DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

 FOXBROTHERS の GOLDEN FOX

2019.01.23

blog

皆さん、こんばんは。

ひとつ前のブログの続き。

1着づつだけなので、

他にもオススメお伝えします。

条件はひとつ前のブログで書いたのと同じです。

こちらは

『 ブラウン×ピンストライプ 』

春夏にブラウンスーツを着るって、かなりかっこいい着こなしです。

何故かと言うと、生地クォリティとスーツ自体の造りのクォリティが

良くければ確実にかっこよくなるからです。

(裏を返せば、そうでないものは全く持ってみすぼらしく見えるってこと)

これだったらかっこよくなる。

春夏のブラウンスーツは絶対オススメです!

これも良いですよ~~

『 ライトグレーに、分からないくらいのストライプ 』

英国っぽいですね~。もう無地なのに、実はブルーのピンストが入ってるっていう。

でも意外とこれが着こなしに関係してくるんです。

ただのグレー無地のスーツを着るより、各段に雰囲気が違ってカッコいいんです。

もう分からないじゃん!ってくらいに控えめに入ってるのが良いですね~。

シンプル。素晴らしい!

でこれも良いです『 グレー×ブルーピンスト 』

ピンストのピッチと、入り方が秀逸です。

たぶん、これ着られる方は「圧倒的」にかっこよくなります。

コレはテクニックとか何もいりません。

他のアイテムはただただ定番を合わせるだけ。このスーツを着るだけ。

コレはほんと秀逸です!

こんなブラウンにも行ける方はチャレンジしてほしい!

『 濃いブラウン×濃いチェック 』

決して普通じゃないです。でも普通は面白くないでしょ。

ファッションです。ファッション。

ピンときた方!その心の動き、感情に従ってください。

理屈はあとから付いてきます。まずは心が動くかどうか。

最後のこれも最高

『 グレーシャドーチェック 』

よく見るやつジャン!って感じで捉えてもらうと失礼しちゃう。

そこだよねそこ!っていう色目の絶妙な濃淡バランスはさすが!

Douglas さんのセンスが活きます!!

素晴らしい!!

以上おススメを紹介しました。

ひとつ前のブログと同じ条件です。

どれも1着だけのお受け出来る価格です。

被らなくていいでしょ!

是非この機会に最高峰のFOXBROTHERS春夏生地を着てください!!

DRESSERS

 

『 GOLDEN FOX 』 FOXBROTHERS 英国最高峰の春夏スーツ

2019.01.23

blog

皆さん、こんばんは。

来ましたね!良いのが!!

英国最高峰の『 FOXBROTHERS 』から、これまた最高峰の

『 GOLDEN FOX 』シリーズが!!!

自分でゴールデンっていうくらいですから、やはり最高の最高なんです。

FOXBROTHERSと言えば、一般的常識として「フランネル」が

頭に思い浮かぶと思います。

もちろん代名詞的存在で、着る者を裏切らない最高の定番です。

で、実はFOXBROTHERSが作る「春夏ものの平織生地」も

とんでもなく上質と言うのは業界の中でも有名な話。

ただ、あまりにもフランネルが有名で、陰に隠れてますが

我々の中では「サイコウだよね」と言うのが常識になっています。

やはり昨今のDouglas Cordeaux(ダグラスコルドー氏)の活動が素晴らしく

今回のようにこうして、ファッション好きな一般エンドユーザーにも、

普通にご紹介できることが可能になってるんだと思います。

彼のセンスと、生地柄の編集能力で、一気に一般にメジャーになりました。

卓越したセンスと、時代の取り入れ方の上手さが、いい生地と

着る喜びを我々に与えてくれるのでしょう。

今回は、中でも秀逸な『 GOLDEN FOX 』から、2つ生地を紹介します。

こちらの2種です。

春夏でスーツ着ない方には無縁なスーツです。

でも着る方にはこのくらい着てほしい。

めちゃカッコいい!!

 

柄はスッゴイ大きいけど、実は繊細なチェックです。

ベージュのチェックと

ライトグレーのチェックです。

「ベージュのチェック」

触った感じは分からないと思いますが、ま~~サラッとしています。

で、実はすごく柔らかいんです。

英国最高峰と言うと、ガチガチのイメージがあるかもしれませんが、

そこは本当の意味での最高峰。

柔らかく、通気があって、サラサラしてて、

それでいて「超復元力」が高い!

さすがです。

ブラウンのスリッポンを合わせて着ても良いでしょう。

またサックスブルーのレギュラーカラーのシャツに、ブラウンやパープル地の

小紋タイをして、ダークブラウンのプレーントウで、白リネンチーフで

決めちゃってもかなりかっこいいです。

白シャツ着て、ダークブラウンソリッドのネクタイをして

ダークブラウンのプレーントウを履いて、ブラウン系シルク柄チーフを

してもかなりかっこいいですね。

 

この柄粋と色目はここのこのブックでしか無い!

こういうことなんですよね~~

ちょっとしたニュアンスがセンスあるかどうかって。

カッコいいわ~~。

で色違い

『 ライトグレーチェック 』

イイっすね~~

大きくうっすらブルーとブラウンのペーンが入ってるのがさすがですね~~。

黒靴で決めても良いし、茶靴でも良い。

ネイビー表革ドレスシューズを持ってる方は、

サックスシャツと、ネイビーソリッドタイで、フレンチ風に着こなしても

めちゃくちゃかっこいいですね。

これ着れる人幸せですよ。

GOLDEN FOX。

人が着てないものを着る。人が着てないから着る。

そんなファッションの原点的精神がやはり根源としてカッコいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FOXBROTHERS GOLDEN FOX スーツオーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥230,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥149,000- 』

(どちらも1着づつのみの価格)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))(「○○円券」使用不可)

(現金支払いの方は「¥140,000-」)

■期間 : 1月27日(日)まで!!

■出来上がり : 4月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

テンション上がる、春夏カジュアルシャツ オーダーFair

2019.01.20

blog

皆さん、こんばんは。

さて、春夏が近づいてますよ~~。

素敵な、本当に素敵なシャツ

紹介します!

一言「美しい!」

こちらの2つ。

ね!

いいでしょ!

美しいでしょ!

こちらはコットン+リネン(57%+43%)の最高のイタリア生地です。

やっぱり発色が美しすぎます!

これを”洗いざらし”で着るも良し、

パシッとアイロンかけて、リネンジャケットやシアサッカージャケットなんかと

爽やかにコーディネートしても良し。

見てください!

この「イエロー」最高でしょ!!

ボタンダウンにしても良いし、ホリゾンタルにしても良いし。

こんなきれいな「イエロー」は着るだけでテンション上がります!

白パンとの相性は抜群。

夏はショーツとも良いですね。

春夏ヴェストをお持ちの方は、その中とかもすごくキレイで良いですよ!

こっちもいいでしょ~~

『 ミントグリーン 』

こういう「美しい色」を着られるのって、「シャツの楽しみ方」ですよね~。

ライトベージュのコットンパンツにも白パンにも最高に合いますね。

ベージュジャケットやブルゾンの中とか最高ですね。

ただシャツ一枚で、袖を肘までまくって、さらりと着てるだけですごく素敵だと

思いますよ。素晴らしい!

