DRESSERS

DRESSERS for Gentleman [Elegant] [Highquality] [Chic] [Shy] [Passion] [Gentleness] [Respect] [Culture]

ベルト 「ネイビーメッシュレザーベルト」

2018.09.24

blog

皆さん、こんばんは。

先日ブラウンのメッシュのベルトをご紹介させていただきました。

皆さんのファッション魂は流石です。

今日はそれの「色違い」。

『 ダークネイビー 』です!!

シンプルで上質な英国製ベルト。

ダークネイビーというのが良いですね。

デニムに合うことはもちろん、

グレーウールスラックスにも自然と合わせられる、いい意味での主張ない

感じが美しいです。

上質でシンプルだからこそ出来ることです。

ノータイでのジャケットシーンではすごく活躍してくれます。

ネイビーのシューズにはもってこいです。

メッシュベルトのいいところは、スエードシューズでも、表革シューズでも

どちらでも大丈夫ということですね。

だから汎用性高く着用できるんです。

なんともシンプルで、余計な装飾は一切ないのが決め手です。

どこまでもシンプル。だから飽きがこず、いろんなコーディネートで

長く愛用できるんです。

そんなに種類は必要ないベルトだからこそ、こういうのを是非揃えておくと

便利ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 MadeinEngland レザーメッシュ ベルト ネイビー 』

価格 : ¥12,000- (¥12,960-)

SIZE : 30、32、36

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非!!

DRESSERS

 

シンプルで上質なベルト

2018.09.19

blog

皆さん、こんばんは。

先にお知らせ、

<お知らせ>

明日、9月20日(木)は店休とさせていただきます。

「シンプル」で「上質」は、DRESSERSがお客様に商品をご案内するときに

創業以来こだわってきたスタイルです。

今回ご紹介する「ベルト」もまさに「シンプル」で、「上質」な極みです。

こちらです。

ダークブラウンのメッシュレザーベルトです。

MadeinEnglandの素晴らしいものです。

バックルやメッシュの編み方など、極力シンプルにして、

飽きの来ない、長く使えるベルトにしてあります。

またデニムからスラックスまで幅広く活用できるようなレザーの編み方と

それに伴うレザーの品質にしてあります。

あまりデザインに凝ったベルトは、せっかくの全体のコーディネートを

崩してしまう恐れがあるモノです。

「上質」であり、それでいて「シンプル」なデザインは、いつの時代も

どんなコーディネートにもすんなりと合ってくれるので、すごく重宝します。

ぜひ「シンプル」で「上質」なベルトで、コーディネートを完成させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ダークブラウン メッシュレザーベルト 』

■価格 : ¥12,960-

■SIZE : 30in,  32in,  34in,  36in

(*仕入れ量はすごく少ないですので、ご希望の方はぜひお早めに)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DRESSERS

 

 

日本の景色

2018.08.31

blog

皆さん、こんにちは。

現在DRESSERS(ドレッサーズ)は、福岡でオーダー会、

今日東京でオーダー会をさせていただいてるのですが、

電車や新幹線から見える「日本」の景色は改めて美しいと感じました。

イタリアに行ったときに、毎回景色の美しさに心奪われますが、

日本もめちゃくちゃきれいで、美しい景色ばかりだと改めて思いました。

下は岡山に行く道中の「しおかぜ」という松山―岡山間を結ぶ特急電車の

中からの景色。

海のそばをずっと走っていくので、優雅な観光気分が味わえます。

飛行機でサッと来るのも良いですが、松山に来られる方はゆっくりと

海を見ながら、海の横を走りながら来られるのもなかなか乙なものです。

実はこういう時間が結構大事だったりするように思います。

下の写真は博多から東京に走る新幹線の中ならのものです。

写真だけ見ると、ヨーロッパのどこかかな?なんて見間違うほどの美しい景色。

日本の美しさを改めて実感します。

昔、エルメスの社長が、”日本人はこの景色を持っていることを誇りに思うべきだ”

と何かの雑誌でおっしゃってたことを思い出します。

そういう国のなかで、どうやって服を調和させ、日本独自の美意識に基づき

ファッションを楽しんでいったら面白いかを考え、景色を見ながらのちょっと

長めの移動でした。

車内で何もできない状態で、携帯を見ず、美しい景色を見ながら、

ゆっくり頭でいろんなことを考える時間を持つ、僕にとってはとっても

貴重な移動時間です。飛行機も良いけど電車も良いものです。

DRESSERS

最高にかっこいい大人の「サンダル」

2018.07.10

blog

 

さて、DRESSERSの「夏」は皆様に、素敵な、素敵な、

「オトナのサンダル」をご案内させていただきます。

私はかねてから、いつも夏になると

”普段着で「レザーサンダル」のカッコいいのがないかな~~??”

と展示会でも探すし、街でも探してました。

でも、「コレだっ!!!!」というのものになかなか出会わない。。。

そういう夏を数シーズン過ごしていたところ、

「 これは作るっきゃない!! 」ということで、

僕の古くからの靴職人の知り合いと協議を重ね、

コンセプトは、

「美しい」

「シンプル」

「飽きが来ない」

「上質」

「本物」

「合わせやすい」

上記コンセプトの

「オトナのサンダル」

 

遂に!!!!

遂に!!!!!!

