DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

1 / 1212345...10...最後 »

夏の強い味方 『 FINMERESCO 3PLY 』

2018.04.24

blog

皆さん、こんばんは。

まず、各種めちゃくちゃ格安の各種Fair,

明日4月25日(水)までです!!!!

(明日は水曜日ですが、PM2:00~PM7:00で営業してます!!)

大人の夏の強い味方、「サマーウール」。

一般的にサマーウールと言うのは、夏に向けて考えておられたウール生地全般を

言います。特にメジャーなのが、トロピカルという、細いウールで平織で

織られた、やわらかな通気のいい、肌触りのいい素材ですね。

でも今回紹介するのは、「真夏用」?

トロピカルよりも、さらにシャリシャリして、さらに通期が良く、

なにより最強に強い生地と言うのが売りな生地です。

シワになりにくく、型崩れしない。頑丈で通気がスゴイのが特徴の生地です。

今回紹介するのは

『 FINMERESCO 』!!!

飛行機が地球を飛んで回ってるマークからも想像できるように、

「飛行機乗っていくような長時間の出張にも耐える強度と保形性を持っています」

ってのが最大の売りです。

実際に、この生地の頑丈さはすごいです。

で、実際に涼しいです。

ほとんどシワにならないのに、シワになってもすぐに復元してしまうこの生地は

湿度の高い日本にはなおさら素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

その中から「3PLY」というこれまた最強の強度を誇る織り方であるのが

今回ご紹介したい生地。

強度強度と言うと、なんか硬そうですが、それが全然!!!!!!!!!!!!

むしろ柔らかい!!!!!!!

「オススメ」という言葉が素直に当てはまります。

今回オススメするのはこの2つ。

「ベージュ」と、「ライトグレー」です!!!!

良いんですよこれが。

ライトグレーは、単品スラックスで仕上げると、ま~~~~~重宝しますよ。

涼しいし、頑丈だし、いつもきれいなシルエットキープしてくれるし。

日本の紳士の夏には最強です。

もちろん「セットアップスーツ」的に着るのも最高ですね。

ライトグレージャケットは、パッチポケットにして、単ジャケ仕様に

しておいたら、白パンや、グレースラックスとも清潔感もって合わせられるので

結構重宝しますよ。

なんでもないライトグレーの生地なんですけどね~~~。

着た人にしかわからない、かなりこの子良いパフォーマンスするんです!!

夏はこれしか着ない!って方もいらっしゃるくらいです。

奇をてらわず、時期に合った、気候に合った「良いもの」を。

是非!!!

そして

「 ベージュ 」

こういうのがカッコいいんですよ~~。

ベージュのスラックスを夏にサラッと履いている。

クゥゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

ニットポロとさらりと合わせてたり、白やサックスのリネンシャツと

さらりと合わせてたり。少しパンツ丈短めの少し太めのダブル幅で仕上げて

スリッポンなんかでさらりと夏をこなしちゃう。

ん~~カッコいい。

もちろんこれもセットアップスーツとしても最強!!

これもパッチポケットにして、グレースラックスや白パンで決めちゃう。

またポロシャツでセットアップスーツで、白キャンバスデッキシューズ

なんてのもありですね。

ベージュのコットンスラックスが定番なように、その素材がウールになるだけで

300%増しでおしゃれになりますよ。

以上『 FINMERESCO 3PLY 』のスーパーオススメをご紹介しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FINMERESCO 3PLY オーダー Fair 』

■通常スーツ価格 : ¥160,000-

■Fairスーツ価格 : ¥96,000-!!!!!!!!

■通常スラックス価格 : ¥48,000-

■Fairスラックス価格 : ¥37,000-!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 4月25日(水)~4月29日(日)

■出来上がり 6月~7月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!!!

DRESSERS

 

『 僕とハリソンズ~FRONTIER~ 』

2018.04.24

blog

「文化を創る」

店主の思い付きコラム

皆さん、こんばんは。

今回は特にFairとかではないので、是非すっ飛ばしてください。

『 僕とハリソンズ~FRONTIER~ 』

僕はお店をやり始めてかれこれ10年になる。私はお店をやり始めてから

2年目からオーダーをお店で始めた。いろんな方のご縁と、恩恵により、

私が心から良いと思えるスーツを展開させてもらえた。そして同時に、

世界最高峰の生地も取り扱いをさせてもらった。本当に僕は運がいい。

オーダースーツを実際にお店でお客様にご案内しだしたのは、3年目から

だっただろう。今も昔も変わらず、「実験」として服を着る。

自分でいろんな生地やラインを作ってこうだったらどうかああだったらどうかと

毎日実験の日々。自分で着て良いと思ったものしか展開しないという、

個店のこだわりを今も意地で貫いている。

オーダーをDRESSERSで始める時に、光栄なことに、英国生地最高峰の

「HARRISONS」を取り扱わせていただくことが出来た。仲介もしてくれた方に、

「ハリソンズの中でまずは、どのシリーズを実験してみたらいいですか?」

と聞くと、迷わず

「 ”フロンティア” が良いよ 」と教えていただいた。

僕は早速フロンティアの中から、ネイビー無地と、グレーストライプの生地を

選び、自分用に作った。

出来上がってきた。お客様と違い「実験」として服を着る僕としては、

出来上がってきたものに対してワクワクといった感情はほとんどない。

眉間にシワ寄せてみる感じ「コレはどうなんだ?良いのか?悪いのか?」

DRESSERSモデルにFRONTIERを乗せてみたスーツに初めて袖を通した。

その瞬間、僕の頭の中では、

「ん?。。硬いかな、、、。」

一瞬そう思ったが、すぐに、

「いや、コレはイギリス生地だ。ここから段々と馴染んでくるんだ。まずは

じっくり着て生活してみないと良さは分からないな。」と思った。

やはりお店をやるまでに、数えきれないほどのイギリス生地を着てきた経験が

あるので、生地が変化していくことは体感として理解してたので、

まずはじっくりFRONTIERを着てみようと思った。

基本的にFRONTIERは、日本の気候を考えると、3月~11月くらい

着ることの出来る、真冬以外一年のほとんどを過ごすことの出来る生地なので

自ずと着用回数も増えていく。

実験なので、真夏の暑い日も、汗をかきながら着て、春にはコットン

カーディガン、秋にはウールカーデガンを中に羽織り、幾度となく着た。

数あるイギリス生地の中でも、着てる本人が分かる、感じられる速度で、

「良いね~~キテルね~~。柔らかくなっていってるね~」と

日に日に生地が柔らかくなり、生地への肌触りがとっても優しくなっていくのが

分かった。

「コレは良い!!!」と改めてハリソンズのすごさを体感した。

そして変化を楽しめる速度で馴染んでいく「FRONTIER」の生地を

改めてすごいと思った。

「コレは高価だけどお客様に着用していただいたら、2年3年目以降には

”これ良いですね~~”ときっと楽しんでスーツを着ていただけるはずだ!」

と確信した。

今、僕の初代のFRONTIERのスーツは現役で、8年目のシーズンを迎えている。

僕はお客様にFRONTIERでオーダーいただいた出来上がりを、新品の状態で

見させていただくので、僕の7年着こんでいるFRONTIERとどれだけ違うのか、

僕の生地のほうがどれだけ良い生地になっているかが良くわかる。

僕が自分で着てみて実験して「これは良い」と思ったものを、素直に

「これ良いですよ」とお店で紹介する。それを信じていただいて、

オーダーで作っていただいて、「これ良いね」と思っていただけるときが

すごくうれしく幸せに思う。

ハリソンズのFRONTIERは「良いです」。

もっと正しくお伝えするなら、

「ハリソンズのフロンティアと、DRESSERSのモデル・作りは相性がとっても

良いです。」

そして同時に、大げさな言い方ですが、

「お客様が着て、人生を少しだけハッピーにさせてくれるもの」

として”良い”です。

どんな蘊蓄や知識、また多種多様な作られた情報より、

実際に体験して肌で感じる「体感」を大事にしてこれからも

「これ良いですよ」とお店をやっていきたいと思います。

「僕とハリソンズ~FRONTIER~」の話しでした。

 

これも良い「ARISTON」ジャケット3者混

2018.04.23

blog

皆さん、こんばんは。

明日明後日、火曜日(24日)・水曜日(25日)は)営業しております!!

