DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

Letters from Matsuyama

1 / 1012345...10...最後 »

店休のお知らせ

2017.06.26

blog

皆様、こんにちは。

先日よりお伝えしてる通り、

6月27日(火)~7月6日(木)は

店休とさせていただきます。

海外出張のため、電話(お店、携帯)には出られません。

またメールの確認も、7月7日以降となります。

ご了承くださいませ。

帰ってきたら、おそらく色々面白いモノあると思います。

7日の夕方にはご用意出来てると思います。

では。

DRESSERS

 

大切に大切に生地選びしました。  

2017.06.25

blog

 

皆さん、こんばんは。

少し梅雨らしく雨が降り出しました。

夏が楽しみです。

さてシーズンレスな上着はいつも必要なものですよね。

普段着に上品に着なくてはならないシチュエーションは

誰しもあるものです。

堅苦しくなくてもいいけど、ひとまずジャケットは着ておいた方が

いいかもしれない、なんて状況はよくあるものです。

DRESSERSではこの度

大切に大切に生地選びしました。

軽くて、丈夫で、キレイに見えるジャケットをご用意出来ました。

こちらの生地になります。

 

 

明るいグレーになります。

遠目で無地に見えるような織り方にしてあります。

カジュアル過ぎない、ちょうどいい感覚の色柄です。

明るいグレーの無地系は、合わせるアイテムを選ばず、

白・紺 のような定番カラーから、 グレーやラベンダーと言った

色味のあるカラーとも相性が良いです。

手持ちのアイテムとも、すぐにコーディネートできるので

何かといろんなシチュエーションで重宝します。

ポロシャツやリネンシャツなどの夏アイテムともバランス良いですし、

ハイゲージのウールニットなどの冬アイテムとも調和してくれる

とても重宝するジャケットになります。

近寄ってみるとこんな生地感になっています。

この、ドレスでもカジュアルでもない、これしかない表面感が

合わせるコーディネートの幅、着て出るシチュエーションの幅を

広くします。

ご用意できる着数が限られていますので、早めのご検討を

よろしくお願いいたします。

以下、今回の企画の特別価格です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 グレー 汎用性抜群な オーダージャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥97,000-

■特別オーダー価格 : ¥58,000-

■期間 : 生地無くなり次第終了

■出来上がり : オーダーいただいてから、約6週間後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のジャケットにコーディネートしていただくと美しい

シャツ生地もセレクトしました。

ぜひジャケットとセットでお楽しみください。

2種ご用意しました。

一つは

「 少し濃い インディゴブルー 」

こういった、少し濃いインディゴブルーのシャツを、ドレスシャツの

ディテールでインナーに着ると、とても洗練されていて、崩しすぎない

大人のカジュアルスタイルが出来あがります。

襟の高さも少しだけ高めにすることで上品になります。

白デニムと合わせると、とても清潔感があって、それでいて

堅苦しくないリラックスした大人なジャケットスタイルが出来上がります。

「少し濃いインディゴブルー」で、「ドレスシャツディテール」で、

「襟の高さが少し高め」になるだけで、一気に洗練された着こなしが

可能になるんですよ。

ぜひご一緒にお試しください。

もう一つは

『 少し濃い目のサックスブルー ロイヤルオックス 』

やはりここでも少し濃い目がおススメです。

もちろん普通のサックスや、白シャツは必ず今回のジャケットには合うのですが、

「ちょっと濃い目」で、「高級感のあるロイヤルオクスフォード織り」で、

「襟が少し高め」というポイントがとても重要になっていきます。

このちょっとした違いが、80点のコーディネートとの圧倒的な違いを

生み出します。こちらも是非ジャケットとSETでお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 コーディネート シャツ オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥21,000-

■特別オーダー価格 :

1枚オーダー時:¥15,000-

2枚オーダー時:¥26,000-

*ジャケットとのSETオーダーの場合のみの価格となります。

*シャツ単品でのオーダーの場合は、一枚¥18,000-で

お受けさせていただきます。

■出来上がり : オーダー日より約5週間後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダー心よりお待ちしております。

*明日(6月26日)は、18:00までの営業になります。

*6月27日(火)~7月6日(木)は出張のためお休みです。

DRESSERS

 

シャツ

2017.06.23

店主の思い付きコラム

皆さん、こんにちは。

今回はコラム的内容なので是非すっ飛ばしてください。

ご意見ご批判は一切受け付けません。

ご了承ください。

先に

各種、激安Fair、

6月26日(月)までです。

あと3日!!

是非!!!

シャツ。

私はシャツが好きだ。

洋服、ファッションを好きになったきっかけが一枚のシャツからだったから、

ということも大きく影響してるだろう。

コムデギャルソンの定番の白の開襟シャツを初めて着て外へ出た時の

あの高揚感。そして「自由」な感覚。とにかくその体験がファッションの

持つ力を教えてくれたような気がした。

着ることで心躍り、着ることで楽しくなり、着ることで外へ出たくなり、

大事に大事にそれを着る。

とにかく衝撃的だった。17歳だった。

大学生になり、世の中の定番を勉強し始め、当時はもちろんネットは

ないので、足で探して、たくさんのお店に行き、松山も広島も福岡も

出来る限り「本物」を見に行った。

中でも「アイクベーハー」のボタンダウンのシャツは、”襟のロール”という

ことを意識し始めた初めてのシャツ。

どうやったらロールがうまく出るのだろうと、毎日何回も必死で

アイロンの練習をした。

大人になりアメリカ・ニューヨーク出張で、アイクベーハーは

アメリカのアッパー向けのフォーマルシャツメーカーだったことに

衝撃を受ける。日本のファッション雑誌ネタにいかに翻弄されてたか

よくわかった。

上京してからは、シャツのサイズや生地の質ということを徹底的に

叩き込んでいただいた。そしてシャツの着方、着る場所、時間、

それぞれにふさわしい場の「ルール」も厳しく指導していただいた。

イタリアもののシャツに出会ったのもそのころ。

今まで着てきたものとは明らかに違う着心地の良さ。

そして肩口のアイロンがけの難しさ(笑)。

何度先輩にアイロンのかけなおしを命じられたことだろう。

アイロンを徹底的に様々なシャツにかけて練習する中で、

シャツの構造たるものが自然と分かるようになった。

当時は時代が良かったのか、世界最高の生地メーカーの生地を使用した

シャツが店頭のほとんどだった。

カルロ・リーバ、シクテス、DJアンダーソン、トーマスメーソン、

カンクリーニ、アルビニ、などなど、

今考えれば信じられない状況だが、その時にありとあらゆる

最高の生地メーカーの生地を体験したことが、現在も何か一つの

価値観の礎になっていることは間違いないだろう。

イタリア・ナポリでシャツのフルオーダーを作り、

「手作業」という「技術」を目の当たりにし、

”着ることの出来る芸術”は何物にも代えがたい感動や楽しさを

改めて深く感じることが出来るものだった。

様々に、これでもかというほど多くのシャツを着て実験してきた経験を

正しくお伝えていくことが大事だと思っている。

お店は小さくても一人一人にちゃんと伝達していかなくてはならないと思う。

着た人にしかわからない、言葉では到底お伝えすることの出来ない

「心が動く」感覚を「本物」を通してお客様に伝えていきたいと思う。

話しは反れたが

勿論ターンブル&アッサーに代表されるイギリスシャツも数々着てきた。

そこで、イタリアシャツとイギリスシャツの価値観のベクトルの違いを

肌で感じ、文化の違いと、価値観の違いを学んだ。

そして日本製のシャツの素晴らしさもたくさん経験した。精度や、正確性、

そして日本人の体形を熟知してる点では日本製は圧倒してると思う。

どうしても「手作業」となると、まだまだ歴史が浅く、その良さを

まだ未体験の方が多すぎるので、根付くには時間がかかるだろう。

「シャツ」というものはバリエーションがたくさんあるので、

他のアイテムよりも大きく楽しめる幅が広いのも特徴だ。

柄が少し違うだけで全く違うコーディネートを構成することが出来るのも

シャツならではだろう。

またピンクやオレンジなどのポップなカラーでも試すことが出来るのも、

「シャツ」に与えられた特権だろう。

やはり大人は「シャツ」がよく似合う。

終わることなき、シャツの楽しさ。到達点は無いアイテムだろう。

まだまだシャツを楽しんでいきたい今日この頃。

DRESSERS

 