遂に!!!!!!

出来上がりました!!!!!

こちら!!!!

このアップに堪えられる品質って、そうそう無いですよ!

それだけ精度高く「本物」ってことです。

 

実はこれ、

すっごく考えられたシューズになっていて、

サンダルなのに、「めちゃくちゃ『履き心地が良い』んです!!!!!!」

サンダルなのに、なんでこんなに足にフィットするの???

って感じで、どこも痛くないし、むしろ心地良い!!

足の甲の高さもベルトで調節できるようになっているのですが、

どこもあたらず、完璧にフィットします。

そして、バックベルトが付けています!!

サンダルはいてて脱げそうになるあの光景は全く心配ないです。

またバックベルトを付けることで、リゾート過ぎないキレイな見た目

になるので、マチ履きにも最適です!!!

バックベルトがあっても、あまり品質の良くないものは、

バックベルトがかかとに当たってちょっとイタイ。。ってことも

あったりします。。。。

しかし!!!

DRESSERSのコレは完璧な「曲線」で付けてありますから無問題!!

さらに、バックベルトの内側に、、、

そう!!!「ゴム」が仕込んであるんです!!!!!!!!!

だから、め~~~~~~~~~~~っちゃ履き心地が良いんです!!!!!!

すごく細かい作業で、こういうところの作業に一切手を抜かず、

丁寧な仕事が施されています。これぞ職人芸!!

新品でこのカッコよさですから、最上級のレザーサンダルは

履いていくほど味が出て、めっちゃかっこよくなっていきます!!

*最良のケア方法は、「がんがん履くこと」です!

なんと言っても、履いたときに「カッコいい」っていうのがみそです。

このダークブラウンが、また最高です!!

「シンプル」で、「上質」という

まさにDRESSERSを体現する、大人のサンダルです!!

ベージュのコットンパンツに、リネンシャツを着たりして

足元にこのサンダル履いてもらうと、涼しいし、

周りと圧倒的に違う、エレガントな夏スタイルが出来ます!!

また、ショートパンツに、リネンシャツやポロシャツを着て、

このサンダル履いて、クラッチバッグやトートバッグを

持っていると、ま~~~良いんです!

サンダルだけど、一切手を抜かずに、丁寧に最上のものを作ると、

「サンダルで全体のコーディネートの格上げをする」

という大人ならではのコーディネートが出来ちゃうんです!!

コレは足を通した瞬間に、

「あ!これは良い!!」

って心が感じることが出来るサンダルです。

毎夏に飽きずに活躍してくれる「シンプル」で「上質」なサンダルです。

お届けは「8月中旬」です。

ご注文の方のみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERS 大人のレザーサンダル 』

■価格 : ¥48,000-(+tax)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非とも皆さん!!

コレは、大大大大大大自信作です!!

絶対GETしてください!!!

DRESSERS

 

 

鼠色

2018.06.29

blog

 

ひとまずグレー無地を着ればいい。

何故なら無個性だから。

そして、自分がなんかいい感じに見えるグレーの「トーン」を

探せばいい。

トーンが分かったら、素材の織り方、季節の特性に分けて

種類を増やしていけばいい。

グレーは究極。

自分に合ったグレーがある。

自分を変えられるグレーがある。

Ymada

ネクタイ

2018.06.28

blog

 

ネクタイって面白い。

シルクの棒状のアイテム。

なんだこれは?

もともと、シャツのボタンを隠すために上から布を垂らすためのモノ。

(ズボンのジップが生地で隠してあるように)

その布に色や柄を乗っけて、アクセサリーとして使う発想。

面白い発想。

何をチョイスするかで、本人のキャラクターが明確にわかる。

なんでもありだから、何をするかが興味ある。

Yamada

正統って

2018.06.28

blog

正統って何だろう。

辞書によると、

創始者の教えを正しく受け継いでいること

その時代、その社会でも最も妥当とされる思想や立場

らしい。

 

正統でありながら、正統じゃないことを

正統じゃないけど正統なことを

ずっとやっていきたい

Yamada

大人の所作  ~座るときのコツ~

2018.06.18

blog

皆様、こんばんは。

先日銀座で食事をしてるときに、隣の席に案内された人が、

椅子に座るとき、クっとパンツの生地を持ち上げて座るのを

横目で見ました。

「あ、この人は分かってるな」

と瞬間的に思いました。

何気ない動作ですが、ほんの0、何秒のしぐさですが、

そういう小さな行動で大人の男性としての信用性や、

その人に受ける印象が大きく左右されるのも「所作」の怖いところであります。

「所作」とは、辞書通りに言うと、

”その場に応じた身のこなし”、

”その場に応じたその場に応じたしぐさ、ふるまい”

