DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2020年1月

パープル リネンプリント「ポケットチーフ」

2020.01.19

皆さん、こんにちは。

素敵なポケットチーフのご紹介です。

こちらです。

パープルで、リネン素材のポケットチーフです。

これから始まる春夏シーズンに、アクセントとして重宝します。

パープルというカラーは、”どんなカラーとも相性いいカラー”

なので、一枚持っておくととっても重宝します。

淵の水色も春夏感を演出してくれるのでとっても使いやすいです。

是非どうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 パープル リネン ポケットチーフ 』

価格 : ¥6,800-(税抜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

「ネイビースーツ」という基本

2020.01.11

店主の思い付きコラム

皆様、こんにちは。

今回はコラム的内容なので、商品やFair紹介はありません。

お時間あるときにでもどうぞ。

今回のテーマは「ネイビースーツという基本」。

ネイビースーツ、しかも、無地。

実はコレを着こなすためには、時間がかかる。

そしてある程度の経験的着数も必要。

やはり歴史のあるものにおいては、それぞれの「型」というものがある。

私は剣道をずっとやっていたので、そういう「型」という感覚に

こだわりが強いのかもしれない。

剣道では昇段試験の時に、実技とともに「型」といういうものを

木刀を使って演技し、審査員が判断するものがあるが、

(今はないだろうが)、昔は、

”構えただけ”で「はい。もう大丈夫です。」と審査が終わり、

審査が通るということもあった。

構え一つ見ただけで、その人のレベルが分かるということ。

ずっとやってて、確かにそうだと心から思う。

構えは全員やる。やらないと剣道出来ないので。

ただ、その構え一つですべてが分かるというのが、やはり面白いところ。

他いわゆるサッカーや野球と言ったスポーツでもそういうのがあるのか

分からないけど、たぶんなにかそれに似たようなことはあるのではないか

と思う。空手なんかは、「型」のみの大会まであるみたい。

私はそういった「型」を、DRESSERSの文章で、ファッションのことを

話すときに「キホン」とか「定番」とかいう表現で表している。

「キホン」や「定番」とは、

いわば大人のファッションにおいての『 型 』なのだ。

「型」は、長年の(何十年、何百年)歴史において、様々な要素が

含まれ、極限まで絞られて完成したものなのだろうと推測する。

男の服装においての「ネイビー無地スーツ」は、「型」の中でも

最も重要なものに含まれる究極のもの。「キホン」。

改めて、男の服装の楽しさにある、根底的な「型」に目を向けて

立ち返り、今一度「ネイビースーツという基本」を大事に

丁寧に着てみること。また今の年齢になったからこそ、

改めて基本に立ち返り、ネイビースーツを着てみてはいかがでしょうか。

DRESSERS

山田

 

「営業時間変更」のお知らせ

2020.01.05

blog

皆さん、こんばんは。

1月より、少しだけ営業時間を変更します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 営業時間 >>

平日 : 14:00~19:00

土日 : 13:00~19:00

定休 : 火曜日・水曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イレギュラーがある際は、ブログ内でご案内します。

DRESSERS

ページ先頭へ