DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

2014年11月

「平織り、トロピカル素材を知り、季節に対応する」

2014.11.20

「文化を創る」

長い間更新していませんでした。

今回は「平織り、トロピカル素材を知り、季節に対応する」という

テーマで書きたいと思います。

我々が服を着だしてから、、というとホモサピエンスの時代まで

なってしまいますが、、、我々が服を着だしてから、

現在に至るまでに服というものは進化をし続けています。

その象徴的なものが素材でしょう。

国という単位になってから、各国でさまざまな着方が

発達し、様々な素材が使われています。

とりわけ現在では英国を中心としたヨーロッパで

着られていた服の進化版を全世界のある程度の

共通衣服として活用しています。

スーツやネクタイ、ジャケットやスラックスというものは、

現在先進国や発展途上国では共通の言語張りに

使用されています。

その服たちは歴史の中で、様々に試行錯誤され、

現在のものになっています。

中でも素材はこれまでの何百年という歴史の中で

実験に次ぐ実験の結果、最適であるバランスに

到達し、先人たちの苦労や数々の失敗を基にして

成り立っています。

ここでいう素材というキーワードは、原材料も含め、

「織り方」も含めて素材と表現します。

松山でお店をやってるとよく聞かれるのが

「これは素材は何ですか?」というもの。

これは、ほとんどの場合原材料のことを

お知りになりたいケースがほとんどです。

その場合、春夏シーズンにご質問が集中します。

なぜならスーツやジャケットが春夏では何の素材を

使ってるとか正直よくわからないからです。

世の中のスーツやジャケットのそのほとんどは

ウールを使用しています。

もちろん季節や用途によって、

リネンやコットンなどの原材料も使用されますが

”基本”はほとんどがウールです。

知ってる方には常識でも、知らない方には

ごく当たり前の疑問です。

それはイメージからくるもので、 ウールは暑そう、、

ウールは秋冬のものというイメージだからです。

それはしょうがないことです。

学生時代にはウールというキーワードは

セーターやコートに使用される素材として

認識することが多いので、どうしても春夏の

スーツやジャケットの素材って何なんだろう?

という当然の疑問が出てくるわけです。

なので基本的に春夏も秋冬もスーツやジャケットの

素材はウールなのですが、ではなぜウールが

使われるのかということが大事になってきます。

ウールとは基本的に羊の毛をさしますが、

ウールは冬は暖かく、夏は涼しいからなんです。

他の素材、特に化学繊維では一挙両得的な

この機能は持ち合わしていません。

簡単に言うと

それは顕微鏡レベルでの話ですが、

ウールの繊維を糸にして、

それを「織る」織り方を変えることで、

”織り方”が密な場合、

熱をためてくれる構造になっていて、

”織り方”が甘い場合、

熱を逃がしてくれる 構造になっている

というのがウールの持ち味だからなんです。

これってすごいことですよね~~。

そうなるとこの「織り方」というのを意識すると

季節ごとに対応したウール素材を選ぶことが

出来るということなんです。

では春夏、特に夏に適したウールの織り方って

どういうのかというと、

言葉でいうと「トロピカル」という織り方が王道です。

名前がトロピカルですからね~、

なんか夏の素材って感じでしょ。

生地って、織り方にそれぞれ名前があって、

それぞれに特性が違うんです。

それぞれの気候や環境にどうやったら

快適に美しく着られるかを何百年前から

先人たちが試行錯誤してたどり着いた結果が

現在なので、先人たち皆様ありがとう!って

感じですよね。

い~~~っぱい織り方がある中で

トロピカルというのは、春夏、特に夏に適した

織り方なんです。

我々は通称「トロ」なんて言ったりしますが(恥)

やはり実際に涼しいし、快適なんです!これが。

生地の織り方って「平織り」「綾織」とかあるのですが、

縦糸と横糸を、、、、なんて語っても、そこは洋服屋さんが

知ってればいいことなのでここでは触れません。

まあ、その「平織り」っていう方が、暑いか涼しいかと言ったら

涼しい織り方になるわけです。

もちろんそこに繊維の太さや目の詰まり方で

千差万別ですが。(平織りだって暑いのもありますしね、、)

