DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

3 / 1312345...10...最後 »

「品」とは何だろう。。

2017.10.09

blog

皆様、こんばんは。

今回はコラム的内容なのですっ飛ばしてください。

ご意見ご批判はお受けしません。

DRESSERSではよく「上品」というワードを使い、何かしらの

説明や案内をさせていただくことが多いです。

「上品」で「上質」というのがDRESSERSの根幹をなすキーワードと

してることから、この「上品」というワードをよく使用します。

「品」という言葉の由来はここでは割愛するとして、私が思う

「品」とは、”相手のことや周りのことに配慮する姿勢のこと”を

「品」というと思っています。

例えば、自分が目立てばいい、自分にいかに注目が集まるか、

人よりどう目立つか、という姿勢は「下品」なことだと考えています。

DRESSERSは洋服のことしか分かりませんが、

いかに周りと「調和」するか、いかに周りに「配慮」するか

いかに周りを「想う」か、が着こなしに現れた時、

それが結果として「上品」な着こなしに、また「上品」な

雰囲気になるのではないかと考えています。

とかくそれをファッションに置くと、目立たない地味な着こなしを

想像されると思いますが、確かに目立ちはしません。

一方でファッションは個性を着るもので表現することでもあるので、

様々な価値観があるモノだと思います。

DRESSERSでは、周りと「調和」し、周りに「配慮」し、

周りを「想う」着こなしを良いと思っているので、そういう

考え方に賛同していただける方々にとって、役に立てるような

お店でありたいと考えています。

お茶の考え方に、利他の精神というものがあります。

相手のことを想うこと、またその行いのことをいうのだそうです。

素晴し考え方で、もっともっと勉強しなければならないなと

いつも思います。そして感動するのが、実はその続きがあって、

「利他」の後には「自利」の精神があるというのです。

相手を想いもてなすことは、結果として自分のためになってること

なので、利他の後に自利も存在する。決してただの主従関係ではなく、

自分も含めた、その場の皆様が心豊かになることを本来としてる

そうです。素晴らしい考えだと思います。

周りを想う行動や所作はまわりまわって自分に返ってくる、

「上品」に着こなすとは、そういう行為ではないかと考えてみたり

します。まだまだ答えは分かりませんが、これからもDRESSERSは

「上品」な着こなし、スタイルを基軸として皆様に何かしら

ご案内、ご提案させていただければと思っています。

まだまだ未熟なお店です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

これぞ大人のコートです『MIDA』

2017.10.06

blog

皆さん、こんばんは。

今日は「コート」のご紹介です!

大人なコートです。

いきなりですがこちらです。

ん~~かっこいい。

これは『 M.I.D.A. 』のコートで、ボンディングの

”フード付き”コートです。

これが良いんですよ。

表地にはウールが張ってあって、内側はポリ。

このボンディングっていうのが、何気に重宝するんです。

色目は優しいネイビーです。

「上品」で「上質」を地で行くコートです。

皆さん、フード付きのコートって着たことありますか?

「大人の洗練されたシルエットなら」これがなんと

かっこいいんです!

写真はわざとスーツにタイドアップしたスタイルに

着せてますが、こういうさりげない感じがかっこいいんですよね。

チェスターも良いけど、サラッとボンディングでフードコート。

「ちょっと今日雨降るかもしれないから、コレで行こう」

なんて、TPO的大人の着こなしで、めっちゃ良いですよね。

ボンディングって基本的に雨風通さないので、

気候対応なコートとしては抜群なコートですね。

昔は絶対なかった、昔の人もこういうのあったら

皆着てただろうな~と思わせるコートです。

 

もちろん、デニムを中心としたカジュアルスタイルには

完璧にはまります。

カジュアルコートスタイルが「上品」に仕上がるのも

この「MIDA」のシルエットがなせる業ですね。

ここまで丁寧に”ちゃんと”作ってるのはさすがMIDAです。

こういうの大人の皆さんに着てほしいんですよね~。

クラッシックも最高。同時に、現代じゃなきゃ着れない

現代版クラッシックも最高。

懐古主義的な古典おじさんにはなりたくないですもんね。

良いものを着こなしに取り入れて、人生楽しむ。

ファッションのなせる業です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A. ボンディングフードコート 』

価格 : ¥76,000- (税別)

SIZE : 44:46:48:50:52

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはカジュアルもドレスも行けるし、かなり長く

着られるので、コストパフォーマンスはなかり

高いです。

こういうのホント着てほしい。

DRESSERS

 

『 GRANSASSO 』ニットカーディガン

2017.09.26

blog

皆様、こんばんは。

今日は、『 GRANSASSO  』の新作カーディガンのご案内です。

いきなりですが、良い~~~~~~~~~~~~~んです。

最高なんです!クゥゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

コレです!

 

 

イイ感じのカラーでしょ~。

ライトネイビーと言ったらいいのが、くすんだブルーと言ったら

良いのか。

いや~~美しい。

そして使いやすい!!!

生地は良いのは当たり前。

質感も最高です。

そして何より、ここのが良いのが「サイジング」です。

着用したときの、最適なサイジング。タイトすぎずな

良いバランスが、やっぱり良いです。

スーツのインナーにももちろん良いですし、

シャツ着てブルゾン着てっていう間に着るものもちろん。

このカラーの良さは、なんと言っても、コーディネートの

幅の広さ。そして優しそうな印象です。

結構どういう合わせでも「上品」に見せてくれる効果がある

カラーです。安心していっぱい着てください。

もちろん極少です。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 GRANSASSO  ブルーグレーカーディガン 』

■価格 :¥28,080-

(*9月30日(土)までに現金支払いでお買い上げの方は、

「¥25,000-」で販売させていただきます)