(PM2:00~PM7:00で営業してます!!)

先ほどH&Sの美しいジャケットご紹介しました。

こちらも良いですよ。

『 ARISTON 3者混 ベージュチェック 』

ウール+シルク+リネンの3者混。

めっちゃ美しい。

着ると別格に「良いジャケットだな~~!!」ってなるのがARISTON。

こういうの着てほしい!!

2着だけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON 3者混 ベージュチェックジャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥150,000-

■2着限定オーダー価格 : ¥119,000-!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 4月23日(月)~4月26日(木)まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!

DRESSERS

『 HOLLAND&SHERRY 』の美しいジャケット Order FAIR

2018.04.23

blog

皆さん、こんばんは。

ひとつ前の「FOX BROTHERS」のFair、この時期だからこその価格ですから!

ぜひ!!!!

さて、とっても「美しいジャケット」を。

英国のTOPに君臨する『 HOLLAND&SHERRY 』。

やはり価格も目が飛び出るものが多いです。

でもやはりその分生地は最高です。

生地クォリティはもちろん、「発色の良さ」がなにより素晴らしい。

特にジャケット系は、春夏も秋冬も、「ここしかない!」という

素晴しい色、柄があるのが、HOLLAND&SHERRYの特徴です。

実際に結構高価なので、周りにあまり着てる人が少ないということも

ファッション魂からしたらグッとくるポイントでしょう。

スーツ地は百貨店系で多く見られますが、ジャケットを「HOLLAND&SHERRY」

でおしゃれにさらりと着られてる方はそうそういません。

今回は、無地の「美しいジャケット」を紹介します。

どれもほれぼれするような、着るのが楽しくなるジャケットです。

ぜひこの機会に『HOLLAND&SHERRY』のジャケットを着てみてください。

すごく良いので虜になりますよ。

おススメしたい色は下の5色です。

 

なんて美しいんでしょう!!

発色が良いのに、ちゃんと大人感のある落ち着いた雰囲気は、やはり最高峰の

『HOLLAND&SHERRY』のなせる業です。

まずは

『 オフベージュ 』

こういう中間色の美しい色は”カタカナ表記”での色の伝え方が難しい。。

何色です!って正確にお伝えできない、複雑な色同士が絡み合って

なんとも言えぬ美しい色を出してるんです。

この色もすごく美しい。下のパンツにはグレーのサマーウールのスラックスを

想定しています。爽やかで優しい印象のジャケットになります。

次は

『 ライトブルー 』

こちらも一言で「ライトブルー」と表現するような簡単な色ではありません。

とにかく美しい。白いパンツやグレースラックスでシンプルに着れば、

誰かが着てるようで誰も着てない、すごく美しいジャケットになります。

『 サックスブルー 』

あまり日差しの強くない時の写しい空の色と言った感じです。

こちらもグレースラックスや白パンツできれいに着られると、夏の清涼感

紳士的着こなしの美しさが表現できます。

こういうきれいな色のジャケットを着ることは、着ること自体が

楽しくなるものです。思い切ってチャレンジしたものは、その分満足も

大きいものです。

『 グリーンが入ったブルー 』

なんとも美しい色です。グリーンな感じなんですが、優しくブルーが入ってる

ので、全体的にとっても美しい色になっています。

コーディネートはすごく簡単で、白いパンツかグレーのスラックス。

白いシャツか水色のシャツ。シャツは無地でも柄でも。

靴は茶色。それだけです。そのルールにのっとれば大体どんなものも

キレイにコーディネートできます。誰も着てないけど、周りに馴染む。

素晴しく美しいジャケットです。

『 ピンクグレー 』

梅と桜を足して2で割ったような素晴らしく美しいジャケットです。

デニムやベージュパンツなどすごく似合います。

もちろんグレースラックスは合います。

春夏にこんなジャケットをさらりと着るのも大人ならではですね。

惚れ惚れします。

<番外編>

『 グレーチェック 』

 

ちょっと薄めのグレーで構成されたチェックのジャケット。

グレースラックスと合わせることで、清涼感ありながら、スタイルが良く見える

ジャケットになります。ただ白いデニムと合わせるだけでカッコいいです。

こういうのをシンプルに夜やゴルフに着てる大人の男性はやはりカッコいいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 HOLLAND&SHERRY 美しいジャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥143,000-

■Fairオーダー価格 : ¥99,000-!!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 4月23日(月)~4月~26日(木)まで!!

■出来上がり : 6月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人の男性の皆様のジャケットライフ、楽しんでいきましょう!!

26日(木)までです!お待ちしております。

DRESSERS

『 FOX BROTHERS 』!!!!!!!!!!!!

2018.04.23

blog

皆さん、こんにちは。

いや~~いい天気が続きます。

なかなか春は良いですね~~。

明日からは天気が崩れるってことらしいですね。

DRESSERSは、明日、明後日、はお店OPENしてますよ!!

2時~7時でお店開いてます!!!!

何故なら、25日(水)まで!!!!!のFairが色々あるから!!!

その一つが、本日紹介する

『 FOX BROTHERS 』です!!!!!!!!!!!

 

出ましたね~~ここで超一級が!!

MADE IN ENGLANDの最高峰。

フラノと言ったら「FOX BROTHERS」!!

やっぱこういうのが好きなんですよね。

クラッシックな基本のスタイル愛するDRESSERSとしては。

着たら、。やっぱりやっぱり良いですもん。

なんか毎年着て育てていく感じ。

今回は、25日(水)までの特別企画です。

定番シリーズから、4種、10万円切った価格で御案内します!!!

こちらの4種です!!!

完璧ですね。

クラッシックど真ん中!!!!

まずはコチラ

『 ネイビー×ウインドウペーン 』

英国的と言えばこれでしょう!

これをシンプルに普通に着てる大人はさすがにかっこいいですよ。

ラウンドカラーのシャツとかに合わせて、少しチャレンジしたコーディネートで

着てほしいな~~~。

シンプルな無地無地のコーディネートは絶対カッコいいですから!!

続いては

『 グレーバーズアイ 』

ヤバいでしょ!!!コレは!!

「通」中の「通」!!

「バーズアイ」で、「FOX BROTHERS」で、「フラノ」!!!!

キテマスね~~~。

最高ですね~~~。

「それいいね~~。どこの生地?」

「FOX BROTHERSです」

「マジで~~~~~~~~~~~~~~~!!!!」

「超カッコいい~~!!」

かんぺきです!

『 グレンチェック×ブルーペーン 』

This is 英国!!

やっぱグレンチェックにブルーペーンは英国好きには絶対のアイテムです。

しかも本道『FOX BROTHERS』のフラノなら、頂点なので完璧!!!

シンプルなクラッシックスタイルを、10年選手として、じっくり毎年

楽しんでください!!!

『 グレンチェック×ボルドーペーン 』

英国クラッシックの完成形。ダブルのスーツでも、3ピースでも。

もちろんシングルでも。完全なる完成形です。

この時期だからこそのスペシャル企画です!!旬な時期の一番高い時に

「あ~~あの時。。。」ってなっても遅い!!