その中のトロピカルという平織りが、皆様が春夏、特に

夏に着た時に快適に着られる素材・織り方っていうわけです。

トロピカル素材で作られたパンツを履くと、

コットンパンツよりはるかに涼しいんですよ。

しかもコットンパンツほど変形しないし。

「通気」と「熱の逃がし方」が抜群なんです。

履いてて気持ちいいんです。

スーツやジャケットももちろん同様にトロピカルは

春夏特に夏にはうってつけの素材なんです。

お店で店員さんに聞いたらすぐに教えてくれるので

「これはウールのトロピカルですか?」と聞くと

わかると思いますよ。

時間があったら、他の織り方の生地を見せてもらって

店頭で比較されてみてはいかがでしょう。

「ウール」と一言で言っても様々な織り方があり、

それぞれに適した着用環境があることがわかり、

「季節によって織り方を変えながら、環境に適した

素材をチョイスする」ことが楽しくなると思います。

実際に履いて生活してみないとわからないかも

しれませんが、

先人たちがありとあらゆる実験をして、

結果的に「これだ~!!」ってなってる生地の織り方は

やはり最適に合ってるものです。

生地の織り方を意識して、季節を快適に楽しく

着こなすとお洒落がより楽しくなりますよ。

夏はウールの「トロピカル」 を着てみてください。

『 「普通」 は極上 』

2014.11.20

「文化を創る」

”基本”は言い換えれば「普通」と言うことも出来る。

では服装における「普通」とは一体どういうことか。

例えば挨拶。朝会ったら「おはようございます」

昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」 。

何かしてもらったら「ありがとうございます」、

相手に迷惑かけたら「ごめんなさい」。

というように、「普通」とは、人が人と関わり生きていく中で

当たり前に行う行為のことを言う。人間関係を

円滑にする最低限の行為が「普通」の行いである。

特に大人になってからは当たり前の行為こそ大事になってくる。

しかしそれが難しい。

挨拶が気持ちよくできなかったり、素直にごめんなさいと

言えなかったり。 普通のことを普通に出来たら、とても

気持ちよく日々を過ごせることにつながる。

服についても全く同じことが言える。

お仕事、ビジネスをする服について言うと、

ここでは「身だしなみ」といった方が正しい。

「身だしなみ」においての「普通」。

自我が芽生える中学生の頃、標準の制服を

着るのが嫌で、自己主張をしてツッパッて、

規格外の違反の制服を着た経験もある人も

いるだろう。私なんかはまさしくそのタイプ。

体が大きかったこともあるが、 違反の制服に

身を包み、坊主が普通だったのに、サイドを

短く刈り込んだりしてたものだ。 毎回先生に

違反服を没収されるので体操着で一日を

過ごすことも多かった。ボタンにも今考えると

恥ずかしい竜の裏ボタンに鎖が付いたものを

付けたりしていたものだ。 そして高校になったら

パーマをかける。そして学校で洗い流される。

今思えばどれも恥ずかしくもあり懐かしい思い出だ。

しかし社会の一員を担っている われら大人は、

大人の世界の「普通」がある 。

中学校時代は先生が注意してくれた。でも、

大人の世界において「身だしなみ」に注意してくれる

人はいない。「身だしなみ」が整っておらず、ただ

目立ちたいだけの格好をした人を見たら、 その瞬間

「ちょっと普通とは違うな。」もしくは 「協調性に少し

欠ける人だな」と”思われるだけ”でおしまい。。

中学生の頃を思い出してみてほしい。友達と連れ添って

街に出たとき、前からツッパッた人たちが歩いてきたら

どういう風に思うだろう。

恐らく今想像した時に、心に浮かんだ感覚がすべてだと思う。

だけどもそれは子供時代の話。親に育てられてるときの話。

ビジネスにおいて、中学生の時のような目立ちたがり、

俺を見てくれといった主張、またそれをすることでの

相手に与える感情を考えると、あまり得策とは言えない。

やはり、友達付き合いではない、ビジネスシーンにおいては

あくまで「普通の身だしなみ」を心がけるべき。

ここで一つ重要なことがある。

「普通、普通」と言うと、何か面白くない、もっと言えば

ダサい格好を想像してしまいがちだが、それは違う。

ビジネスシーンにおいての「身だしなみ」の「普通」は、

『 相手に好感をもたれる着こなし 』 であることが

前提となっているという事。

『 相手に好感をもたれる着こなし 』 をすることが、

「普通」なのである。

だから必死に「普通」に辿り着かなければならない。

どういう着こなしをすれば、”相手に好感をもたれる”か。

しかしそれが難しい。

「着こなし」とは、当たり前だが何かを着ることで成立する。

だからまずは「普通」を持たなければ始まらない。

幸いなことに、日本のビジネスシーンで和服は着ないという事。

皆、洋服を着ている。ビジネスシーンの着こなしにおいて

洋服が今の形になってから役170年の歴史の中で

いろんな時代の人たちがいろんなものを着てきた実験結果が

ありがたいことに統計的に出ている。

「何を着れば好感をもたれる着こなしが可能になるか」が。

まずはそれを知ること。そして持つこと。

持ったら次は、年齢とともに、質を上げていくこと。

ビジネスにおける「普通」の着こなしの重要性。

「普通」があるからこそ、それぞれの「差」が生まれる。

それが「個性」となり、 「好感」という枠の中で

右や左や上や下の個性が生まれる。

改めて、ビジネスシーンにおける着こなしの

「普通」を意識してみてはいかがでしょうか。

機会があれば、「普通」の「何」を持つべきかを

お伝えできたらと思っています。

好感をもたれる着こなし(=「普通」)を

意識して着こなしてみてはいかがでしょうか。

dsc_0254.JPG

6月、7月テーマ 「 シチュエーション 」

2014.11.20

「文化を創る」

「大人の着こなし」という言葉を私はよく使います。

今回は、今までよりも少し深く、その「大人の着こなし」に

ついて触れたいと思います。

一般的にパッとイメージされる大人の着こなしとは、

”ジャケット”着て、”革靴”履いてという感覚、イメージが

あると思います。

もちろんその着こなしも大人の着こなしです。

子供時代には決して着ることの無いアイテムたちを

身に纏い、少し背伸びした感があるのも、これまた

大人の着こなしとしてとても良いものだと思います。

私も実際、普段着でのジャケットスタイルを積極的に

オススメ、ご提案してきました。

なぜオススメ、ご提案してきたかと言うと、 その着こなしの

方々がほとんどいなかったからです。

大変嬉しいことにここ最近では、DRESSERSの

お客様方は自然に普段にジャケットをお召しになり、

革靴を履かれてらっしゃる方もかなり多くなってきました。

そこで今回は、もう一歩踏み込んだ、真の意味での

「大人の着こなし」についてお話ししたいと思います。

今回の題名を「シチュエーション」としました。

これは、「大人の着こなし」においての”前提”になる

事柄なので題名にしました。

核心に触れると、「大人の着こなし」とは、

「シチュエーション毎に着こなし方を変えられること」が

出来ることを、本当の意味で「大人の着こなし」というと

私は考えています。

例えばアイテムで言うと、「デニム」。

小学生から履きなれたデニムと言うスボンは、

すでに二十歳くらいになると誰でも履いたことあるものです。

では、デニムはどういったときに履くためのものなのでしょうか。

それは起源を辿れば、「作業着」です。

リーバイスの馬が引いてるマークなんかが象徴的ですが、

破れない、頑丈といった作業着に求められる要素が

詰まったものがデニムです。

ここでデニムの解説をしても仕方がないのですが、

例えば”いい大人”(この表現が正しいかどうかは分かりませんが)が、

ある程度高級なレストランに行くときに、デニムを選択することが

正しい大人の着こなしなのか?