来週から少し長いですが、イタリア・フィレンツェに行ってきます。

帰ってきたら、色々面白いモノあると思います。

7月7日(金)PM2:00~お店開ける予定です。

ARISTON 出物 「ネイビーバーズアイ」 *早い者勝ち

2017.06.22

blog

 

皆さん、こんばんは。

梅雨って。。。。

全然雨降らないですね。。

この前の夜の大雨だけ。。。

さて、ファッション愛好家のミドルメンズの皆様。

朗報です。

良いの入りました!

『 ARISTON 通年生地 ネイビーバーズアイ 』です!!

 

これぞ!!!

っていう最強品でしょ。

ナポリの色気と、

イタリアの軽さ、

そして織り方(バーズアイ)の頑丈さ、

全てミドル紳士の方に最適な求める要素が詰まった最上の生地ですね。

明らかに「良い」やつです。

前のコラムでも書きましたが、ネイビーとグレーしかないスーツの世界。

ナポリの色気を足した、ネイビーバーズアイはミドルエイジの

皆様にはぜひとも着ていただきたい。

こういうのなんですよ。こういうの。

そりゃあ価格はしますよ。

でもお店もスッゴイ頑張った価格でどうにか手の届くようにして、、、

こういうの、世界最高峰のこういうの。。。

着てほしい。

やっぱり一級品は着た人にしかわからないし、

着た人は絶対満足していただけると信じてるんですよね~。

ネイビは持ってるから~とかそういうことじゃないんですよね~。

年齢も上がれば、着るグレードも上がってほしいし、

グレード上げたものを提案をしていくのもお店の役目だし

と思ったりしてます。

だからはっきり言います。

35歳以下はハナから着るもんじゃないと思っています。

年齢とスーツの格が合わない。

やはり30後半~こういう一級品に目を向けて、チャンスがあれば

着て袖を通して、着方や着こなし、身のこなし、作法を学んでいくっていうのが

とっても大事だと思うんですよね~。

 

こういう機会に是非一級品を身に付けてください。

自然と身のこなし、生活スタイルが美しくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON ネイビーバーズアイ 通年生地 』

■通常オーダー価格 : ¥216,000-

■限定オーダー価格 : ¥108,000-!!!!!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 6月26日(月)まで

■出来上がり : 9月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きオーダーお待ちしております。

*6月27日(火)~7月6日(木)は出張のため店休となります。

DRESSERS

 

 

 

 

 

 

 

スーツの「色」って結構単純?だから面白い。

2017.06.20

blog

皆様、こんにちは。

今回はコラム的内容ですので、ぜひ無視してください。

今回はスーツの「色」。

スーツってあ~だのこ~だの色々ありますが、

カタカナ表記で言うと、

「ネイビー」と「グレー」しかありません。

先にお伝えしますが、こういうコラム的内容は、あくまで

あくまでDRESSERSの超個店的な、私的な考え方、捉え方で書いてあります。

決して世の中全般のことを総じて言ってるわけではありません。

ファッションは正解はありません。だからみんなが楽しめるんだと

思っています。

超個人的意見ですので、ご批判、ご意見は一切受け付けません。

ご了承ください。

あくまでDRESSERS的スタイル、DRESSERS的考え方にのっとって

書いてあります。

さて、スーツの「色」ですが、結局のところ「ネイビー」と「グレー」しか

無いと考えています。

DRESSERSではフォーマル用のウエアというものは元来品ぞろえの中に

念頭に置いていません。あくまで、ビジネスウエアとしての

スーツ、ジャケパン。そして大人の休日のための上品なカジュアルを

軸に置いています。

勿論ご要望いただいて超略礼装的なスーツをお作りさせていただくことも

多々ありますが、常時展開するものでもなく、あくまでご要望いただいたときのみ

させていただいております。

ですので基本的にスーツというウエアにおいては「ビジネススーツ」しか

念頭に置いていません。

そういった意味で、結局スーツは「ネイビー」か、「グレー」しかないと

考えています。

「ネイビー」か、「グレー」のみ。と言っても、そこがビジネススーツの

面白いところ。

まず、その2色は「色のトーン」がかなり幅広くあること。

これが面白いところなんです。

同じネイビーでも、濃いものと薄いものでは全くコーディネートが

違ってくるし、やはり一番大きい部分は「印象」がかなり違ってくることでしょう。

勿論「印象」とは、”会う相手から見た印象”です。

大きく分けても

・黒に近いダークネイビー

・ダークネイビー

・ネイビー

・ライトネイビー

・かなり明るいネイビー

みたいに大きく分けても5種類の色のトーンに分けられるほどです。

グレーも同様に、

・黒に近いチャコールグレー

・チャコールグレー

・ミディアムグレー

・ライトグレー

・かなり明るいライトグレー

大きく分けても5種類に分けられるくらいです。

もっともっと色のトーンを見ていくと50種も100種もそれ以上に

色のトーンは違うものです。

さらに、「季節によって生地表面が違う」こともバリエーションが

多く楽しめる要素の一つでしょう。

・トロピカル(夏)

・サージ(春秋)

・シャークスキン(春秋)

・バーズアイ(春秋)

・サキソニー(冬)

・フランネル(冬)

大きく分けてもこれだけ表面感が違います。

例えばネイビーの5段階の色と、

生地の表面の5種で組み合わせたとしても、

それだけで「25通り」の組み合わせが生まれ、

それぞれに表情が違い、ネクタイやシャツのコーディネートも

それぞれに合った組み合わせを楽しめます。

結局、ネイビーかグレーしかないんです。

ビジネススーツにおけるバリエーションは、

「色のトーン」×「季節に応じた生地表面」で考えて

自分のワードロープを増やしていくことが

ビジネススーツの楽しみ方です。

色のトーンが少し変わるだけで、めっちゃいい感じに自分に似合う

スーツになるものです。(もちろん逆もあり。。)

グレーとネイビー2色で5種の生地表面としたらトータル

「50通り」の組み合わせが可能になるので、

自分がどの「色」と、「生地表面」を組み合わせるか、

そしてそれをどう着こなすか、どうコーディネートするか

がビジネススーツの楽しみ方です。

ぜひ今一度ビジネススーツのバリエーションと、

必要なスーツと欲しいスーツを考えて想像してワクワクしてみてください。

DRESSERS

<店休のお知らせ>

*明日6月21日(水)は休みです

*6月26日(月)~7月6日(木)は出張のため休みです。

 

 