■SIZE : 44/46/48/50

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のご来店お待ちしております。

*明日、9月27日(水)は営業してます。

DRESSERS

時代を取り入れることによって「活きる」クラッシック

2017.09.18

「文化を創る」

店主の思い付きコラム

皆さん、こんにちは。

今回はコラム的内容なので、ぜひスルーしてやってください。

今回は

『時代を取り入れることによって「活きる」クラッシック』です。

私はDRESSERSをお通して、クラッシックという言葉を

頻繁に使います。私の考えるクラッシックとは、

”昔のもの”や”古いもの”といったクラッシックという

意味では決してなく、あくまで「基本」や、「定番」

という”スタイル”のことを言っているつもりです。

「基本」や「定番」といったスタイルは、サイジングが

ちゃんとしてれば、それだけで」すごくかっこいいものです。

それを極めることがおしゃれを楽しむ早道だとも思います。

しかし、とかく「基本」のみという「コーディネート」

になったとたん、少し面白さに欠ける空気感が出てくることも

いささかあるのも事実です。

基本、定番、それがコーディネートの土台を作ることが出来る

モノです。それこそがクラッシックです。

クラッシックをもっともっと生かすには、適度に「時代感」を

コーディネートに取り入れることです。

それら時代感を、いつの時代も許容し、友達になって

コーディネートしてくれるのが「クラッシック」です。

雑誌やネットで、今年はこれだとか、あれだ、次はこれだあれだ

というようにたくさんの「時代感」が情報提供されています。

それらをクラッシックを使って、うまく自分なりに活かして

コーディネートに取り入れることによって、毎年毎年「基本」や

「定番」は着ることになるのですが、その時その時に

コーディネートを変化させて楽しむことが出来るのです。

「時代感」を大人なりに取り入れるというのは、コーディネートが

毎シーズン展開していくので、クラッシックを基本にしてる人には

すごく面白い作業になります。

具体的に「時代感」を取り入れるというのはどういうことを

したらいいかというと、「カラー」「柄」「ディテール」の

3つを意識して取り入れてみるということです。

時代時代で「カラー」・「柄」・「ディテール」など特徴的な

事柄があります。それらを取り入れてみるということ。

私が思うのは、スーツやコートやシューズなどの大物で

やるのではなく、シャツやネクタイ、ポケットチーフ、ハンカチ、

ストール、ニット、バッグなどの小物で「時代感」を取り入れる

ということです。ここでいう大物、小物は金額のことを

言っています。

そういった小物系でクラッシックスタイルに「時代感」を

プラスすることで、クラッシックスタイルに変化を持たせ、

いつもクラッシックスタイルがそばにいながら、時代時代で

コーディネートを変化させて楽しむことが出来るものです。

私がいつもクラシックが大事だ大事だと言ってるのには、

その先にそういう楽しみ方が出来る広がりや発展性がある

からです。そして大事なのは、クラシックスタイルは

いつの世もかっこいいということ。

そしてクラッシックスタイルとは、様々な時代感、移り行く

キーワードを許容してくれる懐の深さを持ってるということです。

私の尊敬するLIVERANO&LIVERANOのAntonio Liverano氏も

いつもクラッシックの中に、自分なりの時代感の取り入れ方を

されてらっしゃいます。だからいつもかっこいいのです。

だからいつも新鮮なのです。会うたびにコーディネートに

面白さがあり、発見があり、服の楽しみ方、着ることの

楽しみ方を教わっています。

是非皆さんも、時代感をクラッシックスタイルに取り入れる

ことをしてみながら、ファッションを楽しんでみてください。

もっと、もっと、着ることが楽しくなると思いますよ。

DRESSERS

 

 

やっぱ良いよね『 FERRANTE チャッカ 』

2017.09.17

blog

皆さん、こんにちは。

やっぱ良いよね「FERRANTEチャッカ」!

ってことで、先日から台風の影響で、雨がずっと降っていますが、

この前、出張行ってて、雨ってことだったので、FERRANTEの

DRESSERSチャッカで行ったんですよ。

ま~~~改めて「やっぱ良いよね」って思っちゃいました。

コレですコレ。

 

スエード用防水スプレーバッチリしてあるのもあり、

水滴がポロポロと表面を転げ落ちていくこの感じは

やっぱり雨の日はスエードだよねと思わせてくれます。

しかも、かなりの距離を歩き、移動時間も長かったのですが、

全く疲れない。スニーカー。

だって、ソールはなんてったってビブラムソールですからね。

雨はもちろんのこと、ソールの形状を、ヒール付けない

スニーカーソールにしてるので、ま~~歩きやすいですよ。

しかもちょっと柔らかめのビブラムを使用してるので

これまた歩き心地が楽でいい。

ん~~~改めて、このシューズは良いシューズだな~と

感心しながら歩いていました。

いまお店に「SIZE:7,0」がまだ

あるので、今一度紹介したくなり紹介しました。

価格は¥46,000-(税別)です。

ん~~これはやっぱり良いですね。

もしお持ちでない方は是非。

便利ですよ~~~。

DRESSERS

 

お知らせ

2017.09.12

blog

皆さん、こんばんは。

先日よりお伝えしてる通り、

明日、9月13日(水)~15日(金)は

店休とさせていただきます。

9月16日(土)は、PM2:00~のOPENとなります。

 

DRESSERS

『良いスーツ』現物生地特価

2017.09.08

blog

皆さん、こんばんは。

先にお伝えしておきます・

ただいまファッション魂お持ちの皆様の

熱い魂をビンビン感じさせていただいております、

CANONICOの「フランネルスーツ」のFairですが、

9月10日(日)まで!ですので、この機会に是非!!