答えは明快です。間違っています。

その場合、堅苦しくないジャケットを羽織り、コットンスラックスや

グレーのウールスラックスが正しい し、もちろんスニーカーは

ナンセンスですよね。

だけども逆もあります。足元に草や土の上を歩くシチュエーションで、

例えばバーベキューに行くとしたら、コットンスラックスは間違いだし

革靴も間違い。やはりデニムやカーゴパンツ、またスニーカーや

汚れても大丈夫なブーツなどが正しい選択でしょう。

結婚式に出席するために、ダークネイビー無地やブラック無地の

スーツを着られること。柄シャツを着ないこと、きれいに磨いた

黒靴を履くこと、白のチーフを指すこと。

海に行くのにも、海に入るのか、海辺のレストランに行くのかで

全く着こなしは違うはず。

ビーチサンダルにショーツにTシャツかもしれないし、

ネイビージャケットに白パンツで革靴スリッポンかもしれない。

旅行に行く、

地元で街歩きをする、

庭で作業をする、

映画を見に行く、

長時間乗り物で移動する、

山に行く、

子供と遊びに公園に行く、

ファミレスに行く、

高級レストランに行く、

温泉に行く、

上司と食事をする、

取引先と商談をする、

お葬式に出席する、

パーティーに出席する、

コンビニに行く、

ホテルでくつろぐ、

ドライブに行く、

晴れ、雨、曇り、

春、夏、秋、冬、

シチュエーションと言っても

人それぞれに様々多岐にわたります。

真の意味での 大人の着こなしをすることは、

「シチュエーション毎に着こなし方を変えられること」、

またそれが出来ることが「大人の着こなし」の

もう一歩先なスタイルだと思います。

言葉使いと全く同じだと思います。

上司、同僚、後輩、

親、兄弟、親戚、遠い親戚、

取引先、関連会社、

子供、赤ちゃん、

他人、

私たちは大人になるにつれて、

話す対象の人毎に、話し方や口調、

表情やリアクションなどを自然に使いわけることが

出来るようになっていると思います。

大人です。

着こなしにも同じことが言えます。

着るシチュエーションによって、

着こなしを変えられることが、大人の着こなしだし、

それを考えて着ることは、何より「楽しい」です。

子供時代と違って、生きて生活している中で

ありとあらゆるシチュエーションの中で生活できる

大人だからこそ、そのシチュエーションに合った

多彩な着こなしを楽しめるのも大人の特権ですね。

朝何かを着るときに、少しだけでもその日の

シチュエーションに合った着こなしを考えてみるもの

良いのではないでしょうか。

毎朝着こなしが楽しくなりますよ。

5月テーマ 「おもてなしの文化」

2014.11.20

「文化を創る」

トーキョーでオリンピックが決まったときのプレゼンで

”オモテナシ”という言葉が、日本を象徴する文化として

内容に組み込まれました。

とても素晴らしい日本の文化だと思います。

「人をもてなす」という感覚は、もちろん世界中にある

考え方だと思います。

「もてなす」とは、「心を込めて客の世話をすること」

を言うそうです。本当に素晴らしい文化だと思います。

私はファッションに身を置くものとして、ファッションの

視点からオモテナシを考えたとき、なるほど、そっち側からの

矢印もあるなと改めて感じました。

それは、何を着るか、どう着るか、といった発想は、

自分から相手へ矢印が向いてることがほとんどで、

会う相手から自分に矢印が向くことを想定したものでは

ないことがほとんどです。

言い換えると、”自分をどう見せたいか”が主軸の考え方

であると言えます。

しかし「オモテナシ」の精神は、会う相手 が自分に会ったときに

いかに心地良いか、いかに気分良いかを考えた服装を

心がける精神が、「オモテナシ」の精神のような気がします。

個人主義の現在の世の中、周りとの協調性や、会う相手への

深い配慮が、自身の着こなしに反映されるような着こなしが

とても日本らしい、奥ゆかしい服装ではないかと思います。

ましてや会う相手に不快感を与えないなんてことは

最低限のマナーです。具体的には様々ありますが、

西洋文化を独自解釈し、ジャケットを着ないオモテナシは

存在しないだろうと考えたり、自分が暑いからという理由で

服を脱いでしまうことってオモテナシなんだろうか。

汗を吸ったシャツを見せてしまうのは相手へ不快感を

与えてしまうから、ジャケットを着て見えないようにしながら、

相手への敬意も表現すること。その意識と発想。

これが日本が世界に通用するオモテナシの精神では

ないだろうかなど様々に考えてしまします。

ファッション人だから考えすぎなのかもしれませんが、

お洒落って本来そういう事なんではないでしょうか。

”気の利いた着こなしをする”が、「お洒落」ですから、

オモテナシの精神と少し近いかもしれませんね。

自分勝手な個人主義ファッションも最高ですが、

共存していることを踏まえたファッションもできる

大人って、単純にかっこいいですよね。

今回はコラム的な内容になってしましました。

ご容赦ください。

4月テーマ 「 最高の機能素材  」

2014.11.20

「文化を創る」

明日から5月になり、ビジネスマンの方々は待望の?

クールビズが始まります。地球温暖化の速度を緩める

ための一環として着こなしルールを気候に合わせて

変化・対応していく素晴らしい取り組みだと思います。

日本でクールビズがスタートしてからかれこれかなり

経ちますが、衣料業界では、クールビズスタートを

きっかけに、今までにない「素材」がたくさん開発

されてきています。毎年新素材が開発され、

いかに涼しいか、いかに快適かを求めて、

繊維業界は日々開発にいそしんでいます。

ただ、忘れてしまってる、いや知らされていない?