最近めっちゃ気になる。ネイビークラシックスーツ。                    「極上カルロバルベラSuper150’s」ネイビー×ストライプスーツ

2017.06.17

blog

皆さん、こんばんは。

梅雨はどこへ。。

全く雨降りませんね。むしろ快晴の毎日。

さて最近やたらとクラッシックスタイルが気になる。

気になるということは、この先そんなスタイルがカッコいいということ。

中でも、ネイビー×ピンストライプ。

その中でも「15㎜」感覚のストライプにグッとくる。

かなりかなりおススメの生地が有るので、皆様に是非提案したい。

コチラ。

『 Carlo Barbera Super150’s 』

とにかく「上品」で「エレガント」。

とてもクラッシックで、見る人が見たら一発で「あ!良い」となる。

なんでもない普通の感じだが、決して普通ではない。

普通なようで普通じゃない。

とっても落ち着いたクラッシックなスタイルが出来上がる。

この生地はシングル2ピースも素晴らしく王道でカッコいいが、

ダブルの2ピースもぜひトライしていただきたい。

ダブルのスーツはいまからは普通の、本当に普通のアイテムになるだろう。

むしろ40過ぎたら、ダブルスーツの一つや二つ持っていないと

どうしたの???というレベルになるだろう。

クールビズで春夏の半年間スーツというアイテムを着ない反動が、

クラッシックなスーツスタイルをより際立たせるし、

何より、着る期間が限られる分、おしゃれ度合いが高まるアイテムである。

その辺の若造との違いを明らかに見せる大人のスーツに仕上がります。

見た目は何でもない、上質なものを素直に自然と着る行為こそ、大人の出来る技である。

そして今回の生地はそれが出来る生地である。

独特なヌメリと上品な光沢を纏い、けっして相手を威圧することのない上質感。

「信頼」と「洒落感」を同時に表現できる優秀なスーツになる。

夏以外にずっと着用可能な生地で、どの季節の光にも合う。

よく見ると、ピンストライプが2本線で構成されていて、

激しいストライプにならないよう、優しくストライプ柄が表現されてる

こともこの生地の魅力。

少し白髪が入った方なんかはさらに似合う。

着こなしはあくまでシンプルに。

上質な白無地かサックスブルーのシャツ。

無地か、クラッシックな小紋柄を、

シンプルに合わせることで、無駄をそぎ落とした上質な大人のスタイルが出来上がる。

「シンプル」で「上質」。

クラッシックな大人のスーツをシンプルに着こなしてみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Carlo Barbera Super150’s ネイビー×ピンストライプ 』

■通常オーダー価格 : ¥216,000-

■Fairオーダー価格 : ¥139,000-!!!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 6月18日(日)~6月26日(月)

■出来上がり : 8月下旬~9月上旬・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人の皆様の熱きオーダーお待ちしております。

DRESSERS

*6月21日(水)は店休です。

*6月27日(火)~7月6日(木)は出張のため店休です。

 

真夏のダンディズム 『 LINEN 100% ジャケット 』

2017.06.15

blog

皆さん、こんばんは。

さて、梅雨に入ったというのに全然雨が降らない。。。

今イタリア・フィレンツェでは世界服飾見本市、PITTI  UOMOが

開催真っ最中です。

インスタ等でチェックされてる方も多いのではないでしょうか。

なんか今年は暑いようですね。

スナップ撮られたいコスプレ集団は別として、

やはり玄人の方々はちゃんとジャケット着て、季節に合ったものを着てる光景があり、

正しくドレススタイルを着てる往年の方々を見るとホッとします。

中でも、暑いからなのか、イタリア人の玄人の方々はリネン素材のものを着られてる方が

本当に多いですね。ジャケットでもスーツでも。スニーカーで軽くされてる方も。

どうしても海外からイタリアに行く方は、その日の天気や気温は運任せなので

素材としては無難なものを持って行くのが王道ですが、

イタリアの人はそのまま気候に合わせてコーディネートしてくるので

暑かったからリネンを着るというごく当たり前の選択になるのでしょう。

カッコいいので、Fairで紹介できるイタリア・ナポリの最高峰の生地

『 ARISTON 』のリネンを格安でご案内します!!!

生地は2種類。

『 生成り 』と、『 ネイビー 』です。

『生成り』はコチラ。

 

ん~~なんとも涼やか。

こういうのをサラッと夏に着てほしいな~。夏にリネンジャケット着るって

ま~~カッコいいですよね。

暑いのにジャケット着るの~~??って方、、、、、

着るんです。

なぜか???

それがお洒落だからです!

誰が言ったか分かりませんが、私の好きな言葉に

”男が持ちうる唯一の美学、それは我慢することだ”

というものがあります。

服だけでなくいろんな意味に取れます。

勿論服装にも言えることです。

特にこの『生成り』は見た目の清涼感があるので、着ていて楽しいですね。

8月中旬には出来上がるので、8月9月10月、楽しんじゃってください。

って毎年着るものになる定番品ですので、来年も再来年も着てください!

この時期だからこその超~~~~~~~~~~特別価格ですから!!

そしてもう一つが『ネイビー』

常に「基本」は大事です。

ネイビーのリネン100%ジャケットは、男の夏の基本のアイテムです。

白パンや白シャツ(白ポロ)生成りのエスパドリーユなど、

白分量を多めにした全身のコーディネートをしたときに、

ネイビーのリネン100%ジャケットはすこぶる力を発揮します。

やはり基本は素晴らしい。

そして「ARISTON」なら、絶対絶対間違いなんですね。

大人の次のステップ。

皆さん楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON リネン100%ジャケット オーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥158,000-

■Fairオーダー価格 : ¥79,000-(ハハハハ半額~~~!!!)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

この時期だからこそのスッゴイ価格。

■期間 : 6月17日(土)~6月26日(月)

■出来上がり:8月中旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱き大人の男のファッション魂お待ちしております。

DRESSERS

 

良いシャツ。最高とはこのこと。

2017.06.09

blog

皆さん、こんばんは。

さて、本日は最高のシャツです。

こちらです

 

『 MONTESARO 』です!!

イタリア・ナポリのハンドメイドのシャツです。

ハンドメイドって巷ではなんか手間暇かけた良いモノって

「いめーじ」で使用されることが多いですが、

これはイメージ操作ですね(笑)

”手作り”で!なんて言ったりすることもありますが、

例えばご飯のことなら、コレは手作りで一から作っています!っていう

フレーズいっぱい聞きますが、手作りで作ったほうが

オートメーションで作ったものよりまずいこともある。。。

ってことも事実としてあると思います。

何でもかんでも手作りの方が品質が優れていたり、美味しかったり

するとは限りません。。

服の世界も全く同じで、

”ハンド何か所で、、、ここはこうあそこはこう、、、”なんて

フレーズを雑誌では取り上げて、なんかすごいことのように

書いてあることが多いですが、

着心地が良くなければ何の意味もない。

ミシンで縫ったほうが着心地が良いのだったら、安くて

着心地良い方が良い。

なんで、手で縫うか??

それは「着心地を良くするため」。

着心地がミシン縫いと変わらないものは、ただの売るための言葉であり、

売るための視覚上の演出でしかない。

で、コレは「ハンドメイド」です(笑)。

着心地にちゃんと反映してる、正真正銘のの「ハンドメイド」です。

生地はコットン&リネン。

白地にブルーストライプのとっても清潔感があるシャツです。

普段着に袖まくって着るのも良し、

秋冬にはニットの下に着るも良し。

タイドアップもめちゃ綺麗ですよ。

 

定番的に着心地良くずっと使えるシャツですね。

一応DRESSERS生地別注品です。

シンプルで上品。

洗練されていて、決してこれ見よがしではないスタイル。

試着だけでも体験してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 MONTESARO コットンリネン ネイビーストライプシャツ 』

価格 : ¥38,880-

SIZE : 37.39.42

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

因みに、下のやつもあります。

同じくコットンリネン。

SIZEは42のみ。

価格は同じ。

 

 

使いやすそうでしょ。

もう一つ。

白地に、薄~~~~いピンクのマイクロチェックの

DRESSERS別注ブロード生地の上品ピンクシャツもあります。

こちらは、SIZE37、と40があります。

価格は同じです。

皆さん、「本物」を是非!!!