さて

良い生地です。

お仕事ウエアとしてのスーツとしては、

最高の出来になると思います。

「軽さ」

「耐久性」

「エレガントさ」

「コーディネートのしやすさ」

「コーディネートの幅」

「着る時の自信」

「シーズンレスで着用可能」

これは「良い」です。

シンプルで飽きの来ない生地と色目です。

 

Made in ITALYの素晴らしい生地です。

DRESSERSが厳選してピックアップしました。

バーズアイの中でも、ごつごつしていない、なめらかかな

肌触りと質感のものになります。

ビジネスでお使いいただく方にぜひともお勧めしたく思います。

何気ないのですが、他とは明らかに差が付くスーツになります。

シンプルで上質。

DRESSERS的美しいスーツです。

2ピース(1着)分しか生地がありませんので、

ご希望の方はお早めに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Made in ITALY 最高峰ネイビーバーズアイスーツ 』

■通常オーダー価格 : ¥160,000- (税別)

■現物特別価格   : ¥100,000- (税別)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外))

(現金支払いの方は¥100,000-ジャスト)

■出来上がり : 11月上旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非、素晴らしいネイビーバーズアイスーツを!

DRESSERS

 

来た~~~~~~~~~~!!!!!                     『 M.I.D.A. 』M-65型ブルゾン   やっぱ最高!!!

2017.08.21

blog

皆さん、こんばんは。

先にお伝えしておきます。

明日から3日間

8月22日(火)~8月24日(木)は、店休となります。

いや~~来ましたね~。

やっぱ、良いですね。

『 M.I.D.A. 』のM‐65型ブルゾン。

今回はなんとも使いやすい、美しいサンドベージュです!!

 

もちろん今回も袖筒までしっかり入ってる、

ダウンフェザーのライニング付き。

取り外したら、秋も春もず~~~~~~っと使えます。

この中のダウンフェザーがとにかく品質が良いんで

めちゃくちゃ暖かいんですよ~~

雪が降る季節も全然大丈夫。

しかも完全撥水!!!

もう鬼に金棒でしょ!!!

白デニムは絶対かっこいいんで、(もちろんネイビーデニムも)

冬には是非サキソニー系スラックスで合わせてほしいな~~。

ブラウンのチェックスラックスとか、モカベージュの

サキソニーとか、(もちろんグレーも)超カッコいいですね。

やはり良いものは良い。いつもの通りですが極少です。

絶対お勧めです!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 M.I.D.A. M-65型 ブルゾン 』

■価格 : ¥55,000- (税別)

■SIZE : 48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非!!!

DRESSERS

 

服を着て、毎日を楽しむ

2017.08.18

blog

「文化を創る」

店主の思い付きコラム

今回はコラム的内容なので、是非すっ飛ばしてください。

誰かの心に届けば幸いです。

人は毎日服を着る。

パジャマでも、外に出る格好でも、とにかく服を着る。

毎日着る。

外に出る時、家に帰った時、着替えながら服を着る。

当たり前に過ごしている「服を着る」という行為。

服を着る日常を、行動として、楽しんで行う人は、そうでない人の

人生より圧倒的に楽しいものになるだろう。

どうせ着るし、着替えるのだから、その行動を大事に

楽しみに変えて行ったら、こんな楽しいことはないだろう。

服を考えることがめんどくさいという人はかなり多い。

おそらく、今まで着たモノを褒められたことが残念ながらないのだろう。

人は褒めてもらったことを強烈に覚えている。そして、

褒めてもらった事柄に対して、興味がわく。そして自然と楽しみ出すものだ。

楽しむうちにレベルも上がっていき、その上がってるレベルにさらに

楽しさが倍増していく。

人の服を褒める人には、その人自身が着ることに興味がある人だろう。

だから人の着るものにも興味がある。興味があるから、良いところが見えて

人を褒めることにつながるのだろう。

褒める褒めると言っているが、褒めるとは言い換えれば

「認める」ということ。

この「認める」ことは、服装において絶対に必要なこと。

何故なら、服装には正解がないから。

コーディネートに正解は無い。だからこそ、どう考えて着たかが

その人を表す。それこそが「個性」。なにも考えてなく、

その辺にあったものをひとまず着てる、

というのもそれも個性。着るものとか特に興味はないんですと

いう人生観を持っていますという立派な個性。

どお着ようとも、”私はこういう人間です”ということを着るもので

体現、表現、認知させているのだ。

ほとんどの人は、明日何かしらの予定がある。

そしてこう思うと、毎日が少し楽しくなる。

『 明日、ナニ着よっかな? 』

明日の予定を想像しながら、シチュエーションを想像しながら

着るものを選ぶ楽しさは、日々の日常に微刺激を与え、

日常そのものを楽しんでいける。

ジェットコースターに乗ったり、海外旅行に行ったりするような

大きな刺激は無いが、毎日確実に面白がれる行為であり、

ちょっとだけテンション上がる行為である。

人が着てるものに、その人の意思を感じたら、是非褒めてあげましょう。

きっとみんな気分が良いはず。そして決して否定は出来ないモノなので、

(何故なら正解がない世界だから)、意思あるところが見えれば、

是非認めて褒めてあげましょう。

そうするとみんなその瞬間ハッピーな毎日が過ごせるはず。

ハッピーにいきましょう。

服を着る行為は、人生を少しだけハッピーにする行為です。

バリバリ使っちゃうね『 ダークブラウン 』 Ferrante シングルモンク、ヴィブラムソール!!!

2017.08.05

blog

皆さん、こんにちは。

毎日暑いですね~~~。

今年の夏ななんか違うって感じで暑いですね。

さて、本日は先日お伝えした「FERRANTE」のブラックシンブルモンクに

続き、『ダークブラウン』の登場のお知らせです。

”こりゃあいいね!!”とブラックシングルモンクを皆様にご好評いただき

嬉しい限りです。結構最高ですね。

で、

そのダークブラウン。

スーツ、ジャケパン、ノータイスタイル、

万能すぎでしょ!!

 

早速山田も履いてますが、楽です。。

なんかはまりますね。

磨いたらちゃんと美しくなってくれる革も良いですね。

奇をてらわない万能フォルム。

かなり使いやすいですね。これは。

ブラックがあれば、ダークブラウンも必ず必要でしょ。

あくまで基本に忠実にがDRESSERS。

ブラックとダークブラウン。シューズは必ずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FERRANTEシングルモンク ”ダークブラウン”』

価格 : ¥49,000- (税別)

SIZE : 6,5 、 7,5 、 8,0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非!!!