ことがどんどん増えていっているのも事実です。

それは、開発され、「新素材」が世の中に出ていますが、

そのほとんどは「化学繊維」であるという事です。

化学繊維はとっても素晴らしいです。

化学繊維があるからこそ着られる服は数えきれません。

今回、思い出してほしいことは、

快適な素材は、新しく開発される化学繊維”だけでなく”、

「天然繊維」にも素晴らしいものがたくさんあるという事です。

もともと天然繊維というものは、当たり前ですが化学繊維が

出来る前から存在し、先人たちの知恵と発想で、今日

我らが身に着けている衣服になっているのです。

例えば「リネン」。リネンとはご存じのとおり「麻」ですが、

太さや撚り方を変えることで、名前をそれぞれに変え、

たくさんの用途に使われます。

主に衣服に使用されるものを「リネン」と言いますが、

吸水性が高く、速乾性がすごい。

風・空気を通して、日差しを遮る。

補形性に優れ、型崩れしない。

殺菌力があり、劣化しない。

水を通すたびに柔らかくなり、

扱うたびに質感が向上していく。

上記”機能”だけでも、天然繊維の底力がわかります。

先人が麻を布に仕立て、着てみて着てみて着てみて

の試行錯誤の繰り返しの末にたどり着いた、

快適な素材。すごい機能を持った素材です。

ある種、化学繊維は、どこまで天然繊維に近づくことが

出来るかにチャレンジしているともいえます。

「モヘア」なんかはある種の”形状記憶素材”ですし、

「シルク」は肌触り、補形力、光沢、高級感すごいですし、

「ウール」は復元力、保温、変幻自在な曲線美、

「カシミア」は肌触り、保温力、高級感、

「コットン」なんかは、吸水、頑丈、柔らか、

などなど言い切れないほど機能を持っています。

新しく開発される化学繊維もそれは素晴らしいですが、

我が地球に元々ある、「天然繊維」の機能も

今一度見直してみるのもいいのではないでしょうか。

それも一つの環境対策かもしれませんしね。

2月・3月複合  『 映画に見る 大人の男性のスタイル 』

2014.11.20

「文化を創る」

私は服と同じくらい映画が好きなのですが、学生時代は

通っていたビデオ屋のものはすべて見たのではないかという

くらいに毎日映画を見ていました。

東京で働きだした頃、先輩から”あの映画は見たことあるか?”

と様々な映画のお話を聞かせていただきました。もちろん私も

ほとんど見たことあるものばかりでしたので、楽しいお話でした。

しかし諸先輩方と少し観点がずれてることに気づきます。

それは、諸先輩方は、映画のストーリーではなく、その中の

登場人物の着こなし方や、歴史的背景、素材使いや

デイテールの背景などをお話しされていました。

(もちろんストーリーも楽しんだうえでですが)

映画をファッションの勉強として見ることをしたことない

私にとってはその時はよく理解できませんでした。

それからファッションの勉強になる映画を聞き、

借りたり買ったりしながら、注意深く劇中の俳優の

着こなしを勉強しました。

すると驚いたことにとてつもなくかっこいいし、

ワンシーンワンシーンが勉強になることばかりでした。

ここで注意しなければならないのが、勉強と言っても

決して劇中の登場人物のマネをすることが目的ではなく、

あくまで歴史的背景や、その時代の着こなし方、

着こなすための基盤にあるルールを知ることが

目的という事です。

いくつか、そういった視点で改めて見てみることを

オススメする映画をご案内させていただきます。

■「華麗なるギャツビー」(ロバートレッドフォード版)

■「炎のランナー」

■「リプリー」

■「シャレード」

■「カサブランカ」

■「ゴッドファーザー」

■「007」

などなど。

オススメは数えきれないほどありますが、

まずは見ていただければ面白いと思いますよ。

それぞれの解説は、また後日にでもしたいと思います。

もちろん見られた方には、店頭でじっくりお話しします。(笑)

