DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

LIVERANO & LIVERANO

イタリア・フィレンツェの名店「LIVERANO&LIVERANO」。店主であるAntonio Liverano氏が生み出す芸術的なフィレンツェスタイルは、世界中のファッション愛好家を虜にしている。フィレンツェという街の歴史・文化から生み出される“中庸の美”はいつの時代に着ても紳士的でエレガントである。優雅で気品のあるリヴェラーノスタイルを愛媛からお届けします。

ネイビージャケット  by  LIVERANO&LIVERANO

2019.06.26

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆さん、こんにちは。

世界最高峰のテーラー、イタリアのAntonioLiverano(アントニオリヴェラーノ)氏

による、プレタポルテラインの「万能ネイビージャケット」をご紹介します。

コチラです。

ネイビージャケットは万国共通の絶対的なアイテムです。

これ一つあれば、どんなシーンでも着こなしを変えるだけで

通用しますし、安心です。

LIVERANO&LIVERANOはイタリアのフィレンツェでテーラーを中心に

様々な既製品を展開し、テーラー界の生きる伝説としてファッション

愛好家のなかでは知らぬ者はいない存在です。

日本でも雑誌等に多く取り上げられるのでご存知の方も多いかと思います。

DRESSERSでは、LIVERANO&LIVERANOのプレタポルテを展開しています。

今回ご紹介するもの以外にも、ネクタイやポケットチーフ、ストールなど

様々なアイテムがあります。またポロシャツやデニムなどのカジュアルな

アイテムも様々にご用意しております。

 

このタグが付いたものを着ると、”世界一のものを着る感覚”になり

高揚感と優越感を味わえます。

男らしい立体的な勇ましいフォルムと、袖を通した瞬間、まるで

着ていないような着心地と軽さを体感できます。

今回ご紹介するネイビージャケットは、LIVERANO&LIVERANOでも

定番として存在するものなので、年間を通して様々なシーンで

着ていただけます。

10年、20年と、じっくりと自分のものにしていく、長い付き合いが出来る

ジャケットです。生涯の1着として特別なジャケットを是非ご愛用いただきたい

と思います。

皆様の生活が、このジャケットで少しでもハッピーになることを

祈っています。ぜひお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ネイビージャケット 』

■PRICE : ¥394,200-

■SIZE : 48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

愛媛県松山市千舟町4-1-11

089-933-5910

matsuyama@dressers-jyd.com

 

 

LIVERANO&LIVERANO新作ストール

2019.06.21

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆様、こんばんは。

帰国してから、沢山のお客様にご来店いただきありがとうございます。

LIVERANO&LIVERANOの新作ストールの紹介です。

コチラ!

なんて美しいんでしょ!

ターコイズとオレンジとピンク。

首元にあるだけで、全体を50%増しにしてくれます!

極上の肌触りの薄くてサラサラのウールに、シルクを混紡してる

素晴らしい生地です。

この生地感は、あまり春夏秋冬無いものなので、

年間通して様々なシーンに使えるものです。

女性がしてもとても素敵ですよ。

こういうのをサラッとしてる女性はセンスあるな、素敵だなと思います。

ぜひこの機会にLIVERANO&LIVERANOのストールをどうぞ。

お楽しみください。

■LIVERANO&LIVERANO スートール 各 :¥38,880-

DRESSERS

LIVERANO&LIVERANO 新作ネクタイ

2019.06.20

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆さん、こんばんは。

LIVERANO&LIVERANOのネクタイ新作が入りました。

コチラ!

どれも定番っぽいけど、一味違いVゾーンを美しく面白く演出してくれる

3種です。

この”普通なようで普通じゃない”この感覚がとても素敵です。

まずコチラ①

ネイビー地に大きなサックスのドット。

実はよく見るとドットの周りをグレーで囲んでる!

これで、

・ネイビー

・グレー

・サックスブルー

というドレススタイルの3色の神器が完成してるってこと。

だから一見大柄でインパクトありそうだけど、実は

ネイビー系スーツのコーディネートに入れたらあら不思議!

「何だかあの人素敵!!」ってなるってことです。

コレは春夏でも秋冬でも、いつでもネイビー系コーディネートには

かなり重宝しますよ!!

続いてコチラ②

ブラック×白ドット

コレは潔くダンディー。

コレはグレーフランネルのスーツ(色柄問わず)を持ってる方、

もしくは今から持つ予定の方に、是非コレをしてほしい。

プリントツイルのブラック地に白ドット。

 

これがフランネルスーツの中に入ったら、そしてもちろん黒靴で!