タイミングってそういうもの。出会いってその時だけのもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FOX BROTHERS フランネル オーダースーツFair 』

■通常オーダー価格 : ¥200,000-

■Fairオーダー価格 : ¥99,000-!!(10万円切ってる~~~!!)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

■期間 : 4月25日(水)まで!!!(3日間のみ!!)

■出来上がり : 8月以降

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期間短いですが、

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!!

ご来店難しい方はお電話でも、メールでも!

DRESSERS

 

 

大人の「清潔」・「清涼感」・ジャケット

2018.04.20

blog

皆さん、こんばんは。

本日、4月20日(金)は、PM6:00までの営業です。

さて、大人のファッションアイテムの「必需品」。

それは「単品ジャケット」。

イタリア生地の最高峰から、素晴らしい「単ジャケ」にふさわしい生地を

見つけたので紹介します。

コレは誰が着ても「良い感じ」になります。

『 優しく淡いネイビーのツイル無地 』

コレです。

いや~~優しい。これはなかなかの良い印象を持たれる大人ジャケットですね。

ツイル地で、伸縮性を備えてるのもいい感じ。そしてすっごく軽い!!!!!!!

周りの大人、また周りの奥様方からも「お洒落で素敵な方ね!」ってなること

間違いなし!それでして、決してこれ見よがしでなく、「品」のあるスタイルが

出来ます。

定番的コーディネートのライトグレースラックスとはかなり完璧に合います。

清涼感ありますね。そして大人(おっさん?)に求められること。

それは、、、、、

「清潔感」!!

大事でしょ。

コレはまさにうってつけ。

ちゃんと「正しい清潔感」が生まれます。

ネクタイするなら、ネイビーやブラウンのニットタイとかは最高です。

で、ノータイなら、こんな感じの美しいペールトーンの薄いチェック柄を

コーディネートすると、さらに清潔感あって印象良いですよ。

これで白パンだったら、もう120点ですね。

これ、使えますから。

是非!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 C.BARBERA 淡いブルーツイルジャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥140,000-

■Fairオーダー価格 : ¥69,000-!!!!!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 4月25日(水)まで

■出来上がり : 6月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人の皆さん!!是非!!!!!!!!!!!!!!!!!!

DRESSERS

 

新作バンチ「 HARRISONS  REQUIEM」

2018.04.20

blog

皆さん、こんばんは。

ハリソンズから新しいバンチが登場しましたのでご紹介します。

コチラ。

 

『 REQUIEM 』というシリーズです。

春夏使用分の生地で、220gms~240gmsととっても軽いです。

でも、さすがのハリソンズなので、復元力や、仕立て映え、

キレイな胸周りの立体感や、きれいなスラックスのラインと言うのを

見事に表現してくれます。

様々な生地種があります。

触り心地が、サラサラで滑らか。さすが!新バンチとして出すほどはあるな~

と感心します。価格もそれなりの高級なものですが、費用対効果の高い

春夏スーツになることは間違いないです。

春夏シーズンにスーツをちゃんと着られる方には、みんな周りが着ないからこそ

こういう良いやつで涼やかにスーツを着てほしいですね。

このあたりなんかは特におすすめです。

 

グレー、ベージュ、ライトネイビーのピンヘッドですが、

シンプルで上質。何も奇をてらわずに、良いものをシンプルに着こなすことは

大人のスーツの着こなしとして最高の着方だと思います。

シンプルなグレーの無地は、シンプルなサックスブルーのやターコイズカラーの

ネクタイを合わせて、爽やかに着てほしいですね。

 

ベージュスーツは、ベージュのニットタイや白ストライプがはっきり入った

ブラウン系レジメンタルストライプのネクタイをするとかなりかっこいいですね。

 

ライトネイビーは、シンプルに白シャツにネイビー地に白ドットのネクタイや、

サックスブルーシャツに白ベースの小紋柄ネクタイなどを合わせてほしいですね。

他にもたくさん色柄があります。

他とは違ういっぽ上の着こなしを「HARRISONS 」の「REQUIEM」で体現して

春夏スーツを着こなしてください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 HARRISONS REQUIEM スーツ オーダー 』

価格 : ¥200,000- (2ピース)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

「 DRESSERS × EmpireMills 」オーダースーツ

2018.04.15

blog

皆さん、こんにちは。

先日DRESSERSのオーダースーツの内容とシステムについて書きました。

今日は、どんな生地があるのかについて少しだけ触れたいと思います。

DRESSERSのオーダースーツは、価格が3段階あります。

「¥130,000-」・「¥160,000-」・「¥200,000-」です。

英国製生地の¥130,000-ラインでご用意してる生地が

『 EmpireMills 』です。

英国感がちゃんと漂う、しっかりとした生地で、出来上がった時の立体感や

着た後の復元力は、さすが英国生地と思わせるものです。

無地でも柄でも、あまり派手派手しい色柄は無く、しっかりと地に足付いた

着やすい色柄が多いのも特徴です。

チェーン店でのオーダーだったりすると5万円台で展開されてるところも

あるようです。外身と中身のレベルが対で、初めて着る方にとって

良いスーツになると考えるDRESSERSとしては、

EmpireMillsは本当にとってもいい生地なので、

中身の作りもちゃんとそれに見合った良いものでする方が

絶対着る人にとって良いスーツになると思います。

やっぱり、見た瞬間「あ、良いの着てらっしゃるな」「なんか素敵」

と思われるか、「お洒落が好きな人なんだなぁ」と思われるかは180度違います。

見た目が良くて、着心地が良くて、長持ち&時代関係なく長く着られる。

DRESSERSは地に”足の着いた最高級”をモットーにしています。

無地もいろいろありますが、こういうのもとってもいいと思います。

春夏生地です。

『 ネイビーシャドーストライプ 』

 

全くの無地ではなく、実はストライプだったってくらいの、落ち着いた感じが

紳士感が出て、とても素敵です。サックスブルーのシャツに水色やターコイズ

などの色のネクタイを合わせて、清潔感と清涼感を演出すると、とっても

キレイに着こなせます。

『 グレー×チェック 』

 

思い切ってこういうのも素敵です。英国生地で作ったスーツで、英国風に

コーディネートも整えれば、自然なコーディネートが完成します。

ボディが水色のクレリックシャツを着て、ネイビー無地ネクタイをしたり、

思い切ってタブカラーの白シャツにネイビー小紋(ドット)ネクタイをしてみたり

するのもとてもいいともいます。

『 ネイビー×チェック 』

これも上記同様、英国感で着るとすごく良いです。

120点を取りに行くなら、白無地シャツも紺無地ネクタイを選び、

ネクタイのノットをしっかり締めてディンプルを作りこんで着ると、

それだけですごくかっこいいです。もちろんシューズはブラックで。

ちょっとだけですが、英国製「¥130,000-」ラインの

『 EmpireMills 』をご紹介しました。

マジメでクラッシックなスーツスタイルをお求めの大人の方にはすごく

おススメです。

ぜひ!