履いたらすごいです!!

DRESSERS

メンズドレススタイルにおけるクラッシックとは、またクラッシックスタイルとは

2017.07.30

「文化を創る」

店主の思い付きコラム

今回はコラム的な内容なので、是非すっ飛ばして下さい。

いつも通りご批判、ご意見は一切受け付けません。

ご了承ください。

先に

<お知らせ>

先日よりお伝えしてる通り、

明日、7月31日(日)~8月3日(木)は店休となります。

8月4日(金)は、PM2:00~のOPENになります。

 

私はメンズのドレススタイルを主としたお店を展開している。

日々ファッションに、また着ること自体に楽しさを感じている

人生の達人たち(お客様)がお店に足を運んでくださり、

服談議、またそこから生まれる様々なカルチャーの話しで

お互いの共通興味であるファッションの話題は尽きることがない。

私はブログや店頭で、頻繁に「クラッシック」という言葉を用いる。

私の好きな言葉であり、DRESSERSの根幹を言い表したものだと思っている。

私が思う「クラッシック」とは、落語における古典落語のようなものであると

いう認識がある。

古典落語は(と言ってももちろん話せないし、想像だが。。)、おそらく

落語における、基本的技術や基本的話の展開、また基本的なお客との間など、

全ての基本(ベース)が詰まっているのもだと思う。だからまずは古典から

勉強するといったことになるのではなかろうかと。

メンズドレスの「クラッシック」も、そういうことだろうと考えている。

基本的着こなし方、基本的TPO、また基本的な所作など、そういうものを

網羅して出来上がっているスタイルを「クラッシックスタイル」と呼ぶと

考えている。決して”古臭い”とか、”過去の”とかいう意味ではない。

落語にも新作落語があるように、古典を出来るものが、現代において

新作を作る。しかし、基本的なことが出来ないものに新作も何も出来ることは

ない。

逆に、基本的なことが身についてる人は、その後の発展性、また個性を出す

という意味において、さらに先に進んで面白くなっていくのだろう。

メンズドレススタイルには必ず「クラッシック」というものが存在する。

基本的なことというのは、いつの時代も変わらぬもの。けっして色あせることの

無いスタイルである。「クラッシック」を理解していけば、その後の

着こなし方や、楽しみ方が、スピードアップして面白くなっていく。

私もまだまだ勉強中だが、少しづつでもお店でお伝えしていければと

思う今日この頃。まだまだファッションは面白い。面白さの奥が深い。

DRESSERS

「大人だって楽したいときはあるさ。。」  FERRANTE 新作

2017.07.26

blog

皆さん、こんばんは。

いや~~暑い暑い。

そして皆さんもファッションに対して熱い熱い!

愛媛の大人のファッション熱が止まりません!!

さすがです。

さて本日はコチラ。

 

じゃじゃ~~~~~~~~~~~~~~~~ん!!!

そう!見ての通り『 FERRANTE 』です!!!!!

まさかの「ドレスシューズ」!!

そうなんです。

DRESSERS作っちゃいました。

しかもモンクストラップ。

最強でしょ。

真面目にクラッシックにこう合わせてほしい。

これはですね~~。

め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~っちゃ「楽(ラク)」靴なんです!!!!

ヤッパリ英国ギンギンの20万円グッドイヤーも最高ですが、

大人になってくると、かっこよくて「楽(ラク)」っていうのが

結構最高に良かったりする。。。

ってこともあるでしょ皆さん。特に40過ぎた皆さんには

お分かりいただけるはず。

と信じてる。

シングルモンクストラップシューズ。

 

 

なぜシングルモンクなのか。。。

それは、、、、

「ベルトの下が”ゴム”だから」~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

どういうことかというと、

ヒモを結んだり解いたりすることなく、

ズボッって履けちゃうし、脱げちゃう!!

結構大事だったりするんですよね~~。

たまに、グッドイヤーよろしくで、ヒモを緩めた状態で

結びっぱなしで履いたり脱いだりしてる人を見ますが、

全く持ってナンセンス!!!

ヒモ締めないとグッドイヤー意味全くない!!

しかも磨いてなかったりすると、最上級にナンセンス。

結局楽にいきたいからそういう風な変な着地になるんですよ。

だったら、かっこよくて、しかも、それ(ラク)ようにちゃんと

揃えたほうが絶対良い。

30代前半より若い方でファッション好きの方には理解不能なことでしょう。

そうでしょう。

でも分かる人には分かるはず。

こういうの必要。。。

しかも!!!!!!!

ソールが『 ヴィブラムソール 』なんです!!!!!

 

鬼に金棒とはこのことですね。

履いて歩いてる間隔はまさに「スニーカー」。

 

しかも耐久性抜群だし!!!

ここで一工夫。

ヴィブラムソールの形を、

「ドレスシューズ仕様」に変えちゃいました!!!!!!!!

これで見た目は完全に『 ドレスシューズ 』です!!

つま先も合わせやすい中庸的なラウンド感です。

さあ、皆さん、こういうの実際に1足は必要じゃないですかね。

しかもめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っちゃ

軽いんで、最高です。

普段はもちろんですが、出張や歩きの多い方にはさらにおすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 FERRANTE シングルモンク ドレスシューズ 』

■価格 : ¥49,000-(税別)

■SIZE : 6,5 、 7,0 、7,5 、 8,0 、 9,0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非~~~~!!!

お待ちしております!!

DRESSERS

*先にお伝えしておきます。

7月31日(月)~8月3日(木)は店休となります。

 

LIVERANO&LIVERANO ポケットチーフ

2017.07.15

blog

皆さん、こんにちは。

暑い~~~。。。。。。。

さて今日は「LIVERANO&LIVERANO」のポケットチーフです。

いきなりドン!!