この2つは上品ながら、テンションもバツグンに上げてくれる

素晴らしいシャツです!!

皆さん着てください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 美しいテンション上がる 春夏シャツ 』

■通常オーダー価格 : ¥24,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥18,000- 』!!!

(*2枚同時で 「¥33,000-」)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))(「○○円券」使用不可)

■期間 : 1月21日(月)~1月26日(土)

*1月22日(火)は店休になります。

■出来上がり : 3月上旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きオーダーお待ちしております!!

DRESSERS

 

これが着れれば一人前『 コットンリネン‐ドレスシャツ 』

2019.01.20

blog

皆さん、こんばんは。

シャツ。

一流のシャツ。

ドレスシャツの王様。

ネクタイちゃんとするシャツ。

『 コットン&リネン 』の最上級シャツ。

水色と白。

究極。

これを、ちゃんとアイロンかけて、普通に着れる人は、ファッションスーツの

達人です。

ネイビーかグレーの無地のモヘア混のスーツとか、上質の平織の無地スーツ

とかに、このシャツを合わせて、セッテピエゲのネクタイをきちっと

締めあげて、プレーントウのシューズで決める。チーフは無し。

するなら白無地リネンのみ。

そんな着こなしは、究極にかっこいいです。

スーツマイスターです。

その、シャツです。

この美しい水色のコットンリネン。

素晴らしい!

 

これを5枚持って毎日着たい。

そして白。

フォ―マルシーンでこれを着てたら、100点!

最上級の着こなし。

スーツに着る一番カッコいい無地シャツ。

着てみてください。

圧倒的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 コットンリネン タイドアップ用シャツ オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥27,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥20,000- 』

(*2枚同時で「¥36,000-」)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))(「○○円券」使用不可)

■期間 :1月21日(月)~1月26日(土)まで

*1月22日(火)は店休です。

■出来上がり : 3月上旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダーお待ちしております!

DRESSERS

 

超デモノ!!『 1着だけ 』

2019.01.20

blog

皆様、こんばんは。

現物。

出物。

来ました!

今日、さっき。

2ピーススーツでジャスト『 ¥100,000- 』!!!

HARRISONS。

FRONTIER。

今シーズンから23万円のやつ。

だから

出物。

コチラ!!

『 ライトネイビー×チェック 』

これ着れる人最高にかっこいい。

早い者勝ち。

冬以外の、春・夏・秋用。

1着だけ。

めちゃカッコいい。

1着だけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 超出物 ハリソンズ FRONTIER 』

■現物価格 : 『 ¥100,000- 』

(「現金支払い」のみ)(「○○円券使用不可」)

■1着(2ピース)のみ*早い者勝ち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

ネイビーシャークスキン 味比べ

2019.01.20

blog

皆さん、こんばんは。

DRESSERSは、シャークスキンとバーズアイのスーツを

よくおススメします。

おススメだからおススメします。

スーツの基本生地は「サージ」。左下から右上に向かって45度の綾目で

織られた生地のことを「サージ」と言います。

これが全ての基本です。

全てにおいて万能な90点を付けられる生地です。

そこに少しクセを付けて、ある部分はもっと欲しいから110点にして、

ある部分はそこまで要らないから80点にするということをしたのが

今回紹介するおススメの『 シャークスキン 』です。

シャークスキンは、右下から左上に向かって60度の綾目で織られた生地のこと

を言います。

サージに対して何をして癖をつけたかというと、

「強度を強くして」90点➡110点

「光りを抑えた 」90点➡80点

というものです。

言い方を変えると、「お仕事で着るスーツに適してるようにした」ということ。

何度も回数着るスーツなので強度が増えたほうが良い。

でもって式典で着るわけじゃないので、生地の光り加減は抑えた。

ということです。

それがシャークスキンです。

もう一つの「バーズアイ」は、

さらに先に進み、

「強度を強くした」90点➡120点

「光りを抑えた 」90点➡70点

というようになっています。

ただ、「光り」は「見た目のエレガンとさ」とイコールなので、

ビジネスシーンでちゃんと相手を考えて着る物としては

「シャークスキン」に軍配が上がるでしょう。

(*逆に社内だけで、特別外部の人に会う予定がない時は

「バーズアイ」のほうが向いてますね)

ということで、

今回は「シャークスキン」のいいやつを味比べしていただこうと、

最強の英国生地の2種でご紹介します。

こちらの2種。

 

*先にお伝えしておきますが、ブログで生地写真をいつも載せますが、

正直写真じゃなんのこっちゃ分からないというのが現実です。

生地は生きもの。現物を目で見て、手で触って、判断するモノです。

そうじゃないと判断はできません。

DRESSERSはご来店いただくことを大前提としてブログを書いているので

写真に関しては「一応こんな「感じ」です」ってくらいのことで載せています。

まず右は、『 DUGDALE BROS&CO 』の生地です。

誰が着ても、美しく、凛として、第3者が見た時に上質感がそこはかとなく

伝わるような、そんなスーツが出来上がります。

こちらです。

質実剛健とエレガントを持ち合わせた素晴らしい生地です。

そして左は『 HARDY MINNIS 』というこれまた英国最高峰のメーカーで、

こちらは「ワラント」も持っています。

こちらはDUGDALEのと比べて、少しだけ明るいです。

英国製でSuper150’sで織られた極上の生地です。

「色気」と「軽さ」、そして「耐久性」を世界最高レベルで持ち合わせた

素晴らしい生地です。

良いものの条件は、着る者の心を豊かにするものです。

そのためにはあらゆる内部的必須要件が満たされないとなりません。

ご本人との相性、作りの品質、デザイン、素材の品質、頑張って買う価格、

他にもたくさんありますが、それらが全て重なって初めてその方にとって

「良いもの」になるのだと信じています。

今回ご紹介する生地は、まさにそういう生地なので、

ネイビーのフォーマルではなく、あくまで人と会うためのお仕事スーツである

『 シャークスキン 』の世界最高峰を身に纏って、自信とともに

スーツの着こなしを楽しんでいただければと思います。

オーダー価格はともに、「¥230,000-」となります。

ぜひお試しになってみてください。

DRESSERS

 

キタ~~~~~~~~~~~!!『 M.I.D.A. 』春夏M65型ブルゾン!!

2019.01.18

blog

皆様、こんばんは。

春夏の素敵な素敵なブルゾンが入荷しましたよ!!

こちらです!!!

『 M.I.D.A. 』のM65型ブルゾン!!です。

しかも今回は『 オレンジ 』です!!