めちゃくちゃダンディ―。

もし3ピースだったら200点、もちろん2ピースでも150点!!

最後にコチラ③

ネイビー×ネイビーレジメンタル

シンプルがゆえに、織りにこだわった一本。

ネイビジャケットには1000点の相性!!

またネイビーフラノや、ドーメルスポーテックス系のしっかりした

生地のスーツなんかに、このネクタイ合わせたら、かなりダンディ―。

ネクタイするシーズンになって検討したらないやつ(そういうことよくある)

(ファッションは常に先物買い!!)

以上の素晴らしい3種。

是非どうぞ!!!

*もちろん超極少です!!

■LIVERANO&LIVERANOネクタイ 各 :¥24,948-

DRESSERS

 

FIRENZE出張

2019.06.20

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆様、こんばんは。

長い出張から帰ってまいりました。

長らくお店お休みしてしまいご迷惑をおかけしました。

今回もFIRENZEに行ってまいりました。

 

いつも以上の気温で、40度近い日もあり、なかなか体力的に

しんどい出張となりました。

しかしFIRENZEはいつもどの角度から見ても美しく、

もう10回以上は行ってると思うのですが、毎回感動します。

 

 

景色の写真を撮るのに、目をつぶって適当にシャッター押しても

大概美しい景色が取れてるのがFIRENZE。

この景観を何百年も大事にして、今生きてる人も、何百年前の人も

ともに「美しい」と思えるという感覚はやはり素晴らしいと思います。

そんなことを考えていると、いつかAntonioLiverano氏がおっしゃった

「美しいものはいつの時代も美しいものなんだ」

というお言葉を思い出します。

 

今回は久しぶりに「PITTI UOMO」に行ってきました。

久々に行くと、面白い一方、昔とは何だか様変わりしたピッティに

少し驚きました。

なんと言うか、、昔より活気がないというか、、

周りから聞いてはいましたが、だから行っていなかったというのもありますが、

実際に行ってみて、なんだか人は少ないし(昔より)、

コスプレイヤーたちの、写真撮られたいアマチュア集団たちばかりで

昔のような格式高い、選ばれしものだけが入れるあの緊張感が

どこにも無かった。

日本の一部のセレクトショップや百貨店などの、世界でも稀に見る

巨大企業アパレルのための展示会になっている感じ。

とは言え、沢山の人がお洒落を競い合ってる感じは何だか面白かったです。

時代は変わっている、動いているのが面白かったですね。

イタリア人系の本国の方々は、一切と言っていいほどネクタイしてない、

何だったらジャケットも着てない。ポロシャツとコットンパンツなどの

カジュアルをトレンド感満載で着てる感じばかりなのに対して、

アジア圏の香港、中国、韓国等の方々は、20年前を思わせる

クラシックなタイドアップスタイルのスーチングで決めてる感じ。

何が今面白いかが、国の発展事情とリンクして、同じ線路の上を

走ってる感じが、なんだかとても面白かったです。

日本のカジュアルブランドがたくさん至るところに出店してるのも

昔と違う感じで面白かったです。同じ線路の上を行ってるとしたら、

10年後にはアジア圏のブランドがたくさん出店することになるのでしょう。

PITTIの後は、LIVERANO&LIVERANOでお仕事。

中日にはLIVERANO&LIVERANOで夜のパーテイーもあり、

たくさんの方とお会いできてよかったです。

毎度のFIRENZE出張ですが、実際には、半年後、一年後のことを

色々と仕事しに行くので、すぐにどうのこうのということではないのですが

(これがアパレル業界)今回もとても充実した内容で出来てると思います。

*なんか写真がいつも昼間のような写真ばかりですが、

たいていの写真は、20:00(夜8:00)くらいの写真です(笑)

夜9時くらいまで明るいので、なんだか体の感覚がおかしくなってしまいます。

今回はいつも以上にAntonioさんと一緒にいる時間が多く、

長い時間ミーテイングしたり、お話をお伺いしたりすることが出来ました。

お店閉店後も時間ある限り色々とお話しをさせていただき、

最後にお決まりの写真をパチリ。

今後もDRESSERSのフィルターを通して、LIVERANO&LIVERANO

をご提案させていただきたいと思います。

簡単ではありますが、イタリア出張の話しでした。

DRESSERS

 

アーカイブ

ページ先頭へ