DRESSERS

DRESSERSのオーダースーツについて

2018.04.14

blog

皆さん、こんばんは。

あまりブログ内で、DRESSERSのオーダースーツのシステムについて

触れることが無いので、ここらで改めてお伝えしておこうと思います。

DRESSERSでは、スーツ、ジャケット、スラックス、コート、シャツ、ネクタイ

のパーソナルオーダーをお受けしております。

愛媛県松山市千舟町で看板も出さずに小さく一人でやっているお店です。

最近はありがたいことに、オーダースーツ屋さんというイメージをお持ち

いただいてることが多いです。イメージを持っていただけるということは

本当に嬉しく思います。実際は、オーダー半分既製品半分といった内容で

中身は構成してるんです。

既製品に関しては、2つのルールがありまして、

一つのアイテムに対しての最小限の数量しか展開しないということ、

また同じものは2度と展開しないということ、

を基本として10年やっています。なので、お店にモノ(既製品)が

ほとんどないという状況がいつものことなので、初めていらっしゃった方

にとっては、オーダー屋さんとうイメージになるのは当然です。

しかも、ブログではほとんど既製品について紹介することが無く、

オーダー系Fairがほとんどなので、オーダー屋さんというイメージは

ごもっともという感じですね。。。

で、今回も「DRESSERSのオーダーのシステムについて」ですからなんとも、、、

DRESSERSのオーダーは、当店がカッコいいと思うモデル一型のみです。

そのモデルをお客様の体形によって合わせていくということで

やらさせていただいています。フルオーダーではありません。

モデルはこんな感じです。

 

価格は3つ。「¥130,000-」「¥160,000-」「¥200,000-」の3段階の

価格で御用意しております。

出来上がりは、オーダーいただいてから7~8週間後を予定しています。

出来上がり品質を優先させていただくため、お渡しのご希望日のある

オーダーのご要望はお受けできません。

オーダー採寸は、営業時間外で別途でご予約をいただき、2~3時間かけて

カウンセリング、生地選び、採寸、をさせていただきます。モデルや生地を

ご覧になられたい方は、営業時間中にお気軽にご来店ください。

出来ないことがいくつかあります。

カラーステッチ、裏ディテールの変更、ラペル幅などのモデルの変更等。

お受けできないケースがいくつかあります。

身長185センチ以上の方、体重100キロ以上の方、ウエスト100㌢以上の方。

「DRESSERSモデル」の考え方

DRESSERSはいかに飽きずに長く着ていただけるかということを考えています。

スーツと言ってもトレンドがあります。襟が細くなったり太くなったり、

着丈が短くなったり、長くなったり。ウエストが細くなったり緩くなったり。

パンツが太くなったり細くなったり。。。

20代のころは、いわゆるトレンドを意識した、取り入れたスタイルのほうが

若々しさもあり新鮮です。でも30を超え、様々にスーツを着てきて、何が

大事か、何があると便利かが体感としてわかってる大人は、時代の流れに

左右されず、自分の体形にきれいに合って、無理してなく、いつの時代も

清潔に凛々しく着られる自分のスーツを着るべきだとDRESSERSは思っています。

ですので、各ディテールやバランスは「これが真ん中です」というバランスに

してあります。トレンドとして襟が細い時代には、DRESSERSのスーツは

襟が太く見えるでしょう。着丈が短い時代には長く見えるでしょう。

でも自分に合った良いものを、長く、美しく着るスーツを良しとしてますので、

時代がどう変わろうとも、これが真ん中です、というスタイルになっています。

そういう考えの元、DRESSERSモデルは一型で展開しています。

あと、ブログで期間限定の割引価格でのFairも色々行っています。

Fair対象のものに関しては、価格が割引な代わりに、おおよその出来上がり時期は

ありますが、出来上がり時期のお約束はさせていただけないのであらかじめ

ご了承ください。

ただし、Fair対象の品番に関しては、何が出るかわからない代わりに、毎度

かなりの破格となっておりますので、生地種とお客様のタイミングが合えば

すごくお得な機会です。期間もすごく短いので、ぜひブログチェックして

いただけると嬉しいです。

簡単な文章での説明になりますが、DRESSERSのオーダースーツに関して

お話しさせていただきました。ご興味ございましたら、入りにくいお店かと

思いますが、一度お店に足を運んでみてください。

DRESSERS

<営業時間>

月・木・金・土 14:00~19:30

日    14:00~18:00

火・水   定休

*上記営業時間から変更ある場合は、その都度ブログ内でお知らせします。

何かご質問等あれば、メールかお電話にてお気軽にお問合せください。

DRESSERS

089-933-5910

matsuyama@dressers-jyd.com

 

 

 

 

 

 

 

『 VBC 』 クォリティの格上げ スーツオーダー

2018.04.14

blog

皆さん、こんばんは。

今日はあいにくの雨。急に雨が降ると寒いですね。。

*今日、4月14日(土)は、PM7:00までの営業です。

さて、最近DRESSERSでは『 VBC 』を皆様に積極的に紹介しています。

と言うのも、ここ数年、展開する生地クォリティが、明らかに上がっているから

です。そして何よりうれしいのが、品質が上がった生地が、DRESSERSのモデルに

すごく合っているということ。

とかくスーツは外見だけで判断しがち。。。それもそのはず、やはり中身の作りは

外からはもちろん見えないし、糸ほどいたところで超専門家

じゃなければその良し悪しなんて分からないというのが現実。

だから生地に目が行くのも当然だと思っています。

少しだけDRESSERS的考え方をお伝えさせていただくと、

DRESSERSは、物体としてのスーツとして、良いスーツとは、

『「生地クォリティ」と「中身のクォリティ」のレベルが、同等であること』

また、

『両者のクォリティが同等なモノが、着る人にとっての高いパフォーマンスを

約束する。』

と思っています。

すごいクォリティの高い生地に、粗野な中身を付けても、また

すごい中身に、クォリティの低い生地を付けても、着る人にとっての

良いパフォーマンスはしないと考えています。

大事なのは「生地クォリティ」と「中身のクォリティ」のバランスだ

と思っています。

今回ご紹介する『 VBC 』の生地クォリティと、DRESSERSスーツの中身は

非常にバランスが良く、着る人にとってのかなり次元の高い、

良いパフォーマンスをするスーツになります。

話しは少しそれますが、すっごく圧倒的な生地クォリティ―のモノって

世界にはいっぱいあります。でも、DRESSERSの中身には合いません。。。

生地が良すぎても合わないんです。。。もちろん逆も合いません。。。

外身と中身のバランスがとれていないと、着る人にとって良いスーツにならないと

思っています。

DRESSERSは「地に足の着いた最高級」というテーマがあります。

それにのっとって中身の作りも考えています。そしてそれに合った生地で

ご紹介しています。

是非着てほしいのが

『 サージ無地 』

これは通年使用可能な生地で、スーツ生地の基本の織り方になります。

基本の織り方なので、クォリティのレベルや、糸の太さ、糸の撚り方、

仕上げのクォリティ、生産工場、原毛、、、、、

同じ織り方でも世界中に様々な「サージ」が存在します。

中でも今回ご紹介する『 VBC 』のサージは、DRESSERSのスーツの

造りの中身と相性が良いので、着る方にとってとても高いパフォーマンスを

してくれると確信しています。

おススメのカラーはやはり、基本色。

「チャコールグレー」「ネイビー」「ブラック」です。

 

どれもお洒落な男性には必需品にあたるスーツです。

どんな場でも大丈夫です。

『 チャコールグレー 』

『 ネイビー 』

『 ブラック 』

基本の三色です。

ネイビー、グレーはビジネスシーンで。ブラックはフォーマルで。

ぜひクォリティの上がった『VBCサージ×DRESSERSスーツ』をある種の

一張羅としてお持ちいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 VBCサージ×DRESSERSスーツ オーダー 』

■通常オーダー価格 : ¥172,800-

■Fairオーダー価格 : ¥156,000-

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

(現金支払いの方は「¥149,000-」

■期間 : 4月14日(土)~4月19日(木)

■出来上がり : 6月予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダーお待ちしております。

DRESSERS

 

 

 

 

 