「本物」には感動が付いてきます。

DRESSERS

 

 

 

『 ARISTON 』 限定コットンパンツ(しかもストレッチ)

2017.06.07

blog

皆さん、こんばんは。

なんか梅雨入りしたみたいですね。

いい感じで雨です。

さて、本日は先日お伝えしたように「ARISTON」です。

ここにきて、かなり使えるものをご紹介します。

『 ストレッチコットンパンツ 』です!!!!!!!!!!!!!

最高のコットンパンツになりますよ。

エレガントさをキープしながら、コットンならではのリラックス感。

そして何より大人に嬉しい「ストレッチ」これは見逃してはいけません!!

まずは絶対。絶対、ぜったいもってお金くてはならないモノ

『 ベージュ コットンパンツ 』

「基本のき」のど真ん中中のど真ん中。

どうしてもベージュコットンパンツって、昔のチノパンの

イメージが抜けず、毛嫌いしてる方が多いんですが、

これは全く全く違います。

シルエットを少し細身で作って、それできれいな感じでコーディネート

出来る「大人のコットンパンツ」です。

HARRISONSや、W.BILLのコットンは、コットン100%も

This is Classicなコットンスラックスで、履くうちにだんだんとコットン

が馴染んできて、2~3年後にはすごく柔らかく風合いのあるコットンパンツに

なりますが、

今回のARISTONのストレッチコットンは、すぐに履けて、履き心地バツグン!

しかも、「エレガントさ」をキープしてくれるから最高ってわけです。

どうしてもストレッチってなんかチープさが漂うというイメージがありますが、

安いやつは確かにそうです。。。でも今回のは世界最高峰のARISTONの

コットンなので、ま~~~~~~エレガントに決まっちゃうんです。

今回4色紹介しますが、どれも最高です。

4本ともいっちゃってください。

ベージュは持ってない方は絶対でです!!!

そして次は

『 ネイビー 』

いや~~これも基本ですね。

ネイビーデニム履くでしょ?

デニムをコレに変えてください。

一気にかっこよくなりますから。

例えばクルーネックにニットに台襟高めのボタンダウンシャツを着て、

ブラウンスエードチャッカなんか履いてっていう着こなしは

基本であり、定番。だけど、これで合わせたらま~~~良い感じに

なりますから~~~!!!

ネイビーと言ってもダークネイビーではなく、ちょっとだけ、ちょっとだけ

明るいネイビーなので、これが使いやすいんです!!!

シワさえもエレガントにしてしまうARISTONのコットンストレッチスラックス。

是非!!!!!

そして、これやばいですね

『 オリーブ 』

コットンパンツ「オリーブ最強説」を私は信じています。

綺麗風な恰好をしたいときにはとにかく最強。

ジャケットでも、ニットでも、シャツ一でも、ブルゾンでも

ポロシャツでも、Tシャツでも、なんでも来いや!!って感じです。

今回の紹介する生地は「通年生地」ですので、も~~使えまくりでしょ!!

靴も、ブラウンはもちろん、ブラックも、モカも、ホワイトも合いますよ!!

こういう機会だからこそ、ARISTONでいっちゃってください!!!!

最後はもちろん!!

『 ホワイト 』

DRESSERSと言えば「白パン」。

結構履くやつ。履けば全体のコーディネート2割増し。

春夏秋冬最高のパンツです。

ストレッチ白パン持ってない方は、「絶対」です!!!!

以上最高の4種をお届けしました。

まさかの価格ですから皆様このタイミングで

『 ARISTON 』の「ストレッチコトンパンツ」を

オーダーで手に入れてください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON コットンストレッチ スラックス 』

■通常オーダー価格 :¥64,800-

■特別オーダー価格 : ¥35,000-!!!!!

(どこかのイタリアパンツより安い!!!

しかもARISTON!!しかもORDER)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

(2本同時オーダーの場合 : ¥65,000-)

(3本同時オーダーの場合 : ¥89,000-)

■期間 : 6月8日(木)~6月12日(月)

■出来上がり : 8月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人の皆様、必需品です。

同じようなの持ってるから~っていうマーケティング量販店系な

ファッション感覚はそろそろ終えて、

結局着るアイテムの素材やシルエット違いを楽しむ世界に

突入しましょう。

日本酒という透明な液体でも、何種もあり味わいが違うように。

大人の楽しみ方でファッションを楽しんでいきましょう!!

皆様の大人のファッション魂お待ちしております!!

DRESSERS

<番外編>

これ行かなきゃうそでしょ!!レベル

『 ARISTON ミニヘリンボーン  』

ネイビーと、チョコレートブラウン!

これ最強でしょ。

普通のヘリンボーンをすっごく細かくしたへリンボーンで、

ほぼ無地なんだけど、なんか表情あるっていう、一番使えるやつです!!

そしてあるんだ~~基本のネイビーが。

最強中の最強でしょう。

どんな場にも、どんな季節でも着てOK!

ARISTON独特の高貴な雰囲気が、たまらなくかっこいいです!!

しかも、前にも言いましたが、

DRESSERSの芯地骨格に合うんですよね~~~~~。

ARISTON専属でもいいのでは?と思うくらいに

生地の風合い、ふくらみ、ハリ、色気具合、上品具合が

DRESSERSのオーダースーツの芯地の付け方や、

曲線の持って行き方にバッチリ合うんですよ!!

最高です。

しかもこのネイビーが美しい。たまりませんね。

さっきのコットンスラックスと同じですが、

ネイビースーツは持ってるからな~~~は大人ならもう禁句です。

そりゃあ大人なんだからネイビースーツ持ってるに決まってます。

シンプルな大人のコーディネートで、「微差」を楽しむ。

気に入ったスタイルは4,5個あれば良い。

あとは同じスタイルの中でバリエーションを持ち、「着分ける」楽しさを

享受するのが大人の正しい楽しみ方だとDRESSERSは考えます。

そして次に

『 チョコレートブラウン 』

ナポリと言えばチョコレートブラウン。

 

松山などの地方都市にはよく合います。

都会で着る色ではないですね。

この良さ分かりますよね?

誰がどう考えても良いですよね。

 

チョコレートブラウンのスーツは、大人なら誰もがかっこよく着れる

スーツです。(地方都市では)

だから愛媛・松山でやってるDRESSERSは確実に、必ず、

コレはお勧めするべきなんです!

だって良いんだから。

皆様のファッションの基本のワードロープに揃えてください。

突飛なものに感じてる方、その感覚をすぐに取っ払ってください。

けっこう「普通」です。

松山での生活で、ただ周りにいないだけ。

世の中では「普通」です。

是非!!!

分かる人には”すぐ”分かる。素晴らしいスーツです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON ミニヘリンボーン スーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥216,000-

■特別オーダー価格 : ¥150,000-!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 :生地極少のため、なくなり次第終了

■出来上がり : 8月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱き魂お待ちしております!!