のことを言うそうです。

その場に応じた行動が出来るということは、やはりあらゆるシーンを

経験した大人だからこそ出来るしぐさなんだろうと思います。

特に日本では、しぐさにとてもうるさく、あらゆる所作が

「相手を慮るゆえの行動」として存在することも多々あるでしょう。

わたしは日本の着物の所作はまだ全く分からないのですが、

スーツなどの「洋服」にも通じる”所作”が存在するものと思います。

着物で椅子に座る場合、軽く上前を引いて膝に余裕を持たせ、

お尻の下から着物をなでるようにして腰掛けるそうです。

そうすることで、裾をきれいな状態に保ち、シワになりにくく、

窮屈ではない体勢で、姿勢が正しく出来るそうです。

コレはスーツの部門の専門家として、

「スーツにおいても全く同じことが言える」と思います。

座る際に、両足のももの付け根部分の前の生地を、少し上に引っ張ってから

椅子に座ることで、膝に当たる生地の引っ張りを軽減でき、

楽に座ることが出来ます。

またそうすることの付加価値的利点として、膝の生地が伸びづらくなる

(膝が抜けにくくなる)という利点があるので、スラックスにとっても

とってもいいことです。

(分かりづらいかもしれませんが、写真のように引っ張ってから座ります)

 

ほんの0、数秒間の所作ですが、やるとやらないでは美しさが違います。

何より、着てる「ものを大事にしている」特徴的な所作です。

また立った後も、極力きれいな状態、ラインを保っておこう(=清潔感を保つ)

という意思の表れから来る行動です。

椅子に座るときのちょっとした所作で、立ち居振る舞いが美しく、

いつも清潔感を持った着こなしになりますね。

シワシワでヨレたスーツで、相手に会うのは失礼というものです。

その精神から起こる、日常のちょっとした所作は、気にするだけで

出来てくるものです。

良いものを大事に長く着る観点からも、座るときの所作を意識して

良いものを気持ちよく、長く着ることをぜひ楽しんでみてください。

今日は、大人の所作~座るときのコツ~でした。

DRESSERS

 

イタリア生地の至宝『カルロ・バルベラ』限定FAIR

2018.06.17

blog

皆さん、こんばんは。

夏のような日差しが続きます。

梅雨は何処へ。。

本日ご案内させていただくのは

『 Carlo Balbera (カルロ・バルベラ) 』というイタリア生地です。

Carlo Balbera(カルロバルベラ)は、DRESSERSが最も信頼を置く

生地ブランドの一つです。

小学生時代の通知表で言うと、「全教科ALL‐4」みたいな成績の生地です。

「仕立て映え」、「着心地」、「見た目の美しさ」、「軽さ」、「耐久性」

スーツに求める全ての項目において、「4」を取ることの出来る類まれなる

生地メーカーです。

(どこの生地メーカーもそれぞれに”個性”(=売り)を持たせて打ち出ししていく

ことが基本ですが、それにより、求める要素からすると、「2」が付く項目も

出てくることもしばしば。強みの「5」が求めることと合致したときは

高いパフォーマンスを発揮するのですが、「2」もあることも同時に

認識していないといけない。半面Carlo Balberaは「ALL4」なので、

絶対安心の最高のスーツに仕上がることが、DRESSERSが推す理由)

 

まずはコチラ

『 グレー無地 』

こちらは、全てのスーツシーンに活躍する、「基本の一着」になるスーツです。

グレーの色味、そして、柔らかさと耐久性を両方併せ持つ生地は

どんな方が着ても、美しく、楽しんで着ることが出来るでしょう。

10月~5月くらいに着ることの出来る生地です。

「シンプル」で「上質」というDRESSERSのスーツスタイルに最も

適している生地です。

まず「良いスーツを1着」とお考えの方は、是非このグレーのスーツ

おススメします。きっとご満足していただけると思います。

<余談>

こうした「良い生地」は、オーダーでなければあまり魅力が活きません。

誰にでもきれいに美しく似合う代わりに、スーツと体のあいだの空間や

全体のラインが、着る方に合っていない場合、とてもかっこ悪いスーツに

なってしまう一面も持ってます。

また、スーツの中身の作りにおいても「接着テープ」で芯地と生地を

張り付けて作ってあるスーツにこういった良い生地を使っても、

生地の無駄使い。まったく良いものに見えませんし、着心地も最悪になります。

接着テープで作ると早いし、さらに販売価格はすごく安くなるので、

□□□の生地使って〇〇円です!って販売の仕方になるんです。

さて次は

『 ネイビー×千鳥格子 』

コレは、すでにDRESSERSで数着お作りいただいてる方に是非オススメしたい。

実は千鳥格子でした!ってくらいの見え方がとっても美しい。

こちらは「ダブルのスーツ」でもめちゃカッコいいですね。

こういうのは、なかなかおススメしてみてもらわないと、

これ見てピンときて、かっこよく着る姿を想像できる一般の方は

なかなかいないので(ピンときた方はぜひ!!)こうしておススメしてます。

何でもないようなシンプルなネイビースーツ。かと思いきや

近づいてみると、実は千鳥柄だった!!というなんとも奥ゆかしい

品のあるスーツです

是非着ていただきたい、おススメの生地です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 Carlo Balbera オーダ―スーツ 』

■オーダー価格 : ¥168,000-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のオーダーお待ちしております。

 

DRESSERS

 

 

Napoli最高の生地『 ARISTON 』超おススメ生地

2018.06.14

blog

皆さん、こんばんは。

今、イタリアではPITTIが絶賛開催中ですね!