『 Sartoria Italiana 』

2018.04.09

blog

みなさん、こんばんは。

今回は商品紹介はありません。

最近出た『 Sartoria Italiana 』

長谷川喜美さんの徹底した愛ある取材で構成された、イタリアのテーラーの

スペシャルブック。

なかなかの読み応えのある。

イタリアのテーラーが取材してあって、各々の人間性にまで迫る、

とても重要で、将来に向けた遺産的側面も持ち合わせた素晴らしい本だと思う。

イタリアのテーラーは、仕立てること自体に恋をしている生粋の職人が多い。

職業としてと言うよりも、それ自体が好きなのだ。

もちろん僕が多大な影響を受けている「LIVERANO&LIVERANO」の

Antonio Liverano氏も世界を代表するテーラーだ。

LIVERANO&LIVERANOというテーラーは、創り上げられる逸品そのものが

素晴しいことは言うまでもない。

着た者にしかわからない、まさに「極上」という着心地は、裸でいるより

ラクである。構築的に見えるスタイルにしてあるがパットは一切入ってなく、

なにか魔法に、マジックに掛けられたかのような

「!!!!???!!!??」

信じられない着心地に一瞬心が戸惑う。感動という言葉では足りないかも。

そして、そのモノ自体のすばらしさだけで、ここまでの巨匠になっている

わけではないことがことが、中に入って付き合わさせていただくとよくわかる。

それはAntonio Liveranoという人の「人間味」だ。

彼の優しいまなざし、優しい気遣い、優しい言葉がけ、

そして着こなしに真摯で、真剣。そして何より本人が着こなしを楽しみ、

そして私たち若者に伝えよう、顧客に伝えて行こうという真剣な姿勢が

彼の「人間味」となり、世界中の多くの人が彼のファンになる。

アントニオ氏の分身として、世界を飛び回るTakaこと大崎貴弘氏も同じことが

言える。さすがアントニオ氏の元でずっと学んでいるだけのことはある。

いま彼のファンは世界中にいる。

若手筆頭株のQemal氏(チェマル)もアントニオ氏の教えを忠実に、

スタイルを継承し、自らも世界を飛び回り、LIVERANO&LIVERANOの

美しい世界観を伝えて行っている。

そんな彼らとお付き合いをさせていただくようになって、早5年。

不思議なご縁でフィレンツェのLIVERANO&LIVERANOを訪れるようになった。

1週間くらい一緒の時間を共有させていただくことで、毎回すごく勉強になる。

衣食住という人間の根源的な要素を、ひとつづつ大切に楽しんで生きていく

素晴らしさをいつも学ばさせていただいている。

自分の「洋の服」の価値観を築き上げていただいたたくさんの先輩後輩がいて、

そして本場でたくさん勉強させていただく。

今の山田の、服を着ることの意味や面白さの価値観を総合的に確立させて

くれたのがLIVERANO&LIVERANO。

今回この本を読んで、改めて感動し、また大きな感謝を感じた。

もちろんまだまだ勉強しなくてはいけない。いまの精一杯を

いま確立してる価値観や面白さを、お店に足を運んでいただくファッション魂

ある大人の男性のみなさんにお伝えし、共有し、少しでも人生がファッション

で楽しくなるように日進月歩進んでいきたいと思います。

いつも皆さん、ご来店ありがとうございます。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

DRESSERS 山田

 

 

THIS IS BASIC 『 Black Calf  Belt 』

2018.04.09

blog

みなさん、こんばんは。

DRESSERSは「基本」と言うことをとにかく大事にしています。

メンズの特にドレススタイルには、「ルール」があります。

「ルール」があるから、それぞれに戦略が違ったり、出来上がりが違ったりして

面白いのです。野球やサッカーが子供からプロまで全世界で楽しまれてるのも

みんな共通の「ルール」があるからです。

メンズドレスのファッションの楽しさはそういう「ルール」があることが

とっても重要な要素になっています。

今回ご紹介するのが「ベルト」。

ドレススタイルにおいて

「ベルトの色は靴と合わせる」

と言うのが「ルール」です。

今回お勧めするのはこちらのベルトです。

ブラックにはブラック、ブラウンにはブラウン。

そして「基本」としては、”極力シンプルなデザイン”ということが大事です。

「紳士のドレス的服装は、女性を輝かせるためにある」とも言われます。

そういった意図でアイテムやデザインをチョイスすることがルールとして

存在します。だから”極力シンプルなデザイン”ととういうことになるのです。

デザイン性の強いものは、女性の特権として、ジェントルマンのドレス的

着こなしは、女性を引き立てるためにスマートに、シンプルに。

話は変わりますが、こういう「基本」のシンプルで上質なベルトは

東京では百貨店行けばどこでも売っています。私は10年前東京から

松山に住み移り、お店でお話しするときに、「そういうのは百貨店行けば

色々売ってあるので、そういうシンプルなものを是非ご用意されると良いですよ」

とお伝えしてました。

しかし、、、、

何人もの方が、「行ってみたんですけど打ってないんですよね~~」

「???ムムム!??、そんなはずはない、普通のシンプルなベルトが

売っていないなんて!そんなはずはない!!」

そう思い、松山の百貨店に行ってみました。

そしたら。。。。。。

ちょっと!!!無い!!!!!

ベルトの売り場にあるのは、バックルにブランドマーク入ってるのとか、

バックルがリバーシブルになるのとか、ステッチがカラーだったり、

バックルが妙にデザインされてるモノだったり。。。。。

マジか。。。マジなのか。。。。。

そこで地方都市の現実を知りました。。

雑誌でもなんでも「基本」とか「定番」と伝えられるものが、この街に

一本もない。。。。。かなりの驚愕でした。。。

とまぁ話は相変わらず長いのですが、お店で「基本が大事」という割に、

街に一本もベーシックなベルトが無いとなると、DRESSERSとしては

展開して皆様にちゃんとご案内しないと、と思い、ご用意しました。

 

上質でシンプルなベルトです。

Made in Englandの『 ARNOLD WILLS 』という由緒正しき正統派

ベルトメーカーのものです。

カーフで上質と言えばの「フレンチカーフ」を使用した端正なシンプルな

ベルトです。

ぜひこういう「シンプル」で「上質」なものを、「ルール」に従って

お洒落を楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Black Calf Belt 』

■PRICE : ¥11,000-

■SIZE : 30 in . 36 in

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「基本」は大事です。

DRESSERS

 

大人はこういう「基本」を持ってないと。

2018.04.03

blog

皆さん、こんばんは。

先にお知らせ

明日、4月4日(水)は店休となります。

 

ホント春らしいすがすがしい天気になってきました。

凍える冬よりやっぱり良いですね。

さて、DRESSERSではいつも「基本」が大事という考えのもと、

DRESSERSなりに色々とご案内してきております。

今回ご紹介させていただくのも、まさに「基本」と言える生地です。

『 コードレーン 』

こちら

コットンで織られた生地なんですが、白糸と色糸でかなり細かいストライプ

のようになっていて、表面が凹凸があり、着るととても清涼感と清潔感が

あるので、夏の紳士的アイテムの「基本」の生地です。

今回は2色の基本をご用意しました。

サックスブルーと、ネイビーです

普段着として爽やかに着れるので、夏のシーンに、ジャケットでも

パンツでも着られるのが特徴です。

『 サックスブルーコードレーン 』

ジャケットで着る場合、白との相性が抜群なので、白ポロシャツや、

白ボタンダウンシャツ、また白パンツなどとのコーディネートは

世界標準です。

またパンツは、とっても清涼感があります。

白はもちろん合うのですが、ネイビーポロシャツやネイビーリネンシャツなど、

ネイビーと絡めてもらうと、爽やかな夏の着こなしが出来ます。

コードレーンって一度夏に着ると、結構着るだけで清涼感ある着こなしが

出来るので、夏には欠かせないんですよね。

セットアップで着られる方も多く、

ジャケットはパッチポケット(パッチ&フラップも良い)で、

パンツはノータックの裾ダブルっていうのが多いですね。

白ボタンダウンにネイビーニットタイで、

ネイビーUチップローファーというコーディネートは

絶対のテッパンコーディネートですね。

そしてそのネイビー

『 ネイビーコードレーン 』

サックスよりも落ち着いた雰囲気を醸し出します。

より大人な感じです。

ライトグレートロピカルスラックスと合わせてコーディネートすると、

クラッシックな夏スタイルが完成します。そこにブラックローファ―っていうのも

決まったコーディネートなので、素敵です。

パンツも、少し濃い目なので、落ち着きがあります。

白やネイビーとはもちろん合うのですが、赤やベージュ、黄色などとも

相性良いので、是非合わせてみてください。

コードレーンのシャリシャリした質感と、見た目の涼やかさ。

着るだけで、普段のケアもあまり必要ないので、着る回数もとても

多く、毎夏に活躍するアイテムになる生地です。

お持ちでない方は是非この機会に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 コードレーン オーダー Fair 』

