DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

1 / 3012345...102030...最後 »

『HARRISONS』コットンスーツオーダーFair 4日間のみ

2016.09.26

blog

皆さん、こんばんは。

まず、

今週は、水曜日(28日)も木曜日(29日)も

営業しております!!!!!!!!!!

さてさて、

私は、なんか抜けてるところがあり、

DRESSERS的「定番」・「基本」の

アイテムであるものを、実は着て

いただいてなかったりするケースが

何気に多いんですね~。。。

最近顧客様とお話しする中で、

よく「コットンスーツ」の話しになるのですが、

私としたことが!。。。。

結構な確率で、『コットンスーツ』を着ていただいて

ない顧客の方が多い!!

大人のアイテムを揃えていく過程において、

割と早い段階で『コットンスーツ』は

登場しなくてはならないアイテムなのに、、、

それをすっ飛ばして、先に行ってもらってる

ケースが何気に多いっていう。。。。。

これはわたくしの不徳の致すところです。。

やはり「基本が大事」

その「キホン」のなかでも『コットンスーツ』と

いうのはDRESSERS的には”絶対”を

付けたいくらいに持って着て楽しんでほしいモノ。

そして、”これがベスト!”という生地がコチラ。

 

dsc_0503

やっぱりHARRISONSです。

その中のコットンツイルは何をおいても

着てほしいコットンです。

今回は特別に、ハリソンズコットンツイルの

『 コットンスーツ 』を格安でご用意しました。

DRESSERSに足を運んでいただいていて

「まだお持ちでない方」はぜひとも!!

今回のこの機会に『コットンスーツ』を

ワードロープに入れてください。

こんな「便利品」は無いですから!!!

お持ちでない方、ご提案が遅くなり

申し訳ございません。。。

今回ご用意したのはこちらの5種です!!!

dsc_0504

・ベージュ

・ライトネイビー

・ダークネイビー

・ブラック

・グレー

の5色です。

いや~~~正直2色くらいは最低持っておきたい

ところですね~~~。

まずはこちら「ベージュ」

dsc_0505

王道中の王道です。

持っていない方は、必ず持っておいた方が良いです。

こういうことなんですよ。必要なアイテムって。

これは通年で着用していただいて良いものなので

やはり持って着てほしいです。

揃えなければならない「キホン」のすごろくがある

としたら、割と早いうちに出てくるアイテムです。

もう絶対です!!

次はこちら。

「ライトネイビー」

dsc_0506

やっぱり、ベージュとネイビーは二大巨頭ですね。

ベージュを持ってる方はネイビーを。

ネイビーを持ってる方はベージュを。

もうこのコットンで作ったスーツは

別にシワとかできていいじゃん、

とにかく着ればいいじゃん、

っていうかんじで、

もうとにかく「ラク」!!!

なんかとにかく着てれば、心が喜ぶ。

シャツでもカットソーでも、ニットでも

たまにはタイドアップも。

ドレスシューズでも、スリッポンでも、

スエードでも表革でも。

スニーカーでもなんでも来いです。

もう絶対。

そして次は

「ダークネイビー」

dsc_0507

これはタイドアップして私が店頭で良く着てるので

見たことあるい方も多いのでは。

なんか楽だから着ちゃうんですよね~。

ネクタイ外して自転車乗ったりもしますよ。

「これコットンですから」って店頭で

お伝えすると「え!コットンなんですかソレ??」

って大体言われます。

良いんですよコレ。

半分タイドアップしたい方には特に推します!!

そして新展開

『 ブラック 』

dsc_0508

今のイチオシ。ブラックコットンスーツ。

私はビジネススーツとしてのブラックスーツは

ちょっとな、、、って感じなんですが、

「コットン」となれば話は違う。

はなっから人に合うために着ないから、

しっかりと「ファッション」として、

楽しんで着られるのが特徴です。

ストイックに白黒グレーでコーディネートして

白スニーカー(レペットとか??)とか

ブラックスエードとか、、

ブラックの表革ローファ―とか、、

白シャツ、グレーシャツ、グレーストライプとか、

グレーニットはもうバッチリすぎますね。

ファッション魂の大いなる持ち主は

ぜひTRYしてください。面白いですよ。

そして最後に

「グレー」

dsc_0510

さらに来ました。「グレー」。

「グレー」のコットンスーツ着てる人、

間違いなくかっこいいでしょう。

「シック」で「シャイ」ですね。

2年目以降、コットンが馴染んで風合い出てきてからが

本格的にすっごく楽しくなっていきますから!!

コットンは風合い出てからがなんぼなんで

「コットンスーツのケア方法は???」

という問い合わせには、間違いなく

「いっぱい着ることです」と答えるでしょう(笑)

以上、最高の最高のコットンスーツのご紹介でした。

まだ持っていない方、強くご提案しておらず

すみません!!!!

大人の男性の「絶対」をこの機会を逃さず

着てください!けっこう本気です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 HARRISONS コットンスーツ Fair 』

■通常価格 : ¥178,000-

■Fair価格 :マジですよ『¥108,000-』!!

(現金支払いの方は『¥100,000-』!!!

■期間 : 9月27日(火)~9月30日(金)

*9月30日(金)は、PM6:00までの営業

■出来上がり: 11月中旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、マジですから!!!

皆様、持ちましょう。

DRESSERS

dsc_0513

 

dsc_0512

 

 

 

 

from NAPOLI 『 FLANNEL BAY 』

2016.09.24

blog

皆さん、こんばんは。

夜や朝が涼しいから、ちょっと油断しちゃいますね。

昼間は何だかんだまだ暑いですね。

そんな中、皆様のファッション魂が

爆発しております。

昨日インスタに載せたものを

ご紹介します。

こちらは松山の皆様には新しい提案です。

是非試してください。

結構どころかかなり使えますよ。

ナポリの「FLANNEL BAY」の

『 JACKET & VEST 』

のセットです!!!!

img_20160923_211922

私の大好きな、柔らかいブラウンのメランジ調の

生地なんですが、

これが使えるんですよね~~~。

ダークブラウンのスエードシューズを

お持ちになられてる方には、特にオススメです。

さらに、白デニム、ベージュコットンパンツを

お持ちの方に特に特にオススメです!!!

着たらこんな感じ。

 

dsc_0484

DRESSERS的、「上品」で「上質」を

体現したようなスタイルですね。

秋口から冬まで長く着られます。

こうして、ジャケットべストをセットで着て

下をコットンパンツで合わせるっていうのが

大人の皆様にしてほしいドレスカジュアルの

コーディネートです。

もちろん単品でも汎用性が高いのも重要です。

ジャケットはもちろんバツグンに使いやすいんですが

これはベストの単品使いも良い~~んです!!

 

dsc_0477

ネイビーデニムや、白デニム

またベージュコットンやグレースラックス

なんか合わせたりして、

そこにブラウンのチェックのジャケットや

グリーン系のブルゾンを着たり、

グレー系のジャケット着たりすると

めちゃくちゃかっこいいですよ。

大人の余裕感と品を持ちながら

きれいなドレスカジュアルスタイルが完成

します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ブラウンメランジ調 JACKET&VEST 』

価格 : ¥97,000-

SIZE : 44:46:48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして次はスーツです。

グレーのスーパー最高の生地で作った

ナポリスーツです。

dsc_0493

やはり、ここのは試着していただくと

分かるのですが、

「こんなにピタッと体に沿うのに、

なんでこんなに動きが楽なの?????」

って言う感じなんです。

これぞナポリのなせる業。

なかなかこうはいきませんよ!

dsc_0497

しかも先にお伝えしておきますと、

価格は¥97,000-なんです!!!!!

こんなスーツがなぜ???10万円を切っちゃう??!!

やはり無名というのは強さですね。

今回のこの生地で、この作り、出来栄えの

このクラスだと、「有名」ものになりますと

市場価格¥170,000-くらいが相場として

販売されてるのではないでしょうか。

dsc_0494

今回はこちらの「ネイビー」もご用意ございます。

dsc_0466

*ちなみに組したパンツは、ノータックです。

ぜひともこういう「良いやつ」を着てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FLANNEL BAY スーツ 』

価格 :¥97,000-

SIZE : 46、48、52、54

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のご来店お待ちしております。

DRESSERS

*店内にはご来店いただいた方のみに

向けたスペシャル生地も破格でいくつか

ご用意あります。

(ご来店いただけない方、ごめんなさい。。

ご希望いただければ、写真・詳細メールします)

DRESSERS

 

お知らせ

2016.09.19

blog

皆さん、こんばんは。

先日お伝えしたように

明日、9月21日(水)、9月22日(木)は

店休とさせていただきます。

また休み明けには、

ITALY・ナポリより

既製品のスーツがお店に登場予定です!!

しかも10万円アンダーで!!!!

DRESSERSのオーダーでは

表現できない、作り方、ニュアンスが

しっかり表現されたカッコいいスーツです。

新しいスーツスタイルの始まりのタイミングです。

皆様にぜひおすすめしたいものですので

ぜひ店頭でご試着されてみてください。

入荷したらブログに載せますね。

ひとまず入りましたよってご案内は

インスタに写真だけちらっと載せますね。

着てほしいな~~~~。

DRESSERS

Special PLAN ~「ジャケット&シャツ」~コーディネートプラン

2016.09.16

blog

皆様、こんばんは。

日中はまだまだ暑いですが、夜はもう秋ですね。

今日は、DRESSERS的には、、、

DRESSERS流としては、、、

みたいな感じで、

先に、「こう合わせたら良いですよ。」という

組み合わせにした状態でのFAIRとなります。

「ジャケット」と、「シャツ」です。

ジャケットもシャツもDRESSERSが

ファッション好きな大人の皆様に是非着て

いただきたいと思うもので、それぞれを

コーディネートして皆様にご案内させて

いただきます。

セットでの特別価格のFairとなります。

ジャケットとシャツの組み合わせって結構

ルールがありません。。。

スーツはある程度ルールがあるので、

サイズさえちゃんと着ることが出来て、

清潔感を大事に着たら、結構ちゃんと

お洒落を楽しめます。

でもジャケットとシャツの組み合わせは

皆さんどうでしょう。。。

何気にルールが無かったりするので、

何が正解で何が不正解なのか。。。

ちょっと不安に思うことありますよね。

自由度が高いからこそ、楽しむ幅も広い

側面がある一方で、

自由度が高いからこそ、どう合わせたら

良いのかわからない。。。

ってこともあるでしょう。

雑誌のスナップを見て、”お、なんかいい感じ!”

と思って、それに近い感じで探して着てみても、

ん???なんか違う。。。。

やっぱ、こういうのは外人が似合うんだな。。

やっぱ、こういうのは俺には向かないな。。。

なんて思っちゃうこともしばしば。

だけどもだ~~け~~ど~~~~。

実はそういったところはそんなに大きく影響

しないんです!

実は大事なのは

「ちょっとした色目の違い」や、

「ちょっとした生地表面の素材感の相性」

だったりするんです。

ほとんどの場合、「お、これいいな」って

思うものは、実は着てる側はそういうことを

し~~~~~~~~~~~~~っかり計算して

コーデネートしてるんです!!!