この上品なやりすぎてないオレンジが、着る時の想像を掻き立て、

春夏+秋のシーズンが想像するだけでワクワクしたものになります。

もちろん、今回も手を抜かず、丁寧に丁寧に作られています。

お客の目をだます商品が多い現在、ここまで丁寧にまじめに

目に見えないところまでちゃんとこだわって作っているブルゾンは

滅多にないです。

すごく価値のあるブルゾンです。

ここまで丁寧にこだわって作り込んでいるので、通常なら10万円していいかもしれない

品質なのに、5万円を切る価格で販売されてることも、ここの魅力です。

着るとお分かりいただけますが、大人が着てカッコいいシルエットに

してあるんです。しかもダボつかず、スマートな印象で着られます。

それでいて、とても動きやすく、着心地が良いんです。

これもぱっと見で分からない、細部への細かいこだわりと、

妥協しない作りがそれらを実現しています。

それにしても、価格メリット、いわゆるコスパがとんでもないことに

なってるブルゾンです。

春先には、こんな感じで、爽やかにスマートにコーディネート

しても美しいですよ。

白デニムとオレンジというのはすごく清潔感のある着こなしになります。

また、

ネイビーデニムとは一緒に生まれたんじゃないか?と思うほどの

好相性です。

また、オレンジなので、秋口にも薄手のニットと合わせてコーディネート

したりすると、美しい大人の普段着スタイルが出来上がります。

ストールとセットで着ると、また雰囲気がグッと締まって素敵です。

DRESSERSではいつも展開は極少数でのみやるので、買えなかった方が

出てしまいますが、コレはDRESSERSの流儀ですのでご了承ください。

皆様の、普段着のワクワクと、大人の着こなしにもってこいです。

是非お早めに美しい「オレンジ」のM65をGETして春夏秋を楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A. M65型 オレンジ 』

価格 : ¥46,440-

SIZE : 44.46.48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひお楽しみください。

DRESSERS

 

 

「LESLESTON」の既成シャツ

2019.01.11

blog

皆さん、こんばんは。

さて、みなさんのファッション魂はやはりさすがとしか言いようがありません。

皆さんは本当にすごいです!

全国の中でも、こんなに魂熱い街はなかなか無いんじゃないでしょうか。

さて、ただいま開催中の各種FAIRですが、13日(日)までとなりますので、

是非この機会に、素晴らしい一級品をワードローブに取り入れて

ファッション楽しんでください。

LESLESTONのオーダーFairをやっていますが、皆さんの

魂は本当にすごいです。

オーダーモノの生地の中に無いやつで、

既成ですっげ~~カッコいいやつ入荷してきましたので

ご案内します。

コチラ!!!

WOW!!!!!!!!!!!!!!!

コットンリネンのサックスボタンダウンシャツです!!

ま~~~上等ですね。

世界最高の着心地とともに、かなり上質なコットンリネン素材。

で、この美しい色!!!!!

たまりませんね~~~。

ジャケットの中でもよし、一枚で袖まくって着るのも最高!

春夏はこればかり着るかもしれませんね!

上等なシャツは風格が違います。

見た瞬間「あ!これ良いね!!」ってなりますから。

で、着た瞬間「あ!やばいねコレ!」ってなりますから~~!!

極少ですのでお早めに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LESLESTON コットンリネンボタンダウンシャツ 』

■価格 : ¥27,000-

■SIZE : S(37)、M(39)、L(42)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

極少です!!

DRESSERS

 

 

 

キタ~!!!『 DUGDALE(ダグデイル) 』最高峰スーツオーダーFair

2019.01.11

blog

皆さん、こんにちは。

今日はとっておきの生地を紹介します。

Made in England の最高峰

『 DUGDALE BROS&CO 』(通称ダグデイル)です!!

DRESSERSでは今まで英国最高峰のHARRISONSを主にやってきました。

しかし、昨今のウール価格の高騰により、有名なブランドである生地は

軒並み半端ない価格になり、愛媛松山のファッション好きの皆様に

向けて小さくじっくりお一人お一人顔を合わせてご案内させていただいてる

DRESSERSとしては、「地に足の付いた最高級」というSHOPコンセプト

からかけ離れてしまうので、昨年末までに様々やったのを最後に、

もうFair等でやることはなくなりました。

で、なんの替えもなくそんなことをDRESSERSとしてはするわけもなく、

これを契機に、「さらに良いもの」をやっていこう!と考えて、

ハリソンズのように高貴的、貴族的有名メーカーではないですが、

「実力は負けず劣らず」(私個人としては上と思っている)の

生地メーカーをご用意しました。

上にも述べましたが、私個人的には上だと思っています。

一見ハリソンズのような派手さが無いので、目を引かないところはありますが、

(実際にハリソンズは赤いバンチに対して、DUGDALEは真っ黒)

実力は折り紙付きです。

私の尊敬するLIVERANO&LIVERANOもオーダー会には、

この真っ黒のバンチのまま、沢山のDUGDALEのバンチを

世界中に持って行き、その中から生地を選びオーダーを

受け付けています。

それだけ実力があるってことです。

一般的にはあまり知られていないメーカーだと思います。

何故ならテーラー向けの裏番長的な位置にずっといるからです。

生地バンチが棚の上にずら~~っと並んでるテーラーやさん

独特の光景はよくありますが、どうしても赤いブックに目が

行きますよね。黒いバンチは目立たないんで。。。

ある種シックでシャイ。

DUGDALEはメジャー系生地ブランドではないので、そこまで

値上がりしないので、さらにクォリティは同等もしくはそれ以上

なので、今回こうして皆様の厳しい目に堪えられて、

充分に満足していただけるDUGDALEをご用意しました!!

ブックの中のコレクションも、実力ぞろいで、派手さは無いので

「いかにも英国だな~」というコレクションに凝縮されています。

「なんですか?トレンド???いつの時代も正統はコレですから。」

としっかりとしたルール通りの「キホンのコレクション」になっています。

今回は、中でも絶対の頼りになる

『 ROYAL  CLASSIC VINTAGE 』というラインから

『 10生地限定 』で、

『 各1着づつ 』だけ

スペシャルプライスでご案内させていただきます。

そして、この機会に目立たないけど本当の実力者である

『 DUGDALE BROS&CO 』の生地でスーツをお楽しみください。

この生地の実力を是非知っていただくための「スペシャル企画」です!!

ぜひお楽しみください!!

まずはこちらの5種。

やっぱり「キホン」なんですよ。

まず、

①『 ネイビーミニヘリンボーン 』

やはりド直球です。

通年仕様生地ですが、日本では夏以外と言ったところでしょう。

Vゾーンコーディネートの幅も無限大で、10年見越せる素晴らしい

スーツになります。

 

次は

③ 『チャコールグレー バーズアイ』

これが結構究極。

コレは3ピースでもいいかもしれません。

特にビジネスにおけるスーツとしては、最も優秀です。

立体感、やわらかさ、復元力、長持ち、

どれをとっても、英国製生地の特徴を最大限生かせる最高峰です。

次は

④『 ネイビーシャークスキン 』

エレガントなビジネススーツには最も適しています。

黒髪の方は特に似合う色です。

ただただシンプルで上質なスーツに仕上がるので、

飽きずに年齢に応じて様々なコーディネートを楽しむことが出来る

一級品です。

さて、ここまで5種類の生地をご紹介してきました。

『 DUGDALE BROS&CO 』

どれも1着だけのスペシャルプライスでのご案内。

ぜひ英国生地の最高峰の、「最上の安定」のスーツを

体に合わせて立体的に美しく着てください。

今回ご紹介してる生地は、どれも「シンプルで上質」なものです。

いつの時代も変わらない美しさと曲線美。

最上質のクラッシックスタイルをオーダーでお作りになってください。

もう5種の生地はコチラ。

やはりどれも王道です。

次は

⑦『 ミディアムグレー 無地 』

フォーマルスーツを除く、全てのスーツシーンでのTOPに位置する

使いやすいスーツです。

一般的に「万能」とはこのカラーのスーツ。そして今回の

DUGDALEのこの生地だったら、ず~~~~~~~~~~~~っと

着られるので、やはり最高と言わざるを得ないでしょう。

次は

⑧『 チャコールグレー 無地 』

 