 

これ、チーフです。

先日の生地ストック棚のチーフに続き、こちらは工房にある

色糸を設置してある板を写真に撮ったものをチーフにしたものです。

 

フィレンツェのLIVERANO&LIVERANOの奥には工房があり、(こんな感じ)

そのこ奥の壁に設置してあるのが、色々なカラーの糸です。

下の写真はずいぶん前に僕が撮った写真です。

因みにさらに裏は、こんな素敵な庭になってます。

グリーンのベースはとても美しく、色糸がたくさんカラーを

ちりばめているので、実はかなり使いやすいチーフです。

LIVERANO&LIVERANOのファンはぜひともゲットしておきたい

いつかの名品になること間違いなしの一品ですね。

茶靴なら大体何でも大丈夫ですね。ひとまず胸に差せば

アラ素敵!だいたいうまくいきます。

ブルー、イエロー、オレンジ、ベージュ、生成り、ブラウン、

グレー、白、モカ、ライトイエロー、、、いっぱい色が入っています。

さすがですね。

勿論スーパー極少です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ポケットチーフ 』

価格 : ¥9,500-(税別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの黄色スエードのミニクラッチもバッグインバッグとしても

ちょっお出かけにも最高です。テンション上がります。

 

DRESSERS

*本日はPM6:00までの営業です。

明日、明後日(16日、17日)もPM6:00までの営業です)

ネイビーの「コーデュロイ」カッコいい

2017.07.14

blog

皆さん、こんにちは。

今日は『コーデュロイ』を紹介します。

これ紹介するのは初めてです。

数あるカラーの中でも、これをお勧めしたい

『 NAVY 』。

こちら

やはり『NAVY』。

コーデュロイとは本来「山着」としての素材ですが、実際には

我々は山で着ないので、「街着」としての 『 NAVY 』が

最上の選択となるでしょう。

山の素材を街で着る。だからこそ正装としてのポイントを押さえて

着ることで、”敢えて”コーデュロイを普段着に着るという遊びが

面白くなるわけですね。

洋服屋が良く言いますよね。「敢えて」って。

普通(=基本通り)に着るのがなんか面白くない。

なんかちょっとひねって、普通じゃない感じで着ることを楽しむとき、

そしてそれを説明するときに出てくる言葉ですね。「敢えて」。

これなんかもまさにそう。

これは英国代表『 PORTER&HARDING 』のガリゴリの超本気モードの

コーデュロイなんです。だって「705gms」あるんですよ~!!!

マジでしょコレは。

どんな野山を駆けずり回っても、生地がビクともしない。

20年選手系の超本気のカントリー生地です!!

それを、街着で着てやろうという「遊び」ですね。「遊び」。

ファッションなんかは「遊んでなんぼ」。

どうせ着るなら楽しい方が良いじゃない!ってことですね。

*ビジネスウエアは違いますよ。あくまで会う人ありき。

自分着として着るものはテンション上がったほうが良いでしょ。

強者は、是非”スーツ”で行ってください!

なかなかこれでスーツで着てる人いませんよ。

マジスーツが怖い人は、リラックスセットアップ的なスーツとしてどうぞ。

ちょっと試してみようかなという人は、

ネイビーデニムの代わりに、秋冬のデニム感覚で

ノータックの細身のスラックス型で行ってください。

いや!ここはジャケットで行ってやる!という気概のある方は

ぜひジャケットで。

何事もまず、チャレンジしないと始まらない。

待ってて、いつもと同じルーティンでは、安心は得られても

楽しさは味わえない、何か新しいことにちょっと怖くても

行ってみる。結果行かない人より人生楽しめる。

是非チャレンジしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 PORTER&HARDING NAVY コーデュロイ 』

□スーツ ¥200,000-  ➡  ¥119,000-!!!!

□ジャケット ¥145,000- ➡ ¥87,000-!!!!

□パンツ  ¥60,000-  ➡  ¥39,000-!!!!!

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

■期間 : 7月14日(金)~7月28日(金)

■出来上がり : 9月下旬~10月上旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダーお待ちしております!!

DRESSERS

 

「 LIVERANO&LIVERANO 」 ネクタイ

2017.07.13

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆さん、こんにちは。

いや~~暑い暑い。。

暑いですね~~~。

ちょっと外に出るのが億劫な感じになるくらい暑い。

ま~~この暑さを逆に楽しんでいく感じが良いんでしょう。

汗かきまくって、着替えまくっていきましょう(笑)

今日はネクタイ。

LIVERANOで教わったこと。

「色を使う」ということ。

「色」は着こなしを楽しくする。

「色」は相手から興味を持たれる。

「色」はテンション上がる。

今回のネクタイもまさにそう。

ターコイズのピンクペイズリー。

おそらく8年前の私なら、決してチョイスしてなかっただろう。

基本が身に着いた先にある、初めてのファッションの楽しみ。

ドレススタイルの楽しさを「色」に見ることが出来た。

暮らしてる街や、環境、着用する場や、合う相手、

それらの複合的な要素から、発生する「色」のチョイスは

絶対に単品では理解されることはない。

コーディネート全体になった時の調和や、着こなしグレードのアップした

姿は、全身をコーディネートして初めて完成する。

今回のターコイズは、ネイビースーツ、グレースーツ、もちろん

ストライプやチェックも良く合う。

そして春夏のネクタイではなく、四季に関係なく使えるネクタイだ。

サキソニーの3ピーススーツなんか最高に合う。

最初は、作ってる、提案する人を信じるしかない。

信じてしてみるしかない。

でも先人が言うことには一理も二理もある。

新しい扉を開けてほしい。

礼儀が整ったら、その先のファッションに進んで

ドレススタイルを楽しんでほしい。

信じる心と勇気。

ぜひチャレンジしてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ネクタイ 』

価格 :¥19,000-(税別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、こちらもおススメしたい。

『 LIVERANO&LIVERANO ニットタイ 』

LIVERANO&LIVERANOのニットタイは「良い」

右から

・ネイビー

・ブラウン

・ダークパープル

・ピンク

・グリーン

基本~ファッションまで揃ってます。

是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ニットタイ 』

価格 : ¥18,000-(税別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非~~~!!!