みんなお洒落な人たちが、一気にFirenzeに集まる特別な期間です。

皆さんは、インスタ等で、すでにたくさん見て勉強されてることでしょう。

知識の1000倍見ることが大事、見ることの1000倍着ることが大事。

ファッションを最大限に楽しむ早道ですね。

さて、イタリア・ナポリの世界最高級の生地と言えば

『ARISTON(アリストン)』ですね。

KITONなどの生地にも大々的に使われるような、本当に最高の

生地メーカーです。

中には色気ムンムンの色柄もありますが、ちゃんと日本人に合ったセレクトを

して、さらに、ちゃんと中身もごまかし内良い作りをしてるものに乗っけると

魅力が最大限に生かされる、素晴らしい生地です。

今回特別に、2種の素晴らしい生地を、3着づつご用意しました。

もちろん大特価です。

こういうの着ると、ちょっとイタリアの気分を味わいながら、

軽くて、楽で、カッコいい「KRK」が実現出来ちゃいます!!

まずはコチラ

『 明るいネイビー無地 』

 

いや~~イタリアらしくて素敵。日本人が着て、ギリギリ明るすぎない

この色目が、着る時のテンションをめっちゃ上がてくれます。

 

軽いんですよね~~。

柔らかいんですよね~~。

でも安心してください!!!!!!!!!!

「耐久性」もバッチリ!!!ですから!!!

 

シンプルに、シングルスーツで、他アイテムもほぼ無地で、軽い感じで

合わせると、めっちゃ印象良いですよ。

英国調がお好きな方にはおススメしません。

軽くて、柔らかくて、それでいてちゃんとしておしゃれを望む方には

絶対オススメ。

このいい塩梅の明るさが最高です!!

続いては

『 グレーシャドーチェック×うっすらペーン 』

カッコいいでしょ。渋いでしょ。

これをシングルスーツでも良いし、

コレはダブルのスーツで着てもめちゃめちゃカッコいいです!!!

シンプルに白無地シャツ合わせて、ネイビーソリッドセッテピエゲの

ネクタイしたりしたら、も~~カッコいいですよ。

こういうシンプルで、行き過ぎないチェック感がカッコいいんですよ。

これみよがしは20代のナンパ師がやってください。

シンプルで上質。それにつきます。

どちらも3着づつの特別価格ですから。

これ着る大人になりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ARISTON 3着づつ 特別価格 』

■通常オーダー価格 : ¥206,000-

■Fairオーダー価格 : ¥139,000-!!!!

(マジか~~~!!!コレは破格だ!!!)

■期間 : 6月19日(火)まで!!

■出来上がり:今回はFairですので出来上がり次第ご連絡となります。

(一応の目安は9月を予定しております)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様の熱きファッション魂お待ちしております!!!

一枚だけ、Firenzeの夜景をどうぞ。

DRESSERS

 

 

DRESSERSスーツ「既製品」のご案内

2018.06.10

blog

 

皆さん、こんにちは。

DRESSERS<ドレッサーズ>は、最近「オーダースーツ屋」さんという風に

認識される方がありがたいことに多くなってきました。

それはそれですごくありがたく、光栄なことです。

オーダー以外に、DRESSERSは既製品(オリジナル)も「結構」扱っているんです。

DRESSERSのお客様は、皆さん、明確にお買い物いただく内容が分かれています。

オーダーだけのお客様と、既製品だけのお客様と割と明確に分かれます。

DRESSERSがオーダースーツ屋さんというイメージを持っていただいてる背景に

ホームページのブログが影響してるのかもしれません。

ブログではほとんど(たまに店主のただただ長い文章だけの時もありますが。。)

お得なオーダーFairが中心でUPしていますので、ホームページベースだと

やはりオーダーのことばかりやってるので、どうしてもオーダースーツ屋さん

という感覚をお持ちになられるのだろうと推測します。

ホームページで「既製品」をほとんど紹介することが無いので、余計にそういう

イメージになるのでしょう。

小さいお店ですので、セレクトショップほどの品番数はもともと展開してないですが、

DRESSERS的に、「これ着てください!絶対良いですから!」っていうものは

種類は少ないですが、既製品で展開、提案しています。

今後は少しずつホームページでも紹介していければと思っています。

いま現状は、店頭展開する前から、○○様行きが決まってるケースが多く、

ほぼ店頭にフリーの既製品として在庫があまり無いので、余計にオーダー屋さんの

イメージが強いのだと思います。

と言うことで、

「DRESSERSの既製品(オリジナル)」が新入荷したので、ご紹介します。

こちらのスーツです。

 

いや~~カッコいいですね~~~。

コレは通年使用可能な生地を使用した

DRESSERSオリジナルスーツ:『オルタネートストライプスーツ』です!!

シンプルで上質という、DRESSERSの基本的な考え方が凝縮したスーツ。

既製品(オリジナル)アイテムは、基本的にDRESSERS純度100%なので

「シックでシャイ(洗練されていて決してこれみよがしではないスタイル」

「シンプルで上質」、「5年後のエレガンス」、「本物を愉しむ」といった

DRESSERSの根本的な考え方が詰まった服になっています。

今回のスーツも、まさに!というスーツです。

 

何でもないようだけど、普通じゃないけど普通。

普通だけど普通じゃない。

そんなけっしてやりすぎない、控えめな、でもしっかりおしゃれ。っていう

スーツです。

「オルタネートストライプ」っていうのが、大人が着るとカッコいいんです。

細身のやつじゃなくて、DRESSERSのバランスのモデルで大人が着るからカッコいい。

 