■ジャケット通常オーダー価格 : ¥86,000-

➡➡ジャケットFairオーダー価格 : ¥59,000-

■パンツ通常オーダー価格  : ¥43,000-

➡➡パンツFairオーダー価格  : ¥36,000-

(セットアップでのオーダーの場合:¥89,000-)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 4月8日(日)まで!

■出来上がり : 6月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様、夏の「基本」生地、『コードレーン』

是非楽しんでください。

DRESSERS

 

DRESSERSオーダースーツ ~生地紹介~

2018.04.03

blog

皆さん、こんばんは。

いつもDRESSERSのホームページをご覧になっていただきありがとうござます。

DRESSERSは、愛媛・松山の片隅で、看板もなくひっそりとやっている

男性紳士服店です。

大人の男性にファッションを楽しんでいただけるよう既製品とオーダーを

ご用意しております。

今回は、DRESSERSがオーダースーツ用の生地としてご用意しているいろんな生地の中から

少し生地をご紹介させていただきます。

今回ご紹介させていただくのは

『 VITALE BARBERIS CANONICO(ヴィテールバルべりスカノニコ)』です。

イタリア生地の中でロロピアーナやゼニアと並ぶ知名度がある生地メーカーですね。

ご存知の方も多いと思います。

ここは、ブランド生地の下請けで、イタリア製生地の多くをここVBCが依頼を受けて

織っているという事実から、VBCの実力が分かります。

クォリティが上から下まで織ることが出来て、安定的な品質管理を行える生地織り屋さん

として世界中から高い評価を受けています。

そこが自社で出している生地ブランドが「VBC」です。

VBCのコレクションと全く同じ生地が2~3倍の価格でイタリア製ブランド生地として

展開してることもたまにあります。

そういう意味では「VBC」は数あるイタリア生地ブランドの中でもかなり高い

コストパフォーマンスをしている生地メーカーと言うことが出来るでしょう。

今回はそんなVBCから「モヘア」をブレンドした生地を御紹介します。

モヘアと言えば夏の定番、フォーマルの定番です。圧倒的な復元力と

生地の弾力があり、スーツが立体的に仕上がるので、とてもシルエットが

美しいスーツになるのが特徴です。

それと「通気性」です。ウールとブレンドすることで、通気性が高くなるため

まさに春夏に最適な生地です。

もう一つの魅力が「適度な光沢感」です。春夏の日差しの下で着ると、

適度な光沢感が生地に生まれます。それがスーツ全体の印象に「清潔感」と「清涼感」

をもたらし、着ている周りの人にとっても美しいスーツに見えるのが特徴です。

下の生地がVBCのモヘア混の生地です。

 

(色柄はほかにもたくさんあります)

「ライトネイビー×ブルーストライプ」

春夏には少し明るめのネイビーを着ると、「清潔感」が生まれて素敵です。

きれいに磨いたDARKBROWNのシューズとも相性良いです。

この生地を着るときにコーディネートで意識すると良いことは、「清潔感」。

白シャツを合わせるとブルーと白のコントラストが強い印象を周りに与えて、

なにか特殊な職業の方に見えてしまいます。

春夏、特に夏は周りがクールビズでスーツ着てないことが多いので、

スーツ着られる方の重要なポイントは、暑苦しそうじゃない、着てるからこそ

おしゃれに見えるべきです。

だから、このスーツは、きれいな水色のシャツを中に入れると「清潔感」が生まれ

さわやかなイメージにつながります。

ネクタイはあまり重たい暗い色は避けて、明るいネイビーや、ターコイズ、

またモカベージュや、ミントグリーンなど、清涼感あって、すこし明るめの

ネクタイを入れてあげることで、「清潔感」が生まれおしゃれに見えます。

たとえばその対極にいるのが下の生地です

「 ライトネイビー×格子 」

 

格子のスーツを春夏、特に夏に着るときに意識したらうまくいくことは、「英国調」

ということです。昨今「英国調」という言葉をよく耳にしますが、咀嚼すると

英国と言えばというデザインや英国的組み合わせをすることを言います。

あくまで「調」なので、デザインや組み合わせを取り入れて「風」に着こなすという

事です。この生地なんかはまさにそれにつながります。

英国調の特徴的なデザインとして挙げられるのが

・チェンジポケット ・タブカラー ・ラウンドカラー ・クレリック

・ロンドンストライプ ・大柄ネクタイ ・ダブルカフ ・タイクリップ

・チェックスーツ ・ドットネクタイ ・ウイングチップ etc..

などが挙げられます。

英国調の組み合わせについては、英国スーツの着こなしはときに「パワースーツ」

と言われることが多く、”特徴の強い色柄同士を組み合わせること”がある種の

「英国調」になることがあります。

例えば上にあげたデザインで、タブカラーシャツに大柄のネクタイを合わせる。

またロンドンストライプに大き目なドットのネクタイをする。

チェックスーツにストライプシャツを合わせて、大き目なドットのネクタイをして

ウイングチップシューズを履く。

そういったことを「英国調」な着こなしとして楽しむのも面白いと思います。

DRESSERSは、あくまで”控えめな”スタイルなので、スーツ・シャツネクタイ、

3点とも柄にすることはあまりしません。

このチェック生地に、サックスの無地シャツを合わせて、ネイビー無地タイをするとか、

このチェック生地に、白無地シャツを合わせて、ネイビードットタイをするとか、

あくまでシンプルに装うことをDRESSERSのスタイルとしています。

これ見よがしなコスプレ感はDRESSERS的にはあまり得意じゃないスタイルです。

あくまでシンプルで上品なスタイルにこだわって、店頭ではご案内しています。

 

次は

「 ライトグレー無地 」

 

モヘア混のスーツ生地で、最も格式高く日常スーツとして着られるのが

ライトグレー無地のスーツです。清涼感があり、シンプルで、周りにいやな感じを

与えないスーツです。

極力シンプルに着こなすことで、このスーツの魅力が行きます。

白シャツ(できればコットンリネン)に、ブラックのニットタイ。これだけで

すでにおしゃれです。

またサックスブルー無地シャツに、ライトネイビー無地タイ。

グレーストライプシャツに、グレー無地タイ。

こういうようにシンプルに合わせることで、清涼感と清潔感が生まれ、

モヘアの持つ魅力を最大限に生かすきれいな着こなしが出来ます。

最後に

『 ネイビー無地 』

DRESSERSは「基本」ということをとても重要視しています。すべてにおいて

基本が大事だと考えています。

スーツにおいて”ネイビー無地”は絶対的な基本アイテムです。日本には四季があります。

それぞれの「季節に合わせた基本生地」というのがあります。

春はサージ、シャークスキン、バーズアイ、夏はトロピカル、モヘア混、

秋はサージ、シャークスキン、バーズアイ、冬はサキソニー、フランネル

もちろんほかにもありますが、季節に合う生地を「着分けて楽しむ」のが

スーツを楽しくおしゃれに着こなす最大のテクニックだと考えます。

そのなかで、今回のネイビー無地のモヘア混は、夏の基本の生地です。

シンプルに合わせて、清涼感と清潔感をもって、着こなすと、夏も楽しくなります。

少々の汗をかいても、きれいなシルエットや形を保つモヘア混のスーツは

夏の強い味方です。

以上、『VITALE BARBERIS CANONICO』のモヘア混スーツ生地を御紹介しました。

<DRESSERSでのオーダーご希望いただける方へ>

ドレッサーズでは、初めてのオーダーの場合、「ご予約」制となっております。

詳しくは、ホームページ右上に「PersonalOrder」というページがありますので

そちらをご参照いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 VITALE BARBERIS CANONICO モヘア混スーツオーダー 』