カタカナ表記でアイテムを文字にすると同じもの

かもしれませんが、(EX:ネイビージャケット、

サックスブルーシャツ、チェックシャツetc,,,)

実は、

「ちょっとした色目の違い」や、

「ちょっとした生地表面の素材感の相性」

を大事にして考えてコーディネートすると

あら不思議!!

これがはまっちゃうんですね~~~。

しかし、、、

お洒落を楽しみたいし、

ジャケットも着たいけど

そんな玄人的なことまで

考えなくちゃいけないの~~???

って方も多いはず。

だからこそ、今回、

このジャケットには、このシャツが良いですよ。

とコーディネートした状態でのFAIR価格での

ご案内となります。

ですが、心配しないでください。

ら、これとこれしか合わないんじゃあ、

あんまりコーディネートの幅が広くならないじゃん。

ってお思いの方も多いでしょう。

心配しないでください。

今回ご案内させていただくものは、

「オシャレアイテム」です。

例えば

白やサックスののピンオックスのBDシャツとか、

ネイビージャケットとか、

オシャレアイテムというより、「基本アイテム」

にはどれもちゃんとコーディネートできるものしか

ピックアップしていませんので、

安心してトライしてください。

しかも今回は、組下パンツをコーディネートに

入れていません。それも同じ理由です。

・グレースラックス

・白コットンパンツ

・ネイビーデニム

・白デニム

といった「基本アイテム」には、どれも

ちゃんと合ってくれるものでコーディネート

していますので、そちらもご安心ください。

話しはちょっとそれますが、

例えば

ジャケット:A、シャツ:B、パンツ:C

とした場合、「基本アイテム」の点数を

30点とした場合、

「基本アイテム」だけでコーディネートした場合、

A:30点+B:30点+C:30点 = 90点

となり、すでにかなりの高得点です。

しかし、さらにお洒落を楽しもうとした場合、

やはり100点以上を狙いたい。

そんな時、例えば

A:40点+B:40点+C:30点 = 110点

となり、「オシャレアイテム」を「基本アイテム」

と組み合わせて、100点以上にしてあげることが

出来ちゃうということなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや~~話が長い長い。

ではやっと写真です。

『 ネイビー×グレー 小チェック & シャツ 』

 

dsc_0374

 

まずはこちらです。

ネイビーとグレーが交差した、基本色を

着やすいバランスのチェックに落とし込んだ

ジャケットです。

dsc_0375

先ほどお伝えしたように、

組下のパンツは、グレースラックス、白パン、

ネイビーデニム、白デニム、

どれもバッチリ合います。

この生地感が、いい感じのリラックス感

を出してくれてリラックスしてジャケット

スタイルを楽しんでいただけます。

そして、

そこに合わせてほしいのがまずコチラ。

ふんわりとした、優しい、ちょっとふくらみのある

白無地シャツです。

dsc_0376

さっき言った、「ちょっとした生地表面の質感」が

重要です。ただのシャツを合わすより、断然

点数が高くなります。

そしてもう一つは、

シャンブレー風インディゴシャツ。

 

dsc_0377

ドレッサーズでたくさんの方々にお作りいただいて

楽しんでいただいてるものではございません。

また全く別の生地です。

この「ちょっとした色目」のバランスが100点超えには

最高なんです。

そしてもう一つは

「ハニカムかの子ネイビーシャツ」

 

dsc_0378

この質感の「シャツ」を、上のジャケットに

合わせたら、こりゃあもう完ぺきにかっこいいですね。

お伝えしてる途中ですが、

正直「ちょっとした色目や質感」はPC写真では

全然わからないと思います。

あくまで現物を目の前にして、視覚・聴覚で

感じて行くものなので、なんとなくこんな感じかな

程度で写真を見てくださいね。

今回は、『ジャケット1着+シャツ1枚』という

セットでのFair企画です。

是非お好きなジャケットとシャツをお選びください。

シャツは2枚でも3枚でも追加でのご注文は可能です。

金額等は、このブログの一番下側のご案内を

ご確認くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次のジャケットはコチラ

『 ブラウンベース グレー・ベージュ・オレンジペーン 』

dsc_0379

dsc_0380

 

この生地は、攻めてるようで、実はかなり

保守的なジャケットになります。

というのも、紳士秋冬ジャケットの

基本色「しか」入っていないからです。

ブラウン・ベージュ・グレー・オレンジ

とこれでもかというほどの基本色だけで

構成されてるので、かなり合わせやすくて

着回しの効くジャケットなんです。

こういったジャケットには、少しピンク的な

カラーを入れてあげると、自然な着こなしが

出来ますので、シャツもそういった生地を

合わせています。

まずはコチラ。

「ほとんど白シャツ、

だけどうっすらピンクストライプ」

 

dsc_0381

あんまり冒険しすぎない「上品」スタイルで

まとめるのには、このくらいのほんわか

ぼんやりのピンク感が良いんです。

そして次に

「 ピンクヘリンボーン 」

dsc_0382

少し一柄が大き目なヘリンボーンで

少し薄めのピンクがこのジャケットには

はまるんですね~~。

何気ないですけど、こういうところが

重要だったりするんです。

そしてもう一つは

「 赤っぽいピンクのコットン起毛 」

dsc_0383

このくらい濃い目のものをVゾーンに

入れるってちょっと勇気要ると思いますが、

入れてみると「あら?!」

合っちゃうんですね~~~。

ちょっとエグミのある大人なコーディネートが

完成します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次のジャケットはコチラ。

dsc_0384

いい感じのPOP感出てます。

dsc_0385

ネイビー地にオフホワイトのチェックが入ってるんですが

その周りを赤のチェックが覆っているというものです。

実はこの配色はすっごくクラッシックで、

昔から絶対的にある配色なんですよ。

少しクセがありますが、そのクセがたまらぬ

高揚感になるんですね~~~。

これに合わせてほしいシャツはまずはコチラ

「す~~~~っごい薄い

サックスのヘリンボーン(中)」

dsc_0386

いわゆるサックスブルーって本当に

色の幅が多いんです。

少しトーンが違っただけで「良いね!」も

「ん~~。。」もあるのがサックスブルー。

これはバッチリ合います。

そしてもう一つが

「 ピンクピンオックス無地 」

dsc_0387

普通よりちょっと濃い目のピンクシャツを

このジャケットの中に入れてもらいたいんですよね。

ちょっとばっかしのこの攻め具合が、

やりすぎてない感じで素敵です。

無難に落ち着かせたいときはネイビーデニム、

もうちょっと攻めたいときは白デニム。

そしてもう一つがコチラ

「 ネイビーデニムシャツ 」

 

dsc_0388

これはですね~~、先ほどの上のシャンブレー風

と書いたものとは全く違う、

濃いネイビーデニムシャツです。

このくらいをそろそろ入れても

皆さん良いんじゃないでしょうか。

120点狙うならこのくらいじゃないと。

何気にすっごく汎用性高いシャツなんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして最後がコチラのジャケットです。

dsc_0389

『 ライトネイビー サキソニー無地

と思いきや、う~~すらブラウン&グレーペーン』

dsc_0390

なんてシャイなんでしょう。

洗練されてるとはこういうことではないでしょうか。

ただのネイビージャケットではない。

実はぼんやりとグレー&ブラウンの大柄の

チェックが入れてあるんです。

最高にシックでシャイです。

このジャケットには

こんなシャツを

「 上質グラフチェック 」

 

dsc_0391

大事なのは「チェック」であることではなく、

「無地じゃない」ということです。

この、「無地じゃない」感覚が、このジャケットを

引き立てるんです。

こういうさじ加減です。

そしてもう一つが、

「普通のチェックじゃないチェック」

dsc_0392

ネイビーの小さめのチェックなんですが、

ただチェックじゃないんです。

実は分かるかわからないくらいで

細かな織りドットが配してあるんです。

でもそれはデザインではなく、

ニュアンスを生み出すために施されたもの。

こうして使うんです。

合うな~~。

そして最後に

「 フワ~~とした質感のくすんだ水色」

dsc_0393

これが合うんですよね~~。

シンプルで上質。

普通だけど普通じゃない、の究極ですね。

面白くないかもしれませんが「素敵」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上。

ジャケットとシャツのコーディネートでした。

皆さん、どの組み合わせがお好きでしたか?

心に従って、「いいな」と思ったコーディネート

を思いきって踏み込んでみてください。

そのためにコーディネートしてるんですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ジャケット & シャツ SET Fair 』

(■通常ジャケット :¥86,000-)

(■通常シャツ   :¥19,000-)

■通常SET価格   : ¥105,000-  のところ

■FairSET価格 : ¥68,000-!!!!!!

(カード支払い「可」(JCB以外))

(これはスゴイ!!!!!!!!!!!!!!!!!)

*「プラス¥11,000-」でシャツは追加オーダー

していただけます。(ただし期間中に限ります)

(シャツは合計でお一人様3枚までのオーダー

とさせていただきます)

■期間 : 9月17日(土)~9月20日(火)

(4日間限り)

(9月21日・22日は店休となります)

■出来上がり : 11月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、皆様に一歩進んだ100点以上の

コーディネートを楽しんでいただければ

幸いです。

 

まだ秋冬の万能「ネイビー無地」ジャケットを

お持ちでない方のために、今回は特別に

ご用意させていただいております。

 

dsc_0395

こちらの「秋冬の万能ネイビー無地ジャケット」に

ご変更も可能ですので、まだネイビー無地ジャケットを

お持ちでない方は、この機会に揃えられてみては

いかがですか。きっと満足いただけるものに

なると思います。

また、「プラス¥5,000-」で、

DRESSERSが自信を持ってオススメする

ITALYトマスメーソン社の白シャツに

変更していただくことも可能です。

 

dsc_0396

「極上の白シャツ」をぜひ味わってみてください。

短い期間ではありますが、

心躍るジャケットスタイルをこの秋冬シーズン

存分に楽しんでくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

dsc_0397

 

dsc_0399

DRESSERS

 

 

 

今日まで!!!

2016.09.12

blog

皆様、こんにちは。

ただいま開催中の「¥97,000-Fair」ですが、

9月16日(金)まで!!!!