DRESSERS

 

LIVERANO&LIVERANO 「ポケットチーフ」

2017.07.09

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆さん、こんばんは。

そういえば「土曜夜市」やってたんですね。

ま~~毎回どこからこれだけ人が出てくるのか?と

思うほど人が多いですね~~。

私は出身が愛媛ではないので、

このお祭りに対する意識の高さはには毎回驚かされます。

先に今後の営業日程のお知らせ

■明日7月10日(月)、11日(火)、12日(水)は店休となります。

■7月13日(木)~7月18日(火)は営業してます。

■7月19日(水)~ 7月22日(土)は店休となります。

■7月23日(日)~ 7月30日(日)は営業しております。

さて、今日は「LIVERANO&LIVERANO」から、一風変わった

「ポケットチーフ」のご紹介です。

かなりレアなのでLIVERANOファンの方はぜひともGETしてください。

こちらです。

 

ななななんと、Firenzeのお店の美しい生地ストック棚の写真が

プリントしてあるポケットチーフなんです!!

ここですね。

LIVERANO&LIVERANOファンには、お馴染みのカットではないでしょうあ。

やはり、お店でいつもお伝えするのですが、

チーフをあまり数多く持っていない人ほど、「いかに多色か」を

重視してポケットチーフを選ぶべきだと思っています。

沢山の色が存在するチーフのほうが、どんなジャケットでも、

どんなシャツでも、どんなネクタイでも、どんなシューズでも

「調和」してくれる”色味”を持っているからです。

またポケットからのぞかせる場所によって、ありとあらゆる表情を

見せることが出来るので、かなり使えるものになるのです。

 

 

 

結構、店内プリント系チーフは、今後のLIVERANO&LIVERANOにおいて

レアアイテムになりますので、こういう「洒落」のアイテムを

チーフで遊んで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 LIVERANO&LIVERANO ポケットチーフ 』

¥9,500- (税別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

Firenze 出張

2017.07.07

blog

LIVERANO & LIVERANO

皆様、こんばんは。

長い間お店お休みして失礼しました。

昨日の夜Firenzeから戻ってきました。

今回は今後につながる大きな出張になりました。

いつの日かの大きな夢を思い描いて一歩づつです。

さて、やはりと言ったほうがいいのか、

Firennze はすごかったです。

毎回行くたびに、たくさんのことを教え、導いてくれます。

 

「絵じゃないの??」と疑うほどの景色はいつ見ても、

同じ感動があります。

正直、前回行ったときには、もうそんなにFirenzeとか回数減らしても

良いのではないか?と頭によぎることがありましたが、

完全撤回でした。

やはり行くと何かある。

勉強になること盛りだくさん。

やはり頑張って苦労して行くべき。

そして、Firenzeに行けるということを顧客様お一人お一人に感謝し、

それをファッションの楽しさをDRESSERSをとおしてご案内することで

感謝を形に表さないとならないと強く感じながら、時間を過ごしていました。

 

時間帯によって、光の当たり方によって色を変え、

美しさのバリエーション、色彩の妙は、

いつ見ても勉強になります。

 

 

勿論今回もLIVERANO&LIVERANOに入り浸り。

 

リヴェラーノさんも、朝から晩まで、ずっと真剣。

チョークを引き、裁断してる時の集中力、オーラはすごいものがあります。

工房で、ひと針ひと針縫う作業を目の前でずっと見てると、

私たちは工芸と芸術の間を作っているというアントニオさんの

言葉がよくわかります。

そしてこの人なくして今のLIVERANO&LIVERANOはありえません。

Takaこと大崎貴弘氏。

一緒に街を歩くと、いろんなところからたくさんの人が

「 Ciao !  TAKA !! 」と完全にフィレンツェの中の地位を確立しています。

ホント彼はすごいです。

アントニオの右腕で、LIVERANO&LIVERANOの世界観、美意識を

継承し体現するTAKA.世界中から信頼される紳士です。

こんなスマイルもご愛敬。世界で彼が信頼される理由でしょう。

 

今回もたくさん、勉強しました。

そして次の春夏へ向けての色々もしてきました。

LIVERANO&LIVERANOはもちろんですが、その他諸々も。

今後とも精進して、ファッションの楽しさをお伝えしていきたいと

思います。

 