黒靴しか履かない、という方は是非このスーツを。

こちらは3ピースでもかっこ良いですね。

ストイックに自分のスタイルでスーツスタイル決めちゃってください。

次は

⑨『 ライトネイビー無地 』

普段スーツ着ないけど、一張羅が欲しい!という方にオススメ。

シンプルなネイビー無地スーツは、いつの時代も究極です。

以上10種の超おススメをご紹介しました。

それぞれ「1着のみ」のスペシャルプライスです。

英国最高峰の『 DUGDALE BROS&CO 』の生地で

正統派のキホンスタイルのスーツの王道をお楽しみくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DUGDALE スーツオーダー 限定10種(各1着)のみ 』

■通常オーダー価格 : ¥226,800-

■Fair限定SP価格 : 『 ¥105,000- 』!!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

(”現金支払い”の方は、『 ¥100,000- 』!!!!!)

(「○○円」使用の方は、¥50000-分券で使用できます。

残りの¥55,000-(¥50,000-)のお支払いのみでお受けできます)

■期間 : 1月11日(金)~1月13日(日)まで!!!!(3日間のみ)

■出来上がり : 4月~5月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非是非是非是非

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!

DRESSERS

山田

 

 

 

これぞクラッシック「マイクロストライプ」スーツ

2019.01.08

blog

皆さん、こんばんは。

これぞクラッシック。

こういうのをお伝えできる日が来ました!!

かなり極細のストライプが入ったネイビースーツ。

『 マイクロストライプ スーツ 』です!!!!

こういうの着られたことある方ほとんどいらっしゃらないんじゃないですかね?

こういうのって、やっぱりクラッシックスタイルの中でも、特に

イタリア系のゾーンにはテッパン系として存在するんです。

なんて言いましょうか、イタリアから見たイギリスクラッシック的解釈

とでも言いましょうか、これを白シャツとネイビー小紋タイで

シンプルに決めるんです!

極力シンプルに。

ネイビーでもブラウンでもグリーンでも、ネクタイは合いますが、

基本的に重たい色で合わせてください。

クラッシックに明るいカラーは要りません。

圧倒的にオシャレですよ。

で、じつはこれ、なんと「HUDDERSFIELD」製の最高峰の生地なんです!!

ハリと復元力が最高なのに、かなり柔らかくて軽い!!!

これって、ほんとクラッシックなんで、誰でも似合うっていうのも

良いんですよね。

スーツにおけるクラッシックとは「普遍的」と言う意味。

いつの世も変わらずカッコいいものをクラッシックと言います。

無地じゃないけどストライプでもないこの生地は、いいやつでしか

見ること出来ないし、クラッシックをちゃんと意識した生地ブランドしか

この色柄は入れてこない。

逆に言うと、いいやつでちゃんとクラッシック意識したコレクションには

いつも必ず入ってる。

何度も言うように、良いものをちゃんとシンプルにルール通り着れば

必ずスーツはかっこよくなるんです。

この生地はその最たる例です。

シーズン的には通年使用可能な生地です。

こういうのこそ着てる人を信用します。着てる人のセンスを信用します。

着てる人のチョイスを信用します。そういう生地です。

コレは「2着だけの限定」です。

早い者勝ちです。

ぜひ本当のクラッシックスーツを身に纏って楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Hudders Field マイクロストライプネイビースーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥210,000-

■2着限定SP価格  : 『 ¥105,000- 』!!!!

(現金支払いの方は『 ¥100,000-』

(「○○円券使用不可)

■期間 : 1月13日(日)まで!!!

*明日1月9日(水)は店休です

■出来上がり : 4月以降

*もしよければ、今までの造りをグレードアップした

新しいDRESSERSモデルが3~4月に出来上がるので、

そちらで採寸されてお作りいただくのもいいかもしれません。

その際は、そこから2か月後くらいの出来上がりになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!

DRESSERS

物質的価値と人の価値

2019.01.08

blog

物の価値って何だろう?

物は物体に過ぎない。物質に過ぎない。

それを人が人に手渡す時に価値が生まれないと人がいる意味がない 。

だから今通販中心に人が入らないというシステムがどんどん広がっている。

本当に人はいらないのか?

いらないんだろう。

物質だけを求めるものであれば、人はいらないだろう。

ロボットでいいんだけど、

人が介することで、

より楽しくなったり 、

よりワクワクしたり、

より知識が増したり、

より経験が増したり、

そういうことをすることができない人は いらないだろう。

だからそういう人に私はなりたい。

まだまだまだまだ精進が足らない。

そういう人になれるように、まだまだ修行が足りない。

DRESSERS

2019.01.08

blog

店主の思い付きコラム

皆さん、こんにちは。

商品紹介ではありません。

ご興味ない方はスルーしてください。

DRESSERSでは、ここ数年ご新規でのお客様がありがたいことに非常に多く、

たくさんのファッション魂をお持ちの方が、愛媛の片田舎の小さなお店を

ホームページやインスタグラム等で見つけていただき、

ご来店いただいております。

とても嬉しく、光栄に思います。まだまだ未熟なお店ですが、

これからも小さく、お客様お一人お一人に目の届く範囲で

精進してまいりたいと思います。

初めてご来店いただく皆様からお話をお伺いしておりますと、

なかなかお店にくるのに勇気が要ったという共通な思いを皆さま

お持ちのようです(笑)(って、意識持って店主が入りづらいお店に

してるので、それでOKなのですが。。)

その一番の要因が、販売してるものの中心価格帯が分からないと

言うことでした。

確かに、言われてみればブログ内でFairのことを中心に載せてることが

多いので、アイテム毎にまちまちです。全体の中心価格帯が確かに

分からないようになっていますね。

と言いますのも、お店のお客様は半分半分50%50%で、きれいに

分かれているので、ブログには割引の商品ばかり載っている形に

なってるので中心価格が分からないのもむりありません。

お客様の半分は正規価格でのいわゆるプロパーでお買い上げしていただく方と、

半分はFair等の割引価格でお買い上げしていただく方と、半分半分くらい

なのです。

どうしても割引モノや期間の限定されるイベント系ばかりブログで

お知らせする傾向になってしまうので、全体の中心価格帯がいまいち

わからず不安にさせてしまったのが大きいと思います。

因みに、なんとなくですが、時期やシーズンによって変動はしますが

一応の目安的ではありますが、下記がDRESSERSの中心価格帯です。

シャツ(既成)  ¥13,000-~ (中心価格帯¥15,000-)

シャツ(オーダー)¥15,000-~ (中心価格帯¥18,000-)

スーツ(既成)  ¥100,000-~ (中心価格帯¥120,000-)

スーツ(オーダー)¥138,000-~(中心価格帯¥160,000-)

ネクタイ(既成) ¥15,000-~  (中心価格帯¥19,000-)

コート(既成)  ¥90,000-~ (中心価格帯¥130,000-)