12月・1月複合 テーマ : 『 大人の男性 』

2014.11.20

「文化を創る」

12月が掲載できなかったので、12月1月複合でお送りします。

今回のテーマは『大人の男性』。

私はよく大人の男性、大人の男性とブログ内でも

言葉にすることが多いです。

それはDRESSERSが「大人の男性に向けたお店」

ということと同時に、「大人の男性になっていきたい方」

に向けて提案させていただいているお店だからです。

大人の男性の皆様が、”着るもの”でハッピーを

感じられるように、そしておこがましいですが、

そのハッピーが着る人の人生のエネルギーに

少しでもなったら嬉しいという気持ちで、お店をやっています。

私は職業柄、たくさんのファッション雑誌に目を通します。

その中で最近すこぶる熱いのが「POPEYE」です。

ポパイが提案するスタイルが好きとか嫌いとか、

そういうものではなく、”熱い”んです。

そしてそのポパイの、2013年11月号のテーマが

面白い。改めてじっくり読みこんでみると、実に面白い。

その号のテーマは「大人になるには?」でした。

もちろん若年層向けの雑誌なので設けられた

テーマですが、とても面白いです。

その中で、「大人になるための100のこと」と題して

さまざまな目線から100個項目が書いてあるのですが、

じっくり目を通してみると、

「あ~大人になったんだな~」と感じることもあれば、

「まだまだ大人になってないな~~」と感じることも

あり、とても面白かったので、今回は、その中の

「STYLE」という視点で構成された項目をご紹介して

みたいと思います。

*以下はポパイに掲載されてるものです。

項目11~53までです。

■ 一度はスーツをオーダーメイドする

■ 英国紳士のように振る舞える

■ 腕時計はとてもシンプルな1本を。

■ いい傘を愛用している

■ 洒落た世間話を楽しめる

■ 適切な靴紐の結び方を知っている

■ 黒のストレートチップを一足持つ

■ 雨でも履ける革靴を備える

■ グローブならペッカリーを

■ 季節ごとに「銀座トラヤ」に通う

■ タイの結び方を3つは知っている

■ とっておきのカフリンクスがある

■ 体のサイズに合ったシャツを着る

■ シャツは自分でアイロンがけ

■ いつかは憧れのカシミアコートを

■ 嫌みなくコートの襟を立てられる

■ ハンガーのよさを知っている

■ ロングホーズで肌は見せない

■ 会計の時にもたつかない

■ タキシードこそオーダーで

■ ハンカチは白。そして名入れも

■ 下着は1年に1回総入れ替え

■ 大事なものはむき出しで持たない

■ ポケットの使い方を知っている

■ 一着を大事に長く着る

■ 二言三言で髪形をオーダーできる

■ 髪はいつでもビシッと整っている

■ 自分の匂いを持っている

■ 髭にも清潔感がある

■ 旅先でも身嗜みはいつもどおり

■ 手の手入れが行き届いている

■ 人と会う前には歯を磨く習慣がある

■ 自分の「定番」を着続ける

■ パジャマ、ときどきガウンを着る

■ リゾートスタイルを知っている

■ スポーツウエアがダサくない

■ ファッションで眼鏡は替えない

■ ワードローブを好きなテイストで統一

■ カードのサインが常にきれい

■ 指輪はさりげなく着ける

■ ファッションは文化から学ぶ

■ 行きつけの店を持っている

■ 他人のスタイルを否定しない

とまあ、たくさんあるわけですが、雑誌の中には

全部で100項目あるのでまだまだありますが、

ちょっと笑えるものから、確かにな~と感じるものまで

幅広い視点でピックアップされています。

とても興味深い項目ばかりだと思います。

全てが正しいとか間違ってるとか、そういった

視点ではなく、今の自分にぐっとくるもの、

心で感じたことを行動に移すことで、

何か一歩前進するできればいいな

と思う、今日この頃でした。

他にも、(ランダム)

■ きちんと手紙を送れるようになる

■ 形にならないものにお金をかける

■ 大人は、初見の人と20分会話が続けられる

■ 大人は、やばいことを小説や映画で楽しむ

■ 好きなホテル・旅館を見つける

などなど様々な項目がありました。

なんか大人って面白いですね。

今回はちょっと変わった内容でしたが、

DRESSERS的には、とても面白いと思いました。

「大人の男性」、、

まだまだ精進していきたいと思います。

11月テーマ : 『 トレンドの活かし方 』

2014.11.20

「文化を創る」

11月に入り、やっと気温も下がってきて、これから楽しい

お洒落の秋が始まりますね。

毎年、春夏、秋冬とシーズンは過ぎていきますが、ファッションに

おいて独特の世界感があります。

それは「トレンド」です。

”この秋は、〇〇がトレンドです。”

”今年のトレンドカラーは〇〇です”

”この柄が今のトレンドです”

といったように、毎シーズン変わらず”トレンド”というキーワードで

雑誌媒体や、テレビなどで言われるのを聞いたことがあると思います。

トレンドはどうやって決まっていくのかは、別の機会にお話しする

として、今回のテーマは『 トレンドの活かし方 』です。

コレは男性に限ったことかもしれませんが、(と前置きしておきます)

いわゆる「トレンドはこう着こなしましょう」ということではなく、

洋服界の事実から見てみることにしましょう。

例えばピンクがトレンドのカラーだとします。

そうしたら、洋服界にどういう作用が起こるのかというと、

世の中にピンクのカラーを使った洋服が増えるのです。

グリーンがトレンドの時は、グリーンのアイテムが増えます。

例えばストライプの柄がトレンドだとしたら、

世の中にストライプの柄が増えます。

この”増えます”というのは、安価なお店から高級店まで、

アイテムも価格の幅も選べるものが増えるということです。

いわゆる「トレンド」には、乗っかってみましょう。

それは”今お洒落に見せるため”ということではなく、

将来の”自分スタイルの確立”のためです。

たくさん世の中に選べる幅のあるトレンドカラーや

トレンド柄、トレンドスタイルを、自分の許す範囲で

取り入れてみて、『着こなしを実験してみる』のです。

そのカラーや柄やスタイルに、チャレンジしてみるという

ことです。正直大学卒業して大人の服を着だして

10年20年は、自分のスタイルを確立するには

若すぎます。

お洒落は楽しいもの、ファッションは楽しいものです。

20年30年は、ファッションを楽しみながら、

自分探しをする「実験期間です」。

だからこそ自分にチャレンジしてみることです。

チャレンジは、まだ出来ないからするもの。

だからこそ出来るように(着こなせるように)していく。

だから「実験」なんです。

自分がどこが心地よいかを見つけるのに、

トレンドを活かさない手はありません。

だって、世の中が順繰り順繰り「トレンド」という

キーワードをもとに、課題を与えてくれるからです。

「この色はあんまり着ないんだよね~」

「この柄は似合わないんだよね~」

こういう意見をお持ちの方も多いはず。

なぜそれを着なかったのか?

なぜこの柄は似合わないのか?

を考えるのではなく、

どうすればこの色を着こなせるか?

どうすればこの柄が似合うのか?

を考え工夫しながら、そしてそれを楽しみながら着ることで

段々と自分が心地いいスタイルが出来上がってくるものです。

着ないうちから、「似合わないから。。。」

一度袖を通した時の印象で、「似合わないから。。。」

柄が一緒でデザイン・カラーが違うのに「着たことあるから。。」

着こなしの「工夫」をすることが、お洒落の楽しみ方の一つ。

似合わなかったと判断したのが20代で、もし今30代なら?

カラーが違ったら?シルエットが違ったら?アイテムが違ったら?

体型や、髪型、顔、立場、交友関係、全てが変化してるはず。

だからこそ、「前に買ったことあるけど、着なかったんだよね~」

と言ってしまったら、残念ながらお洒落を楽しめません。

上記で(男性に限った事かも、、、)と言いましたが、

大人の男性の服装は、昔も今も大きな変化はないんです。

「単語」で言ってしまうと、みんな同じものを着てるんです。

ジャケット・スラックス・ジーパン・シャツ、、、、

男性ファッションは、同じルールの中で試行錯誤するから

楽しいんです。

世の中に、「トレンド」というキーワードをもとに、さまざまな

カラーや柄や着こなしが増える時期に、ぜひ「実験」して

自分の着こなしを楽しんでみてください。

トレンドを使って、実験し、自分のスタイルを確立していく。

そんな「トレンドの活かし方」を積極的にしてみてはいかがでしょうか?