コレはシャツもネクタイも無地にしています。一番シンプルなコーディネートです。

スーツ・シャツ・ネクタイの3つでVゾーンを作りますが、

無地と柄の数のバランスで、イメージを変えられるので、ぜひ覚えておいてください。

3つのアイテムで構成するので3種の合わせしかないんです。

その方程式と、そこから生まれるイメージを覚えておけば、活用できます。

①無地+無地+無地 (全て無地)

②無地+無地+柄 (無地:柄=2:1)

③無地+柄+柄 (無地*柄=1:2)

この3つだけです。

*柄×3と言うものありますが、テクニックがちゃんとあって、持ってるアイテムも

かなりある方が楽しめるものなので、このブログでは紹介しません。

ここでお店でお伝えします。

それぞれの印象

①フォーマル、主役、モード、何かの会の主賓

②節度の高いビジネス、仕事出来る人

③お洒落な人、おしゃれが好きな人

無地と柄の数の合わせ方で、大きく言うと上記のイメージにすることが出来ます。

ジャケット+スラックスのコーディネートになると、もっともっと幅が広くなり

ルールも多様になっていきますが、それは追々お伝えするとして、

”ビジネススーツ”のVゾーンは、上記の3つの合わせ方を、その日、その場に応じて

組み合わせを変えて楽しむことで、表情がどれも違って面白いですよ。

今回出来上がった既製品(オリジナル)の

「オルタネートストライプスーツ」は、

そういったコーディネートのしやすさ、合わせる幅の広さ、面白さを

存分に味わっていただけるスーツになっています。

是非DRESSERSの既製品(オリジナル)スーツをシンプルで粋に着て

愉しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 DRESSERSの既製品(オリジナル)スーツ 』

■価格 :¥86,000-(税込¥92,880-)

■SIZE :44.

*DRESSERSの「既製品(オリジナル)スーツ」は、基本的に

『 お直し代金「込み」 』の価格です。

袖口の「本開き」ご希望の場合のみ、別途で¥6,000-頂戴します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひDRESSERSの要素がふんだんに詰まった本当の意味での「オリジナル」を

ぜひ体感して、ぜひ遊んで、ぜひ楽しんでください。

DRESSERS

 

 

 

 

 

TOKYO

2018.06.05

blog

先週末で東京出張

基本的に、僕は銀座に泊まる。

約10年銀座にいると、やはり銀座が一番居心地がいい。

銀座にメーカーがあるわけでもないのに銀座。

自ずと夜の食事は銀座になる。

10年過ごして、さらに松山に住みだしてからも10年銀座に泊まり続けると

行くお店も食べるところも、休憩するところも決まってくる。

決まれば決まるほど、いろんなことがルーティンとなり、余計な時間や

体力を使わなくていい。

銀座に泊まるということは同じだが、今回はちょっと違った。

行ったことの無い、お店に色々行ってみた。

丸の内、青山、渋谷、いつも行き慣れた場所だけに、入らないお店は

一切いつも見ることすらなかった。。。だから行ってみた。

どこも新鮮だった。

愛媛の松山から来たんですと名乗り、またお店によっては松山で

お店をやってることを話し、同業者と認識してもらうと

いろんな方がたくさんお話ししてくれた。

皆それぞれに、こだわりを持ち、事情を抱え、お店ごとに考え方があり、

好きなスタイルが違い、個人的考えも人それぞれに色々あり、

なんか新鮮だった。

同業者とわざわざ名乗ってお店でお話しして回ったのは初めてかも??

世の中、”どのお店も同じものばかり置いちゃって、なんか面白くないな~”

なんて声が多い中、すこし小さめのお店には、まだまだそんなことなく、

それぞれがそれぞれの主張、考え方で、それぞれのお客さんに向けて

色々やってるな~と思った。

(ベタに東京駅とか撮ってみる。。。)

ファッションは自由。正解もない。だから批判は一切なし。

それぞれがそれぞれで、楽しいものが、楽しいスタイルが一緒な

お店とお客様とで、ファッション楽しんでいるのが正解の形。

だから、楽しいとか好きとか、そういう感情を一番に置くべき。

ファッションは強制ではない、自由なジャンル。

楽しければそれが正解。

根津美術館も久々に行ったらすごくよかったですね。

アポイントの合間で、青山で1時間くらいあったら、サクッと

根津美術館って、結構良いんですよね~。

中の広大な庭園も最高ですね。

今回は刺激の多い勉強になる出張でした。

明日は休みですが、明後日からちょっと面白いこと出来そうですので

お楽しみに。

DRESSERS

 

「夏」のラベンダーシャツ

2018.05.30

blog

皆さん、こんばんは。

梅雨入りしたそうですね。

ん~~ここから雨の日が続くのか。。。

雨の日の格好を愉しもう。

 