そう、今日まで!!!!!!です。

 

DRESSERS

【 期間限定 】です。

2016.09.08

blog

皆さん、こんばんは。

皆様の熱き熱きファッション魂が

伝わってきます。

「写真はまだですか~っ!?」

っていうお問い合わせをたくさんいただきました。

そしてたくさん、実物を見にお店に足を運んでいただきました。

皆さんのファッション魂には本当に頭が下がります。

早速ですが、先にお伝えしておきます。

今回の企画は「9月15日(木)まで」となっております。

(*9月14日(水)は店休となります。)

まずは「ARISTON」から。

 

dsc_0359

「超軽量な英国テイスト」をお楽しみください。

グレンチェックを、定番のネイビーとグレーで

ご用意しました。

dsc_0357

それぞれ濃淡のコントラストを控えめにしたものを

ご用意しましたので、気軽にチェックスーツを

楽しんでいただけます。

特に、ネイビー(上)は、少しグレーがかった

とても上品なネイビーです。

着られる方の品位をとてもうまく引き出してくれます。

そしてもう2種は、

『 お車での移動が多い方のためのスーツ 』です。

こちらも厳選した2種ご用意させていただきました。

dsc_0358

●少し濃い目のミディアムグレー無地のシャークスキン生地

●少し濃い目のミディアムグレーのグレンチェック風生地

どちらもアリストンの最上級の生地ですので

軽さ、着た時のエレガントな風合いは

世界最高峰の名にふさわしいものになります。

”少し濃い目のミディアムグレー”は、

スーツのシワが見えづらい

という特性を持った色です。

お車に乗られる方はどうしてもシワは

避けては通れませんので

出来るだけシワが目立たないようなお色を

選ばれることも、美しく、そして気持ちよく

スーツを着るテクニックです。

この2種類の生地には、お車での移動が多い方に

「とっておきの特性」が備わっております。

是非店頭でお確かめください。

どちらも数に限りがございます。

お早めにご決断ください。

もう一つイタリアより

『 CARLO BARBERA 』をご紹介します。

dsc_0360

こちらは、生地限定ではなく、バンチブック全部が

今回の「¥97,000-均一」企画の対象となります。

主だった生地を一部ではありますがご紹介

させていただきます。

やはりバルベラの生地は品質、耐久性、

エレガントさ、見た目の品位、

すべての面からみて、最高と断言できる生地です。

今回ご用意させていただいた生地は、Super150’sの

バルベラの中でも最上級シリーズです。

どうしても繊維が細くなると、

耐久性をご心配される方も多いです。

実際に繊維が細くなると耐久力は落ちていきます。

しかし、バルベラだけは別です。

ウールオークションで最上級のウールのみ買い付け、

室温7℃、湿度75%の専用地下倉庫に

糸をじっくりと寝かし、糸の緊張を解き、

バルベラならではの風合い、

品性のある適度な光沢、そして耐久性をもった

バルベラならではの世界最高峰の

生地が出来上がります。

他に類を見ない独自の製法によって織られた生地は

世界中のスーツ愛好家に長く愛され続けています。

基本的な定番生地も、バルベラが織ると品位をもまといます。

dsc_0352

 

dsc_0353

約50種ほどの生地コレクションを

ご用意してお待ちしております。

最上の生地を身にまとってみてください。

きっと、きっと、大好きになっていただける

生地メーカーです。

そして最後は

『 WILLIAM HALSTED 』です。

dsc_0356

『 ”通”が選ぶ英国最高峰生地 』です。

特徴が無いのが特徴のWILLIAM HALSTEDは、

本物志向のスーツ好きには愛用者が

多い生地メーカーです。

私もハルステッドは本当に好きな生地メーカーで、

絶対に基本は外れない、頑なな姿勢に

とても好感を持ちます。

このメーカーの絶対的な特徴を一言で言うと、

「安心」。

決して裏切らないという安心の最上級スーツが

約束されます。

約50種ほどの生地コレクションも、どれをとっても

紳士スーツの「基本」しかありません。

どの生地も「長く、美しく着られる」という

絶対の「安心」を保証してくれるものになります。

dsc_0355

今回は、サキソニー生地を半分ご用意しました。

写真では伝わりにくいでしょうが、特に上二つの

グレー無地は秀逸です。(下の写真)

dsc_0354

スーツ好きな皆様の期待に十分応えられる生地を

厳選しております。

ワードロープに今年から5年先が見えるスーツを

仲間入りさせて、これから始まるスーツライフを

豊かなものにしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 【期間限定】97000円均一 企画 』

■期間 : 9月15日(木)まで

(9月14日(水)は店休です)

■価格 : ¥97,000-

(カード支払い「可」(JCB以外))

(*3ピースの場合:¥115,000-)

(2着以上同時オーダーをご希望の方は

トータル価格からの値引きもございますので

お気軽にお問い合わせください)

(*元の価格は、¥178,000‐~¥198,000-)

■出来上がり : 11月中旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから始まる皆様のスーツライフが豊かで

楽しいものとなりますように。

DRESSERS

店休のお知らせ &。。。。

2016.09.04

blog

皆様、こんにちは。

先日お伝えしたように

明日9月5日(月)~9月7日(水)は

店休とさせていただきます。

9月8日(木)はPM2:00~のOPENです。

9月8日から、期間限定で、

スーパースペシャルな企画を皆様にお届けできます。

MVF(Most Valuable Fabric)をなんと

ほぼ50%OFF!!!の10万円以下、

『 ¥97,000- 』一律!!!!!

でお届けします。

生地写真等の詳細は後日ブログでご紹介しますが、

なななんとご用意出来る生地が、、、

■ ARISTON

■ CARLO BARBERA(Super150’s)

■ WILLIAM HALSTEAD

です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

超最高級の最高峰です!!

カード支払いももちろんOK(JCB以外)ですので

これはぜひ乗ってください。

定番生地から、それぞれの生地ブランドらしい

生地まで幅広くご用意できます。

期間は、9月8日(木)~9月15日(木)です。

ちょっとすごいですよ。

MVFです。

ご期待ください。

DRESSERS

お知らせ

2016.09.03

blog

皆さん、こんばんは。

明日(9月4日)は、

日曜日なのでPM6:00までの営業となります。

また、

9月5日(月)~9月7日(水)は出張のため

店休とさせていただきます。

<メーカー様、お客様各位、>

私山田個人の携帯の電話番号やLINE等ご存じで

ご登録いただいてる皆様、

今後は”店舗営業中”と同じ時間帯のみ

通話、メール、LINE等を確認させていただく

形をとらさせていただきます。

店休中や、閉店後などの時間帯のやり取りは

させていただけませんので、ご不便おかけしますが

よろしくお願いいたします。

店休中のメールやLINEは、店休明けの

お店オープン時に確認させていただくことになります。

また店休中にお電話、メール、LINE等いただいた方は、

確認後折り返し連絡させていただきます。

お客様におかれましては、ご来店のご予約や、

確認等は、”ご来店日の前日の営業中”

までにお願いします。店休日がある場合は

店休日前の日の営業中までにお願いします。

メールやLINE等、こちらからの返信が無い場合は、

確認できていないものとみなしてください。

不都合、ご不便おかけしますが

何卒よろしくお願いいたします。

*長々書きましたが、

要は、

「DRESSERSの店休中は、

山田の個人携帯電話は連絡取ることが出来ません」

ということになります。

よろしくお願いします。

 

 

『 TIE YOUR TIE 』というシャイで『粋』なスタイル

2016.08.27

blog

TIE YOUR TIE

 

皆さん、こんばんは。

なんか最近夜になると若干秋の気配を感じてきましたね。

虫も鳴くようになりましたね。

さて、本日入荷しましたよ!!

『 TIE YOUR TIE 』。

 

DSC_0216

やはり、ここのは良いですね。

何が良いって、「テンション上がる!」

モノが良い、カッコいいとかは、当然のこととして、

ファッションの絶対大事な部分、

「テンション上がる」っていう、心を動かされる

モノってやっぱり良いです。

今回のは、今までよりも一歩進んだ、

これぞタイユアタイ!

っていうのをお届けします。

やはりタイユアタイの故郷はフィレンツェ。

私は勝手に松山とフィレンツェは似てると感じています。

どこか「中庸」を好む気質。派手さを求めず、

歴史に敬意を払い、郷土を愛している。

適度に街ではあるが、しっかりと田舎であり、

川や山、海といった自然豊かな環境。

激しい感情の人がほとんどおらず、みんないい人。

なんか僕の中ではとっても根底にある部分が

似ているとすごく感じる。

話は変わりますが、今年6月にフィレンツェに行ったとき、

幸いなことに長い時間TIE YOUR TIEの創業者である

フランコ・ミヌッチさんと一緒にいさせていただき、

個人的にファッションのこと、タイユアタイの美学、

フィレンツェの美学など、たくさん

お伺いさせていただきました。

約2時間くらいも色々聞かせていただき

本当に勉強にりました。

IMG_20160618_131948

その時に、携帯で撮ってあった愛媛・松山の景色や

環境を写真や動画でフランコ・ミヌッチ氏に

見てもらったんです!

そしたら、いたく感激していただいて

『 Bello!!! (美しい!!)』

「ヴェッロ!!!ヴェッロ!!ヴェッロ~~!!」

とたくさんの写真を見ていただき、

MATSUYAMAにすごく興味を持っていただき、

愛媛・松山の場所、地区の大きさ、人口など

たくさん質問していただき、答えていたら

『 フィレンツェととてもよく似てるね。

こういう美しい街でそのような規模の街は

大好きだ。』

とおっしゃっていただきました。

愛媛・松山でお店をやってる身として

とても嬉しかったです。

今回は『TIE YOUR TIE』らしい

(=松山らしい(照))ネクタイを

ご用意しました。

是非ファッション魂のある大人の男性に

実際に着用して生活したときの「テンション上がる」

ワクワクする感情を楽しんでいただきたいと思います。

見るのと、実際に買って、巻いて、生活するのでは

全く違います。使ってなんぼの最高のネクタイです。

4種ご紹介します。

数は極少なので、先にお伝えしておきます。

まずはコチラ①

DSC_0207

美しい。

やはりフィレンツェ的美意識の特徴として「中間色」

というカラーのキーワードが上がると思います。

原色ではなく、中間色。何色と表現したらいいのか

分からない中間色。

絵具を何層にも何色も塗り重ねて表現できる

深みのあるカラーはフィレンツェ独特の美意識でしょう。

強く意見を言わずに、協調性を持って、周りと

仲良く穏やかに暮らす愛媛・松山気質にすごく合うと

私は思っています。

アップにするとこんな感じ。

DSC_0209

ですが、、、

アップの写真なんて意味がない。。。

してなんぼ、巻いてなんぼの作品なので、

上のコーディネートしてる写真のほうが正解です。

細かなシルク織りの世界最高峰のテクニックを

ご覧になっていただこうかと、アップの写真を

のっけてます。

続いてコチラ②

DSC_0208

ん~~~渋くてカッコいいですね~~~。

これも何色って表現していいかわかりません。

でもすっごくカッコいいです。

アップの写真は基本無視してくださいね。

DSC_0210

実物とは全く異なります。

写真で伝わるはずがない。。。

続いてはコチラ③

 

DSC_0206

いうなればモスグリーン系の深緑。

メッチャ渋いです。

DSC_0211

細か~~なジャガード。

テクニックの秀逸さがわかります。

それを専門の職人がひと針ひと針手で縫合しながら

世界最高峰のセッテピエゲに仕上げていく。

ん~~~素晴らしい。

テンション上がるはずです。

最後にコチラ④

DSC_0206

③の色違いのネイビー。

正統なクラッシックで、タイユアタイのセッテピエゲを

したことない方には是非お勧めしたいですね。

DSC_0212

基本的なコーディネートが安心して組めます。

以上4種をご紹介します。

どれも最高です。

感動します。

やっとネクタイ出来る季節がやってくるので

是非身に着ける芸術品を楽しんでください。

確実に「お値段以上」です!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 TIE YOUR TIE セッテピエゲ 』