コート(オーダー)  ¥150,000-~ (中心価格帯¥190,000-)

上記はDRESSERSオリジナル商品の価格帯です。

インポート物や別注商品なのは、価格帯はシーズン毎にそれぞれです。

一応のDRESSERSの価格帯をお伝えしておきました。

もちろんあくまで目安でしかないですが、一応の参考までに。

因みにDRESSERSでのオーダースーツご注文に関しては

価格帯は¥210,000-のシリーズがやはり人気です。

シャツはLESLESTONのオーダーシャツ(¥40,000-~)がやはり人気です。

ネクタイはAttoVannnucci(¥30,000-~)がやはり人気です。

ジャケットではナポリの工房に作ってもらうもの(¥302,400-~)が

やはり人気です。

この春夏からは、Made in Italy のDRESSERSシャツも展開する予定です。

ブログ内ではご紹介できないことが70%ある感じのお店なので

ぜひお店に足を運んでいただければ嬉しいです。

今後ともどうぞDRESSERSをよろしくお願いいたします。

DRESSERS

 

春夏に向けて「ベージュコットンスーツ」オーダーFair

2019.01.08

blog

皆さん、こんにちは。

春夏に着る、コットンスーツは、やはり定番でカッコいいです。

中でもライトベージュのコットンスーツを着てる方は

「分かってらっしゃる方だな」と思います。

今回素晴らしい生地がFair価格で御案内出来るので、

ぜひコレでコットンスーツ着てほしい!!!

『 DUGDALE (ダグデイル) 』のコットン!!

時代はDUGDALEです。

英国最高峰のクラッシック界の王者。

世界中のテーラー、誰もがその実力を高く評価する

英国一の実力者。

派手さはないが、そんなの要らない。

品質だけで勝負です。

有名無名関係ない。品質だけは誰にも譲らない。

それが「DUGDALE(ダグデイル)」です!!

このコットンの表面感の触りは他とは一線を画すクォリティ。

目の詰まりと、上品なきめ細かい繊細さを持ち合わせているのに

コットン本来の耐久性と、繊維の膨らみを持っている。

このライトベージュのコットンは、他に類を見ない

「上品」と「上質」を兼ね備えた究極的逸品です。

コットンスーツは、セットアップで捉えられることが多いです。

もちろん単品ジャケット、単品スラックスとして大活躍します。

この生地は、上品ですので、

コットンジャケットに、グレーウールトロピカルスラックスという

大人の組み合わせも清涼感と上質感があって、とっても素敵です。

また、表革のブラウンスリッポンと、ベージュのウール

(+シルクやリネン)のジャケットとコットンスラックス

という合わせ方も、かなり上質でおとなです。

このコットンをご紹介できる喜びと、また、DRESSERSモデルで

誰かに着ていただく喜び。Wで一番うれしいです。

こういう「上品」で「上質」な素材やスタイルこそ、

DRESSERSが求めるものであり、ご提案したいものなのです。

身に付ける喜びと、心の高揚こそ、ファッションの醍醐味。

新たな着こなしやコーディネート、組み合わせが、日常に少し

華やかな彩りと、生活のハッピーを与えてくれる。

それがファッション。

今回の「ライトベージュのコットンスーツ」は

まさにその感覚を味わえる、謳歌できるアイテムです。

自分の体に合った、美しいラインを描く「ライトベージュコットンスーツ」

は春夏シーズンのファッションを何倍も楽しいものにしてくれる

魔法のスーツになります。

是非このタイミングで(1週間しかありませんが)、

「ライトベージュコットンスーツ」を楽しんでいただければ幸いです。

皆様の熱きファッション魂お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DUGDALE(ダグデイル)ライトベージュコットンスーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥216,000-

■Fairオーダー価格 : 『 ¥119,000- 』!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 : 1月8日(火)~1月13日(日)まで

*1月9日(水)は店休になります

■出来上がり : 4月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きオーダーお待ちしております。

DRESSERS

 

「美しいオーダーシャツ」DRESSERSこだわりの自信作

2019.01.07

blog

皆さん、こんばんは。

今日は、「美しいシャツ」のオーダーFairのお知らせです。

やはり「良いシャツ」というのはコットン品質が素晴らしいです。

中でも、肌触りが最高で、しかも「持ちが良い」ことを

重視して生地をおススメしています。

素晴らしい生地を5種ご案内します。

まずはコチラの3種

『 白ツイル無地 』

『 ライトグレーシャドーグレンチェック 』

『 茄子紺大柄チェック 』

まず『 白ツイル無地 』。

もし、万が一、この生地でDRESSERSでオーダーされたことない方

いらっしゃいましたら、絶対におススメします。2~3枚は持っておいてください。

コレはもうず~~~~~~~~~~~~~~~~~~っとDRESSERSで

定番でやってる生地です。

何枚、いや、何年越しで何十枚のリピーターの方もいらっしゃいます。

「もう白シャツはこれで良い」という方が多数。

実際に私もそう思います。

これが良いんです。

この機会にまとめてどうぞ。

『 ライトグレーシャドーグレンチェック 』

これも私も着てますが、良いんですよね~~。

このコーディネートは真っ白じゃないんだよね~~って時、

ストライプくらいしか選択がどうしても無いのではないでしょうか?

白で良いんだけど、でも真っ白じゃ正装すぎるんだよね~~。

でも水色やストライプはまたこれはコレで違うんだよね~~

ってこと、お洒落さんなら一度や二度じゃないはず。

そんな時に、このライトグレーがはまってくれるんです!!

私が店頭で着ていて、今のところ気づいた方はいません。

そのくらい自然です。

チェックという名前を書いていますが、ほぼわかりません。

デニムなどの王道カジュアルにも使えるので、かなり便利です。

そして『 茄子紺大柄チェック 』

このなんとも言えぬ美しい茄子紺がいいんです。

優等生感を醸し出しながら、チェックの大きさでお洒落感も

ちゃんと出してくる感じ。

ニットやジャケットのインナーとしても活躍するし、

一枚で着てても素晴らしい美しいシャツです。

上質な生地で着るからカッコいいんです。

カジュアルな粗野感のある生地で着てると、ただの中学生です。。

前立て無しで、ポケット無しで、ホリゾンタルで、

ドレスシャツ仕様で着るからかっこいいんです。

持ってない方は是非お試しください。

普段着はこのシャツの着用回数がすごく多くなりますよ。

さて次は、こちらの2つ。

いいでしょ~~。美しいでしょ~~。

ピンクと赤のストライプです。

『 ピンクストライプ 』

皆さん、もう結構普段着に茶靴をきれいに履くことを出来るように

なってる方がほとんどだともいます。

そしたら、シャツを「ピンク」に変えましょう。

無地よりストライプのほうが、カジュアルシーンでは「

大人の上品さ」がカジュアルで表現できるのですごく重要です。

白デニムはもちろん、ベージュコットンスラックスも最高ですね。

キレイな茶靴をカジュアルで履ける人が出来るお洒落。

ピンクストライプは必須です。特にこの生地は生地の質感、

ピンクの色目ともに最高です。

お試しになってみてください。

『 赤ストライプ 』

こちらも同様、カジュアルできれいな茶靴を履かれる方には

やはりおススメです。

先ほどのピンクストライプと少し違うところは、この「赤ストライプ」は

同じ茶靴でも、オールデンに代表されるような、少し丸みを帯びた、

すこしボテッとしたフォルムの茶靴によく合います。

例えばですが、靴のフォルムによって印象が変わるので

FERRANTEだったら、ピンクストライプ。

ALDENだったら、赤ストライプ。

(もちろんいろんなシューズがありますが、分かりやすいかと思い。。)