「ファッション」と「スタイル」は違う。

「ファッション」を楽しみ続けた先に、

自分自身の「スタイル」に辿りつけたら

男としてカッコいいですよね。

チャーチル、、ゲンズブール、ヘミングウエイ、アステア、

高倉健、ムッシュかまやつ、などなど、、、、

自分のスタイルを確立された方々は、その生き方が

カッコいいし、服装にその人となりが表れる。

いつか60くらいになったとき、自分の一番心地良い

自分なりのファッションスタイルが出来上がるとカッコいいですよね。

9・10月テーマ : 『 スーツを着る意味 』

2014.11.20

「文化を創る」

9月は書けなかったので、10月分とまとめて書きます。

今回のテーマは「スーツを着る意味」です。

最近お客様から

”クールビズは10月いっぱいまでなんです”

と良くお聞きします。実際外の気温は暑いですし、

特に今年は猛暑も猛暑で、かなり暑い夏でした。

今後も毎年暑い夏が続くことでしょう。

クールビズが10月いっぱいまでとなると、

ほとんどの会社が5月からスタートしていますので、

半年間、、、

6ヶ月もノータイ・ノージャケットということになります。

考えてるとちょっとニヤケてしまいますが、

では逆に”なんで11月からはジャケットやネクタイを

着用するの??????”という疑問が湧いてきます。

半年間ネクタイせずにジャケット着ずに、ビジネスの場で

「関係者皆さま、礼儀を重んじず、失礼します、ヨロシク~!」

で、OKだったんだから、なんで11月から半年間だけは

ジャケット着るの?なんで半年間だけはネクタイするの?

という摩訶不思議な現象が起こっていますよね。

なんでニットじゃいけないの?ブルゾンはいけないの?

となってしまいます。

(しかも冬は皆さん暖房かけてる会社が多いらしいので

なおのこと摩訶不思議です。)

逆にネクタイをする意味、ジャケットを着る意味が

問われている感じがします。

もちろんそういった意識は日本だけの独自のもの。

取引先が外人でない限り、ココは日本です。

ほとんどにおいて、相手も日本人です。

だったら秋冬の11月からも、

ノーネクタイ、ノージャケットでこれまで通り

良いんじゃないの?という普通の疑問が湧いてきます。

今、日本において服装における「礼儀」の意識が

大きく変わっている時だと思います。戦後約70年を経た

日本。最初は格式の英国様式、そして自由なアメリカ様式、

そして色気のイタリア様式、それらを全て吸収した日本。

本来自国文化である着物を着ている国民が、敗戦を機に

一気に洋式に移行していった70年。しかしもう和式とか

洋式とか、和服とか洋服とか、そういった感覚自体

無くなった現在、改めて大人の男性の「ヨソイキ衣装」

である、(であった?)

「スーツ」はその存在意義が変化してきています。

しかし、そんなことは全世界中であたりまえのことであり、

わざわざに言う必要のないこと。

今現在、諸外国の各様式・文化が入ってきて、

それらが混在し、日本独自の解釈を持とうとしているとき、

改めて「スーツを着る意味」を考えて着ると、

「様式」ではなく、「ファッション」としてのスーツの着こなしが

楽しくなるのではないでしょうか?

「ジーパンはなんで履く?」・「スラックスはなんで履く?」

「ボタンダウンシャツはなんで着る?」・「ダブルカフはなんで着る?」

「革靴はなんで履く?」・「スニーカーはなんで履く?」

「ブルゾンはなんで着る?」・「スーツはなんで着る?」

ファッションアイテムは無限にありますが、

全てのアイテムの「なんで着る?」の問いに対して、

”心のまま”、”思いつくまま”、”感じるまま”、

に出た答えが全てだと思います。

その答えは人それぞれ違うと思います。

違って当然です。

生まれた年や、育った環境、出会った大人、

出会った先輩がそれぞれ違うので、

みんな答えが違って当然です。

もちろん、男性の着るアイテムのほとんどは

元々の起源、”ナゼこの世に生まれたか”

という明確な背景を持っています。

それらを知ることは、自信の着こなしを楽しむ

(ファッションする)行為において、とても重要な

要素になりますし、それら背景を知っていると

モノを選ぶ・買う・着る・感じることが

より(More)楽しくなるものです。

(以前”センス(感覚)を磨く”ということを

お話しした時に書いたことです)

Q:「なんでスーツを着るの?」

A:「なんかカッコいいから」

で良いんじゃないでしょうか?

もちろん、

A:「着てなかったら先輩から怒られるから」

A:「やっぱ仕事着はスーツでしょう」

A:「スーツって会う相手に礼意を表す服だから」

それら全て真っ当な理由だと思います。

どの答えも正解だし、バツは付かないと思います。

ファッションは自由なもの。「洋服」の着こなしのルールは

知っていたら楽しめるもの。だからと言ってそれに縛られる

のはファッションではない。

一方で、それぞれのルールに従い、

ルールのあるスタイルの中でこそ楽しめるファッションもある。

その”ルール”は自分を取り巻く環境・社会が作るもの。

そして時代によってその”ルール”は変化していくもの。

それら時代の環境や、自分を取り巻く社会の

”変化するルール”を敏感に感じながら、

その「ルールの中で着こなしを楽しむことが、

毎日着なくてはならない”服”を”ファッション”へ昇華させる。」

環境・社会のルールを感じながら、

ありとあらゆるアイテムの中の一つ、

『 One of Fashion Item 』 として

”スーツ”を自信のワードロープに加えてみてはいかがでしょうか?