価格 :各 ¥28,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松山のクラッシックスタイル、私も含めた

皆さんで創っていきましょう。

DRESSERS

 

 

DSC_0209

DSC_0210

DSC_0211

DSC_0212

 

DSC_0207

DSC_0208

DSC_0206

DSC_0206

 

 

 

 

 ファッション愛のあるビジネスマン必見       『 THIS IS NECKTIE  』

2016.08.25

blog

皆さん、こんばんは。

暑い日がまだまだ続きますね。

皆さんのファッション魂ビシビシ感じております。

短いですがARISTONのFairに対してのみなさんの

熱さ、すごいですね!さすがです。

すみませんが、明日までですので、

よろしくお願いいたします。

今回ばっかりは期日すぎるとお受けできかねますので

よろしくお願いします。

さて、本日はビジネスマンの皆様にとって、

きっときっと役立つネクタイの新作をご紹介します。

イタリアのジエレというネクタイブランドで作ってもらった

DRESSERSが考える「シック」で「シャイ」

な、「上品」で「上質」なネクタイです。

『基本』が何よりもビジネススーツには優先されると

思っていて、それを体現したネクタイだと思っています。

まずは絶対の必須アイテム。

『 無地 』 です。

DSC_0155

「ネイビー」と、「ブラウン」です。

これが基本です。

ビジネスの基本的な着こなしのアイテムとして

大事な部分を占めるのが「ドレスシューズ」です。

いきなりドレスシューズの話をするなんて、

なんの話だ???って感じかもしれませんが、

実は「ネクタイ」と「ドレスシューズ」には

親密な関係性があるんです。

ビジネスにおけるドレスシューズの基本は、

「ブラック」と「ブラウン」の2色になります。

そこで。。。

ブラックには、ネイビーを。

ブラウンには、ブラウンを。

信じてコーディネートしてみてください。

顔下~足元まで、全体の「調和」が生まれて

「なんか素敵」となるはずです。

どうしてもスーツ、シャツ、ネクタイのいわゆる

「Vゾーン」で物事を考えがちですが、

実はネクタイとシューズの相関性、調和を

考えると、コーディネートは案外簡単に

成立するものです。

下がネイビーをした感じ。

 

DSC_0163

全くの無地じゃないところに実用性がありますね。

ジャケットスタイルでもかっこいいですよ。

例えば上の写真の場合はブラックシューズを合わせて

見ると、きれいにはまったりしますね。

下がブラウン。

DSC_0167

こういった際も足元はブラウンを合わせると

結構しっくり合わせられますよ。

もちろんジャケットにも完璧です。

アップにするとこんな感じ。

すっごい小さいピンドット風にしてます。

DSC_0159

下も絶対です。

「DOT」です。

DSC_0160

普通ドットは、白丸が普通ですが、これはネイビーにしました。

こうすることであまりPOPになりすぎず、しかもさわやかな

印象を残すことが出来るので、ビジネスマンの方々には

最高に使える一本になるはずです。

くすんだサックスブルー×ネイビードット

と、

グレー×ネイビードット

です。

先ほどはドレスシューズの基本の2色

ブラックとブラウンについて話しましたが、

もう一つ、ビジネススタイルの「基本」

があります。

それは、「スーツのカラー」です。

もう皆さん、お分かりの通り

スーツのカラーの基本は

「ネイビー」と、「グレー」です。

ネクタイの配色をスーツの「基本」と

”調和させることも、これまた一つの常とう手段です。

例えばネイビースーツには下のようにネイビーベースを。

DSC_0164

例えば、グレーベースにはグレーベースを。

 

DSC_0168

そういうところを「調和」させることで、全体がまとまり

第3者から見た時の印象がよくなるポイントであります。

印象というのは「良くなる」前に、「変じゃない」ことが

絶対必須です。ですので「基本」を抑えることが大事なんです。

 

 

DSC_0156

そしてもう一つの基本の柄が

「レジメンタル」です。

ネクタイの基本柄は3つ

1:無地(ソリッド)

2:小紋(ドット含む)

3:レジメンタル

この3つが基本です。

そしてこれが3つ目、「レジメンタル」です。

 

DSC_0161

そしてやはり基本が大事。ネイビーとブラウン。

そしてこれはもう一つ。ストライプがグレーにしてあります。

紳士服の基本色である2色は???

そう。ネイビーとグレーです。

先ほどのドットは、実はドットにネイビーを両方に

使用しています。

このレジメンタルは、両方にグレーを使っています。

ベースの色を変えても、基本は絶対押さえておく。

絶対に重要なことです。

ブラックシューズの場合にはネイビーを。

 

DSC_0165

ブラウンシューズの時にはブラウンを。

DSC_0169

基本を押さえることは絶対に必要です。

全体が「調和」したスーツスタイルは絶対的な

安心感、信頼感を表現できます。

まず基本。

基本にはじまり基本に終わる。

基本を大事にするからレベルが上がる

と僕は思っています。

 

DSC_0157

以上。

ということで絶対に必要だし、持っていることで

今後のコーディネートも決まりだすネクタイです。

いつも通り「極少」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Gierre ネクタイ 』

価格 : 各¥15,000- (¥16,200-税込み)

(2本以上同時ご購入の方は消費税サービスします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本が大事です。

DRESSERS

 

M.I.D.A. 良いですよ~~。使える!!!!!

2016.08.21

blog

皆さん、こんばんは。

さあ皆さん、お盆開けたら秋冬物ですよ!!!

早速ご紹介。

やっぱりいいです。

本当にいいです。

DRESSERSではある種の定番となってきてる?感じの

「M.I.D.A.」のM65型のブルゾンです。

”毎シーズン、決して同じものは展開しない。”

それがDRESSERSのやり方。

そう。だから今回も見たことないColorです。

「オリーブがかった緑」です。

こちらです!!!!!!!

 

DSC_0136

超~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~かっこいいです!!!

相変わらずの素晴らしい「大人の男性が着るためのブルゾン」

サイズバランス、ディテールのバランス、素材のバランス、

どれをとってもめっちゃくちゃ素晴らしい。

バックスタイルもすっごくかっこいい。

背中で語る大人間感。

DSC_0112

やはりなんといっても、このブルゾンの魅力は

ライニングの秀逸さです。

DSC_0116

すばっらしいサイジングで作られていて、決して

ボリューミーな見え方にはならず、あくまでスマートな

空気管を醸し出してくれます。

しかも、ヴェスト型ではなく、ちゃんと袖筒の手首まで

ライニングが入ってるので、雪降る冬でも十分大丈夫。

しかも~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

なんと中身は「ダウン・フェザー」!!!!!!!!!

DSC_0120

スゲェ~~~~~~~~~!!!!

ライニングを取り外したら、もちろん秋口や春のブルゾン

として大活躍しますからね!!!!

やはりここは真面目なんです。

普通のブルゾンメーカーが、

”そんなところお客さんは分からないから”っていう理由で

コスト削減のためにいろんな部分を簡素化して作っちゃう

箇所を、丁寧に真面目にちゃんちと作っているところが

私山田は大好きなところなんです。

DSC_0118

「デザイン性」と「実用性」が共通のベクトルで

美しいシルエットと、機能美が共存している

とても美しいブルゾンです。

DSC_0111

しかも今回の「オリーブがかった緑」は

ミリタリーではなく、あくまで街仕様な素晴らしい発色です。

パソコンでどう見えてるか様々でしょうが、

実物はとってもいいです。

しかも~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!

なんと!!!!!!

今回は、、、、、、、、、、、

『 撥水 』 なんです!!!!!!!!!!!!!!!

DSC_0122

これはもう一挙両得ならぬ、一挙何得でしょう!!!!!!

素晴らしい。GETあるのみ。

コーディネートですが、思いつくコーディネートが

皆様なら何パターンかすでにいろいろ想像つくでしょうが、

ちょっと待った!!(笑)

その想像のままコーディネートしてみてください。

想像よりはるかにかっこよく、大人な上品なスタイルが

出来上がりますから!!!!!

DSC_0136

デニム、ベージュチノ、白パン、グレースラックス、柄スラックス、

ブラウンスエード、表側茶、スニーカー、、、、

クゥゥゥゥゥ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

ちゃんとカジュアル。

でもちゃんと「大人」。

で、ちゃんと「街着」。決してカントリーじゃない。

こういうことですね。シックでシャイなDRESSERSブルゾン。

DSC_0135

特にもう一つのDRESSERS的定番のアイテム「白パン」。

すでにたくさんのファッション魂持った方々が普通に

履かれてらっしゃいますが、

今回のブルゾンにはぜひ「白パン」で合わせてみてほしいですね。

上が緑で、パンツが白、って結構上品スタイルのテッパンの

合わせなんですよ。

ぜひ合わせてみて新しい楽しさを感じで遊んでください。

これは何年も遊べますよ。

DSC_0136

皆様の大人のカジュアルライフ、面白くなりますよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A. M65型 ブルゾン 』

価格 : ¥55,000-(¥59,400-税込)

SIZE : 44.46.48.50.52

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のファッション魂お待ちしてます!!!!

DRESSERS

DSC_0107

 

 

出た~~!!!! 『 DORMEUIL (ドーメル) VINTAGE SPORTEX 』!!!!!!

2016.08.12

blog

皆さん、こんばんは。

さてさて、外は溶けちゃうくらい暑いですね~~。

先にお知らせです。

<お知らせ>

明日、8月13日(土)と、明後日、8月14日(日)は

松山まつりのため、PM6:00閉店とさせていただきます

松山は今日から3日間松山まつりで、店の前の

通りが半端ないことになっちゃう恒例の時期に

なりました。

とてつもない音量で、すごい人数の方が一斉に

踊るので、お店の中はずっとびりびり揺れてて

大きな声で話しても声が聞こえない状態になります

什器がずっとびりびり揺れる軽い地震みたいに

なるんです。そのくらいの大音量。

最初は松山の人は本当にお祭り好きだな~と

思っていましたが、逆にこういう地方として、

年がら年中お祭りやってるから、ぎりぎり活気が

あり続ける街で存在するんだろうな~と

祭りは大事な行事だとしみじみ思います。

段々なくてはならない”あ~~この季節になったな~”

なんて、もともと他県民ですが思うようになってきました。

さあ、本日は、スーパーおすすめの新生地が

到着したので、服好きの大人の皆様には

是非お伝えしなければ!!と思い、満を持して

ご紹介できる生地があります。

そのブランドは

『 DORMEUIL (ドーメル)』

DSC_0010

そう、このスペルで、「ドーメル」と読みます。

これはおフランスの生地マーチャントなんです。

マーチャントとは、いわゆる生地の商社のことを言います。

そこの商社が取り扱う生地レベルで、商社(マーチャント)の

レベルが明らかに違ってきます。

今回ご紹介する「ドーメル」はフランスの生地商社なのですが、

基本的にはほぼ”MADE IN ENGLAND”製の

生地をセレクトしてるんです。

もちろん世界最高クラスのマーチャントです。

洋服好きなら聞いたことある方も多数いらっしゃると思います。

我々洋服界のなかでも、やはり憧れであり、絶対最高品質の

証しである名前です。

今回は、そのドーメルを皆様にお届けできる機会が

やってきましたので、私も興奮が止まりません!!