みたいな感じでコーディネートすると、きれいにコーディネートできます。

ピンクの方は襟はホリゾンタル、赤の方は襟はボタンダウン(少し台襟高め)

で着分けられると、すごくはまりますよ。

以上、こだわりのとっておき5種をご紹介しました。

ぜひこの機会に素敵なシャツを着て楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 美しいシャツ 5種 オーダー FAIR 』

■通常オーダー価格 :

1枚 :  ¥30,240-

■Fairオーダー価格

1枚で :「 ¥24,000-」

2枚で :「 ¥46,000-」

3枚で :「 ¥59,000-」

4枚で :「 ¥70,000-」

5枚で :「 ¥84,000-」

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 : 1月13日(日)まで

■出来上がり : 2月末~3月頭

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

皆様のオーダー心よりお待ちしております!!

DRESSERS

 

 

春夏に着る大人のお洒落スーツ

2019.01.05

blog

皆さん、こんにちは。

先に、お知らせ

明日、1月6日(日)は、店休とさせていただきます。

さて、年が明け、頭に思い描くフッションは、春夏シーズンです。

去年の夏は、暑かったですね~~。

漢字で書くと、暑かったというより、熱かったと書く方が

正しい感じの気がするくらい、熱かった。

おそらく今年も、いや、年々気温は高くなっていくのでしょう。

昔の偉人が面白いことを言っていました。

「温暖化、温暖化と言ってるが、何もわめくことはねぇ。

人間、寒いより暑い方が良いに決まってる」と。

なかなか頓智の効いた面白いことをいうなと思いましたが、

その発言をしたのは30年以上前。

まさかここまで暑くなるとは想像もしてなかったでしょう。

着こなしもやはり変わってきて当然だと思います。

暑い中だからこそ、映えるカラーや、楽しい素材感っていうのが

やはり違ってくるものだと思います。

今回紹介するのは、春と、一部夏に着る、大人の清涼スーツです。

コチラ

ただし、お堅いビジネススーツとしてはもはや捉えてません!

ある種の「ラク着」、ある種の「ジャージ」、

そんな視点で捉えています。

ネクタイなんかしなくても、「かっこ付く」、

かっこつけてかっこよく着るんじゃなくて、

「着ればひとまず『かっこ付く』」っていうもの。

そういう「ラク」なアイテムのほうが、暑い日本では向いてる気がしますね。

スーツというのは元来「ラウンジスーツ」が正式な名前で、

ラウンジという言葉が略されて、今は「スーツ」と言ってるわけですが、

その”ラウンジ”って言葉が表す通り、本来は「くつろぐ」ための

ウエアなんです。

ユニクロでもなんでも、スエット上下のセットをパックに入って

売ってますよね。部屋着にしてる方も多いんじゃないでしょうか。

スエットも言ってみれば「スーツ」なんです。

要は、上と、下が、「共地」で着るアイテムのことを「スーツ」という

ので、スエットもジャージも、いわゆる襟の付いたスーツも、

実は何も変わりはしないっていうのが本来のところなんですね。

襟が付いてるかどうか。

それだけが重要なんです。

襟っていうのは、合う相手に「敬意」や「礼意」を表すディテールなので、

だから、外に出る時に、誰かと会うときに襟のあるスーツを着るんです。

何だか分からないけど、これ着て出たら「格好が付く」っていうのって

かなりの便利品ということがお分かりいただけたかと思います。

そんなこんなで、今回ご紹介するのが

『 ライトブルー 平織り 無地 』の生地です。

コチラ。

なかなか明るいブルーです。

気温とともに、着るカラーも、重い色から軽い色に変化させていくべき。

下の写真が、普通のネイビーと、今回紹介してる明るいブルーです。

割と明るいでしょ。

でも、グレー糸が入ってるので、いわゆる、日焼けバッチリの黒々してる

イタリア人が着るぶっ飛んだ明るいブルーではなく、あくまで日本人の

肌の色に合う、上品さをキープしながらの明るいブルーです。

これを、ジャケットは肩周りが軽い、極力芯を使わない、

柔らかくて軽い、ある種のシャツジャケットのような仕立てで着て、

パンツは、ノータックのちょっと細身で、丈ちょっと短めで仕上げて

着ると、清涼感もあって、しかも着るだけでお洒落で、

いろんな意味で「ラク」なスーツになります。

堅苦しいビジネススーツとは確実に一線を画す、スーツです。

勘の良い方はお分かりだと思いますが、ジャケットはジャケット、

パンツはパンツで単品使いできるっていうのもかなりの利点です。

白のコットンパンツに、このジャケット着て、ピンクや水色の

リネンシャツを着る。それだけで、もう爽やか。清涼ばっちり。

例えばパンツなら、白やネイビーのポロシャツ着るだけで

バッチリ。ブルー無地やブルー×白ストライプのシャツを

袖まくって着るだけでもカッコいい。

かなり便利な「ラク」スーツってことですね。

ネクタイしなきゃならない環境になった時は、

潔くネイビー無地ネクタイをサッとするだけで、決まっちゃいます。

ネクタイしても見た目の清涼感持たしたい方は、白ベースの

白×ネイビー(ブルー)の小紋のネクタイをしてください。

で、胸元には白のリネンのチーフを少し多めに出し気味で。

なかなか、「ラク」に着てかっこ付くスーツのカラーと、軽さを

持ち合わせた生地って結構無いんです。

この生地は、軽さもカラーも抜群です。

これ一着もってたら「ラク」ですよ~~

ぜひ提案に乗っていただけたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 明るいブルー 春夏清涼 スーツ 』

■価格 : ¥105,840-

■出来上がり : オーダーから約90日後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

大人お洒落のシャツ「MONTASARO」のライトグレー無地シャツ

2019.01.04

blog

皆さん、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

明日(1月5日)は、14:00~のOPENとなります。

また、明後日、1月6日(日)は、店休とさせていただきます。

さて、先日ナポリのシャツの「職人芸」のスーパーライトピンクの

シャツをご紹介しました。皆様のファッション魂はスゴイ。

そして本物は伝わるってこと。心が動くモノはやはり本物です。

で、今日は、”実はこういうのもあるんです!”っていう

大人にふさわしいかっこいいMONTASAROのシャツがあるので

ご紹介します。

これなんです!

『 ライトグレー無地 』のシャツです!!!

もちろんこの前のブログでお伝えしたのと同じで

(*数日前のブログチェックしていただけたら嬉しいです。)

ナポリの手縫いの「本物」のシャツです。

「ライトグレーの無地」なんて、かっこよすぎでしょ!!