DRESSERS

 

 

 

 

 

 

DRESSERS流 「良い」スーツ 

2017.06.04

blog

皆さん、こんばんは。

いや~~いい天気ですね~。

ただいま開催中のコートとジャケット、また現物スーツ生地のFair,

皆様のファッション魂をビシビシと感じております。

皆様の熱き魂には毎度感動させられます。

6月7日(水)までです。

(*6月6日(火)、7日(水)は営業しております。

*6月6日(火)は、PM4:00~のOPENになります)

さて、本日は特にFairとかではないですが、DRESSERSのオーダースーツにおける

考え方や、こだわり、生地紹介の話しです。

DRESSERSのオーダーはパターンオーダーです。

パターンオーダーと言っても、明確な区分もないまま、世の中で

ひとまず使われてるワードですが、DRESSERSもそのまま、

特に明確なことがあるわけではなく、フルオーダーではないという

意味でパターンオーダーとしています。

DRESSERSでは、DRESSERSのモデルというものがあります。

それは、スーツを作った英国、また歴史、起源、背景にリスペクトを置き、

着心地はイタリア、見た目は日本という考え方のもと、

”中庸である”ということを強く意識したモデルになっています。

やはり、英国無くして、今のスーツスタイルは考えられません。

現在着てる形の、ほぼすべてのの着方、ディテール、ルールは、

英国が生み出し、派生、していった文化です。

何故そうなのかという”理由”が全てにおいて歴史上で存在します。

そういったことにリスペクトを忘れず、英国を着こなしのマナー含め

英国を根底に置いています。

しかし、本気の英国物は私はあまりしっくりきません。

なぜなら着心地が。。。だからです。そして必要以上に”威厳”が漂うからです。

勿論、そうなるように作ってあるので、それで正解なんでしょうが、

わたしはそんなに”威厳”を周囲に表現したくない。

そして、手作業を含めた、良いイタリアものは、すばらしい着心地です。

着心地が良いと一言で言っても、なかなか人それぞれですが、

私的に一言で言うと、「軽い」ということになるでしょうか。

実際の重量は関係ない世界で、どんなに実際の物質が重くても、

着た時に肌感覚で「軽い」ということは、着心地が良いということと

同義だと思っています。

それは、体、特に肩、首に沿った曲線であればあるほど、体感として

軽いと思うものです。それともう一つは、硬い副資材等を使わずに、

技術で体の曲線に合わせているから、体に当たる表面が柔らかくなり、

それが結果として「軽い」と感じるものになると思います。

しかし、手作業を含めた良いイタリアモノは、いかんせん、

ちょっと日本人的美学からすると”ダラシナイ。。”ように見えてしまうものです。

また日本人には”色気ありすぎ”に見えるものです。

そして、私が思うに、日本人的美学は、日本語にすると、

「きちっとしてる」。

この「きちっとしてる」というのが、また「きちっとしてる」ように見えるのが、

日本人的美学に叶ったスタイルだと考えています。

なので、

英国にリスペクトを置きながら、

イタリアの着心地で、

見え方はジャパン。

これがDRESSERSのスーツスタイルです。

そしてもう一つ重要にしてることがあります。

それは「地に足の着いた最高級」であること。

表の生地と、目に見えない中身の作りは「対」であるものが

スーツとして素晴らしく、価値があるとDRESSERSは考えています。

表の生地が最高なものに対して、中身の作りが全然、、、なものは

ただの生地の無駄使いだと思います。逆に、中の作りが素晴らしくて

表の生地がしょぼいのも、これはこれで決して良いモノにはならない

と思っています。

表の生地の品質と、中身の作りの品質は「対」であることが、

着るお客様にとって良いスーツになると思います。

生地もそこそこ、作りもそこそこ、

生地は最高、作りも最高、

生地は極上、作りも極上、

こういうように、表の生地と中身の作りの品質は「対」であるようにした方が、

着る人にとっての良いスーツとなると思っています。

上記を例にとると、極上同士の組み合わせは、確かに素晴らしく良いスーツです。

しかし、”地に足が付いてるかどうか”となると、いかがなもののかと考えています。

勿論人それぞれ、何を、どこを地に足に着いたと言うかはそれぞれでしょうが。

DRESSERS的に「地に足が付いた」というのは、一言で言うと

「それなりの耐久性を持っている」ということが言えると思います。

1年くらい着て、ダルダルになって形を保っていないものは「地に足の着いた」

とは言わない。

そこで、DRESSERSは昔から「5年先が見えるもの」というもう一つの

キーワードを掲げてスタイル提案しております。

それは形、着方、年齢とう、複合的な視点で見た5年です。

なかなか今回のような話の内容は、文章や写真では全くと言っていいほど

伝わらないものです。それは、本人が袖を通して、生活してみて

初めて「良いかどうか」が体感できるものだからです。

例えばDRESSERSでは、200,000円(税別)のオーダーもたくさん

ご用意しています。

(*ちなみにDRESSERSのオーダースーツは2ピースで価格は3段階あります。

¥130,000-、¥160,000-、¥200,000- (税別))

例えば、こちらの生地たちは、表生地と中の作りが最高に「対」になる

者たちです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはカルロバルベラの通年着用できる生地ですが、

この生地でDRESSERSでお作りいただくと、「なるほど!」と

感じていただける着心地の良さ(=軽さ)と、地に足に着いた最高級

を楽しんでいただけると思います。

こちらはDRESSERSで¥200,000-(税別)のものになります。

これより品質も価格も上のものって生地界ではいくらでもありますが、

そうなるとDRESSERSが求める地に足の着いた最高級ではなくなって

しまうので、こういう最高のものをお勧めしているわけです。

年齢や職種、お立場において、掛け算を変えられると、正しくスーツが

楽しめると思います。

1×6=6、2×3=6、3×2=6、6×1=6

全て結果(効果、楽しみの量)は6ですが、価格と個数の掛け算の

違いでそれぞれにスーツを楽しんでいただければと思います。

今日はDRESSERSのオーダースーツについてでした。

DRESSERS

 

着るにおいての、「キホン」ということ

2017.06.02

blog

店主の思い付きコラム

皆さん、こんにちは。

今回はコラム的内容です。

是非すっ飛ばしてください。

またDRESSERS的意見をだらだら書いておりますので、

ご意見ご批判は一切受け付けませんのであしからず。

ネイビーのスーツを着る、

ネイビージャケットを着る、

ネクタイを締める、

靴を磨く、

アイロンを掛ける、

洗濯をする、

戦後急速に日本に広まった洋服文化。最近はアメリカの”カリフォル二アロール”

のように、日本でも急速に日本独自の文化が広まっている。

鮨がアメリカに渡り、いつしか本国日本では全く見ないカリフォルニアロールが

生まれ、ごく当たり前のものとして成立してる。

パスタがイタリアから来て、いつしかジャパンで”ナポリタン”が生まれ、

ごく当たり前に成立している。

そんな感じで、「洋服」、いわゆる舶来物の服装が、日本に入ってきて、

独自の進化を遂げていることは皆様ご存知の通りだろう。

ジャケット、ネクタイをしないスタイル。

仕事着にブラックスーツ。

結婚式にブラックスーツ。

色の付いたボタンホール。

ささるほどのとんがった靴。

茶髪。

細い整った眉毛。

日本独自で生まれた着こなしを挙げれば数えきれないほどある。

それも日本人の研究熱心なまじめな人思いな国民性が生んだ

唯一無二の文化であることは間違いない。

いまやインスタグラムやFacebookなどのソーシャルメディアにより

国際間の隔たりがなくなっていっている。

鮨やパスタは数ある食事の種類の中の一メニューにしか過ぎないが、

とりわけスーツやジャケットとなるとそれらとは全く位置づけが違う。

なぜか。

それは、国民の成人男性のほとんどが着る、共通アイテムだからだ。

着るには「キホン」がある。

和服を着るにも「キホン」がある。

DRESSERSではいつもブログ等で「キホン」というワードを使用することが

多いが、もう少し「キホン」を日本語的にわかりやすく言うと、

それは『 作法 』である。

お箸の持ち方、お辞儀の仕方、挨拶の仕方、お礼の仕方、お詫びの仕方、、、

言い出したらきりがないくらいに、生活のいたるところに『 作法 』は

存在する。

洋服、とりわけスーツ系を着るにおいても、そこには『 作法 』が存在する。

『 作法 』を知ると、相手を不快にさせないでいられる。

『 作法 』を知ると、相手に想いを伝えることが出来る。

『 作法 』を知ると、相手と友好関係を結べる。

『 作法 』を知ると、相手を喜ばせられる。

『 作法 』を知ると、相手に認めてもらえる。

『 作法 』を知ると、結果として自分も豊かになる。

『 キホン 』は、『 作法 』

常に基本を大事にして、着ることを楽しみたいものです。

まずは『 キホン 』(=『 作法 』)を知ること。

それが着ることで、少しでも人生をハッピーにする、

人生を豊かにする近道。

衣食住の、「衣」。

着ることで少しでも人生がハッピーになることが出来るよう

微力ではありますが、今後もDRESSERSから色々ご案内していきたいと

思っております。

乱文失礼しました。

DRESSERS

 

 

 

GRAN SASSO  ネイビーポロシャツ

2017.05.29

blog

皆さん、こんにちは。

いい天気ですね~~~。ほんといい天気。

今日は、待望の「ポロシャツ」紹介します!!

