素直に本当に驚きました。

だから、お店での展開に少し迷ったんです。

でも、『ファッションは人生を少しだけハッピーにする』と信じている

DRESSERS山田としては、やはりどうしてもお客様にこの感動を

お伝えしたい、共感したいという想いがあり、

DRESSERSなりにLESLESTONを一年間実験し続けたうえで

『 これは絶対に皆様のファッション魂を揺さぶり、ファッションが好きな

方々をハッピーにすることができる 』と思ったので、

今後皆様に様々に『 LESLESTONのパターンオーダー 』

ご紹介ご提案していきたいと思っています。

ぜひたくさんの方に、この感動を体感していただきたいと願っています。

それに合う生地もDRESSERSが独自に厳選したものをご用意しております。

コレはほんの一部ですが、「奇をてらわず長く愛用できるもの」を

中心にご用意しています。

ぜひ『 LESLESTONのパターンオーダー 』を体感してください。

今後も色々と具体的にご紹介していきたいと思います。

DRESSERS

山田

 

 

 

瀬戸内海の良い景色

2018.10.18

blog

皆さん、こんにちは。

なんかお店の電話がつながらないみたいです。

数日うちに復旧させますので、

なにか御用のある方は、メールでお願いします

matsuyama@dressers-jyd.com

出張に出ておりましたが、いつも僕は、松山から岡山まで

特急しおかぜに乗っていくのですが、いつも思いますが

瀬戸内海ってきれいですよね。

電車で大きい窓でゆっくりと景色を見ながら移動するっていうのは

絶対に飛行機では味わえない、旅情感が好きでいつもそうしています。

今回は特に天気が良かったので、海の風景が素晴らしかったです。

海の色と空の色が雲の無い天気の時はこうなるんだな~と

感動しながら見ていました。

今日より営業しております。

因みに、今日は、PM6:00までの営業です。

明日は、PM3:00~の営業です。

DRESSERS

 

『 FOX BROTHERS 』代表、ダグラス・コルドー氏

2018.10.07

blog

皆様、こんばんは。

先日、DRESSERS山田、

『 FOX BROTHERS 』のDouglas Cordeaux(ダグラス・コルドー)氏に

会ってきました!!

FOX BROTHERSの成り立ちと、ダグラス氏自身の経営者への経緯、またFOX BROTHERS

の生地工場の中や作りのこだわりなどのトークショーでした。

ん~~なるほどなと、納得させられることが改めて多い内容でした。

これだけたくさん何十着とFOX BROTHERSを着てきて、飽きずに「やっぱ良いな」と

毎回思うんですから、そりゃ良いですよね。生地作りの深い話も聞いて、

改めて、”そりゃ良いよね。良いはずだよね”と思いました。

もちろん当日は、暑かったですが、洋服屋なら当たり前の「礼儀」として

FOX BROTHERSのFLANNELS(フランネル)を着用して行ったのですが、

(もちろんダグラスさんは自社のフランネルですよ)

ダグラスさんと挨拶してすぐに

「コレは自分のところのオーダーかい?」「とてもいい作りで美しいね!」と

おっしゃっていただき、何気にちょっと嬉しかったりして。。

*もともとダグラスさんとは、LIVERANO&LIVERANO絡みで、携帯メールで

ちょこちょこメールしたりしてるのですが、日本でこうしてちゃんと会うと

やはりスターの方だなというオーラがあって、カッコいいですね。

写真を撮るとき、「ちょっとカッコつけて渋い顔して写ろうぜ」って言われたので、

一緒にやってみる。。。。

ダグラスさんはさすがにかっこいいが、僕はかっこつけた感じってキャラじゃないのが

プンプン匂うこの感じ、、。ムムム。。

かっこつけた感じっていうのを勉強してみよう。まずは体型から、、、。(笑)

来年ロンドンで会って、酒飲みに行こうと言っていただき、来年行こうと思う。

ダグラスさんとタイミングが合わなければ、2年後でも3年後でも4年後でも。

*バカなので真に受けて本当にやってしまおうと思っている僕。

夢的なものを語ったり、口からふと出た”やれたらいいね!”を、実際に本当に体動かして

実現する人は案外いないもの。僕はそういうところの頭の良さがちょっと足りないので、、

全て本当にやっちゃう。。。

ホントに来たの?ホントにやっちゃったの?ホントに行っちゃうの?

ってことがよくある人間。

『 FOX BROTHERS 』やっぱり良いですよ。

下のブログで、ダグラスさんと会った記念で、テンション上がってるときに

テンション上がったFAIRを期間限定で載せてます。

ぜひ、みなさん着てください「FOX BROTHERS」

DRESSERS 山田

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