DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

大人の遊び。スーツで遊ぶ。「ネイビーチョークスト」

2019.09.01

blog

皆さん、こんばんは。

今日から9月。

9月ってなんだか、幕が変わるような、一皮むけるような、

なんかそんな感じです。いい感じです。

さて、スーツを楽しんでる人がどのくらいいるのか?

やっぱりスーツ着るということは、ビジネスをベースに着る人が

もう99,9%じゃないかなと思うんですけど、

何だかさみしい感じがするんですよねぇ。

だってスーツって元々は「カジュアルな遊び着」だったわけですから、

元の名前は「ラウンジスーツ」。そうくつろぐためのウエアだってことですね。

なんかめんどくさいから、上下共地で、襟さえつけとけば問題ないでしょ!

っていうのがきげんですからねぇ。

もっと楽して、もっと楽しんじゃえば良いんですよ。

そうなると無地よりも柄のほうが絶対に楽しいわけでね。

まぁ無地は我々一般人の正装として置いといて、

柄物でカジュアルにスーツを遊びましょうよっていうのが

常日頃から店頭ではお伝えしてる通りです。

春や秋は、コットンスーツが断然活躍します。

もぅヨレてもシワになってても、そんなことはどうでもいい、

ただラクだから着てるっていうのが大人の本音ですよね。

冬には、サキソニーの軽いやつでサラッと決めたいですよね。

中でも、ちょっとそのストライプ激しいんじゃない?ってくらいの

ネイビー×チョークストライプっていうのが、なんだかちょっとキザで

カッコいいんですよ。

下の写真のCANONICOのサキソニーなんて最高ですよ。

もぅ柔らかくて、軽くて、らくちんに英国バリバリのストライプを

崩して着ちゃうみたいな、そんな感覚が最高ですよね。

ちょっとスニーカーで履いてみたり、

丸首のニット一枚だけ中に入れてみたり、

チャッカとかサイドゴア履いて、タートル中に入れたり、

ニットの長袖ポロでローファ―でさらりと着てみたり、

パンツ丈はちょっと短めで、股上少し浅くて、

ジャケットは肩パット入れずに、裏地とか付けずに軽い感じで

着丈ちょっと短くして、スーツなんだけど、割とラフに着ちゃう

みたいな感じですね。

こんな遊び方は子供お子ちゃまには逆立ちしても出来ない

まさしく大人の遊びですよね。

「良いものを楽にラフに着こなす」

これが出来るようになったら、普段の着こなしはもっともっと

100倍1000倍楽しいものになりますよ。

”良いものを”じゃないと意味ないですけどね。

ファストファッションでは絶対に出来ない面白さが

大人だからあるんです。

やるかやらないか。

それだけのことです。

テクニックなんか要りません。

着るか着ないか、それだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 CANONICO サキソニーネイビーチョークスト スーツ 』

■オーダー価格 : ¥99,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

アーカイブ

ページ先頭へ