■PRICE : ¥130,000-(+tax)

■納期 : お受けしてから、約8week後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

『 LIVERANO&LIVERANO 』 新作登場!! コットンスラックス

2018.04.02

blog

皆さん、こんばんは。

さて、遂に到着しました!!!

『 LIVERANO&LIVERANO 』の新作、

ベージュコットンスラックスです!!!

やはり履いてみると、”抜群のシルエット”の美しさ”が光ります。

ラインの作り方がやはり美しい。

大人が履くチノはシルエットがとても重要!

やっぱ良いですね。

裏側のパイピングには 、アントニオリヴェラーノ氏のこだわりの

「フラワー柄」が付けてあります。白とネイビーと緑。

DRESSERSも良く気に入って使う配色なので、アントニオさんがこれが

いいんだ!っていう感覚に近いことに個人的に嬉しい。

フロントの凝ったデザインがシルエットと履き心地を実現しています。

 

 

カジュアルスタイルで、今からの時期、ポロシャツやリネンシャツといった

デイリーなアイテムとめちゃくちゃ相性が良いです。

コレにチェックシャツ着て、ネイビージャケット、スエードローファ―

っていう着こなしは、最もドレスカジュアル的エレガントです。

普通のスラックス型チノパンだと、きれいなスタイルになりすぎる傾向が

ありますが、

このカジュアルのデザインディテールとドレスの美しいシルエットの

両立をしてるパンツを作るのはさすがに「LIVERANO&LIVERANO」

エレガントさを忘れずに、デイリーウエアをきれいに着こなす。

さすがですね。

”履けば美しく見えるカジュアルスタイル”が出来上がるので、そのあたりは

計算されつくしてるさすがのパンツです。

なのでヒップポケットもフラップ付きです。

これがまたなんとも美しい。

ジャケット着た時はフラップが隠れて、

ポロシャツなんかの時は、ヒップが立体的に見えるようになるので

少ないアイテムでも全体が成立するように作ってある。

ここもさすがですね。

ドレススラックスのシルエットに、カジュアルのディテールをシンプルに

入れ込んだ素晴らしい大人のチノパンです。

LIVERANO&LIVERANOの新モデル、履いてみていただいたら、

「あ~~これはいいね!使えるね」ってなっていただけると思います。

是非サイズあるうちに!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ベージュコットンパンツ 』

■価格 : ¥40,000- (+tax)

■SIZE : 48(M)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素晴しいコットンパンツです。履き心地も良いので

ヘビーローテーションになるでしょう。

DRESSERS

 

お知らせ

2018.04.01

blog

皆さん、こんばんは。

今日までだった各種Fair、皆様の熱きファッション魂はホントさすがです!

これからも色々とご案内させていただきます。

<お知らせ>

明日、4月2日(月)は、PM4:00~のOPENとなります。

明日?「LIVERANO&LIVERANO」のカジュアルの素晴らしく美脚な

ベージュコットンパンツがお店に届くかも??

夏スタイルやブルゾンとの合わせにめちゃ素敵なパンツです。

届いたらブログでアップします。

 

「良いもの」が生み出す感動

2018.03.31

blog

皆さん、こんばんは。

今回はコラム的内容ですのですっ飛ばしてください。

僕は洋服屋に携わって22年。振り返ると長いようだが、先輩たちを見ると

まだまだひよっこ。道の途中。

自分でお店をやるときに、お客様が「わ~!」ってなることを想像しながら

商品仕入れや作成やオーダーをしてきた。もちろんまだまだ未熟なので

理想形はいつ完成するのだろう?と思いながら、日進月歩匍匐前進で一歩でも

その理想に近づこうと日々過ごしている(つもり)

「自分が良いと思ったものしかやらない」と最初から決めていままできてるが、

自分へ言い聞かせる言葉として言ってる面が大きい。その理由が、

「自分が良いと思えるもの」を探求し肌で感じて、買って使ってしないと、

「自分が良いと思ったもの」の範囲を大きくできないというか、

前に進ませられないと思うから。

経験範囲の中でしか「自分が良いと思う」感情は生まれないので、

常にもっと良いと思うものがあるのでは、作れるのでは?

と進んでいかないと、お店をやり始めた30歳までの自分の経験だけが

頼りになってしまう。お店も私も年齢を重ねていくので、

常に進化していかなければ面白くないと思う。

だから「自分が良いと思ったものしかやらない」というのは、自分に対して

「お前、もっとやれよ」と言っている言葉なんだと思う。

だからお店で、お客様がご試着やご購入、コーディ―ネートされたときに

「わ~~!(良い!)」ってなっていただける瞬間は何物にも代えがたい

嬉しさがある。そして信じて着てみていただいたお客様にとても感謝がある。

僕は洋服屋なので、一般の方より数十倍、数百倍着た経験があるのは

当たり前だが、大事なことは着たアイテムの多さと比例しないということ。

「いかに感じて、実験として着てきたか」が大事なんだと思う。

これを着て自分はどう感じたか、どお思ったか、洗ったらどうなるか、

アイロンかけたら、クリーニング出したら、どうコーディネートしたら、、、

そんなことを、言葉通り寝ても覚めてもずっと考えていて、

それで22年なんだから感覚の蓄積を素直にお店でお客様にお伝えしている。

今後ももっと地に足付けで真摯に着て感じる感覚や経験を積んでいこうと

思う。そしてファッションを楽しもうとされる方のお役に立てるように

なっていこうと思う。今日この頃。

 

 

「本物」ってやっぱ素晴らしい。『MONTESARO』ナポリシャツ。

2018.03.28

blog

皆さん、こんばんは。

いい天気が続きますね。

DRESSERSは日々皆さんのファッション魂の熱き熱き思いを

ビシビシ感じております。

ファッションって楽しいですね。

さて、「本物」のシャツ。

何がすごいって、着心地抜群でカッコいいってこと。

DRESSERSではこのシャツのファンがたくさんいらっしゃいます。

一般的に価格から見たら、ただ”高い”シャツです。

でも、高いには理由がある。高いものは良いものです。

良いから高い。

でも、それだけファンがいらっしゃることが、それだけだしても

着る価値があると思って感じていただいたからだと思います。

私も十分な価値を感じています。

ナポリの「MONTESARO」

 

これ、めちゃカッコいいでしょ~~。

『 ベージュリネンのキャンディストライプ ボタンダウン 』

めちゃ上品。さらりと着てる大人はかっこいい。

さらりと袖まくって、白パンでスリッポンで。

もうそれだけで十分カッコいい。気持ちいい。

ただ、コレはやはり皆様お目が高いので、

店頭には「SIZE:37」のみとなっております。

価格は「¥36,000-」です。サイズ合う方は是非!!!