「スーツを着る意味」は皆さん自信と、社会、環境によって

変化していくもの。数あるファッションアイテムの中の一つとして

考えてスーツを着こなすと、実はもっともっと可能性のある

アイテムですので、今後もスーツもワードロープの一つとして

使ってファッション楽しんでみてはいかがでしょうか。

8月テーマ : 『 ファッションショッピングの楽しみ方 』

2014.11.20

「文化を創る」

8月に入り、例年にない猛暑が襲っています。日々いかがお過ごし

でしょうか。ファッションのサイクルにおいて8月は秋冬物の新作が

続々と入荷してくる時期です。ファッション好きの皆様の関心も

新作に向いていることと思います。

いつもはアイテムや着こなしにスポットを当てて書いてるページですが、

今回は”ファッションショッピングの楽しみ方”というテーマで書いてみたい

と思います。

私のお店もそうですが、様々なブランドやメーカー、オリジナル商品を

一堂に展開して提案しているお店を日本的表現として”セレクトショップ”

と言います。そのセレクトショップはいわゆる1ブランドショップと違い、

様々なメーカー・ブランドが仕入れられています。

ここで面白いのは、お店に並んでいる1点1点には

『 ナゼ 』

が存在することです。

「ナゼ」それを仕入れたのか?

「ナゼ」その色なのか?

「ナゼ」その形なのか?

などなど、、それぞれ1点づつに

『 ナゼ 』 = 『 理由 』

があるんです。

そこで、ファッションショッピングの楽しみ方の一つとして

「ショップスタッフに”ナゼ”?を聞いてみる」ことです。

この”ナゼ”を知ると、ショッピングが楽しくなります。

お客様自身が、たくさんあるファッションアイテムの中から

1つのアイテムを”セレクト”する楽しみがショッピングの

楽しみの一つです。どれにしようかを楽しく悩み、1つを

セレクトする過程で、この『ナゼ』は非常に重要なショッピング

の要素になってくれます。

そのアイテムがこの世に生まれた意味を知ることで、

それを購入した後、より深くそのアイテムを楽しむことが出来ます。

これから新規商品が続々入荷する時期です。皆様もショップへ

行ってスタッフの方々に「ナゼ」を聞いてみてはいかがでしょうか。

同じ買うなら買った後も深く大事に楽しく着られるよう、

そのアイテムの生まれた理由を知っておくことは

ファッションライフのとても大事な楽しみ方だと思いますよ。

~ちょっと”思い付きコラム~

2014.11.20

「文化を創る」

最近はネット通販が店頭売上を超える、形だけの小売店が

ほとんどです。とても便利なツールで、労せず一度にたくさんの

アイテムを見て比較できるし、お店の無い地域のファッション好き

な方達には特に便利だと思います。

ネットにはネットのメリットがあり、店頭での対面式にはその

メリットがあります。

ただ、余談ですが先日東京で様々なお店を見て接客を

受けてきましたが、最近はショップスタッフが自信が働いている

お店なのに1つ1つの『ナゼ』を知らないまま販売しているケース

が多々見られます。これは困ったもんです、、、。

スタッフの立ってる意味がない、、、。人の口から様々な

情報や、気持ちが得られるからショップに足を運ぶ価値が

あるんです。『ナゼ』を知らないまま店頭に立ってるスタッフは

ただの御用聞き。セレクトショップのスタッフとしてはいかがな

ものか思います。それでは店頭に足を運ばなくなるのも当然。

MD・バイヤー・店舗マネージャー・販売スタッフの

連動がお店を活性化させます。それが楽しさとなって

お客さまに伝わるはずです。そしたら足を運んでくれるはずです。

セレクトショップには今後さらに日本をひっぱっていって欲しいです。

7月テーマ : 『 ワードロープは人生のお供 』

2014.11.20

「文化を創る」

お仕事に着るスタイルとして、スーツスタイルや、ジャケット&パンツ

スタイルが常識です。大人の男性になると、今まである程度の数を

着てきているので、御自身のお仕事スタイルに合った格好、着こなし

というものがそれぞれおありだと思います。気にいって着るものは

結構な頻度で着てらっしゃる方も多いと思います。

そんな中、一日着たスーツや、ジャケット・パンツは、次の登板の

日までどのくらいの日数をかけていらっしゃるでしょうか。出来れば

なか2日はあけたほうが良いと思います。

一日生活すると、知らず知らずに、相当量の汗を人間はかいてる

そうです。さらに、一日着ることで、生地の様々なところが伸びてい

るものです。なので、一日着られたスーツやジャケット・パンツは、

体力的にクタクタです。

やはり、2日間はちゃんと、お休みを取らせてあげて、

健康状態になってから、良い状態で登板させてあげた方が、

スーツのためだし、自分のためです。体力的にクタクタの状態では

ビジネスにおける鎧であるスーツが役に立てません。

シューズも全く同じことが言えます。全体重を1日かけられて、

ヘトヘトになっているのに、追い打ちをかけるかのように、次の日も

連続登板させてしまったのでは、せっかく良いものも、さすがに

くたびれてしまいます。

野球の投手に似ているかもしてませんね。いくら良い肩を持った

最高のピッチャーでも、連投が続くと、さすがにきついでしょうし、

選手生命も短くなってきますよね。

そういった視点で、御自身のワードロープを見まわした時、

中にはかわいそうに酷使してしまってるものもあると思います。

せっかく気にいって、自分の人生とお供する仲間なので、

お休みをしっかりあげて、長く一級品として活躍してもらいたいです

よね。もちろんそれには、食事や睡眠ベッド・化粧も良いに越した

ことはありません。

スーツやジャケット・パンツなんかは、水が食事、睡眠ベッドが

ハンガー、化粧がアイロンです。靴なんかは、栄養クリームが食事、

睡眠ベッドがシューツリー、化粧が靴磨きです。

服は生き物です。自分の生活を楽しく豊かにしてくれる、自分の

ワードロープたちと、ともに最高の状態でお仕事に臨んでみては

いかがでしょうか。

6月テーマ : 『 ”感覚”の重要性 』

2014.11.20

「文化を創る」

ファッションにおいてよく語られるワードがあります。それは”センス”です。

「センスが良い」とか「センスが優れている」とかいう言い方をします。

スポーツやその他の分野でも、この「センス」というワードはよく使われ

ますよね。

通常なんとなくのイメージで使われるこのワードは、そのほとんどにおいて

”才能”としての意味合いで受け止められています。

”才能”は、「持って生まれたもの」という意味の強い言葉です。

(*余談ですが、もちろん天才というレベルの生まれつきの方も

いらっしゃいます。TV情報によると、天才の生まれる確率は

1万人に1人いるらしいです。結構いますよね。

私もファッション業界に長く身を置いている中で、数人”天才”的センスの

持ち主に出会いました。しかし、今回の話とは別の話です)