特にDRESSERSのオーダースーツとの相性が

抜群中の抜群なので、英国生地好き、英国生地ファンは

絶対に気に入ってくれるはずです。

DSC_0016

今回は、その中から、私がいの一番におススメしたい、

『 BRITISH COLLECTION 』から、

もう~~~~~~~素晴らしい、本当に素晴らしい

『 VINTAGE SPORTEX 』

(ヴィンテージ スポーテックス)

を紹介させていただきます。

 

DSC_0011

もう、これはですね~~、本当に良いんですよ~~。

1920年代にドーメルから発表された「SPORTEX」は

ゴルフ用のジャケットとして、すこぶる優秀な「耐久性」を

持つことから、上流階級の間で、一気にメジャーになりました。

その後スーツ系の生地も多種発表され、最上級の日常スーツ

として大人気を博しました。

もちろん当時はめ~~~~~っちゃ重い生地だったと思いますが、

現在では、織り技術もさらに進化し、超「耐久性」はそのままに

日常着として着られるBESTな感じの380gmsに改良され、

『 VINTAGE SPORTEX 』として

世界中のファッション好きから愛されています。

もちろん僕もその一人です。

メッチャ好きです。

*ちなみにDRESSERSでもお付き合いさせていただいてる

LIVERANO&LIVERANO の Antonio Liverano氏も

SPORTEXをこよなく愛するテーラーの一人です。

ドキュメンタリー映画でも、その生地をわざわざに

紹介されてますよね。

私もLIVERANO&LIVERANOでAntonioさんから

オススメされて作ったスーツが、1920~30年代の

「SPORTEX」のグレー無地でした。

「耐久性」「復元力」は半端ないです。

Antonioさん曰く、”これを着て飛行機でフィレンツェ来ても

全く問題ない、しわなんか関係ない美しいスーツだよ”とのこと。

実際にすごいです。

実際に着てるのがコチラ

received_649049641864674

白黒ですみません。。。

で!

今回、こちらの3種を皆様にお届けしたいと思います!!

 

DSC_0012

無地2種、グレンチェック1種です!!!!

もう~~~どれも欲しい。

なかなか割引でFairすることが無い生地だけに

今回のFairは超貴重な企画になるでしょう。

『 グレー無地 』

DSC_0013

やはりグレー無地は絶対です。

日本人の黒髪、黒目はまずは絶対グレーなんです。

リヴェラーノさんの話しばかりで申し訳ないですが、

「日本の一般的なビジネススーツにはやはりグレーでしょう。

シンプルにスーツを着こなすことで様々な発見がありますよ」

とおっしゃっていたりします。

地面がアスファルトでグレー色の上を歩く日本人には

やはりグレー無地がピッタリです。

しかも今回のSPORTEXなら、もう言うことなしです!!

「ネイビー無地」

 

DSC_0014

やはりグレーが基本ですが、色違いならSPORTEXのネイビーも

欲しいというのがファッション好き心情ではないでしょうか。

まさしく僕がそうです。

やはり良い生地は色違いで欲しい。

3ピースで僕は欲しい。そして皆様にも3ピースでお勧めしたい。

『 ネイビー グレンチェック 』

DSC_0009

もう~~最高×1兆ですね。

表現が子供っぽいですが、だって良い~~~だも~~ん。

これ着られる方、絶対着たほうが良い。

仕事場でそんなに制限ない方は絶対着たほうが良い。

無理してでも着たほうが良い。

そんな素晴らしい生地です。

ということで、皆様にスーパーオススメする

スーパーテンション上がるスーツをお勧めしました。

是非、いや、絶対(笑)これは良いですよ!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ドーメル VINTAGE SPORTEX スーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥189,000- (3P:¥228,000-)

■Fairオーダー価格 : ¥139,000- (3P:¥168,000-)

(カード支払い「可」(JCB以外))

(分割をご希望の場合、

オーダー時¥100,000-、お引き取り時:¥残額)

*ちなみに2着同時オーダーの場合、

2着で:¥259,000-  (3p:¥300,000-)

■期間 : 8月12日(金) ~ 8月20日(土)

(8月16日(火)・17日(水)は店休になります)

■出来上がり : 10月末~11月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファッション好きな皆様の熱きオーダー

心より心よりお待ちしております!!!!

DRESSERS

IMG_20160811_155742

 

 

正しいサイズ

2016.07.25

blog

店主の思い付きコラム

正しいサイズとは何だろう。

特に私はスーツを中心としたメンズドレスの世界の中に

生きている立場として、毎日毎回考える。

本格的にスーツのことに熱中しだした20年前、

これが正しいサイジングだと雑誌を見て勉強した。

実際に職場に大先輩がたくさんいて、皆さんの

着こなしの仕方を盗み見て必死で勉強した。

時代によって何を正しいとするかが

ちょっとづつ違うんだということも気づいた。

しかしもっと深く勉強していくと、

「正しいサイズ」というものは

それが出来上がっていった過程や原点に照らし合わせて

考えると、何をもって正しいとするかが見えてくる。

時代によって全体のシルエットというものが変わる。

例えばラペル幅が5ミリ変わることは、ドレスの世界に

とって時代が変わるくらいのことだ。

じっくり地道に変わっていく。

でも「正しいサイズ」はそれに応じて常に存在する。

そして、”なぜそうなのか”をそれぞれのディテールに

照らし合わせたとき、必ず「正しいサイズ」は存在する。

”シャツの袖はジャケットの袖口から5㎜~10㎜程度

のぞくくらいの長さが正しい”

という一般的に言われる「正しいサイズ」で例えると、

昔はシャツは下着として存在した。下着であるシャツは

ガンガン洗濯して、乾かして、プレスして、ノリ付けして

着ていた。いっぽうジャケットは、着るだけで洗ったり

するものではなく、20年30年着続けるものとして

存在した。擦り切れていくシャツ、いわば消耗品のシャツと、

長く愛用するためのジャケット。

実際現実問題としてジャケットと比較した場合の

シャツの価格は圧倒的に安価だ。買い替えるべきは

経済的にシャツの方が絶対に良い。

ジャケットの袖丈が手首に当たり、擦り切れる。

また手首に当たりたんぱく質が付いて汚れていく。

それを防ぐために、替えの利くシャツの方を

ジャケットの袖より長くして、ジャケットの袖口が

肌に直接当たらないようにしている。

だからシャツがジャケットの袖口からのぞく”必要がある”。

「正しいサイズ」とは、そうなるべく理由が存在する。

そしてもう一つ。時代によって、生活習慣が変わってくる。

携帯電話を使うようになるし、極端な話で言うと

馬に乗っては移動しないし、クールビズも生まれる。

時代によって生活習慣が変わるので、何を「正しい」

とするかは変化していく。もっと言うと一人ひとりの

生活習慣が違う。だからなにを「正しいサイズ」とするか

ちょっとづつ違うのだと思う。

胴回りの空間、渡り幅、裾口幅などなど、

肌との空間距離に関しては、その人なりに生活習慣が

違うので、何を正しいサイズとするかが違ってくる。

もう一つ言えることは、スーツ系のアイテムにおける

各ディテールには「何故」が存在する。必ず存在する。

その「何故」は、「何故このディテールが出来たのか」

という”起源”が必ずあるのがスーツ系の世界の面白さ。

歴史の中で生まれた各ディテールは「理由」が存在

する。その「理由」を知ることで「正しいサイズ」が

見えてくる。

自分の体型+生活習慣と、

スーツにおける各ディテールの「生まれた理由」。

この2つに焦点を当てると、おのずと「正しいサイズ」が

分かってくるはず。

そして「正しいサイズ」で着られたスーツは、

”結果として”美しいスーツスタイルとなる。

自分の体型+生活習慣と、

スーツにおける各ディテールの「生まれた理由」

の2点を考えたり、調べたりすることで

「正しいサイズ」で着た、美しいスーツスタイルに

近づいていくと思う。

一つのスーツスタイル(ジャケットスタイル)の

楽しみ方の一つとして「正しいサイズ」に焦点を

当ててみるということも面白いのではないだろうか。

 

DRESSERS的「上品」で「上質」な大人のジャケット

2016.07.23

blog

皆さん、こんばんは。

梅雨が終わり、晴れた空気も一気に

夏になりましたね。じめじめした梅雨の

晴れより、やはり夏の晴れが良いですね。

最近の私は、やはり基本が大事で、

DRESSERS的スタイルである

「上品」で「上質」。「シック」で「シャイ」。

”洗練されていて、決してこれ見よがしではない”

スタイルを改めて深く掘り下げ、

皆様に心地よくスタイルをお届けできたらと

想っております。

今日は中でもDRESSERS的な、「らしい」生地を

皆様にジャケットで楽しんでいただきたく、

2種類の上質な生地を特別価格でご案内したいと

思います。

これがその2種の生地です。

CIMG5952

あまり突飛なスタイルやカラーを好まない

DRESSERSとしては、素材のもつ世界観の違いや、

縫製のクォリティの差から生まれる「品」、

サイズの微差にこだわり生まれる優美なシルエット、

コーディネートの妙による心の豊かさ、

そういったものをとても大事に洋服の

楽しさ、面白がり方をお伝えしていければ

と考えています。

正直、パソコン上、携帯画面上での写真では

その生地が醸し出す空気、触感、出来上がりの

イメージ等、ほどんどわからないはずだと

思っています。(それは見ていただいてる方を

決してバカにしてるわけではありません。)

やはり本物を、現物を、出来上がりを見たり、

触れたり、着たりすると、「オーラ」が違うものです。

その「オーラ」みたいなものは、決してPCからは

伝わらないのです。

ですので、ご来店いただける方は、実際に

生地を見ていただきたいし、遠方でご来店

いただけない方で一度私が採寸等対応させて

いただいた方は私を信じていただくしか

ありません。

そして「本物」であり、「一級」を身にまとう

時の高揚感や、コーディネート後の出来上がりの

全体の空気も含めたクォリティは、やはり

心を動かされ、とてもウキウキさせてくれます。

話しだいぶそれました。

そう、今日ご紹介させていただくスペシャル生地は

『CARLO BARBERA』です!

CIMG5958

しかも、、、

英国、

「H.LESSER社」とのコラボレーション生地

なんです!!!!!!!!!!!