もっと長く色々書きたいのですが、今日はこの辺で。。。

DRESSERS

スーツの「色」って結構単純?だから面白い。

2017.06.20

blog

皆様、こんにちは。

今回はコラム的内容ですので、ぜひ無視してください。

今回はスーツの「色」。

スーツってあ~だのこ~だの色々ありますが、

カタカナ表記で言うと、

「ネイビー」と「グレー」しかありません。

先にお伝えしますが、こういうコラム的内容は、あくまで

あくまでDRESSERSの超個店的な、私的な考え方、捉え方で書いてあります。

決して世の中全般のことを総じて言ってるわけではありません。

ファッションは正解はありません。だからみんなが楽しめるんだと

思っています。

超個人的意見ですので、ご批判、ご意見は一切受け付けません。

ご了承ください。

あくまでDRESSERS的スタイル、DRESSERS的考え方にのっとって

書いてあります。

さて、スーツの「色」ですが、結局のところ「ネイビー」と「グレー」しか

無いと考えています。

DRESSERSではフォーマル用のウエアというものは元来品ぞろえの中に

念頭に置いていません。あくまで、ビジネスウエアとしての

スーツ、ジャケパン。そして大人の休日のための上品なカジュアルを

軸に置いています。

勿論ご要望いただいて超略礼装的なスーツをお作りさせていただくことも

多々ありますが、常時展開するものでもなく、あくまでご要望いただいたときのみ

させていただいております。

ですので基本的にスーツというウエアにおいては「ビジネススーツ」しか

念頭に置いていません。

そういった意味で、結局スーツは「ネイビー」か、「グレー」しかないと

考えています。

「ネイビー」か、「グレー」のみ。と言っても、そこがビジネススーツの

面白いところ。

まず、その2色は「色のトーン」がかなり幅広くあること。

これが面白いところなんです。

同じネイビーでも、濃いものと薄いものでは全くコーディネートが

違ってくるし、やはり一番大きい部分は「印象」がかなり違ってくることでしょう。

勿論「印象」とは、”会う相手から見た印象”です。

大きく分けても

・黒に近いダークネイビー

・ダークネイビー

・ネイビー

・ライトネイビー

・かなり明るいネイビー

みたいに大きく分けても5種類の色のトーンに分けられるほどです。

グレーも同様に、

・黒に近いチャコールグレー

・チャコールグレー

・ミディアムグレー

・ライトグレー

・かなり明るいライトグレー

大きく分けても5種類に分けられるくらいです。

もっともっと色のトーンを見ていくと50種も100種もそれ以上に

色のトーンは違うものです。

さらに、「季節によって生地表面が違う」こともバリエーションが

多く楽しめる要素の一つでしょう。

・トロピカル(夏)

・サージ(春秋)

・シャークスキン(春秋)

・バーズアイ(春秋)

・サキソニー(冬)

・フランネル(冬)

大きく分けてもこれだけ表面感が違います。

例えばネイビーの5段階の色と、

生地の表面の5種で組み合わせたとしても、

それだけで「25通り」の組み合わせが生まれ、

それぞれに表情が違い、ネクタイやシャツのコーディネートも

それぞれに合った組み合わせを楽しめます。

結局、ネイビーかグレーしかないんです。

ビジネススーツにおけるバリエーションは、

「色のトーン」×「季節に応じた生地表面」で考えて

自分のワードロープを増やしていくことが

ビジネススーツの楽しみ方です。

色のトーンが少し変わるだけで、めっちゃいい感じに自分に似合う

スーツになるものです。(もちろん逆もあり。。)

グレーとネイビー2色で5種の生地表面としたらトータル

「50通り」の組み合わせが可能になるので、

自分がどの「色」と、「生地表面」を組み合わせるか、

そしてそれをどう着こなすか、どうコーディネートするか

がビジネススーツの楽しみ方です。

ぜひ今一度ビジネススーツのバリエーションと、

必要なスーツと欲しいスーツを考えて想像してワクワクしてみてください。

DRESSERS

<店休のお知らせ>

*明日6月21日(水)は休みです

*6月26日(月)~7月6日(木)は出張のため休みです。

 

 

真夏のダンディズム 『 LINEN 100% ジャケット 』

2017.06.15

blog

皆さん、こんばんは。

さて、梅雨に入ったというのに全然雨が降らない。。。

今イタリア・フィレンツェでは世界服飾見本市、PITTI  UOMOが

開催真っ最中です。

インスタ等でチェックされてる方も多いのではないでしょうか。

なんか今年は暑いようですね。

スナップ撮られたいコスプレ集団は別として、

やはり玄人の方々はちゃんとジャケット着て、季節に合ったものを着てる光景があり、

正しくドレススタイルを着てる往年の方々を見るとホッとします。

中でも、暑いからなのか、イタリア人の玄人の方々はリネン素材のものを着られてる方が

本当に多いですね。ジャケットでもスーツでも。スニーカーで軽くされてる方も。

どうしても海外からイタリアに行く方は、その日の天気や気温は運任せなので

素材としては無難なものを持って行くのが王道ですが、

イタリアの人はそのまま気候に合わせてコーディネートしてくるので

暑かったからリネンを着るというごく当たり前の選択になるのでしょう。

カッコいいので、Fairで紹介できるイタリア・ナポリの最高峰の生地

『 ARISTON 』のリネンを格安でご案内します!!!

生地は2種類。

『 生成り 』と、『 ネイビー 』です。

『生成り』はコチラ。

 

ん~~なんとも涼やか。

こういうのをサラッと夏に着てほしいな~。夏にリネンジャケット着るって

ま~~カッコいいですよね。

暑いのにジャケット着るの~~??って方、、、、、

着るんです。

なぜか???

それがお洒落だからです!

誰が言ったか分かりませんが、私の好きな言葉に

”男が持ちうる唯一の美学、それは我慢することだ”

というものがあります。

服だけでなくいろんな意味に取れます。

勿論服装にも言えることです。

特にこの『生成り』は見た目の清涼感があるので、着ていて楽しいですね。

8月中旬には出来上がるので、8月9月10月、楽しんじゃってください。

って毎年着るものになる定番品ですので、来年も再来年も着てください!

この時期だからこその超~~~~~~~~~~特別価格ですから!!

そしてもう一つが『ネイビー』

常に「基本」は大事です。

ネイビーのリネン100%ジャケットは、男の夏の基本のアイテムです。

白パンや白シャツ(白ポロ)生成りのエスパドリーユなど、

白分量を多めにした全身のコーディネートをしたときに、

ネイビーのリネン100%ジャケットはすこぶる力を発揮します。

やはり基本は素晴らしい。

そして「ARISTON」なら、絶対絶対間違いなんですね。

大人の次のステップ。

皆さん楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON リネン100%ジャケット オーダーFair 』

■通常オーダー価格 : ¥158,000-

■Fairオーダー価格 : ¥79,000-(ハハハハ半額~~~!!!)