続いてはコチラ

『 白ピンオックスボタンダウン 』

攻めるオーダー。

白ボタンダウンはカジュアルの究極。

それをナポリの「本物」で作ってもらう。

”結局の定番究極ほどいいものを着るべき”というDRESSERS哲学のもと

作りました。

これでいいい。これが良い。

シャツは確かに消耗品。でも消耗するまで着ることの出来る、着用回数。

消耗するまでの気持ちよさや高揚感はお金をかける価値がある。

そういうものと信じてる。

コレは、「SIZE:39・40・41・42」あります。

価格は「¥36,000-」

サイズ合う方は是非!!

最後は「グレー無地」

コレは通ですよ。

着る方はすでに相当カッコいい。

コレは「サイズ:40」のみです。

価格は「¥32,000-」

こういう本物を一度は大人の男は体感してみるべきです。

ぜひ!!

DRESSERS

 

『 LESLESTON (レスレストン) 』という、世界代表のMade in Japanのシャツ。DRESSERSにて展開始まる!

2018.03.24

blog

皆さん、こんにちは。

天気もやっと春らしくなり、ファッションがさらに楽しい季節になってきました。

DRESSERSも色々と新しいこと、新しいもの、新しい行動、新しい冒険を

前に前に一歩づつ進んでいきたいと思います。

ドレッサーズは、最近は街のオーダー屋さんというイメージを

持っていただいてるようです。なにかイメージを持っていただけるということは

本当に幸せで嬉しいことです。

実はもう一つ、DRESSERSでは既製品も何気に色々扱っているんです。

お店のブログでは期間限定のオーダーFairがほとんどなので、

既製品を紹介することないので、あまりイメージに無いと思います。

お店に足を運んでいただいてる方に、店の奥から商品出てきたりして、

店頭商品が全てではないということもしばしばあることです。

案外裏から出てきたりと、”そんなのあったんだ!””

ってことも結構良くあります。

DRESSERSは「本物を愉しむ」という重大なキーワードを軸に商品を

揃えているつもりです。

アパレルのことしか分かりませんが、世の中のほとんどの商品は、

「本物」をリスペクトして自分なりの解釈戦略を加えて生まれた商品が

ほとんどです。

特にエンドユーザーが日本人を意識した商品、ブランドにおいては、

結構分かりやすく戦略が組まれることがほとんどです。

それは日本人特有の「勉強熱心」「知識優先型思考」「理路整然」という

特徴を踏まえて商品が作られることがほとんどです。

本来あるべき楽しみ方を変換し、違う楽しみ方に目を向けさせることで、

商品販売につなげる手法です。企業努力のたまものですが、繰り返すうちに

本来あるべき姿がどこにもない商品が日本中にあふれてることは

言うまでもありません。

今回DRESSERSが展開させていただく新しいシャツメーカー、

『 LESLESTON (レスレストン) 』と言います。

Made in Japan の 『 LESLESTON 』は、間違いなく世界トップクラスの

「本物」のシャツです。

シャツにおける楽しみ方は、私が考えるに「着心地」と「スタイル」です。

それが本来あるべき姿だと思います。

一度袖を通すと、明らかに違う「着心地」が体感できます。

今まではフルオーダーのみをされていらっしゃったので、さすがにDRESSERS

では展開できませんでした。

今回、LESLESTONが既製品を満を持して発表されたのです。

納得いく良い工場と、職人に出会うまで10年もかかったそうです。

袖を通してボタンを留めた時の、圧倒的な「着心地」「自由度」は他に類を

見ません。

そして首元におさまったときのエレガントな佇まい。

「これぞ本物!!」と体が感じます。

『 LESLESTON 』のリリースをそのまま下に書きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「LESLESTON/レスレストン」は1986年に創業後、ビスポークにて究極の

シャツを追及し続けてまいりました。メイドインジャパンにこだわり、

一切の妥協を許さない物作りと現代的な感性が生み出した唯一無二のシャツです。

素肌に着ることの多いシャツは第二の肌としてフィット感や上質な

天然素材だけが持つ肌触りのよさを体感でき

洗った時のナチュラルなシワや体が動いたときのシワまでもが美しい愛すべき

名脇役です。

着る人と服装に様々な表情と印象を与えるシャツは、意思と背景を映し出す

最も重要なアイテムと考えます。

全て職人達の一つ一つ丁寧なモノ作りの姿勢は、

効率などにとらわれないモノ作りの本質です。

そんな職人達による、大切なお客様にだけ費やす時間と技をぜひご体感ください。

動きを全く妨げない羽のような着心地と、細部まで洗練され、

1針1針思いを込めた作り、さらにモノ作りに対しての情熱と温もりを

味わえることは間違いありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうシャツです。

着て、「体感」していただければお分かりいただけるはずです。

そでの後付けや、

ボタン付け、

カフのラウンド、

後ろ身頃、

他にも、ガゼットや巻き伏せ、カンヌキなど、蘊蓄系を言い出したら

山ほど盛り込まれてるシャツですが、そういうことじゃないんです!

「着心地」と「スタイル」のために必要なことを、丁寧に、労をいとわず

作ってるだけなんです。

どこがどうなってるからイイシャツだとか、そんなことは現代の世の中、

見た目のディテールならどこの誰でもできます。なんの判断基準にも

なりません。「着て良いかどうか」これが全てです。

しかも価格がかなり×1兆お手頃なんです!

そんなところにも職人気質な「本物」を感じます。

このピンクのシャツは「¥23,000-+税」

 

このロンストのシャツは「¥21,000-+税」

 

このストライプのシャツは「¥23,000-+税」

このサックスのボタンダウンは「¥21,000-+税」

なんか本当にこんな金額でいいのか??!!

と思うくらいのスゴイシャツです。

まずは、是非ご試着ください。

とにかく「良い」んです。

そして、なんと「パターンオーダー」もDRESSERSでは受け付けられるんです!

生地種はかなりあります。

 

もちろんこれ以外にもたくさんあります。

価格は35000円~45000円くらいです。生地によって違います。

自分に合わせて作って、このクォリティでこの価格は驚異的です。

ちょっとすごいですよホント。

ぜひ、店頭で着てみてください。

きっと、シャツの楽しさが数十倍に増して、着ること、装うことが

人生の、生活の活力になる面白さ、楽しさを味わえます。

やっぱ良いものは良いですね~~~。

DRESSERS

 

 

 

『 TRUNKSHOW in Fukuoka 』

2018.03.22

blog

皆さん、こんばんは。

今回はコラム的内容なので、ぜひすっとばしてください。

先日、福岡でDRESSERSのトランクショーを行いました。

DRESSERSをやり始めて10年、愛媛から飛び出し福岡の地で

トランクショーをさせていただけること、心から嬉しく思います。

ご来場いただいたお客様は熱心にDRESSERSのホームページ

ブログをチェックしていただいていたり、またDRESSERSが

何を良しとするか、なにを美しいとするかをすでにご理解

いただいてたりと、愛媛の松山の片隅でひっそりとやってる

お店のことを知っていただけてることをとても嬉しく思いました。

今後はある程度定期的に福岡でトランクショーを開催していく

予定です。

今後もぶれることなく、DRESSERSが良いと思ったモノやスタイルを

貫き、お客様お一人お一人に合わせた提案をしていきたいと思います。

またコンセプトである、シックでシャイなスタイル(洗練されていて、

決してこれ見よがしでないスタイル)、「上品」で「上質」、

”地に足の着いた最高級”というキーワードをモットーに、

大人の男性の方に、ファッションの楽しさ、楽しみ方を

じっくり一歩づつ(話は長いと思いますが(笑))

お伝えしていきたいと思います。

どうぞ皆様今後ともよろしくお願いいたします。

1 / 1212345...10...最後 »
ページ先頭へ