まずはこちらからご紹介しましょう。

『 ネイビー バスケット 無地 』です。

CIMG5953

やはりいつの時代も「基本」というものは

変わらないものです。着こなしにおいて

「基本のアイテム」が世界共通で存在するからこそ、

”他者との違い”や

”個性”、

”アイデンティティ”

といったものが生まれるものです。

ネイビージャケットなんかの、一番王道の

基本アイテムに対して、よくある考え、発言が

あります。それは、

「ネイビージャケットはもう持ってるからな~」

この言葉は本当によく聞きます。

すでに何らかのネイビージャケットをお持ちの

方は大人のスタイルの駒をちゃんと前に

進んでいらっしゃる方だと思います。

素晴らしいです。

もう一歩先の面白さで言うと、

「この風合いで、この色目のネイビージャケットは

持ってないな~」となると、これは「基本」を

軸とした”紳士的スタイル”を楽しむことが出来る

一歩先の上級者になれる考え方です。

素材の持つ世界観の違いで、出来上がりの

コーディネートが180度違うものすることが

出来るのが「基本のアイテム」なんです。

だからこそ、こうしてくどいようですが(笑)

「ネイビーバスケット無地ジャケット」を

お得な機会があればご案内しているというわけです。

ちょっと温かみのある、毛足のある柔らかい

この風合い。そして少し杢(モク)調に織り上げられた

奥行きのあるネイビーの色感。

CIMG5954

カジュアルにもドレスにも使えます。

サキソニーグレースラックスや、スエードシューズ

といった毛足のある素材感とも相性は抜群です。

またシャツにカーディガンを間に挟むもの

この生地がより活きる手法かもしれません。

例えばネクタイするなら、セッテピエゲの

優しい柔らかい空気感も相性良くはまって

くれます。

白パンはもちろん合いますが、

スラックス型の白パンにすると、このジャケット

の魅力が一段と引き出されるでしょう。

CIMG5954

極力色数を絞った、上品なアイテムたちと

コーディネートすると、この生地の魅力が

一層引き立ちます。

”微差”。その微差が

「オシャレな人」か、

「オシャレが好きな人」かを

大きく印象で別れさせる元なんです。

同じ「SUSHI」でも「SAKE」でも

”微差”を楽しみながら時間を過ごすことは

やはり大人でしか楽しめない面白さだと思います。

このネイビージャケットは「夏以外」着ていただ

けますので、BARBERA×H.LESSERの素晴らしい

「ネイビーバスケットジャケット」をお楽しみ

ください。

さて、次は

『 ネイビー × チェック 』です。

CIMG5955

素晴らしい生地とはこういうことですね。

本当に上品で、かつお洒落。

グレースラックスなどはもちろんピッタリ

合いますが、

白パンツやオフホワイトパンツなどで、

シャツもネイビー~ブルー系で、

ストイックに、色を使わず、ネイビー~ホワイトの

グラデーションの一軸でコーディネートしていただき

たいジャケットですね。

CIMG5956

例えばニットを合わせるのも、

ネイビーカーディガンやオフホワイトのハイゲージ

タートルとか良いですね。

シャツはネイビー系でも、サックス系でもありです。

ストライプでもチェックでも良いですね。

シューズはネイビー持ってる方はネイビーを。

無い方はダークブラウンスエードを。

CIMG5957

本当に上品なこのジャケットは、

普通なようで普通じゃない、

普通じゃないけど、普通、

な洗練されたネイビージャケットになります

ので、とっても着やすいし使いやすいと思います。

コーディネートの幅はすっごく広くなりますよ。

ネクタイスタイルもバッチリです。

ネイビーソリッド、ネイビードット、

ネイビー×グレーレジメンタル、

主張無く、あくまで”調和”する上質な

ネクタイはさらにこのジャケットを素敵な

ものにしてくれますね。

ジャケットスタイルを楽しむうえで

すっごく役立つジャケットになります。

ぜひ着てください。

以上、とってもとっても素敵な大人の2種の

ジャケットを紹介しました。

ホントに良いですからね。

是非着て楽しんでください。

CIMG5952

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『BARBERA× H.LESSER  ネイビージャケットFair』

■通常オーダー価格 :¥168,000-

■Fairオーダー価格 : ¥84,000-(半額?!)

(カード支払い「可」(JCB以外))

*カード支払いご希望の方は、

7月27日(水)までにお願いします。

■期間 : 7月24日(日)~ 7月31日(日)

*7月31日(日)までは、店休はありません。

■出来上がり : 9月下旬~10月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっと皆様のお洒落魂を楽しませてくれる

ジャケットになりますので、ぜひこのタイミングで

ネイビージャケットを楽しんでください。

皆様の熱き魂お待ちしております。

DRESSERS

 

洋服のシワ

2016.07.17

店主の思い付きコラム

今回は「コラム」なので商品情報はありません。

是非スルーしてください。

洋服のシワ、特にスーツやジャケット、

スラックスなど、ビジネスシーンにおける

それは、なかなかみすぼらしいものである。

本来「正装」としての役割もあるビジネス

ウエアだが、実際には日本では作業着と

化してる意味合いが大きい。

さすがにそれはいかがなものかと思うが、

特にビジネスウエアを「正装」「礼装」、

言い換えれば「身だしなみ」という意識が

無い方は、またの機会に話すとして。。

「身だしなみ」という意味を感じて

着てらっしゃる方々はすでに意識が高いと

思いますので、意識があるに向けて。

いきなり話は飛びますが、松山の飲食店には

以外と、靴を脱いであぐらで食事をするお店が

多い。やはりそこにも、「シワ」や「身だしなみ」

においての町全体の意識がほとんどないからだと思う。

もちろん飲食店側は、いかにくつろいでいただくかを

熟考したうえで、はだしであぐらという

シチュエーションを提供しているのであろうが。

なかなか身だしなみに意識が高い方々にとっては

「え!?」と入店した瞬間思うだろう。

*余談として大体、そういうところは、靴は

脱ぐシステムだが靴ベラが置いてないことがほとんど。

革靴に関しての意識・知識の価値観の違い。

一日着たり履いたりすると、ジャケットや

スラックスは必ずシワになる。それは良いものも

そうでないものもすべてそうなる。

シワのない「0ゼロ」から付いたシワと、

すでにシワになってるものに、さらにプラスで

しわが付くことは、全く違うということ。

ゼロからのシワは、本日の生活シワなので

あまり不快感を与えない。

しかし、蓄積されたシワはなんともみすぼらしい。

出張中などは仕方がない環境はあるが、

日々の生活の中ではシワがほぼほぼない「0」

の状態にしてから、着ることが重要になる。

だから着たら数日置いてからまた着る。

適時にアイロンでプレスするなどのことが

特に重要になってくる。

もう一度言うが、いいものもそうでないものも

必ずシワになる。

もちろん良いものに出来たシワは汚く見えない

という特典付きなので、出来るだけいいもの

にこしたことはない。

例えば、私の昔話で、まだ新人だったころ

”個室で行けるところを探して人数分予約して

おくよう”指示を受け、夜の飲む会の店を

探して予約しておかなくてはならなかったとき、

個室ということばかりを意識して予約した。

さて、実際に行ってみると、確かに

素晴らしい空気感で個室なのだが、、、、

靴を脱いで、あぐら方式のお店だった。。。

やばいと思ったが、案の定、先輩たちに

めちゃくちゃ怒られた。。

はなっから「洋」服なので、”あぐら”や

”正座”を全く意識せずにスラックスは

作られている。

なので、スラックス側からしたら、

アリエナイ方向、アリエナイ引っ張り方

をされてむちゃくちゃな態勢にされてる状態。

もちろんスラックスは一気に疲弊し、

しわだらけの伸び伸びになってしまう。

ある種仕事道具である、洋服屋さんのスラックス。

仕事道具をいかに丁寧にきれいに扱うかが

大事だと思うが、真逆の行為になってしまう。。

もちろんビジネススーツで着られたりされる

皆様は我々洋服屋ほど意識高く持つ必要は

無いと思うが、ビジネスマンの方にとって

ビジネススーツはあくまで「仕事道具」。

良いものやお洒落なものは、「基本」があって

初めてかっこよく見えるもの。

その「基本」は、『身だしなみ』。

まずシワに対して意識高く持つことが大事に

なると思う。

全ての行動に「極力」ではあるが、シワを

意識しながら行動すると、嬉しい特典もある。

それは「動作が紳士的になる」ということ。

例えば、膝は90度以上曲げない、とか、

椅子に座るときにはスラックスの前側の生地を

少し持ち上げるとか、

シワを意識すると、姿勢がしぐさが素敵になり、

動作一つ一つが美しくなる。

”極力”シワにならないように意識して

洋服(ドレススタイル)を着ると

着こなしも全く違うものにグレードアップ

しますよ。

ぜひ意識だけでもしてみてください。

 

なんてことだ!!コレはGETしないと!!

2016.07.14

blog

皆様、、、

こんにちは。

今日は素敵な「スラックス」のご紹介です。

ななななななななんと!!!

『 FOX BROTHERS 』の

スペシャル生地でスラックスのご案内です!!!!

 

CIMG5945

なんとですね~~、

FOX BROTHERSのフランネルの中に、

「570gms」もある、し~~~っかりとした

スペシャル生地が「This is 定番」の

カラー、三色でご用意あるんです!!!!!!

CIMG5939

そう!!!

・チャコールグレー

・ミディアムグレー

・ライトグレー

です!!!

やはり、大人は、絶対に持っておかなきゃいけない

三色でしょう。

しかも「FOX BROTHERS」と来れば

これ以上ない最高のサキソニースラックスになること

間違いないですからね。

正直Fairと言っても、価格はやはりそれなりに

します。

「でも!!」

そう!「でも!!」なんです。

こういう「定番」「紳士服の基本」というべき

グレーフランネルスラックスは、

絶対に廃れないものだし、

(過去200年廃れてないから、きっとここから

最低50年は廃れることはないのではと勝手に

考えています)

時代の進化が進もうと、今現在我々が生きて

着用してるものがあと50年やそこらで全く

違うものになるということは考えずらいですよね。

そういう意味で、今回の「FOX BROTHERS」の

ヘビーフランネルは、「長持ち」というスラックスにおいて

特に重要な価値観においては「投資の価値あり」の

絶対的なスラックスになります。

 

CIMG5943

こういうものこそ、真の価値あるスラックスです。

もし行けるようなら、こういうお得な機会に三色とも

お持ちいただきたいです。

せめて1本でもこういう価値あるスラックスは

履いていただきたい。

絶対的定番で、変化がないものだからこそ、

長持ちする、そして型崩れしない、

最高のスラックスをお持ちいただきたい。

「これがあるから大丈夫」というものを

どれだけ自分のものとして保有しておくかで

その世界の楽しみ方が何十倍にも膨れ上がります。

今回のスラックスはそういうやつです。

CIMG5946

絶対的エース、絶対的定番を最高の生地で

長く履いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FOX BROTHERS ヘビーフランネル

スラックス パーソナルオーダー FAIR 』

■通常オーダー価格

● 1本 : ¥74,000-

■Fairオーダー価格

● 1本で : ¥49,000-!!!!!

● 2本で : ¥89,000-!!!!!

● 3本で : ¥119,000-!!!!!

