DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

11月テーマ : 『 トレンドの活かし方 』

2014.11.20

「文化を創る」

11月に入り、やっと気温も下がってきて、これから楽しい

お洒落の秋が始まりますね。

毎年、春夏、秋冬とシーズンは過ぎていきますが、ファッションに

おいて独特の世界感があります。

それは「トレンド」です。

”この秋は、〇〇がトレンドです。”

”今年のトレンドカラーは〇〇です”

”この柄が今のトレンドです”

といったように、毎シーズン変わらず”トレンド”というキーワードで

雑誌媒体や、テレビなどで言われるのを聞いたことがあると思います。

トレンドはどうやって決まっていくのかは、別の機会にお話しする

として、今回のテーマは『 トレンドの活かし方 』です。

コレは男性に限ったことかもしれませんが、(と前置きしておきます)

いわゆる「トレンドはこう着こなしましょう」ということではなく、

洋服界の事実から見てみることにしましょう。

例えばピンクがトレンドのカラーだとします。

そうしたら、洋服界にどういう作用が起こるのかというと、

世の中にピンクのカラーを使った洋服が増えるのです。

グリーンがトレンドの時は、グリーンのアイテムが増えます。

例えばストライプの柄がトレンドだとしたら、

世の中にストライプの柄が増えます。

この”増えます”というのは、安価なお店から高級店まで、

アイテムも価格の幅も選べるものが増えるということです。

いわゆる「トレンド」には、乗っかってみましょう。

それは”今お洒落に見せるため”ということではなく、

将来の”自分スタイルの確立”のためです。

たくさん世の中に選べる幅のあるトレンドカラーや

トレンド柄、トレンドスタイルを、自分の許す範囲で

取り入れてみて、『着こなしを実験してみる』のです。

そのカラーや柄やスタイルに、チャレンジしてみるという

ことです。正直大学卒業して大人の服を着だして

10年20年は、自分のスタイルを確立するには

若すぎます。

お洒落は楽しいもの、ファッションは楽しいものです。

20年30年は、ファッションを楽しみながら、

自分探しをする「実験期間です」。

だからこそ自分にチャレンジしてみることです。

チャレンジは、まだ出来ないからするもの。

だからこそ出来るように(着こなせるように)していく。

だから「実験」なんです。

自分がどこが心地よいかを見つけるのに、

トレンドを活かさない手はありません。

だって、世の中が順繰り順繰り「トレンド」という

キーワードをもとに、課題を与えてくれるからです。

「この色はあんまり着ないんだよね~」

「この柄は似合わないんだよね~」

こういう意見をお持ちの方も多いはず。

なぜそれを着なかったのか?

なぜこの柄は似合わないのか?

を考えるのではなく、

どうすればこの色を着こなせるか?

どうすればこの柄が似合うのか?

を考え工夫しながら、そしてそれを楽しみながら着ることで

段々と自分が心地いいスタイルが出来上がってくるものです。

着ないうちから、「似合わないから。。。」

一度袖を通した時の印象で、「似合わないから。。。」

柄が一緒でデザイン・カラーが違うのに「着たことあるから。。」

着こなしの「工夫」をすることが、お洒落の楽しみ方の一つ。

似合わなかったと判断したのが20代で、もし今30代なら?

カラーが違ったら?シルエットが違ったら?アイテムが違ったら?

体型や、髪型、顔、立場、交友関係、全てが変化してるはず。

だからこそ、「前に買ったことあるけど、着なかったんだよね~」

と言ってしまったら、残念ながらお洒落を楽しめません。

上記で(男性に限った事かも、、、)と言いましたが、

大人の男性の服装は、昔も今も大きな変化はないんです。

「単語」で言ってしまうと、みんな同じものを着てるんです。

ジャケット・スラックス・ジーパン・シャツ、、、、

男性ファッションは、同じルールの中で試行錯誤するから

楽しいんです。

世の中に、「トレンド」というキーワードをもとに、さまざまな

カラーや柄や着こなしが増える時期に、ぜひ「実験」して

自分の着こなしを楽しんでみてください。

トレンドを使って、実験し、自分のスタイルを確立していく。

そんな「トレンドの活かし方」を積極的にしてみてはいかがでしょうか?

「ファッション」と「スタイル」は違う。

「ファッション」を楽しみ続けた先に、

自分自身の「スタイル」に辿りつけたら

男としてカッコいいですよね。

チャーチル、、ゲンズブール、ヘミングウエイ、アステア、

高倉健、ムッシュかまやつ、などなど、、、、

自分のスタイルを確立された方々は、その生き方が

カッコいいし、服装にその人となりが表れる。

いつか60くらいになったとき、自分の一番心地良い

自分なりのファッションスタイルが出来上がるとカッコいいですよね。

アーカイブ

ページ先頭へ