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

この時期だからこそのスッゴイ価格。

■期間 : 6月17日(土)~6月26日(月)

■出来上がり:8月中旬予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱き大人の男のファッション魂お待ちしております。

DRESSERS

 

DRESSERS流 「良い」スーツ 

2017.06.04

blog

皆さん、こんばんは。

いや~~いい天気ですね~。

ただいま開催中のコートとジャケット、また現物スーツ生地のFair,

皆様のファッション魂をビシビシと感じております。

皆様の熱き魂には毎度感動させられます。

6月7日(水)までです。

(*6月6日(火)、7日(水)は営業しております。

*6月6日(火)は、PM4:00~のOPENになります)

さて、本日は特にFairとかではないですが、DRESSERSのオーダースーツにおける

考え方や、こだわり、生地紹介の話しです。

DRESSERSのオーダーはパターンオーダーです。

パターンオーダーと言っても、明確な区分もないまま、世の中で

ひとまず使われてるワードですが、DRESSERSもそのまま、

特に明確なことがあるわけではなく、フルオーダーではないという

意味でパターンオーダーとしています。

DRESSERSでは、DRESSERSのモデルというものがあります。

それは、スーツを作った英国、また歴史、起源、背景にリスペクトを置き、

着心地はイタリア、見た目は日本という考え方のもと、

”中庸である”ということを強く意識したモデルになっています。

やはり、英国無くして、今のスーツスタイルは考えられません。

現在着てる形の、ほぼすべてのの着方、ディテール、ルールは、

英国が生み出し、派生、していった文化です。

何故そうなのかという”理由”が全てにおいて歴史上で存在します。

そういったことにリスペクトを忘れず、英国を着こなしのマナー含め

英国を根底に置いています。

しかし、本気の英国物は私はあまりしっくりきません。

なぜなら着心地が。。。だからです。そして必要以上に”威厳”が漂うからです。

勿論、そうなるように作ってあるので、それで正解なんでしょうが、

わたしはそんなに”威厳”を周囲に表現したくない。

そして、手作業を含めた、良いイタリアものは、すばらしい着心地です。

着心地が良いと一言で言っても、なかなか人それぞれですが、

私的に一言で言うと、「軽い」ということになるでしょうか。

実際の重量は関係ない世界で、どんなに実際の物質が重くても、

着た時に肌感覚で「軽い」ということは、着心地が良いということと

同義だと思っています。

それは、体、特に肩、首に沿った曲線であればあるほど、体感として

軽いと思うものです。それともう一つは、硬い副資材等を使わずに、

技術で体の曲線に合わせているから、体に当たる表面が柔らかくなり、

それが結果として「軽い」と感じるものになると思います。

しかし、手作業を含めた良いイタリアモノは、いかんせん、

ちょっと日本人的美学からすると”ダラシナイ。。”ように見えてしまうものです。

また日本人には”色気ありすぎ”に見えるものです。

そして、私が思うに、日本人的美学は、日本語にすると、

「きちっとしてる」。

この「きちっとしてる」というのが、また「きちっとしてる」ように見えるのが、

日本人的美学に叶ったスタイルだと考えています。

なので、

英国にリスペクトを置きながら、

イタリアの着心地で、

見え方はジャパン。

これがDRESSERSのスーツスタイルです。

そしてもう一つ重要にしてることがあります。

それは「地に足の着いた最高級」であること。

表の生地と、目に見えない中身の作りは「対」であるものが

スーツとして素晴らしく、価値があるとDRESSERSは考えています。

表の生地が最高なものに対して、中身の作りが全然、、、なものは

ただの生地の無駄使いだと思います。逆に、中の作りが素晴らしくて

表の生地がしょぼいのも、これはこれで決して良いモノにはならない

と思っています。

表の生地の品質と、中身の作りの品質は「対」であることが、

着るお客様にとって良いスーツになると思います。

生地もそこそこ、作りもそこそこ、

生地は最高、作りも最高、

生地は極上、作りも極上、

こういうように、表の生地と中身の作りの品質は「対」であるようにした方が、

着る人にとっての良いスーツとなると思っています。

上記を例にとると、極上同士の組み合わせは、確かに素晴らしく良いスーツです。

しかし、”地に足が付いてるかどうか”となると、いかがなもののかと考えています。

勿論人それぞれ、何を、どこを地に足に着いたと言うかはそれぞれでしょうが。

DRESSERS的に「地に足が付いた」というのは、一言で言うと

「それなりの耐久性を持っている」ということが言えると思います。

1年くらい着て、ダルダルになって形を保っていないものは「地に足の着いた」

とは言わない。

そこで、DRESSERSは昔から「5年先が見えるもの」というもう一つの

キーワードを掲げてスタイル提案しております。

それは形、着方、年齢とう、複合的な視点で見た5年です。

なかなか今回のような話の内容は、文章や写真では全くと言っていいほど

伝わらないものです。それは、本人が袖を通して、生活してみて

初めて「良いかどうか」が体感できるものだからです。

例えばDRESSERSでは、200,000円(税別)のオーダーもたくさん

ご用意しています。

(*ちなみにDRESSERSのオーダースーツは2ピースで価格は3段階あります。

¥130,000-、¥160,000-、¥200,000- (税別))

例えば、こちらの生地たちは、表生地と中の作りが最高に「対」になる

者たちです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはカルロバルベラの通年着用できる生地ですが、

この生地でDRESSERSでお作りいただくと、「なるほど!」と

感じていただける着心地の良さ(=軽さ)と、地に足に着いた最高級

を楽しんでいただけると思います。

こちらはDRESSERSで¥200,000-(税別)のものになります。

これより品質も価格も上のものって生地界ではいくらでもありますが、

そうなるとDRESSERSが求める地に足の着いた最高級ではなくなって

しまうので、こういう最高のものをお勧めしているわけです。

年齢や職種、お立場において、掛け算を変えられると、正しくスーツが

楽しめると思います。

1×6=6、2×3=6、3×2=6、6×1=6

全て結果(効果、楽しみの量)は6ですが、価格と個数の掛け算の

違いでそれぞれにスーツを楽しんでいただければと思います。

今日はDRESSERSのオーダースーツについてでした。

DRESSERS

 

3 / 1312345...10...最後 »
ページ先頭へ