私はファッションにおいて、「センス」=「感覚」として捉えています。

「感覚が良い」、「感覚が優れている」という意味合いで考えると、

ファッションはもっと面白いものになると思います。

そして重要なのは、

「感覚」は磨くことが出来るということです。

「感覚」こそファッションを楽しむためのとても重要な要素です。

私たち日本人はとても勤勉で真面目な気質ゆえに、ファッションに

おいてもかなり勉強熱心です。ファッション雑誌も充実している為、

ファッションのプロではない方々のファッション知識(蘊蓄)レベルは

世界一だと思います。

しかし逆に知識レベルが高いがゆえに、自分の着こなしにおいて

”知識”でコーディネートしたり、”知識”で購入したりしがちなのも事実。

”知識”はファッションにおいてとても重要です。

しかし、一番ではありません。”知識”は着こなしに

”深み”や”味わい”を与えるものであり、センスのその先にあるものです。

ファッションにおいて、知識は”深み”や”味わい”をもたらしてくれるもの。

その前に、大事なるのはやはり「感覚」です。

服を着たときに、

「あ、これ良いな!」

「ん~、これは違うな。」

このうちから湧き出る感覚の積み重ねが

自信のアイデンティティを表現するものになるのだと思います。

ファッションを楽しむ、一番単純で究極の方法ではないかと思います。

視点を変えて、食事で例えると、野菜の切り方の知識や、

フライパンの温度の知識、隠し味の知識なども大事ですが、

食べたとき「美味い!」が一番大事だと思います。

まず「美味い」。そこでなぜ「美味い」かを探ってみると、

色々なテクニックや知識があることに気付く。

これが大事なんだと思います。

着こなし方のセンス以外に、

”時代の空気を感じる”こともセンスだと思います。

コチラも同様に、センスは磨くことが出来ます。

ファッションスナップを見たり(視覚)、

実際に自分でも着てみたり(視覚・触覚)していくことで

センスは磨かれます。

その際に大事なことは、”何気なく着ないこと”。

ちゃんと自分はどう感じるかを”感じながら着ること”。

なぜこれを着たのか明確な”理由を持って着ること”。

その積み重ねがセンスを磨きます。

私もまだまだ磨き続けています。

もう一つ。

世の中で最高と言われるモノを経験してみること。

”最高のモノを体感する”ことは、感覚を磨く最高の方法です。

「体感」=「体で感じること」こそ感覚を磨く最良の方法だと思います。

知識ももちろん重要です。

しかし、まず第一に、自分から湧き出る「感覚」を大事にして

ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

5月テーマ : 『 「クールビズスタイル」を楽しむ 』

2014.11.20

「文化を創る」

5月に入り、ビジネスマンの方は一気に衣替えの季節です。

そうです、10月まで半年間も続く「クールビズ」の季節です。ク―

ルビズとは皆さんご存知のように、環境省が環境対策を目的とし

て衣服の軽装化を目的としたキャンペーンです。日本ではほとん

どの企業が賛同し浸透しています。摂氏28℃の中でも快適に

仕事が行えるような軽装スタイルを基本としています。最近では

「スーパークールビズ」という軽装も一般的になってきています。

環境省からはサンダルとタンクトップ以外は可とされています。

一言でクールビズと言っても、日本各地で様々なスタイルが

あります。例えば沖縄ではカリユシを積極的に着たりしています。

一方、東京などの大都市圏ではクールビズの一般的スタイルは

あくまでノーネクタイのジャケパンスタイルが基本になっています。

それぞれの地区ごとで「クールビズスタイル」に大きな違いが

あるものです。

日本にはTPO(Time・Place・Occasion)というすばらしい言葉が

あります。TPOとは、時と場所と場合に応じた態度・服装を使い

わけることを言います。TPOをわきまえた着こなしを行うには、

会う相手や、場所などの状況・環境を分かっておく必要があり

ます。TPOをわきまえた着こなしをするためには、それぞれで

違うクールビズスタイルを頭に置いておかなくてはなりません。

例えば出張でどこかへ行き、相手側がジャケットを着ている

会社の方だったら、コチラもジャケットを着ていかなくてはならない

でしょうし、逆にノータイ、ノージャケットで半袖の会社に、ジャケット

を着ていくと、相手側に気を使わせてしまうこともあるでしょう。

これまではスーツを着てネクタイを締めていれば大概どこで

誰と仕事しようが特段問題はありませんでした。しかし、クール

ビズスタイルが都市別で違う現在、ビジネスマンの方には

今まで以上に、深くTPOを熟考した着こなしが求められる

のではないでしょうか。

ビジネスマンの着こなしは、着ているモノの見た目で印象を

大きく左右し、それが実際のビジネスに大きく影響することは

世界中で当たり前の常識です。だからこそ会う相手に合わせ

て着こなしに配慮することが大事になってきます。都市別や

会社別でルールや価値観の多様化が進む「クールビズスタイル」。

今まで以上にTPOを熟考した着こなしをすることが大事に

なってくるのではないでしょうか。「クールビズスタイル」によって

多様化するビジネススタイルをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