さて、今日は来たる「夏」に向けてのシャツオーダーのお知らせです。

夏に「ラベンダー」色のシャツを皆さんに是非着ていただきたい。

パープルのすっごい薄い色ですね。

この「ラベンダー」って、夏に男の人が着てると、「すっごく感じが良い」んです。

清潔感と、品があるからでしょうね。

「ラベンダー」ってすごく不思議な、大人の男性を爽やかに見せてくれる色なんです。

今回ご紹介するのはこちらの2種。

無地とチェック。

良いんですよ~。

写真のように白パンツとともに「夏」に合わせてもらうと、

なんとも美しい、「上品さ」があるんです。

もう袖まくって着てるだけでも十分カッコよくて爽やかです。

まずは無地。

なんとも美しい発色。そして織り方も素晴らしい。

のっぺりとしてるのではなく、細かな凹凸感が、なんともすがすがしい。

ボタンダウンでも良いですし、ホリゾンタルでも良いですね。

発色が素晴らしいということは、生地自体、コットン自体のクォリティが

かなり高くないと、この発色は出ないんですよ~。

だからこれはすっごくいい生地なんです。

(でも耐久性はバッチリなのでご安心ください)

リネンジャケットやモヘア混ジャケットの中にノータイでこのシャツ入れると

すっごく爽やかで素敵ですよ。もちろんグレースラックスやベージュパンツとも

合いますからね。夏を爽やかに暑苦しそうに見せずに着る素晴らしいカラーです。

次は「チェック」

すごく美しいでしょ。

「上品」を絵にかいたような発色の美しさ。

シンプルなコーディネートにして着られることをおススメします。

清潔感と爽やかさ。

若い方はボタンダウンで、

自分がオジサンと自覚のある方は(笑)、ホリゾンタルで。

なかなかないですよ。こんな上品なラベンダーチェック。

優しいコーディネートで着てください。

「ラベンダー」は、ネイビーともブラウンとも、ベージュとも相性いいカラーなので

とても重宝しますし、どう合わせても下品になったり、ダサくなったりしないのも

「ラベンダー」カラーの魅力です。

是非、「ラベンダー」カラーのシャツを着られたことない方はお試しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 ラベンダーカラー シャツ オーダー Fair 』

■通常オーダー価格 : ¥29,160-

■Fairオーダー価格 : ¥21,000-

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)

(現金支払いの方は、¥20,000-)

■期間 : 5月31日(木)~6月10日(日)

*6月2日(土)~6月4日(月)は店休

■出来上がり : 7月上旬~中旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人の皆さんの、清潔感ある夏シャツスタイル、楽しみにしています。

DRESSERS

 

ハリソンズのリネンのチェックジャケット

2018.05.30

blog

ハリソンズと言うのは

英国生地を代表する、世界最高峰の生地メーカーです。

サヴィルローのテーラーはもとより、イタリア、アメリカでも

名だたるメーカー、テーラーが愛する生地メーカーです。

DRESSERSもずっとここのメーカーを使っていますが、ここの特徴は

「高いんだけど、その分”必ず”良い」ということでしょう。

高いものは生地の世界では山ほどあります。

ただ、人によって当たりはずれがあることも確かでしょう。

また、そこの製品自体の品質、言い換えれば中身の作りの良し悪しによって

いい生地でも全くもってダサいのもあれば、そこそこの生地でも

すごく良いものもあります。

他のブランドは良く知りませんが、

DRESSERSの作りと、ハリソンズの相性がとても良いので、

「高いんだけど、その分”必ず”良い」となり、ドレッサーズではずっと

おススメしています。

ドレッサーズが「これ着て!」ってやつ。

今回紹介します

 

ハリソンズのMERSOLAIRっていうシリーズなんですが、

コレはリネンとコットンのシリーズなんです。

これの、「リネン」が良いんです。

夏にジャケット着ることの出来る、フアッショニスタがどのくらいいるでしょう?

ほとんどいないんじゃないかな?

お洒落をして街に出るってやっぱカッコいいですよ。

今回ご案内するのは

どちらも2着限定。

まず

『 サックスブルー グレンチェック リネン 』

これ着てる人、いないでしょ!

だからカッコいいんです。

普通じゃないですよ。

だって、周りはみんなジャケット着るおしゃれしてないんだから。

さらに、こんな、ちゃんと季節感ある、爽やかで清涼感ある

リネンの柄ジャケットを着てるなんて!

めちゃくちゃかっこいいですよ。

そして色違いのリネンもかっこいい

『 ベージュ グレンチェック リネン 』

こういうことなんですよね~~

誰も着てない。でもカッコいい。

いや、だから、カッコいい。

昼でも夜でも、街に出る時は、、、ね~~

確実にラコステ一枚で安心してる格好の大人より

数千倍かっこいいでしょ。

そういうのは作業やスポーツするときに着てください。

リネンのシャツ着て、ジャケット着たり脱いだり着たりしながら

街に出てる姿はやっぱカッコいいですよ。

街にカッコいい大人が増えますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『 HARRISONS リネン チェックジャケット 』

■通常オーダー価格 : ¥135,000-

■Fairオーダー価格 : ¥100,000-

(カード支払い可(JCB/AMEX以外)(*各色2着限定)

■期間 : 5月31日(木)~ 6月10日(日)

*6月2日(土)~6月4日(月)は店休

■出来上がり : 8月中旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、大人のお洒落をちゃんとしましょう。

DRESSERS

 

 