(カード支払い「可」(JCB以外))

*ちなみにスーツの場合Fair:¥149,000-

(3ピーススーツは:¥178,000-)

■期間 : 7月14日(木) ~ 7月17日(日)

(*7月18日(月)~7月22日(金)は店休)

■出来上がり :少しお時間いただきます

10月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の腰から下のスラックス事情はこの

スラックスにお任せください。

このスラックスは行かないと後悔する

パターンのやつですね。

DRESSERS

 

 

パンツの丈(思いつきコラム)

2016.07.14

店主の思い付きコラム

「パンツの丈」

パンツ、特に大人の世界におけるスラックスの「丈」。

私は松山に来て7年経とうとしてるが、最初お店を

やりだした時くらいには、驚きの連続だった。

*先にお伝えしておきますが、今回は

”思いつきコラム”なので商品紹介は一切ありません。

ぜひスルーしてください

たくさん驚きがあった中の一つが、

「スラックスの丈」だ。

街を歩くビジネスマンの方々を観察してると、

一様にスラックスの丈の長さが異様に長いことに

驚いた。別に東京が正しいわけではないが、

やはりスーツやスラックスには「基本のサイズ感」が

あるもので、ある種の「ルール」が存在する世界。

それは世界標準という意味で。また現在、前後5年

位の「常識」というものが存在する。

いわゆる雑誌的な言い方をすると、ワンクッションだの、

ハーフクッションだの、ノークッションだの、

良い方はそれぞれに存在するが、もしそれに当てはめると

”スリークッション”とでも言えるのではないか?と

思うパンツ丈の人がまさかのほとんど。

これにはすごくびっくりした。

履いてる人は決して決して悪くない。そういうもんだと

信じて履いてるからだ。

そういうスリークッションくらいのパンツ丈を

平気で履ける文化にしたのは、間違いなく「店舗」だ。

販売提案するときに、「こういうものだ」とお客様に

アナウンスというより、何も聞かない、お伝えしないで

「これで大丈夫です。これで終わました」感で

採寸を終わってるのが全ての要因だろうと思う。

だから最初のうちはお店にいらしていただく方の

ほとんどが、3スリークッションくらいのパンツ丈で、

それはあまりよろしくないことだとお伝えし

ご理解いただき、さらにうちでのものはそうはしないで

お作りいただくことが至難のことだった。

でも今はDRESSERSにご来店いただく方の

ほとんどが、正しいというとまた語弊を生むが、

語弊を恐れず言うと、正しい丈できれいに美しく

普通に履いていただけるようになっている。

もちろん街の中にはまだまだ本当にたくさんの

スリークッション丈の方がいらっしゃるが、

せめて現在ファッションにご興味ある方には正しい

丈で履いていただけるように今からもお店を通して

尽力したい。

もちろん、今はそうでもなくても、何かしらの

きっかけからファッションを好きになっていただける

ようにお店としてもたくさんの試みをして

いかなくてはならないとも思う。

私は自身のお店以外のものを「実験」で色々と試すのも

仕事と考え、たくさんのところで、試着や接客を受け、

実際に買って確かめる。

先日、ある洋服屋さんでズボン(スラックス)を買ってみた。

もちろんこちらが洋服屋ということは一切告げずに。

全て店員さんの言うとおりに、おススメされるとおりに

従ってみる。これも僕にとっては実験。

さあいざパンツ丈を合わせることになった時、

靴を履こうと思ったら、「靴は脱いだまま採寸します」

ということ。なかなか私的にはアグレッシブな

採寸だが、そこはもちろん乗ってみる。

すると、床にかかと側の生地がちょうどぴったり

着くところでクリップを止めた。

”あ~~~このタイプか。。”と。

いろんなところで採寸していただくとき、

このバージョンは実に多い。

昔のジーパン屋さんが多く用いる手法。

でも2016年、時代が進んだ現在もなんとも

アメリカ的な「大は小を兼ねる」感の

採寸が色濃く残っている。

これは”地方都市だから””田舎だから”でいいんだろうか?

と痛烈に思った。

たしかに一般の方は、お店で言われるがまま、

店員さんが良いというのだから、

洋服屋さんがちゃんと良いようにしてくれたものだから、

ということで信じて履いてる。

それでいいと思うし、店員さんの意見を尊重してくれる

お客様と販売員さんの関係性は素晴らしいことだと思う。

*東京では販売員さんの意見はお客様にとって

あまり重要視されないようになってきてる気がする。

一概に東京と大きく言うのもおかしいが、お客様が

店頭にいる販売員を信頼していない状態なのでは?

といつも思う。。なぜだろう。。(余談)

実際スラックスが出来上がってきても、もちろんだが

かなり長い。(もちろん自分のところで再修理するの

だが、)結果として靴履いた時にはまさにスリークッション

の状態。

そうなるともちろんスソ幅やヒザ幅の変更などの

サイズ調整は皆無なので、、、、、。

これも実際よくある。

初めてお店に足を運んでいただいた方が

「え!?裾の幅ってお直し出来るんですか???!!」

これも本当に多い。

出来ないパンツは無いくらいのことだが、こちらも

販売時(購入時)に店員さんが誰一人として

アナウンスしてきたことがないからだろうと推測する。

これも地方だから、、と終わらせてはいけないこと。

それはなぜか。

履かれたお客様が県外などの方と合うとき、

会う相手が、現在のファッションの常識・ルールを

ご存じで、準じた服装をされてらっしゃるとき、

常識知らずで損をするのは、スリークッションの方

だからだ。

その方が変に見えないように、さらに言うと

良い印象を持ってもらえるように、

引いてはその服を着たことで、自分の心も

ハッピーになり、相手からも評価を受け

さらにハッピーになり、という

そういうことに、出来るだけなるように

先導させていただくのが

我々ファッション販売員の役割なのではないかと

強く思うし、これからもそういう役割を

任していただけるよう、真摯にファッションと向き合い

出会った方々に楽しんでいただけるよう

さらに精進しなくてはと強く思う

今日この頃です。

(コラムは、完全に個人の見解です。

ご批判・ご意見は一切受け付けませんので

了承ください)

 

 

 

デタ~~!『CARLO BARBERA』CREAM FLANNEL Special PRICE Order Fair !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2016.07.12

blog

皆さん、こんにちは。

先にお伝えしておきます。

明日、7月13日は水曜日で定休になります。

さて、皆さんに素晴らしい生地で

しかも素晴らしいプライスで

オーダーいただける生地がご用意出来ました。

イタリア生地の宝

「 CARLO BARBERA 」です。

カルロバルベラと言えば、イタリア生地の

最高峰のクォリティを展開しながら

どことなく英国の香り漂う、紳士には

たまらない生地ですね。

そのカルロバルベラから、

私が大大大大大好きな

『 Cream Flannel (クリームフランネル) 』

のシリーズを、「テッパン生地」で

格安でご紹介させていただけます。

生地は超上品なチョークストライプの3色です。

コチラです!!

 

 

CIMG5935

いや~~~~素晴らしいですね、やっぱり。

名前が「クリームフランネル」ですからね~~。

その名のとおり、とろけるようななめらかな柔らかさ

が特徴のシリーズです。

でも!!

着用してる私が言うから間違いない。

「着映え」

「復元力」。。。

最高です!!!!!!!!!!!!!!!

て柔らかく、軽い。

ん~~~フランネルの王道柄が、しかも

『CARLO BARBERA』の『Cream Flannel』で

着用できるなんて!!!

嬉しいし、感動です!

カラーは3色

「ネイビー」・「チャコールグレー」・「ブラック」です!!

どれも素晴らしい。

どれも着てほしい!

まずは「ネイビー」から。

CIMG5925

最高。

ちょっとだけ明るめのネイビーに、

グレーのチョークストライプ。

がちがちに硬い英国紳士風ではなく、

あくまで優しい雰囲気のジェントルマンスーツですね。

白やサックスブルーのシンプルなシャツに

小紋やドットのシンプルなネクタイを

是非合わせてください。

CIMG5925

シンプルイズベストなスーツになります。

ブラックシューズ、ブラウンシューズどちらもOK。

チャレンジしていただけるなら、タートルなどの

にっとと合わせて、スエードシューズで、

スーツをカジュアルに着る着方もぜひ

このクリームフランネルなら可能なので

お試しいただきたいですね。

その時は足元は是非ルームシューズ型で。

次は「チャコールグレー」

CIMG5924

この、チャコールグレーにグレーのチョークストライプは

めちゃくちゃエレガントなんです。

特に黒髪黒目のJAPANESEには、絶対的に似合います。

地とストライプのカラーコントラストが強くない

ので、とても上品になるんです。

これが割とコントラスト強めのものが

よのなかほとんどなので、どうしても

ちょっと強めな印象になるのですが、

これは素晴らしいアンニュイなコントラストなので

すごく上品に紳士的にフランネルを着ていただけるんです。

CIMG5924

もちろんこちらもタートルニットでシンプルに

フレンツシックな装いを楽しんでいただけます。

オフホワイトのタートル着て、白レペットとかも

カッコいいですね。ブラックスエードシューズも最高です。

続いては「ブラック」です。

こちらは提案です。

CIMG5922

ブラックもフランネルで秋冬なら、着れちゃうんです。

もちろんチョークストライ王が基本ですが、、。

サージでピンストでブラックで、、、というのは

DRESSERS的にはナンセンス。おススメしておりません。

あくまでフランネルで、チョークストライプだから

カッコいいと思っています。

CIMG5922

これは、こう考えて想像してコーディネートしてください。

”カッコいい紳士がいます。その方を写真で撮りました。

「モノクロ」で。”

そう。モノクロ写真で撮ったら、黒白グレーの

濃淡でスーツスタイルが表現されます。

実際にコーディネートするときもそうやって

合わせるとめちゃくちゃかっこよくなります。

だからシューズは必然的に黒になりますね。

シャツは白。ネクタイも黒かグレー。

黒白千鳥のネクタイなんかめちゃくちゃ良いですね。

「カラーを使用しないクラッシックスタイル」

は上質なフランネルチョークストライプだからこそ

可能になります。

もしニットなんかを合わせる場合、

グレー、ブラックになりますね。

そのくらいストイックに攻めるからこそ

カッコいいスタイルが出来上がるんです。

ぜひお試しになってみてください。

以上最高の3色をお届けしました。

CIMG5931

これは本当にお値打ちものです。

秋冬シーズンのみ着られるスーツスタイルだからこそ

スーツを季節の素材で、心地よくお洒落しましょう。

皆様のシックでシャイなフランネルスーツ姿、

ぜひとも陰から応援させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 CARLO BARBERA CreamFlannel オーダーFair 』

■通常価格 : ¥168,000-

■Fair価格 : ¥89,000-!!!!!!!(スゴイ!)

■期間 : 7月14日(木)~7月17日(日)(4日間!)