いきなりドン!!!

 

NAVYのポロシャツです。

しかもこれ、ドアップです。

何が言いたいのかというと、超極細鹿の子だってことです。

ごつごつのいわゆる、作業着的鹿の子ポロじゃないですよ!!

ガンガン洗って、ガンガン着られる鹿の子の特性はそのままに、

表面の細かさで「肌触り」「ドレス感」が最高にアップしちゃってるんです!!

だから、こんな感じで、軽いジャケットのインナーにしても

クゥゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

様になるぜ~~~~!!!

しかもやっぱりこのグランサッソは「パターン」が良い。

型紙?形?フォルム?

まあ何でもいいですけど、とにかく「大人が着た時にカッコいい」。

これが肝ですね。「大人が着た時にカッコいい」。

やっぱり子供服や作業着じゃないですからね。

大人が着るのはそれにふさわしいモノじゃなきゃ。

どこがどうなったら大人の体がきれいに見えるか?っていうのが

分かってるんでしょうね~。

やはりそれは、時代を作る最高級ブランドのニット類を毎年コレクション毎に

依頼されて作ってる工場だから、出来上がる知識・経験から来るものでしょうね。

ただのニットか、そうでないかは、やはり経験値から来る、

時代感やサイジングバランスっていうのがモノを言うんでしょうね~。

ネットに入れて洗うだけ。

あとはガンガン着るだけっていうのも良いですね。

あまり高級すぎると、遠慮して着なくなっちゃう。

これは余所行きだからということで、なんかの会に着て行って

大失敗。「おい!ポロシャツはね~だろ~」って。

そんなことにならないようにやはりポロシャツなんかはガンガン

着れたほうが良いんです。

それで、品質、そしてシルエットが大人向きって、やっぱりこりゃあ

いいんですよ。(大人向きったって、ちゃんとお洒落好きな人に向けた

大人向きって意味ですよ)

何でもないようですけどね。

バカにしちゃあいけませんよ。

普通の中に本質がある。

なんてことも言ったりしますけど、私はその通りだと常々思っています。

そうすると、どうしても「NAVY」というものになってしまう。

「NAVY」はいくつ持っていても飽きない。

ちょっとした色具合の違いや、ちょっとした素材の違い、

ちょっとしたサイスバランスの違い、ちょっとした着心地の違い、

その「ちょっとした違い」が判るのも経験を積んだ大人たる証しでしょう。

見事なバランスと、見事な生地。

是非これを着て夏を楽しんでいただきたい。

来年はまた少し風合いあの変わった様子を楽しみながら着るっていうのも

大人の服の楽しみ方じゃないですか。

是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 GRANSASSO NAVY ポロシャツ 』

■価格 : ¥18,000-

■SIZE : 44、46、48

(もちろん極少です。お早めに)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

我がままな、『DRESSERS』。

2017.05.29

店主の思い付きコラム

皆様、こんにちは。

今回はコラム的な内容になりますので、是非無視してください。

写真も商品紹介もFairもありません。

なお、DRESSERS的考えを勝手に述べてるものなので、

ご意見ご批判は受け付けませんのでどうぞよろしくお願いいたします。

DRESSERSというお店を初めてもうすぐ9年目を迎えようとしております。

ひとえにご来店いただいてる顧客様お一人おひとりの熱きファッション魂の

お陰だと心から思っております。

また、愛媛のこんな小さなお店と、取引してやろうという気概を持った

お取引様のお陰だと思っています。

皆様ありがとうございます。

まだまだ本当にヒヨッコなお店ですので、お客様方にご迷惑おかけすることも

多々あろうかと思います。まだまだ始まったばかりのお店です。これからも

一歩づつゆっくりと進んでまいります。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

DRESSERSは一人でやってる10坪足らずの小さな小さなお店でございます。

愛媛の松山の繁華街の一本裏手でひっそりとやっております。

ひっそりとやってるにはDRESSERSなりの理由があるのでございますが、

その一つとして、”店内での顧客様との時間を大切にしたい”という気持ちがございます。

どうしても誰もが通る大通りですと、様々な方が入店をされる状態に

なってしまいます。その点、DRESSERSは知ってる人しか知らない、

場所がすごくわかりづらい、もしくは足を踏み入れることを少し躊躇するような

お店になっています。しかもお店の看板も出ておりません。

それらはすべて”店内での顧客様との時間を大切にしたい”という想いゆえの

ことでございます。とてもワガママなやり方であると分かっているつもりでございます。

通販をしないというのもそういう理由が大きいかもしれません。

もう一つのワガママは、お店のオープン時間です。

月・木・金・土  14:00~20:00

日     14:00~18:00

火・水    定休

これはなかなか見ないオープン時間帯です。

まず14:00~OPENというのは、あまり普通じゃないです。

しかも日曜日は18:00CLOSEというのもあまり普通じゃないです。

もちろんこれにも理由が様々あるのですが、簡単にいうとオーナーの

ワガママです。

やはり”店内での顧客様との時間を大切にしたい”という想いからそうなっている

というのも一つの理由です。

店内には、私一人です。しっかりと服や服の話しを楽しんでいただくには、

私には6時間が限度です。(やりながらだんだん分かったことです)

そうなんです。オーナーのワガママなんです。

もう一つ大きな理由が、それも同じく”店内での顧客様との時間を大切にしたい”

という想いからなのですが、大変ありがたいことに、お車や電車ではるばる

松山まで遠方から1~2時間もかけていらっしゃる方、

また県外からも足を運んでいただく方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々には、極力ご連絡をいただいてからご来店いただくように

しています。そしてオープン時間より前にご来店のお約束をしていただく

ケースが多いのです。どうしてかと申しますと、せっかく大切な時間とお金を

かけてご来店いただいたのにほとんどお相手できないようでは、

店内での顧客様との時間を大切にできないので、普通ではないオープン時間帯に

しております。

これはやはり個人でお店をやってるからこそできることだと思います。

大きな会社でタイムカードの世界じゃなかなか出来ないことだと思います。

個人店ならではのものであると思います。

定休が週に2回(火・水連続)あるのも、県外からいらっしゃっていただく際、

その日(定休)に合わせてご来店いただくことが多いためです。

勿論その日はその方のみの営業にするためです。やはりどうしても飛行機や

交通事情があり、時間が確実でないとならない方々には、確実にお客様のための

時間を確保することが必要になります。

もう一つは、やはり出張です。一人でやってるので、出張に出る時は

どうしてもお店をお休みすることになります。ですので、定休に合わせて

出たりできるためです。

上記のように、わがままなことを挙げたらきりがないですが、

「店内での顧客様との時間を大切にしたい」という店主のワガママを

形にしたらこうなっちゃいましたという変なお店です。

こんな変なお店ですが、地に足をつけて、じっくりとファッションの

面白さ、楽しみ方をお伝えしていけるようなお店になれるよう

これからも精進邁進してまいります。

どうぞ皆様今後ともDRESSERSをなにとぞよろしくお願い申し上げます。

DRESSERS

山田

 