グレースラックスって、合わないものはないのは皆様なら

お分かりいただけると思います。

グレーって紳士服の中での立ち位置はそういうことなんです。

それをシャツでコーディネートするってことです。

めちゃくちゃ大人でカッコいいんですよ~~

白いパンツにコーディネートすると、もうそれだけでかなり

大人でカッコいいです。

グレー無地って「良いもの」は、絶対かっこよくなるんです。

でも、、、

グレーシャツがカッコいいからって、「モノが良くないと逆効果」

かなりやばい出来上がりになってしまうんです。。。残念!

だからグレーシャツは「良いもの」じゃないと。

もちろんですが、

今回ご案内するシャツは「良いもの」です。

ネイビージャケット、グレージャケット持ってらっしゃる方は是非。

また、デニム履いて、このグレーシャツ着て、65M的ネイビーブルゾンを

着るだけです¥、かなりおしゃれな大人のカジュアルが出来ます。

靴は茶靴でも黒靴でもOKです。

ストイックな方は、グレースーツにノータイでこのシャツを合わせてください。

誰もしてないけど、それは誰も出来ないから。

このシャツだったら出来ますよ。

こんないいシャツなかなか無いんですよね。

それでライトグレー無地なんて、かっこよすぎ。

 

是非、「本物」の大人のシャツを着て、目立たないけど、心は激高揚する

シャツを着て、ファッション楽しんでください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 MONTASARO グレー無地 シャツ 』

■価格 : ¥38,800-

■SIZE : 38(S),40(M)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

キホンのスラックスです。何かと便利など真ん中。

2019.01.02

blog

みなさん、こんばんは。

さて、DRESSERSではオリジナルの商品を展開してますが、

オリジナル商品とは、『オーナーやブランドの、これまでの経験を

元に、独自の美学と価値観を形にしたもの』と考えています。

だからこそ「オリジナル」というんだ、と思っています。

経験や価値観は通ってきた道が違えば、みな違うもの。

だからこそ生まれる「オリジナル」「自意識」「自分の美学」

=「何を良いとするか」ということが確立され、形になったものこそ

「オリジナル」だと思います。

余談ですが、巷にあふれるショップオリジナル商品とか、

なんだか自分の美学や経験など微塵も感じない、

マーケテイングで生まれた、どこもかしこも同じような

利益率の半端ない高い商品のことをオリジナル商品とか

言ってるので、どうしてもその語力の力に引っ張られそうですが、

本来の「オリジナル」とは、私は違うと思っています。

なので、ドレッサーズのオリジナル商品は、細部に至るまで

DRESSERSの、また山田のこだわりが詰まりまくった商品に

しています。

今回紹介するのは「グレーウールサージスラックス」です。

 

一見ただのどこにでもあるウールスラックスに見えると思います。

というかこれ見て違いが分かる人は、相当通です。もしくは玄人です。

ノータックの何でもないグレースラックスですが、

例えば、下の写真はポケット横辺りを写したものです。

 

 

一直線にプクッと膨らみがあるのがお分かりいただけるでしょうか?

コレは何の膨らみかと言いますと、

お尻部分~フロントの横一線丸全体のゆがみです。

ゆがみってなに??ってことですが、

人間の体は、断面図にすると、その部分は真ん丸ではなく、多少

横に楕円になってるんです。

そして、欧米人に比べて、日本人はお尻が突き出ていないので、

余計に楕円形が横長になってるんです。

だからちゃんと日本人にあわせた楕円にしてあげて、

立体的にして体にフィットさせてあげることで、そこから下に降りる

シルエットがとっても美しくなるんです。

しかも、楕円がフィットしてると、余計な生地の引っ張りがないため、

痛むのが極端に遅く、結果として長持ちするってことなんです。

写真はたたんで平台に置いた写真なんですが、

もともと超立体なので、たたむ(=平面にする)ことが難しく、

たたんだら、あの側面に、プクッと膨らみが残るというわけです。

ウールの質にもこだわっています。

どうしてもパンツは遅かれ早かれ劣化します。

やはりジャケットと違い、伸びや曲げをかなりするので

致し方ないのですが、でも極力長持ちさせた方が良いと思うので、

目は詰まってるけど、軽く、そしてハリと膨らみがあり、

上質感が表現できるように適度な艶がある生地を厳選して

スラックスにしています。

色目に関しても、上にどんな色のアイテムが合わされても

全て90点で合うようにこだわりこのカラーにしています。

もちろん年間使用可能な生地ですので、季節を問わず履いていただけます。

他にも履いていただかないと分からない、シルエットや、

ラインのバランスのとり方、日本人的筋肉にある場所など、

様々なことにこだわって作り込んでおります。

ぜひ履かれたことない方は、お試しいただきたいです。

気に入っていただけたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERS オリジナルウールサージスラックス 』

■価格 :¥36,504-

■SIZE : 42、44、46

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

*2019年より営業時間が下記に変更になっております。

月~金 14:00~19:30

土・日 13:00~19:00

店休 : 不定休(店休の際は事前にブログにてご案内します)

 

芸術の域、ジャガードの美しいネクタイ

2019.01.02

blog

皆さん、こんにちは。

とっても素敵なネクタイをご紹介します。

美しいジャガードの芸術的ネクタイ。

こちら

なんて美しいんでしょう!

ジャガードとは、簡単に言うと、「織りで柄を表現した生地」という

ことが出来ます。

織り糸の色や細さや構成を緻密に計算して織られてるものですね。

日本の着物と言ったら分かりやすいでしょうか。

しかも劣化しないシルクでそれをやっているので、今回紹介する

ネクタイは、一生使えます。孫の代まで使えます。

もう一つの理由が、

このネクタイはセッテピエゲで有名なTIEYOURTIEのものだからです。

(コレは数年前のモノなので、良い時のTIEYOURTIEのネクタイです。)

セッテピエゲとはご存知だとは思いますが、芯地を一切使わず、

シルクの大判生地をクレープのように左右から巻いて作ったネクタイです。

芯地がないということはどういうことか?

「劣化しない」ということです。

しかも生地がジャガード織りで作られてるものは、丈夫でもあるので

さらに劣化しません。

なので一生ものということです。

今回ご紹介するネクタイは、色柄も素晴らしく、

合わせやすい中間色な優しいネイビーのネクタイです。

スーツにもジャケットにも合わせることが出来て、ネイビーにもグレーにも

写真のようにベージュやブラウン系のジャケットにも合わせられる

とっても上品なカラーです。

よく見ると黄色のドットが少しだけ入っているのもアクセントになって素敵です。

これも、ここまでうまく巻いて、縫えるのは、フィレンツェに

数人しかいません。いつかは芸術品として、ガラスの中で飾られるような

モノになるでしょう。

シルク素材でジャガードならではの緻密な柄粋と、

芯地を使用しないからこその劣化しないネクタイ、

そして世界に数人しかできない本物のセッテピエゲの作品

この3要素が詰まった芸術的ネクタイです。

ぜひ胸元を彩って楽しんでください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ジャガードセッテピエゲネクタイ TIEYOURTIE 』

■価格 :¥30,240-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

これぞ「職人芸」。イタリアナポリの手縫いシャツ

2019.01.02

blog

皆さん、こんにちは。

イタリア・ナポリの職人芸である、手縫いのシャツを紹介します。

素晴らしく美しい、「スーパーライトピンク」のコットンリネンシャツです!