ウールパンツで椅子に座る

2018.05.26

blog

皆さん、スーツやスラックスで椅子に座るとき、そのパンツの素材はほとんどウール。

ウールは引っ張れば伸びます。もちろん伸びても、また縮むんですが、

一日中きれいに、美しく履くために、大事にしたいこと。

それは、生地を伸ばしすぎないこと。

どうするかと言うと、足を真下に置くのは、膝が90度に曲がっている状態。

それは椅子に座るのだからしょうがない。

でもそこが限度。

膝の角度を、60度30度にするのはやめましょう。

60度とか30度とかどういうことかと言うと、椅子の下に足が潜り込む態勢です。

コレは見た目にも問題あり。とっても子供っぽく見えるのでやめた方が良いでしょう。

そして何より膝の生地が伸びすぎるのを防ぐために。

膝の角度が鋭角になるのを日々過ごしてると、90度以上で保つ人との差は明確。

夕方にはダルダルのパンツになっています。

そして1年後2年後は大きな違いが。。。

最終的にはパンツの寿命が全く違う。

さて、どうするか。

90度以上を心がけていると、プラスの良いオプションがある。

それは、座り姿がかっこよく見えるという、見た目の効果がある。

良いものを着ると同時に、良いものを着る着方も同時に楽しんで着ると、

良い服はもっともっと面白い。

DRESSERS

靴磨き

2018.05.24

blog

皆さん、こんばんは。

今日、5月24日(木)は、PM6:30までの営業となります。

先日お客様より靴磨きのご依頼をいただきました。

ま~~良く履きこんでいらっしゃる。

お店的には嬉しいです。

ありがとうございます!

DRESSERSの昔作っていたオリジナルのシューズなんです。

しかしさすがにちょっとコレはもうカラカラでシューズが飢餓状態。。。。。。

なので栄養与えて、磨いて復活させました。

良い革の靴ってすごいです!

ちゃんと復活しますからね。

 

ん~これでまた長く履いていただけるでしょう。

ご自身で少しだけ日常のケアを心がけるともっといいです。

面倒くさければ、うちのDRESSERSシューズだったら、ポイっとお店に

置いていってください。2~3日で磨いておきますので。

DRESSERSでご購入いただいたシューズは、基本無料ですが、

DRESSERSのではない革靴は、『1足:¥1,080-』でお受けしております。

良ければどうぞ。(2~3日お時間いただきます)

*モノによってはお断りする場合があります。ご了承ください)

個人的な好みですが、僕はグラサージュ(グラッストゥ―ラ・鏡面加工)の靴磨きが

あまり好みではありません。。。

もともと良い革だったら、ちゃんと栄養与えて、きれいにして

磨いてあげるだけで、充分な光沢がでるので、それ以上にはあまり必要ないと思っています。

グラサージュって結構な根気のいる、そして経験と訓練が要る特殊な磨き方なので

練習して出来るようになると、ついついどれもこれもやりたくなっちゃうんですよね。

昔僕もそうでした。。どれもこれも磨き上げていました。。。

でも、靴が必要以上にガラスみたいに、鏡みたいに光ってるって、

(あくまで個人的意見です)コーディネートに支障が出る。。

フォーマル、パーテイー感が出ちゃうと。(個人的には思っています)

適宜礼節を持った「手入れされた状態」が好ましいと思っています。(個人的にですよ)

足元に目を向けさせず(輝きすぎていても、汚くても、足元に目がいく)、

スマイルから始まる全体の印象に目の良くコーディネートが理想ですね。(個人的にはですよ)

イタリア行っても、ロンドン行っても、おしゃれな人はみな靴を磨いてはいますが、

グラサージュして履いてる人は、なかなかのエグイ変わり者くらいでしょうか。

もしくは使用人が何人もいるような貴族的な人。(僕の見る限りですよ)

なので僕は個人的には、良い靴を日常的にケアして(注意を持って)普通に栄養与えて

磨いてあげる感覚ぐらいが正しく紳士だと思います。

と言いながら、グラサージュご希望の方は「¥4,000-」でやりますよ。ご希望であればぜひ。

DRESSERS

 

 

 

 

 

 

DRESSERSのスーツ

2018.05.20

blog

皆さん、こんにちは。

Fairとかではないので、お暇なときにどうぞ。

 

DRESSERSは、一貫して「DRESSERSのモデルはコレです!」とこのモデルを

ファッション好きな大人の皆様にご提案してます。

少しDRESSERSスーツの考え方をお伝えしますと、

スーツ自体やディテール、着方においてはリスペクトは「英国」

着心地は「イタリア」

見栄えは「日本」

こういう考え方でモデルサイジング、バランスを構築し、中身の芯地、添え付けを意識し、

DRESSERSモデルは作られています。

やはりスーツを生み、今の形やルール、着方や所作の基礎を作った

英国に多大なるリスペクトを持っています。

彼らがこれを作らなかったら、現在は無いからです。

そして自分自身が世界各国のあらゆるスーツ(高価~安価まで)を着てきた結果、

やはり着心地はイタリアものが一番いいという結論。

簡単に言うと、一番「軽い」のだ。

イタリアが良いというよりは「軽いのが良い」という事実。

しかし本気な軽いスーツと言うのは「持ちが弱い」

一回しか着ないスーツを着る貴族でもない限り、やはり「長持ち」は重要。

長持ちという価値観をどんどん優先していくと、どんどん硬く、重くなる。

だから、DRESSERSが考える地に足の着いた最上級のスーツは

『世の中の平均よりもはるかに着心地が軽くて、飽きるくらいまでは長持ちするもの』

を目指した内部構造になっている。

(その想いがあるので、DRESSERSは生地のチョイスをお客様に丸投げせず、

お客様に合わせて、着用後の生地の変化も頭に入れながら店主が生地をチョイスする

ケースがほとんどとなる)