 

 

これは作ったほうが良い。着たほうが良い。

2017.05.23

blog

皆さん、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

<お知らせ>

■明日、5月24日(水)は、店休になります。

■明後日、5月25日(木)は、18:00閉店になります。

(14:00オープンです)

さて、季節は早いもんで、オーダーの中では、2017年秋冬シーズンに

向かっております。

今日は、皆様の秋冬ジャケットライフのさらなる質の向上のため

DRESSERSが選りすぐったジャケット生地をご案内させていただきます。

この時期だから出来る素晴らしい企画です。

このタイミングをお見逃しなきよう。

生地はこちらの素晴らしい英国生地から。

 

『 W.BILL 』です。

こちらは、英国生地の中でも、ビジネスというよりは、街着や

カントリーウエアを得意とする世界最高峰生地メーカーなんです。

普通こういった英国バリバリの生地メーカーって、ハリスツイードなんかに

代表されるように、硬くて厚くてゴワゴワな生地が多いのですが、

(もちろんそれはそれでいいのですが、、)

今回厳選してご紹介する生地たちは、大人がちゃんと心静かに、

リラックスして着られる者たちになります。

「軽い」「柔らかい」「美しい」

とても上品なものになります。

それでいて

「生地が経年変化をほとんどしないので、長く着られる」

「生地の厚さ、風合いがとても中庸なので、10月~5月くらいの

長期で着ることが出来て、コーディネートの幅も広い」

のが特徴です。

私自身、このシリーズのジャケットが本当に好きです。

結局軽くて、着やすいものを手に取って着てしまうのは

大人の脳が発信する本能なのでしょう。

本能の欲望に応えられる単品ジャケットになります。

是非この特別な機会に、自分だけの体に合わせた

大人の良いジャケットをお作りになってみてください。

では生地をご紹介させていただきます。

この厳選した5生地をお勧めします。

 

 

上から

・ネイビーヘリンボーン

・キャメルベージュヘリンボーン

・ライトグレーヘリンボーン

・ダークネイビーバスケット

・ライトネイビーバスケット

以上の5種です。

どれも「無地」になります。

ジャケットを増やしていくとき、色の種類を増やしていくと、

コーディネートが面白いように組むことが可能になっていきます。

そんな「色」たちを是非このタイミングで増やしてみてはいかがでしょうか。

まずはコチラ

『 ネイビーヘリンボーン 』

すっごく上品で、これ着てたら大体のコーディネートが可能になります。

ネクタイをするようなかしこまった格好も素敵ですし、

コットンシャツにボタンダウンといった、大人のカジュアルも素敵です。

白いパンツ(コットンスラックスや白デニム)などと合わせると、

とても清潔感が出ます。

万能ジャケットをお探しの方は是非こちらをお試しください。

次にコチラ

『 キャメルベージュヘリンボーン 』

こちらの色も秋冬の基本のカラーリングになります。

ブラウンスエードのシューズ(スリッポンやチャッカブーツなど)に

とてもよく合うジャケットです。

最初こそ勇気がいるカラーかもしれませんが、世界中で定番カラーとして

大人に着られてることを考えると、やはり使いやすいのです。

シャツ一枚で10月くらいは着ていて、段々と薄手のウールニットをシャツと

合わせてみたり、次はタートルネックのニットを合わせてみたり、

冬になるとローゲージのニットを中に入れてみたり。

スラックスも、ライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレーと

どれも合います。またコットンパンツですと、ベージュのコットンで

合わせて全身をベージュ系で合わすなんか素敵ですね。

もちろん白のパンツは素晴らしく合いますよね。

着こなしグレードを一歩先へ進めたい方はぜひこちらの

キャメルベージュヘリンボーンを着てください。

さて、次は

『 ライトグレーヘリンボーン 』

こちらも大人のジャケットとしては定番のものです。

チャコールグレーのスラックスや、白いデニムなんかは素晴らしく合いますね。

ブラックのスエードシューズをお持ちでらっしゃる方は、これをお勧めします。

このジャケットの足元にブラックスエードがきたら、素晴らしい大人の上品な

スタイルが出来上がります。

また、ダークブラウンの表革のドレスシューズを履き、ミディアムグレーの

ウールスラックスを履き、サックスブルーのシャツを着て、ネイビー無地の

ネクタイをしたりすると、とてもクラッシックで洗練された大人のジャケットスタイル

が出来上がりますね。ネイビーカーディガンも入れてもいいかもしれませんね。

とっても素敵です。

そして次は

『 ダークネイビーバスケット 』

こちらは是非、ネクタイをするスタイルのジャケットとして合わせていただきたい。

もちろんノータイのスタイルは合うのですが、このくらい上品な

ダークネイビーだったら、ネクタイするコーディネートに絶対合います。

定番として、長くいろんなVゾーンを作りながら、楽しめるジャケットになります。

ある種、大人の「必需品」とも言えるかもしれないジャケットになります。

そして最後

『 ライトネイビーバスケット 』

もうこれは”絶対間違いない!”ってやつですね。

「万能」とはこのことです。

万能なんて何言ってんだ!攻めるぜ!って方は、ご相談ください。

生地界にはいくらでも攻める生地はあります。

”とは言っても、結局「着る」やつが欲しいのよね”って方はコレ。

コレです。

以上です。

DRESSERSが厳選した5種の生地。

色を増やしていくってジャケットの世界での外れないレールの上の

ワードロープの揃え方です。

まず着たことない色から、持っていない色からチョイスされたら

もっともっとファッション、着ることが、大人の着こなしが

楽しくなるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 W.BILL DRESSERS厳選 ジャケットオーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥168,000-

■Fairオーダー価格 : ¥84,000-(半額です!!!!!)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 : 5月25日(木)~5月30日(火)

*明日、5月24日(水)は店休です。

*5月30日(火)は営業してます!

■出来上がり:9月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、皆様の大人のジャケットライフ、応援します。

楽しんでいきましょう!!!

DRESSERS

*この時期だから出る、春夏ものの「超特価スーツ生地」。

25日にお店に届く予定。

スーパー早い者勝ちです!!

因みにスーツで¥73,000-!!!!!!!!!!!!!

何時に届くかな??

因みに25日はPM6:00(18:00)までの営業です。

 

ネイビースーツという最上級品

2017.05.21

blog

「文化を創る」

店主の思い付きコラム

今回はコラム的内容です。

写真も商品紹介もありません。

ご興味ある方だけご覧になってみてください。

*あくまで「DRESSERS流のスタイル」の話しです。

ご意見ご批判はお受けしませんのでよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

32歳を過ぎて、高品質のネイビー無地のスーツを持っていないと

恥ずかしい。社会人10年経ったとして、それはもう「大人」。

「大人」としての礼儀作法を求められる。

子供なんだからしょうがないは残念ながら通じない。。

スーツスタイルにおける礼儀作法とは、高品質のネイビー無地スーツを着ることだ。

もちろん他にもたくさんあるが、高品質のネイビー無地スーツはどんな相手へも

配慮を持っていることを着るもので意思表示でき、さらにどんなオケージョンに

も対応し、お葬式以外はすべて対応できる。

高品質なネイビー無地スーツは、32歳を過ぎた大人なら、必ず持っておくべき

アイテムである。

高品質なネイビースーツは決してオシャレアイテムではない。

ただ大人のスーツスタイルの”必需品”なだけだ。

会社に勤めていれば、名刺が必需品のように、

高品質なネイビー無地スーツは必需品なのである。

まずはダークネイビーを持つべきである。

黒に近い深い色目のネイビーは最も格式の高い色で、相手への礼を欠くことはない。

次に、通常のネイビー、もしくは少し明るめのネイビー無地を揃えておくのが良い。

あまりかしこまった席ではない時にとても重宝する。かしこまった席ではない場所で、

ダークネイビー無地スーツはちょっと気張りすぎな印象になる。

そこはネイビー、もしくは少し明るめのネイビーがベストだろう。

場に応じて、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフを変えることで

様々なシチュエーションに対応することが出来るのが、

高品質なネイビー無地スーツの「機能」である。

余談だが、シャツやネクタイやポケットチーフなどの合わせ方は、

場がカジュアルになればなるほど(カジュアルと言っても普段着ではない)