■出来上がり : ちょっと時間いただきます。

10月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このシリーズ着用してる僕が太鼓判押します。

是非チョークストライプフランネル、

着てみてください。絶対着こなしが今まで以上に

面白くなりますよ。

<番外編>

分かる人には分かる。

メッチャカッコいいスーツのオーダー生地オススメです。

『 ダークネイビー細畝コーデュロイ ストレッチ 』

 

CIMG5938

これ、ダークネイビーのコーデュロイです。

しかも細畝。

しかもストレッチ。

けっして一般的にビジネスで着られるものではない

ことは重々承知です。

少し砕けたスーツスタイルでも構わないお仕事の方々、

コレ、やばいです。

CIMG5936

 

これを、セットアップのスーツで作るんです。

足元はローファーや白レペットなんか合わせたりして。

しかも、ジャケットの方は、敢えて

腰ポケットはパッチポケットではなく、

切りポケットでフラップなし。

そしてベントはノーベント。

あくまで生地自体がカジュアルなコーデュロイなので

ディテールは思いっきりドレススタイルに

引っ張っていくことで成り立つカッコよさです。

何だったら、パンツの裾はシングルにする。

ニットと合わせたりするとさらにエレガントです。

CIMG5937

しかも最強「ストレッチ」なので、かなり使えます。

もちろんタイドアップされてもかっこいいですよ。

ピンオックスのBDにネイビーニットタイとか、

白のラウンドカラーシャツにシルクのネイビー無地タイとか。

分かる人には分かる。

めっちゃかっこいいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ダークネイビー細畝コーデュロイスーツ 』

■通常価格 : ¥160,000-

■Fair価格 : ¥89,000-(!!!!!!!)

■期間 : 7月14日(木)~7月17日(日)(4日間)

■出来上がり : 10月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直めちゃくちゃかっこいいです。

愛媛松山でこれ着てる人いたらこの街やばいですね。

ステキです。

皆様のオーダーお待ちしております。

(生地残がどれもかなり少ないらしいです。)

*ちなみに7月18日(月)~22日(金)は

出張のため店休になります。

DRESSERS

マッテマス!!!

 

 

DRESSERS的大人の定番「デニム」

2016.07.09

blog

皆様、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

明日は日曜日ですので、PM6:00まで

とさせていただきます。

また、月曜日(11日)は、PM3:00~の

OPENとさせていただきます。

本日は、「デニム」です。

やはり大人の男性には欠かせない、

”きれいなデニム”。

DRESSERS的にはやはりここの本物を

皆様に履いていただきたい。

 

CIMG5915

 

CIMG5912

 

CIMG5919

何もかも本格仕様のこのデニムは、大人の男性には

是非必ずコーディネートに取り入れてほしい一本です。

CIMG5913

 

CIMG5916

まだ履かれたことない方は是非お試しください。

すでにガンガン履かれてて、割と色も落ちてきたな~

って方は、是非2代目を追加して、色の具合の違いで

履き分けてコーディネートを楽しんでください。

CIMG5921

もちろん「LIVERANO&LIVERANO」です!!!

なんと言っても、世界を代表するテーラー

AntonioLiverano氏が、いかに大人に合うかを

考えて、普通デニム業者はやらない、

ヒップから下の後ろ身頃のみを削ってしまうという

普通には発想に無い、やはりテーラーだからこそ

出来る考え方の美しいデニムが出来上がりました。

見てください。

このウエストライン!!

スラックスたたみで敢えて写真撮ってみました。

CIMG5917

おなかの下に当たる部分から、

ギュィ~~~~~~~~~ンと沿って

後ろに行ってるのがお分かりいただけるでしょうか。

スゴイです。

なんかテーラーが作るデニムって、

股上深そうでしょ??

でもこれが結構浅いんですよね~~。

しかも、腰骨周りにビシッとはまる感覚で、

ウエストボタン止まればOKみたいなくらいが

ジャストサイズです。

これでは座れないんじゃないの~?って

感じても、あら!不思議!!

なんでこんなに楽なの????

っていう感じなんですよ。

不思議です。

やっぱり世界のテーラーは違いますね。

 

CIMG5910

やっとサイズが今、ちゃんと揃ったので

是非このタイミングで履いてみてください。

やっぱり良いですよ。

CIMG5914

因みに、下は、先日フィレンツェ行った時の

大崎氏のプライベートショット

DSC_3053

柄シャツにLIVERANOデニムに白スニーカーです。

DSC_3106

ネイビーブルゾンにデニム。

ステキですよ。

皆様是非!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『LIVERANO&LIVERANO デニム』

PRICE:¥37,000-(税込¥39,960-)

SIZE : 29・30・32・34・36・38

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ大人の定番として取り入れてみてください。

やっぱり必要ですよね。

DRESSERS

 

 

 

 

 

 

 

 

『 SHETLAND TWEED 100%』オーダージャケットFAIR    &店休のお知らせ

2016.07.05

blog

皆さん、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

明日、明後日(7月6日(水)と、7月7日(木))は

店休とさせていただきます。

さて、本日は、来たる秋冬に向けて

DRESSERSが自信を持ってお届けする、

DRESSERSらしい、DRESSERS的な、

ジャケットスタイルのジャケットのオーダーを

ご案内します。

あなたの大人のジャケットスタイルがもっともっと

面白くなる生地ジャケットですので、

ステキなジャケットスタイルをあなたのものに。

おススメさせていただく生地は、

『 W.BILL 』のものです。

英国の伝統を受け継ぎ、イタリアの巨匠テーラーなど

世界中にこの生地のファンを持つ、最上級ツイード

ジャケット生地です。

 

CIMG5901 CIMG5899

これは、SHETLANDウール100で織り込まれた、

さすがとしか言いようがない生地のものです。

スコットランドの北、シェットランド諸島で生息する

羊ちゃんの毛です。

厳しい寒さに耐えうる「保温力」や、

海藻なども餌としてるので「毛質がかなり柔らかく」、

もちろん「丈夫」、

そして「軽い」のが大きな特徴です。

軽さと柔らかさと、保温力で、良く高級セーターなんかに

使われたりしますよね。

(*余談として、”シェットランドっぽい”ウールでも、

世の中ではシェットランドウールとある種、「総称」

で呼ばれていることも多々あります。。。。)

もちろん、世界最高峰の「W.BILL」ですので、

中でも最高級のものしか使っていません。

そんな最上級のツイードで、DRESSERS的、

「上品」スタイルのジャケットを、是非この秋冬は

着ていただきたい。

ツイードにもいろいろありますが、

このW.BILLのツイードは、とにかく「柔らかい」!!

着た人は「これがツイードなの???」って驚かれる

くらい柔らかいんです。

しかも耐久性も高く、保温性も高いので、

大人のジャケットとしては大活用できるものに

なるのですっごくおススメしてます。

今回はこちらの4種をご提案します。

CIMG5884

いや~~~来ましたね~~~。

「上品」「上質」。

「シック」で「シャイ」。

「洗練されてるけど、決してこれ見よがしではない」。

DRESSERSスタイルを体現したような4種の生地です。

まずはやはりここからでしょう。

『 ネイビー ヘリンボーン 』

CIMG5891

たまらんですよコレは!!!

デニムなんかのカジュアルスタイルにはもちろんバッチリ。

そうそう、お伝えするの忘れてましたが、

このSHETLAND TWEEDは、ウール100%ですが、

なんでこんなことに!!??

ってなるくらい、着てるとすっごく伸縮性を体が感じるんです!!!

だから着ててすっごい楽ちんで、ジャケットというアイテムを

着てることを一瞬忘れてしまうような感じなんです。

すごいんですよ~~~。

CIMG5890

やはりネイビージャケットに勝るものなし!ですからね。

ツイードでネイビージャケットをお持ちでない方は

ぜひともこれをお試しください。

しかもコレ、タイドアップも行けますからね。

汎用性高いな~~~。

タートルネックなんかと合わせて、お決まりの「冬に白デニム」を

合わせて、スエードシューズをサラッと履いても良いでしょうし、

ネイビーやサックスのロンストのBDシャツに、ネイビーや

グレーカーディガンを着て、ライトグレーのサキソニーパンツを

履き、足元は白シューズっていうのも最高ですね。

襟を軽くサラッと立てて。

ん~~~~どう考えても素晴らしい!!!

是非!!!

次も良いですね~~

『 くすんだネイビー 』

CIMG5893

これはコレでまた「上品」なんですよ~~。

白デニムとの相性はバッツグンですね。

ネイビーのタートル着て、少しポップなストールを

たらし、ネイビーのローファーなんかで合わせたら、

クゥゥゥ~~~~~~~!!

たまりませんね。

CIMG5892

ネイビーではない、少し淡い色目が、なんていうんでしょう

育ちが良い感じ?に見えて、なんかいい人そうな空気感を

プンプンにAIR出してくれますね。

ネイビーデニムとはもうSET感覚ですね。

グレーパンツはもちろん合うので、

ネイビーサキソニースラックスなんか合わせちゃって、

オフホワイトのタートルとか着ちゃって、

足元ネイビースニーカー、でもチーフには赤色混じってる、

なんて超カッコいいですよね。襟ちょっとだけ立て~~の。

ん~~素晴らしい。

次も最高。。

「 くすんだネイビー×ネイビーペーン 」

CIMG5896

これは秋冬でチェックジャケット着たことない方には

着てほしいんですよね~~。

このくらいの良いバランスが、スウ~~~っと

チェックジャケットを着られる「門」的ジャケットに

なるので、入りやすいですよね。

CIMG5895

コーディネートは慣れたらガンガン攻めていいと思いますが、

最初のうちは、王道の合わせでしっかりときれいに決めていくのが

良いと思います。

そうすると、いつの間にかチェックジャケット着ること自体が

何でもない感じになってくるので、そうしたら

お洒落の幅が広がってもっともっと楽しくなると思いますよ。

例えば白のボタンダウンんシャツに、ネイビーデニム。

足元はブラウンスエードチャッカーとか。

サックスグルーボタンダウンシャツに、白デニムで、

ブラウンスエードチャッカーとか。

そういう王道をシンプルに着て行くのが良いと思います。

最後はコチラ。

結構ぶっ飛んでますよ

「ライトグレー、というかオフホワイト」

CIMG5898

かなり明るいグレーです。

これ着てる大人の人、しかも冬に。

超~~~カッコいいでしょう。

グレーサキソニーを合わせると何気にしっかり

安定した大人の着こなしが出来るので、それは

絶対ですね。

コレにわざとオフホワイトタートルをかませて、

黒グレーの千鳥や、グレンチェックのサキソニー

スラックスを合わせて、ブラックスエードシューズを

履いちゃったり!

クルーネックのグレーのニット着て、

白デニム履いて、ブラックオールスターなんか履いちゃって。

首元にはなんか巻いちゃったりして!!

ん~~素晴らしい。襟ちょっと立てちゃって。

CIMG5897

なかなか大人の遊べるジャケットになりますよ。

それも何もかも、この今回紹介するW.BILLの

生地だからこそこんなに遊べて汎用性が高いんですよね~~。

ということで4種の生地をご紹介ました~~。

CIMG5889

いや~~~どれも4者4用良いですね~~~~。

迷っちゃうな~~。

この生地だからこそ、大人の男性が楽しんで

遊べちゃうジャケットになるので、

是非プッシュします。

大人の皆さん、みんなで遊びましょうよ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 W.BILL SHETLAND100% Jacket オーダーFair 』

■通常価格 : ¥125,000-

■Fair価格  : ¥89,000-!!!!

(カード支払い「可」(JCB以外))

■期間 : 7月8日(金)~7月15日(金)まで!!

■出来上がり : お受けしてから 約60日程度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!!

DRESSERS

 

1 / 3012345...102030...最後 »
ページ先頭へ