また、作り方からディテールまで純度100%でイタリアスーツだと、見る人、分かる人が

見るとカッコいいかもしれないけど、一般的な日本人感覚で素直に言うと

パッと見た時の印象は「ダラシナイ」感じ、「オレがオレが」感満載に見えてしまうのも事実。

(ここでいうイタリアスーツとは主にナポリ系蘊蓄主義てんこ盛りスーツを言う)

そして見栄えに関しては、私自身様々なものを着てきて、

そして数万人の日本人のお客様を接客させていただいた経験から

見た目において自分なりに「日本人にはこの見た目の価値観が重要だ!」

と思う感覚の表現がある。

それは『きちっとしてる』という感覚。

その「きちっとしてる」という見え方をDRESSERSは重要視しています。

見た時に「きちっとしてる人だな」というのが、日本人に最も受けのいい、

印象のいい見た目であると経験測から考えています。

DRESSERSはお客様の体形、骨格や筋肉、脂肪の付き方に合わせてスーツラインを

作っていきます。一人一人全く違います。(なので出来上がりに時間がかかります。)

その中で、「リスペクトは英国、着心地はイタリア、見た目は日本」という

 

DRESSERS独自のモデルでご提案させていただいております。

今回はDRESSERSのモデルに対してのこだわりについてでした。

別の視点からのモデルへのこだわりはまたいつか書きます。

DRESSERS

(*ちなみにこちらに映っているスーツは、DRESSERSのORIGINALのスーツです)

因みに価格は両方「¥89,000-(+tax)」です。

「DRESSERS」愛媛の松山にあるお店

2018.05.17

blog

皆さん、こんばんは。

Fairとかじゃありませんので、すっ飛ばしてください。

DRESSERS(ドレッサーズ)は、

愛媛、松山市にある、小さな紳士服のお店です。

メイン商店街から一歩奥に入った、看板も出ていない小さなお店です。

発見し、目の前までくると、すっごく入りづらいお店です。

オーナーが一人でやってるお店です。

紳士物(大人が着る服)を扱っているお店です。

オープン時間が14時とすっごく遅いお店です。

オーダーお受けしてから出来上がりまで、すごく時間のかかるお店です。

置いてあるどの服も、お客様と服の出会いの場にお店がなるように、

極力在庫の奥を持たないようにしてるお店です。

ファッションの楽しさ、買い物の楽しさの大事な、服との出会いを大切にするため

仕入れ物(別注物)に関しては、同じものは二度と展開しないと決めてるお店です。

お客様に平気でやめた方が良いと言ってしまうお店です。

シンプルで上質を基本にしてるお店です。

洗練されていて決してこれみよがしでないスタイルを提案してるお店です。

週に定休日が2日もあるお店です。

急にお店が休みになったりするお店です。

ブログの文章が長すぎるお店です。

店主が想像以上にデカいお店です。

店主がすごくしゃべるお店です。

たまに一週間まるまる休んだりするお店です。

頻繁に店内レイアウトが変わってるお店です。

店主がお店の服に強すぎる愛情を持っているお店です。

服が好きな人が大好きなお店です。

 

こんなお店に皆様足しげくご来店いただき本当にありがとうございます。

愛媛のみならず、東京、大阪、名古屋、福岡、広島、香川、徳島、高知、鹿児島、札幌

熊本、佐賀、千葉、和歌山、山口、岡山、兵庫、京都、長野からも皆様足を運んでいただき

本当にありがとうございます。

これからも一人の小さなお店ですが、ファッションの楽しさをお伝えし、共感して

愉しんでいただけるよう、細長く愛媛の片隅からいろいろやっていきたいと思います。

日々反省ばかりですが、ゆっくりとじっくりと一歩ずつ匍匐前進でお店をやっていきたいと

思います。どうぞ皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

ファッションで少しだけ人生が楽しくなるよう、DRESSERSをやっていきたいと思います。

DRESSERS

 

DRESSERSの理念

2018.04.30

blog

皆さん、こんにちは。

Fairとかじゃないので無視してください。

DRESSERSのスタイルには基本的3つの理念があります。

DRESSERSのパンフレットをお持ちになられた方で持って帰って見て見ると

ビックリ拍子抜けする方も多いと思います。

中を開けてみるとこれしか入ってない

まさかの一枚これだけです。

もっと解説が有ったり、商品紹介があったりするのかと思いきやこれだけ。

DRESSERSの3つの理念は

■洗練されていて決してこれみよがしではないスタイル

■5年先のエレガンス

■”本物”を愉しむ

です。

その理念に基づいて、「良いですよ」とか「オススメ」ですと表現して

ご案内させていただいております。

どこのメーカーのモノ置いてます!とかどこの生地取り扱っています!とか

メニューはコレです!とかそういうことが好きじゃないんです。

「なんか着てるモノどこのとかよくわからないけど、なんかDRESSERSっぽい」

っていうのが理想なんです。

そういう理想のお店になれるよう一歩づつじっくり進んでいきたいと思います。

 

 

ページ先頭へ