柄や色を足していくのが好ましい。逆に、場がかしこまるほど、無地に

なっていくのが好ましい。

シューズもかしこまった場にはブラック。カジュアルな場にはブラウンというように

使い分けると場に馴染む。かしこまった場にブラウンシューズは論外と心得るべし。

*ここでいうブラウンとは、いわゆるダークブラウン(焦げ茶)のことを言う。

一般的なブラウンや、また少し明るめのブラウンシューズは、品位がない着こなしに

なるので堅実に行くなら避けたほうが良い。

まだお持ちでない方は、こっそり伝えていただければ、価格に応じて

最高のネイビー無地スーツをご用意させていただきますのでご安心を。

すでに着用されてらっしゃる紳士な方は、次は冬用、また夏用を

揃えてみてはいかがだろうか。お茶菓子やお花などと同じように、

季節ごとでスーツ生地を着分けることも、会う相手への配慮である。

高品質なネイビー無地スーツ。

大人の礼儀作法の一つとして、ご用意されてみてはいかがでしょう。

DRESSERS

お知らせ

2017.05.18

blog

皆さん、こんばんは。

明日、5月19日(金)は店休とさせていただきます。

また、

5月20日(土)は、PM3:00~のOPENとなります。

現物生地のとくべつFair 予定です。

リネンジャケット、21日までです。

DRESSERS

「現物超特価」 ジャケット オーダー

2017.05.07

blog

皆様、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

<お知らせ>

明日、

5月8日(月)は、PM3:30~のOPENとなります。

5月9日(火)、10日(水)は、定休日のためお休みです。

いや~~~、GW.

ちょっとすこぶる素晴らしい、「現物」生地の「特価」Fairです。

3種あります。

めちゃくちゃです。

もう早速紹介します。

まず、

絶対のゼッタイのぜったい。

『 ネイビー バスケット無地 定番通年用 」

マジで最高ですよ。

ネイビージャケット持ってるからとか言ってちゃ、

スタイルは作れない。

自分が良いと思ったスタイルを、自分の経験に

自信を持って、「同じようなもの」を着続ける。

これ「かっこいい」って言います。

DRESSERSにとって、私にとってそれは「ネイビージャケット」

だったりしますね。

やはり、大事にしたいんですね~基本ってやつを。

もしかしたら人には分からないかもしれない「微差」を

感じながら楽しむっていうのも、なんとも乙なもんじゃないですか。

これはイタリア生地のTOLLEGNOというところのものです。

ま~どこの生地とかなんとかあまり関係ないとか言うと

怒られちゃいますが、要は良ければいいんです。

柔らかくて、軽くて、これ気に入らない人はよっぽど偏屈ですね。

ちょっと一生地だけいいのがあったので、

この機会にご案内しようかと。

価格はすごいですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定価:¥108,000- のところを

Fair価格 :¥58,000-にします。

(現金支払いのみ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこら辺のどっかの高いオリジナルよりよっぽど素晴らしい

作りで、しかもオーダーで¥58,000-なら、

展開してるお店の店主はよっぽど目利きが無いか、

よっぽどの洋服馬鹿なのでしょう。

その代わり「現金支払い限定」です。

やっぱりネイビージャケットです。

生地は変われど話は同じ。

2生地目も「ネイビーバスケット」です。

これは、柔らかくない。柔らかいけど、思ってる柔らかさとは

明らかに違う。でも柔らかい。

これは、ちょっと前に話しました「4PLY」という代物です。

私が久々に、新作生地に「やられた!」と思った生地です。

ブログ読み込んでいただいてる方にはもうお分かりでしょう。

CANONICOの4PLYです。

それのダークネイビーです。

ま~~良いんだこれが。そんなに何がいいのかって、、

良いんだから、良いとしか言いようがない。

言葉、それも文字で伝えられるようなモノじゃあ、

所詮それまでよって話です。

解説しないのか出来ないのか。。

出来ないとしたら私の語学力が無いだけ。。

でも山ほど良いモノ着てきた体が「良い」と感じるんだから

しょうがない。

とんでもない量の服を着てきた人の肌感覚ってものを

信じるか信じないか、乗るか乗らないかの話しです。

価格はこんな感じ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定価:¥129,600-

Fair価格 : ¥69,000-

こちらも「現金支払いのみ」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お早めに。

最後は、わかる人もわからない人も誰でもうなずける代物。

『 FOX BROTHERS サックスチェック ジャケット 』

もうすべてが完成してますな。このクラスになると。

言うこと、解説すること自体チープに思えるのでやめとこうか

と思いそうですが、一応解説しておきますと、

イギリスの名門中の名門の生地屋さんが織り上げた、チェック

ジャケット専用のシリーズがあって、まあとにかく軽いのなんの。

そして柔らかさが素晴らしいんですね~。

普通イギリス生地は最初重くて硬くて、段々着るたびに体に馴染んで

いき、その変化を楽しむのが、イギリス生地の正しい楽しみ方。

そこには耐久性が必要となり、その耐久性が、日本人的「着方」に

マッチしているから、日本でもわかる人にはイギリス生地は

とても重宝される。

でももっと知っていくと、

「耐久性とかそのままに、最初っから柔らかくして

とどけてくれね~~かな~~」なんて、

たくさん着倒して着た人からは当然の要望が出てくる。

それを実現したのがこの生地ってわけです。

だから言うことなしに「良い」んです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定価:¥140,400-

Fair価格 : ¥76,000-

(現金支払い限定)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どれも現物生地ってことは。。。

もうそれ以上は言いません。

お早めに。

滅多にこういうの紹介することはないんですが、

最近は、こういうのもちゃんとブログで紹介しなさいと

お客様からご要望が多いので、

生意気言いながらですが、紹介させてもらいました。

 

是非、お早めに。

失礼しました。

DRESSERS

 

お知らせ

2017.05.01

blog

皆様、こんばんは。

明日、5月2日(火)~5月5日(金)は

店休とさせていただきます。

5月6日(土)はPM2:00~のOPENとなります。

DRESSERS

お知らせ

2017.04.28

blog

皆様、こんばんは。

今後のお店の店休、営業時間をお知らせしておきます。

4月29日(土)・・・14:00~20:00営業

4月30日(日)・・・18:00閉店

5月1日(月) ・・・18:00閉店

5月2日(火)~5月5日(金)・・・店休

5月6日(土)~は、通常営業となります。

また改めてここで、DRESSERSの「営業時間」をお知らせしておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERS 営業時間 』

月・木・金・土  14:00~20:00

日     14:00~18:00

火・水    定休

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*14:00~OPENです。

*日曜日のみ、PM6:00閉店です。

*火曜日・水曜日は定休日です。

以上よろしくお願いいたします。

DRESSERS

 

今日までですから!!

2017.04.26

blog

 

 

皆さん、こんにちは。

先日ご案内したすごい良い生地の

『 Bower Roebuck 』のライトグレースラックスですが、

今日(4月26日(水))までですから!!!!!!

詳しくは4月17日のブログをご覧ください。

お伝えしましたよ!!

DRESSERS

1 / 1012345...10...最後 »
ページ先頭へ