まず、ただただ美しい。

ここまで上質なものだと、毎回着るたびに、心がワクワクする。

自分の所有物になり、着るたびに生地が柔らかくなって、自分のモノに

なっていく過程は、持った人だけが体験できる人生の喜び。

それを通したとき、理屈じゃない、「本物とは!?」をはだで

感じることの出来る、世界でも数少ないシャツメーカー。

体を包み、布を身に纏うという感覚が体全体を包み、着ていること自体が

心の喜びになるような、そんなシャツです。

ひと針ひと針手で縫われたシャツは、本来曲げられないコットン生地を

ゆっくりゆっくり立体にして、人間本来の立体の美しさに近づけていく。

余談だが、昔イタリア・ナポリに行って、シャツの工房で10人くらいの

おばちゃんたちが、ひと針ひと針シャツに糸を通しているのを、

作業してる横でじ~~~っとみてた時、なんとも言えぬ感動を覚えた。

足を組み、組んだ膝の上で、生地をひと針ひと針黙々と淡々とハリを

入れていく。すると段々と立体が出来てくる。

その地道な作業をじっと見てると、この人たちは一日ずっとこれを

やっていて、しかもひと針ひと針微妙に力加減を変えながら、

生地に合わせ、縫っている。一枚縫うのに、どれだけの技術と手間と

時間がかかるんだろう?そしてそれが輸出され、輸入され

様々な金額が付加されたのち日本の販売価格になった時、

4万円とかでしか価格が付いていない。。

正直このおばちゃんたちの技術は安すぎだ!と本当に思った。

工房には音がほとんどない。

なぜならミシンをほとんど使っていないから。

普通洋服の工房に行くと、すごく大きい声で話さないと聞こえないことが多い。

でも、無言で黙々とひと針ひと針生地に針を通してるので

音がない。

高いとみるか安いとみるかは、見る観点が違えば違うと思うが、

私は、安すぎだと思っている。

年々そういった「本物の技術」を持った、いわゆる職人の方々の

作品を自ら着用して楽しむという時代は終わるかもしれない。

職人がいないのだ。

これまた余談だが、「本物の」という言葉をよく使うが、それは

世の中、特に日本の世の中では偽物とは言わないが、売るためだけの

文言に消化され、実際の技術が伴っていないものがあまりにも多いからだ。

例えば「手縫い」や「ハンド」という言葉。

極端な話、例えば僕がシャツを手で縫っても、それは「手縫い」なのである。

さらに「ハンド○○箇所」で◇◇円!!なんてうたい文句もあるが、

それも同様、大した技術でもないのに、何か所手で縫ってますとかいうと

あたかもすごいことのように聞こえるが、もう一度言うが、僕が縫っても

「ハンド」なのである。

大事なことは、

「人間の体は”曲線”でしか構成されてないこと」。

「コットンは伸ばしたり縮めたりが出来ない素材だということ」。

「ミシンは直線しか縫えないということ」。

「体の曲線や動きに合わせたラインや空間は、手で糸を引っ張りながら

調整しながら曲線を作っていくしかできないということ」。

以上のようなことから、結果的に手で縫うことにより、

何を目的としているかというと、

『「着心地」と「スタイル」の高次元での両立』だ。

だから、それが伴っていないのに、ハンドが何か所とか、全く意味のない

情報であ~だのこ~だの言ってもしょうがない。

「着てみて良いかどうか」。それが全て。

下手な手縫いなら、しっかりミシンで縫っていて、いい生地を使った

方がよっぽどましだ。

今回ご紹介してるシャツは、まぎれもなく「本物」

「着心地とスタイルを高次元で両立してるシャツ」だ。

しかも、使用してる生地まで極上品。

春夏に是非楽しんでいただきたい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 MONTESARO コットンリネン スーパーライトピンクシャツ 』

■価格 : ¥38,800-

■SIZE : 38

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

「 一番着る回数が多い 」フランネルスーツ William Halstead

2019.01.02

blog

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は今まで以上の「服屋」さんとして一生懸命やっていこうと

思います。どうぞ皆様よろしくお願いいたします。

 

年も明けたというのに、いきなり「冬物」です。

表題にもある通り『 一番着る回数が多い」フランネルスーツを紹介します。

その名も「William Halstead(ウィリアム ハルステッド)」です。

私は、数々の生地ブランドのフランネルスーツを着てきました。

結果、「一番着る回数が多い」生地が、今回紹介する生地だったんです。

スーツだくじゃなく、服は「着てなんぼ」。お飾りじゃない。

着て楽しむものです。

だから「着る回数が多くなるスーツ」という価値基準が正しく「良いスーツ」

なんだと思います。

だからおススメしたいんです。

絶対着てほしいものと、提案ものの4種をおススメします。

こちらです。

まず一番上の「グレー無地」。

これが私が着てるものです。

も4年前から来てるので、毎冬、お店でこれを着てる僕を見てることが

実に多いはずです。

結局、コーディネートしやすい絶妙なカラーであること、

めちゃ柔らかいということ。でも肉はちゃんとある。

でもって、生地が勝手に元のシワの無い状態に戻ってくれる

生地自体の復元力が素晴らしいということ。

今年の冬で4年目ですが、まだまだまだまだへっちゃらです。

シンプルに2ピーススーツで。

絶対間違いのないフランネルスーツです。

次は提案

『 グレージュ 』

グレーにベージュを足して、濃くしたカラーです。

写真じゃ伝わらないと思います。実物は、なんとも言えぬ美しい

カラーです。

ブラウンシューズ、ブラウンスエードシューズでカントリーチックに

コーディネートすると、かなりかっこいいです。

次も提案

決してビジネススーツではない、

あくまでおしゃれスーツです。

オフでの使用目的です。

『 ライトグレーシャドーグレンチェック 』

グレーのハイゲージタートルや、白シャツにグレーのVネックニット、

なんかで、上品なモノトーンコーディネートで着ていただくと、

誰も真似できないお洒落さんになります。

間違いなく愛媛では圧倒的ナンバーワンでしょう。

気分が上がるおまけつきです。

最後に、

これは絶対カッコいいやつ。

シングルでもダブルでもカッコいいです

『 グレー千鳥 』

やっぱり、着るんですこれも。

コレはおしゃれスーツとして認識してください。

ブラックのローファ―や、ルームシューズ型なんかで、

オフホワイトのタートル着たり、白ボタンダウンにニットタイしたり、

また黒のツイードベスト着てガリガリのオクスフオードの白シャツ着て、

足元は黒のオールデンとかも良いですね。

また逆に、ブラック表革のサイドゴアブーツを履いて、ブラックタートル

っていうのもめちゃカッコいいですね。

以上、完全に時季外れですが、どうもどうしてもおススメしたくて

時季関係なくご紹介しました。

お洒落スーツ、そして結局一番着る回数が多いグレーフランネルスーツ

を楽しんでいただきたいと心より思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 William Halsteadフランネル スーツ 』

■オーダー価格 : 『 ¥119,000- 』

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!

DRESSERS

*2019年より「営業時間が変更」になっております。

月~金 14:00~19:30

土・日 13:00~19:00

店休 : 不定休(店休の際はブログ内でお知らせします)

 

 

 

 

ページ先頭へ